ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

巨針と妊娠 (6)

2007-08-24 12:10:53 | 診断即治療と虹彩学
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)



不妊症で鍼灸治療に来る人も多い。

不妊症の鍼灸治療として昔から有名なのが、「子宝の灸」とか「三角取穴」で、私も駆け出しの頃はよく使ったものですが、妊娠しなくても灸痕だけは残りますので気まずくなる。
ですから、いつしか鍼だけで治療をするようになった。
その後巨針を使うようになってからは、不妊治療には頻繁に巨針を使うようになったのですが、その甲斐あって妊娠した人は多い。

病院でも不妊治療をしながら巨針治療を受けている人の話によると、産婦人科医は「卵子の形がサンプルにしたいほど綺麗だ」と言うらしい。
これは本来の生理機能が正常に働いている証拠で、一般的な治療でも、巨針治療を受けてから排尿が多くなって浮腫みがなくなったり、閉経したはずの生理が起ったり、年中風邪を引いていた人が風邪を引かなくなったり等々で、免疫力も高くなったことが考えられる。

結論を言いますと、「不妊治療は本来の生理機能を高める治療が先」ということになる。
本来の生理機能の高低を判断するのに便利なのが虹彩分析ですので、そんな時代に乗った必要性も感じて臨床実践塾に 「虹彩アナリスト講座」 を含めているわけです。

不妊症の人の虹彩を観ますと、骨盤腔区や生殖区、そして腰腿区にマイナスサインが出ている場合が多いので納得できるのですが、稀に、ほんとに稀に、綺麗な虹彩をしている人もいるので、その時は旦那さんも産婦人科で検査をしてもらうようにしている。
・・・、近年は少精子の男性も増えてきたようです。


青色は「生殖区」、ピンク色は「腰腿区」、赤色は「骨盤腔区」


こんな話も 仁和寺合宿 で出てくるかも知れない。(笑)

『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「判定に不満」広陵・中井監... | トップ | アルプスの氷河で600人が... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む