ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

5月から七星鍼法伝承講習会が始まります 連載1

2017-04-25 18:25:42 | 診断即治療と虹彩学
連載(1)



講習会風景



七星鍼法には、いくつもの即効的で効果的な治療法があります。
まずは経絡治療で、
脈診のできない人でも経絡を整えるテクニックがあり、そのテクニックを使うと、鍼灸学校1年生でも治療ができるようになります。

と、ここまで読んで怒る人もいると思いますが、怒った人は多分、脈診などで苦労した人だと思います。
私も鍼灸を学び始めてから、「脈を整える」ということに熱中したことがあるので、その気持ちはよく分かります。

しかし、七星鍼法を組み立てていく中で、偶然のように見つけたのが、この「七星鍼法での経絡治療」なのです。
その方法を私が開催する「臨床実践塾」で何度か説明してきましたが、あまりに簡単過ぎるためか、そのテクニックを使ってない人もいるようです。

あるいは、このテクニックでは「補瀉法」のテクニック選定が必要なので、それを避けるために使ってないかも知れません。
または、権威保持のために、わざと難しく考えようとしているかも知れません。
何故かと言うと、鍼灸学校では私が講義した学校でしか七星鍼法は教えてないので、学会発表などをすると、他の先生方が理解できないからです。

また、七星鍼法でも「究極の経絡治療」は、一穴鍼法にありますが、七星鍼法での一穴鍼法が使えるようになると、一穴に軽く刺鍼するだけですので、「あっ!」と言う間に治療が済んでしまいます。
そして、当たり外れが少ないのです。

もう一度言います。
当り外れが非常に少ないのです。
その理由は、ここで書くと長くなるので、この連載のどこかで書いていきます。


どういうことかと言うと、七星鍼法での脈診では、一般的に使われる脈位(脈を診る時の位置)が違うし、脈診だけで「一穴」を決めるわけではないからです。
たとえば、脈位が違うということは、一般に使われる脈経からきた(或いは難経に倣った)脈位で診て、「脾虚」が出たとします。
ところが、七星鍼法では「肝虚」と出るのです。
つまり、難経式は「脾虚」と出ても、七星鍼法では「肝虚」と出るわけで、当然選穴が違ってきますので、結果も違ってきます。

そのように大きな違いがあるので、七星鍼法ではそんなに苦しむことがなくても、難経式の脈位だと苦しむ破目になるわけです。
何年も、何年も、何年も苦しんで、ようやくたどり着くのが、望診、問診、聞診と脈診以外の切診を活用して選穴するという方法みたいです。
つまり、「望・問・聞・(脈診以外の切診)」ができなければ、選穴ができないわけです。
だから、「脈診ができるようになるには10年かかる」なんて言われるわけです。

ところが、七星鍼法の脈診は、鍼灸学校1年生でも1週間もあれば脈診ができるようになってきますので、七星鍼法での脈診と、七星鍼法での「脊椎診」を覚えれば、一穴鍼法が使えるようになるわけです。

しかし勘違いしないでください。
私は、空想やホラで言っているのではありません。
脈診のできない鍼灸学生や、当院に入ってきた脈診のできないスタッフに脈診を教えながら、その結果を話しているだけなのです。

ただ、七星鍼法はまだまだメジャーではないし、日本人の慣習として「周囲を見回してから手を挙げる」というのがあるので、実際には七星鍼法を使っている人でも、周囲を見回してから手を挙げるので、会話の中では「五行論や難経」になっているのです。
また、そうしないと、鍼灸業界では上に行けないという状況があることも否めません。

つまり、患者さんの為に論じるのではなく、自分の地位を保つために論じているということもありうるということです。

自民党だけが政党ではないし、野党も合わせて政治が行なわれているのは、政治に偏りがないようにするためです。
「五行論もあれば七星論もある」としたほうが、偏りがなくなり、間違った方向に行かなくても済むと考える私は間違っているのでしょうか。

そして、もっと大切なことは、「どの理論や治療法を使うと早く患者さんを楽にすることができるか」ということです。
患者さんは理論なんかどうでもいいのです。
早く治ればそれでいいと思うのです。

ですから、七星論(人体惑星試論)には、家庭療法もあります。
より早く治る方法を選んでほしいからです。
患者さんが早く治るのが、精神的にも、経済的にも、時間的にも患者さんの利益になると考えているからです。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

スマホで動画って、楽しいですねぇ。 (^_^;)

2017-04-24 23:52:18 | 診断即治療と虹彩学
実践塾

クリックで動画様写真



昨日、臨床実践塾が済んで、ちょっと時間ができたので、スマホで動画制作の練習をしてみました。
以外に簡単なので笑ってしまいました。
後は、「動画を製作してどうするのか!」です。

これを実践塾に参加している方々で、まだ使ったことのない方に教えて、バンバン動画をアップしてもらうようにしましょうか。(^_^;)
写真があれば、けっこうおもしろいのが作れそうです。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

昨日の臨床実践塾の参加者はかなり喜んでいました。とてもおもしろかったようです (ノ`v`)ノ

2017-04-24 09:03:57 | 診断即治療と虹彩学

実技の解説



昨日は、初めてという方もお2人いましたが、かなり喜んでくれて、講習が済んでから、わざわざ私のところに寄って来て、

「ありがとうございました。とても楽しかったです」とおっしゃってくれました。

何が楽しかったかと考えてみると多分、エネルギー療法の裏側を見せたり、参加者の皆さんでやってもらったり、かなり難しい疾患の治療の仕方を、簡単な手技療法で治す方法を教えたりしたからだと思います。

特にエネルギー療法では、頭を横に倒した時に突っ張るところがある場合、手首を軽く握るだけで突っ張りが取れるのを見せたときは、皆さんの顔が、一瞬「???????」となっていました。
手首を触るのが一瞬で、その一瞬で突っ張りが取れるとなると、見ているだけでは何をしたのかわからないからです。

エネルギー療法は、キネシオロジーの流れで出てきたと思われ、一時期、私もちょっと勉強していたことがあります。
何が面白いかと言うと、見ている人のビックリする顔を見るのが一番面白いです。(^m^ )

臨床実技の時間には、初めて参加した方を、頸椎1番の矯正法でモニターになってもらいました。
治療前は猫背ぎみだったのですが、矯正後は背筋が伸びているのが分かり、参加者の方からも、「背中が真っ直ぐになりましたね」という声が聞こえました。

そして、参加者がペアを組んで行なう「顔の調整」で、原穴を使った実技をしたのですが、ペアを組んでいた男性の被験者の片方の顔が「張りのある肌艶」になり、もう片方を施術したときは、顔全体が引き締まってシャキッとした顔になっていました。
施術側に回った人は、その変化を見て、

「あ、かお、かお、左の顔がつやつやしてきましてね。ええー!」と驚いていました。

そして、被験者になった方は、

「治療してもらっている側の顔がピクピクしますね。ピクピクというかチクチクというか、顔が動いているのが分かります。おもしろいですねー」と話していました。

こんな調子でセミナーが進んでいったので、時間もあっと言う間に過ぎてしまい、1人の方は、

「きょうは時間が経つのが早いです。もう終わりかという感じです」と話しておりました。

その他に「三軸調整法」というのもやったのですが、これは筋膜リリースの原理を応用するのですが、私もこれを自分でやったときには、「えっ?」と思ったことを思い出しますが、参加者の方の中にも興味を持った方がいました。

「指を1本立てるだけで、簡単に腰を曲げる事ができるのは面白いですねー」と。

とまー、こんな感じでセミナーを進めていったのですが、5月からは、このようなテクニックを「鍼で行なうにはどうすればいいのか」ということを課題にして、手技療法と鍼灸療法の両方を解説しながら「即効的な治療法」の「考え方」や「やり方」を解説していきたいと思います。

何のためにそれをするのかと言うと、ある大きな目的があってやるのですが、その目的に向かっての準備をするわけです。

その目的は、今、現在は言えませんが、近々お知らせ致します。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

きょうは臨床実践塾です。(4/23の臨床実践塾)

2017-04-23 10:02:18 | 診断即治療と虹彩学

足骨の模型



おもしろいです。
足首を触るだけで腰や首が動きやすくなるのです。

先日、膝が痛いと来られた女性がいまして、膝裏を触ったら、触診だけで痛みのある事がわかりました。
そこで、30秒ぐらいで足首やアキレス腱を触ったのですが、

「はい。痛みを確認してみてください」と言うと、首を縦に振り、

「痛くないです」と言うので、

「いやいや、痛みが出る格好をしてみてください」と言ったら、

「いえ、動かさなくてもわかります」と、ニコッと笑っていました。

これは、足関節が歪んで膝の痛みが出ていたわけです。
これぐらいの機能的疾患なら、エネルギー療法でも治るので、一瞬「エネルギー療法で治療しようかな」と考えましたが、エネルギー療法は、かなり「怪しげな面」があるので、ソフトタッチで治療したわけです。

きょうの臨床実践塾では、エネルギー療法の訓練もしてもらいますが、エネルギー療法を使うと、マジックのように治療効果を証明することができますので、いろいろなパフォーマンスに使えます。
ただ、機能的疾患と器質的疾患では効果が違いますので、エネルギー療法を勉強した人が勘違いしないように願っています。

たとえば、YouTube でも、いろいろな治療法のパフォーマンスに使われていますが、あまりに行きすぎると自滅につながると考えるからです。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

中指の基節骨が痛い! 

2017-04-21 12:51:44 | 診断即治療と虹彩学

右手の中指が痛い!



喫茶店で、ボルダリングをしている人から、


ボルダリング



「中指の基節骨が痛いのですが…」という人がいましたので、

「どんなふうに痛いの?」と聞くと、

「触るだけで痛いです」と言う。

そこで、
「指で言うと心包経ですが、関節配置で言うと火・心臓になり、それを治すには、火(心)を補すほうがいいですね」という話をしました。

この理論は、七星論を知らなければちょっと難しいかもしれません。
要は七星論での関節配置や、七星論での配穴方法の問題になるわけです。

それはさておき、なぜ経絡の話になったかと言うと、実は5月の臨床実践塾からは、ある目的で「七星鍼法伝承講習会」にしようと考えており、そのことを考えているときに、そのような質問を受けたからです。(^-^)
鍼灸のことを考えてなかったら、おそらく手の骨を調整して治していたと思います。

そんなに多くない症状でしたいので、写真を撮らせてもらったのですが、上の写真で、指で挟んでいる部位が痛いというわけです。
次いでですので、取穴の理論を話して、「心包経の金に鍼を1本打てば治りますよ」と言って、自分で鍼をしてもらった。
(その方は鍼灸師でしたので)

「心包経の金」というのは、下の写真で鍼を刺したところです。

「心包経の金」への刺鍼


それで、鍼が住んでから、

「どう?」と聞いたら、

「あ、楽になってますね」と答えてくれた。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

頭痛を手根骨で治す方法(4/23臨床実践塾の準備)

2017-04-20 16:23:21 | 診断即治療と虹彩学

手根骨をうごかして頭痛を治します



頚椎が歪むと頭痛が出やすい。
ちょうど頸椎や顔の歪みを手根骨で治す練習をしているときに、「左の頭痛がある」という方が来られました。

早速、手根骨を、握手をするぐらいの力で軽く矯正した。
そして、「どうですか?」と聞いたら、

「はい」と言うので、

「えっ?」と聞き返したら、

「治りました」と笑っていました。

頭が痛いと言ってるのに、手首を握って「どうですか?」なんて言われたので可笑しかったのでしょう。

実はこれ、今度の臨床実践塾で公開する手技療法のテクニックで、顔の引き攣りを治すのに考えた手技なのですが、頸椎まで動かすことができるので、「頭痛にも効果があるはずだ!」と使ってみたのです。

痛くもないし、時間も数秒だし、遠隔治療なので、患者さんと一緒に笑いながら治療ができるので使いやすい手技です。
実はこの手技、スカルセラピー(頭蓋四肢療法)での「顔の矯正」を考えているときに考えたもので、ベースは  七星論(人体惑星試論)  になっています。

七星論(人体惑星試論)では、人体各部に七星(宙・水星、金星、地球、火星、木星、土星)を配置して、その七星を経絡に当てはめて診断や治療に使うのですが、顔の表情筋も七星に分けてあります。

それをどのように使うかと言いますと、頬から口のあたりまでの配置に、金=肺・大腸、地=心包・三焦、火=心・小腸というのがありますので、どの部に異常があるかを確認して、そこに対応する経絡を使えば、顔の調整ができるうようになっています。
それを、「七星美容論」というタイトルで講習したこともあります。

さらに、頸椎も頸椎1番は水=腎・膀胱、頸椎2番を金=肺・大腸、頸椎3番を地=心包・三焦と順次配置してありますので、頸椎の何番がおかしいかで、どの経絡に異常が出ているのかも分かるのです。

そして、手の内側には、肺、心包、心、の原穴(親からもらったエネルギーの元)があるので、その気を活性化させて治療に使うようにするわけです。
この場合、原穴が関わると思われる骨格を動かしても、経絡が動きますので、手根骨を動かして、顔や頸椎の治療に使ったわけです。(その他の治療にも使いますが…)

つまり、手根骨を動かすことで、経絡が整い、頸椎が調整され、頭痛がとれたわけです。
手根骨は、その他の肋骨や胸椎の調整にも使いますが、あれこれ言いすぎると混乱を招くので、ここではそれぐらいにしておきます。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

歯科でのスカルセラピーを試してみました。(4/23の臨床実践塾)

2017-04-19 13:52:07 | 診断即治療と虹彩学

歯科用ベッドは斜めになっている



昨日、お知り合いの歯科医院へ行って、スカルセラピーを試してみました。
事情を説明したら、院長先生がモニターになってくれて、歯科用のベッドで頚椎調整ができるかを試したのです。

と言いますのは、多分歯科医の先生は咬合(噛み合わせ)について、多分悩まされているからで、それを解決する方法を考えていたわけです。
噛み合わせは頚椎や頭蓋と深い関係にありますので、歯科で頚椎の調整ができれば、歯科の悩みを少なくすることができると考えたからです

10年ほど前、「顎関節矯正法」を組み立てていたときに、「四肢体幹を先に矯正すれば顎関節は治せる」ということがわかったのですが、二つだけ大きな問題がありました。

① 歯科医が骨格矯正を学ぶだろうか

② 歯科用のベッドで骨格矯正の治療ができるか

③ 歯科医が歯科以外の治療をやってもいいのか

ですから、スカルセラピー(頭蓋四肢療法)でも、股関節や脊椎の矯正もするので、果して歯科医でそれが出来るかという問題があったのです。

顎関節症は歯だけの問題ではないので、歯を削って治るものではないと考えていますが、これは多分、多くの歯科医も考えて)いると思います。

ところが、最近のスカルセラピーの研究で、手根骨を動かすと表情筋を整えることがわかり、もしかして歯科にも使えるのではないかと考えたわけです。
つまり、歯科用のベッドで、患者さんをベッドに寝かせたまま頸椎や頭蓋の調整ができれば、いくつかの歯の問題も解決できるわけです。

歯科医でお世話になっている方は多いので、説明の必要はないかも知れませんが、上のイラストのように、歯科のベッドはフラットではなく、顎を突き出すように設計されているので、その状態で頚椎や頭蓋の調整ができるかと考えていたのです。

そういう時は、考えるよりも、やってみるのが一番いいので、東洋医学に理解のある歯科医師にお願いしてみたのです。

結果はバッチリでした。

幸い(?)に、その歯科医の先生は、頸椎2番が少しだけ左方変位していましたので、それを矯正したのです。
矯正は前頭骨を調整して、頸椎1番をちょっと動かしただけです。
前頭骨の矯正方法は、赤ちゃんの頬を押すぐらいの力です。

ベッドの角度にも問題がなかったので、簡単に調整することができました。
しかも、2~3分の調整時間です。

矯正されたのを確認してから、床に降りて頂いたのですが、私が何も言わないのに、両肩を上げ下げして、肩がかるくなったことを確認していました。
そして、こう言いました。

「これだけで矯正ができるなら、初心者でもできる方法をかんがえて くださいよ」

傍で見ていた歯科衛生士の方も、興味津々な顔をして見ていました。

この矯正法は、「復習」として、 今度の臨床実践塾 でも実技をやります。

ただやるのではなく、マーケティングの手法を入れて説明していきます。(^_^;)







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

アキレス腱の痛み。 1ヶ月経っても治らないアキレス腱の治し方の例 (4/23の臨床実践塾)

2017-04-18 10:06:05 | 診断即治療と虹彩学

赤丸で囲んだところが揉み過ぎて炎症を起している



昨日は休診日でしたが、イタリアにスポーツ留学をしているアスリートの方に、前々から治療をお願いされていたので、その時間だけ営業しました。
この方の主な訴えは、左股関節、右膝、アキレス腱の痛みでした。

左股関節は、仰臥になってもらって、股関節を下の写真のように広げようとすると痛くて広がりません。
(この写真は別の方です)


股関節を外側に倒して股関節の可動域を診ます


そこで腸骨を診ると、左の腸骨が前方変位していたので、そのまま腸骨を調整しました。
※ 腸骨の調整は、仰臥でも伏臥でも矯正できます

そして、再び開脚させると、
「マジックや! マジックやわ!」と矯正されたことを喜んでいました。

右膝と右アキレス腱は、同じ原因と考えていましたので、「どのようにするとアキレス腱の痛みが出るのか」を訪ねてから、ちょっとアキレス腱を触ると、痛そうな顔をします。
そこで、「これはスポーツをやっている間、今後も痛みが出る可能性があるので、自分で治す方法も教えておきますね」と言ったのですが、あまり反応がない。
多分、「ほんまにー? ほんまに自分で治せるのー? 1ヶ月も苦労しているんですよ」と思っていたのでしょう。

それで、この場合のアキレス腱の状況を説明し、それから治療にかかりましたが、ほんの一瞬で痛みが取れたものですから、
「えっ? これは自分でもできるのですか?」とようやく反応してくれた。

その方に説明したのは、こうです。
「アキレス腱に痛みが出るのは、多くがアキレス腱が過緊張して、その過緊張で踵を後に引っ張ってしまい、踵骨が後に変位した状態になるからです。だから、踵骨を元に戻せば治るわけです」

アスリートですので、骨筋のことはよく知っているので、それ以上の事は言わないし、質問もありませんでしたので、自分で治す方法を説明しました。
そしたら、アキレス腱を触りながらこう言うのです。

「悔しいわー、1ヶ月も痛くて痛くてたいへんだったのに、悔しいわー」
きっと練習が辛かったのでしょう。

そして、それだけでは終わりません。
どこかの関節に異変が出ると、多くが頚椎1番にも異変が出ますので、頸椎を診ました。
すると、左にはスッと捻れるのに、右には捻れません。
「イタッ!」という顔をしながら、顔をしかめます。
これは、長期間足関節が歪んでいたために、頸椎一番が補正のために歪んでいたわけです。

そして、顔面から頚椎を矯正して、再び首を捻ると、左右ともクイッと捻れるので、再び、「マジックやわー、これマジックやわ」と喜んでいました。
これは首なのに、顔面から頚椎を矯正したので、一般の人からすると「マジック」と思われるかも知れません。

臨床実践塾では、そういうマジックのような事を、出来るだけ毎回見せるようにしていますので、今回の臨床実践塾も、何か面白いことをやろうと考えています。
今度の臨床実践塾 では、エネルギー療法の簡単な訓練の方法も説明しようと考えていますので、きっとマジックをいくつか見ることになるでしょう。(^m^ )クスッ







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

昨日、名古屋のセミナーに参加してきました

2017-04-17 19:28:04 | 診断即治療と虹彩学

これは近鉄の「しまかぜ」というプレミアムな列車
私は乗りませんでしたが…。(^m^ )クスッ



昨日、名古屋で治療法の導入セミナーがあったので、受講してきました。
内容はエネルギー療法になると思いますが、私には大きなヒントがありました。

エネルギー療法については、ドクノウホウの説明会に2回参加して、1泊2日の「第一回ドクノウホウセミナー」にも参加して勉強したし、◯◯◯ヒーリングセミナーの説明会にも参加して、そのビデオも2種類買って勉強しました。

そして、私もFAT(Function adjust treatment)「機能調整療法」という名称で、エネルギー療法を組み立てて、講習も行いましたので、概要はわかっているつもりだし、FATの応用は今でもよく使っています。

それらの療法は、一般的には「眉唾モノ」と思われがちですが、一概にそうとも言えないと思います。
というのは、根底にあるのが「キネシオロジー」と思われるからです。
しかし受講費は高いですねー。(^_^;)

昨日のセミナー内容ではありませんが、 今度の臨床実践塾 では、エネルギー療法の簡単な訓練の方法を説明しようと考えています。
それを覚えて訓練すれば、あなたも高額セミナーを開催することができるかも知れません。(^_^;)

冗談ではなくほんとのことです。
たとえば、スカルセラピーでは、顔の筋肉の変化を四肢でも行いますので、四肢の関節を動かして、顔の表情筋が動く事を感じてもらい、その後に関節は触らずに顔の筋肉が動くのを感じてもらうつもりです。

で、顔の筋肉が動くのを感じたら、それをどう使うかと考えながら発展させればいいわけです。
当院のスタッフは知っているのですが、私の場合は、体への刺激が、どの筋肉と関係するのか、どこの筋肉を動かすと、顔や手足のどの部分に変化が出るのかを感じる事ができるので、臨床実践塾のテキストをつくるときには、その方法を使いました。
それでなければ、あんなに多くの反射部位を、あんな短時間に探すのは無理だと思います。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加

セミナー用に折りたたみベッドを購入した

2017-04-17 06:51:32 | 診断即治療と虹彩学

リクライニングもできる



写真で見ると軽そうですが、12.8㎏もあるのでちょっと重い
写真は販売店の広告写真です



セミナーのときは、これまで会場の机を利用していたのですが、机なので高い。
今回の脊柱管狭窄症の治療法は、術者もベッドに足を上げるので、コンパスが長い人でも難しい。
そこで、今後の撮影も考えて買いました。
前から欲しかったのですが、置く場所がないので躊躇していたのです。

このベッドだと、顔の部分に穴も開いているので、後頭骨の調整を説明するにもわかりやすいと思う。
ベッドに横になった感じは、低反発なのでソフトな感じがします。
そして、ベッドの幅が、両方から手を伸ばしやすい幅なので、日々の治療に使うと便利な気がします。

ただ、力士のような体格の人の治療には向いていない。
このベッドの足では、ぐらつきそうなのです。
そして、仰臥で両手を広げると、ベッドからはみ出てしまいます。

持ち運びは12.8㎏もあるので、担いで歩くのはせいぜい5分程度かな、と思われた。
なので、会場まで200mぐらいあるので、カートで運ぶ事にした。

ベッドを治療室に入れたら、雰囲気が柔らかい感じになり、馴染みやすい感じがした。
現在使っているベッドは、一番大きいサイズの畳に合わせて作ってもらった木製のベッドなので、このような雰囲気を出すのは難しい。(^_^;)
しかし、幅があるので患者さんには喜ばれています。







このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。



この記事をはてなブックマークに追加