ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

巨針は長鍼か大鍼か (10)

2007-08-29 12:13:13 | 診断即治療と虹彩学
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)



巨針は20年ほど前に、中国の雑誌『人民中国』に掲載されてから有名になりました。
その『人民中国』を大切に、大切に保管していたのですが、大切にしすぎて深く保管したために、どこを隠しても見つけることができません。(笑)

『人民中国』の記事には、巨針開発者の 張雲飛先生 が載っていまして、そこには「黄帝内経に書かれた七文字を頼りに開発した」と書かれていました。
それは霊枢『九鍼十二原 第一』に記載された【長針者,鋒利身薄,可以取遠痺】の中の「長針者,可以取遠痺」(長鍼は、時間を経た麻痺を取ることができる)の七文字のことだったと思います。
(電話で聞くと「出来の悪い弟子だ」と言われそうなので聞けませ~ん)

黄帝内経の本は何人もの方が翻訳されており、翻訳文中の原文では、
①【長針者,鋒利身薄,可以取遠痺】と記されているのと、
②【長針者,鋒利身薄,可以取痛痺】と記されているのがあり、

①だと、「長鍼なる者は、鋒は鋭利で身は薄く、時間を経た麻痺を取ることができる」となり、
②だと、「長鍼なる者は、鋒は鋭利で身は薄く、痛みのある麻痺を取ることができる」となる。

私は張雲飛先生が必死になって巨針を研究した動機は、「身内の麻痺を治すこと」だったということを知っていますので、張先生は上記の①を読んで研究を始めたと考えています。

巨針を「大鍼の一つ」と解釈している方も多いのですが、大鍼は上記『九鍼十二原 第一』で、「長さ4寸」とされており、長鍼は「長さ7寸」で「麻痺を取る」とされていることから考えますと、巨針は長鍼に含めるのがいいかも知れないと考えています。





『黄帝内経太素』には、
【八曰長鍼、取法於綦鍼、長7寸、主取深耶遠痺者】と書かれ、鍼灸甲乙経には、
【長鍼者、取法於綦鍼、長7寸、其身薄而鋒末、令可以取深邪遠痺。故曰、病在中者、取以長鍼】と書かれており、更に甲乙経の脚注では
【長鍼 九鍼之中、唯此鍼最長、故名之】と書き加えられていることからしても、巨針の「長い」(最大3尺3寸)という特徴からして、やはり長鍼に含めたほうがいいのではないかと考えます。

しかし、巨針を日本に持ち込んでから、日本人に合うように技術改良をしたので、日本の巨針は「巨針」として、「長鍼と大鍼を合併させた長大鍼」と考えてもいいと思うようになってきました。(^○^)

臨床実践塾 で巨針を勉強する人が増えるにつけ、いろんな質問が想像されますので、いつしかこんなことも考えるようになってきました。
ジャンル:
学習
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良→大阪9か所断られ、妊婦... | トップ | 領収書を5重計上 玉沢元農相... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む