風は南から

スペインと花と音楽とそれから写真と俳句

俳句どころでは・・

2017-07-14 11:46:22 | 日記

列車の中で「俳句」を作る!!予定だったけど 行きは列車の乗り継ぎで 

それどころでは無くて 帰りは疲れて 眠って乗り過ごしそうに・・・

俳句は出来なかったけど せっかくなので 錦帯橋に行きました。

 

錦川です。何か居るので近づくと 鷺が

なぜに片足を上げている!

  

せっかく河原に降りたので 石を拾って帰りました。

 

手前の小さい石はガラスの破片のようにきらきらしています。

光りを当てると 紫が濃くなって 綺麗です。

 

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句どころでは・・ | トップ | 句会のこと »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (八田真田八)
2017-07-14 16:43:50
アオサギはよく片脚になったり、中途半端な脚になったりしてますね。面白いですね。
石拾いは私、中学校時代、地学クラブで3年間、毎日のように、化石採集・石拾い行きました。確かに角が皆取れ、丸くなったガラスやめのうがありました。特に雨で石が濡れ切っているときれいでした。
宝石 (まろう)
2017-07-14 20:02:01
石拾い!楽しい言葉ですね。石の模様が好きです。本物の宝石も素敵!ですが河原に落ちてる石も長い長い時間をかけてここにあるのかと思うと感慨深いものがあります。地学クラブと言うのがあったのですね。夢のある言葉です。良い学生時代であったことと想像できます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。