パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

柘榴坂の仇討 ★★★★

2014年09月25日 | アクション映画ーサ行
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚悟を持って生きる侍たちの姿を描く。監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗、音楽を映画音楽の巨匠・久石譲が担当。『壬生義士伝』などの中井貴一が主人公を熱演し、阿部寛、歌舞伎役者の中村吉右衛門ら実力派が共演する。
あらすじ:安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治6年、時代が移り変わり時の政府があだ討ちを禁止する状況で、最後の敵である佐橋十兵衛(阿部寛)を捜し出し……。

<感想>2人の人生を左右する運命を決定づけた“桜田門外の変”。雪の降る初春、水戸浪士18人は登城中の井伊直弼の駕籠を急襲。警護をしていた金吾は刺客の一人、十兵衛と斬り合うが逃げられた挙句に、彼が傍を離れたすきに大老は暗殺されてしまう。
主演の仇討を13年も探し続けた男は、その相手と対峙したとき何を思うのだろうか。時代が変わろうと、人々の価値観が変わろうと、ただひたすら真っ直ぐに生きた男のものがたりであります。
そして、その不器用なまでに実直な男、金吾を演じたのが、侍のまげや羽織袴姿が似合う役者としてもベテランの中井貴一である。この惚れ惚れとする見事な中井貴一を目の前にして、思わず「感服いたしました」と頭が下がるほど、美しい時代劇でした。

本作の舞台設定は、時代劇のド真ん中ではなく、人気のある幕末でもなく、武士の時代がほぼ終わりを告げた「明治劇」または「維新後劇」とでも言いたいところだ。この微妙な時代のどこに、彦根藩士・志村金吾は、ただ頑なに主君の仇討を探して、墓前にそなえたく思ったのであろう。だが、“桜田門外の変”から13年もの経過である。時代の移り変わりに、“あだ討ちを禁止令”という復讐を禁ずるという法律が定められた。
それでも、時代が変わっても俺は変わらない、変われないと、頑なさに共感できるものとは、なんだろう。しかし、彼の悲劇は、井伊大老暗殺の死に対して切腹を許されなかった。それを背負わされたまま、時代を超えなければならなかった。

一口に13年間といっても、先の分からぬトンネルを進み続けたのか。その辛さを考えると、死ぬことは許されず、自分は時間を無為に過ごし、妻に食べさせて貰っている。その負い目は計り知れない。本当は、「支えてくれてありがとう」と言いたいけれど、言えない。その思いが最後の方で示す金吾の妻に対する愛である。金吾の妻セツを演じているのが、広末涼子。彼女は夫が仇討の本懐を遂げたなら、おそらくは切腹して死ぬことが分かっている。愛しているからこそ、苦労しているなどとは思わなかったのじゃないかしらね。
ですが、夫のとった行動は、仇討に決着をつけた後、妻を居酒屋まで迎えに行き、帰りしなに手を繋ぐという仕草に、この時代の男としてはあっぱれと言いたいです。現代でも50歳~70歳くらいの男は、妻に対して当たり前のように思い、このように「ありがとう」とか「手を繋ぐ」なんてことは、数少ないでしょうね。
現在の価値観でいえば、仇討も切腹も理不尽そのもの。ですが、これが是とした時代が過去にあり、その中で培われた日本人の精神構造がこの映画に凝縮されているといっていいでしょう。

そして、金吾が徐々に変わっていくのが、金吾の幕臣時代の上司でもある、藤竜也演じる秋元和衛と話すくだりである。庭に咲く寒椿を見て、「生きる」ということを問われるわけです。それに、秋元の家に行く時に、妻のセツに見送られるとき、「彦根に帰れ」というシーン。そこでは金吾の一つの覚悟を表していると思いますね。何も言わずとも、侍としての紋付きの身づくろいをさせて、見送るセツにも、夫の覚悟を感じとることが出来たと思われます。

大老・井伊直弼を演じた中村吉右衛門、“桜田門外の変”が起きた当日に、「すべてを受け入れるんだ」と家臣たちに言って、そこに主君の覚悟を感じ取る。何と言う、威厳と説得力のある演技にあっぱれとでも言いましょうか。
クライマックでも、金吾の心の半分は「赦す」という気持ちでいるはず。でも、相手を確かめたい。自分が思った通りの男なら「赦す」。違えば「斬る」という決断だったのでしょう。金吾は常に死を考えながら生きている。でも、車引きの佐橋十兵衛に会った時に、あの時初めて“生きる”を考えて、生きてさえいれば何かある。人間はどうやったっていずれは死ぬのだから、と。
人力車の車引きになっていた佐橋十兵衛には、安心して観ていられる演技者の阿部寛が演じており、13年間身を潜めて、名前も直吉と変えて、何時かは復讐に来るであろう仇討を待ち構えている。ラストでの、佐橋十兵衛の人力車に乗り込む金吾。雪が降りしきる中、二人が交わす会話の中で、これまでの彼らの人生が交錯するシーン。ここで、金吾は十兵衛が背負ってきたものの重さと辛さを理解するのです。

そして、13年前のあの日、十兵衛を追いかけて来て彼の肩に一太刀斬ったと思われたのに、生き延びて車引きをしている十兵衛。だが、金吾も彼なりに辛さを背負ってきたのだ。この二人が刀を合わせる時、十兵衛は刀を持っていない。金吾が自分の大太刀を差出し、自分は脇差の小さな刀で向かうのだが、これは、13年前にも同じことだった。雪が降り、合羽を着て、刀には袋を被せていたため、とっさの出来事に大太刀を出すことが出来なかったのだ。
だが、金吾はこの時、寒椿の花を見て、互いに生きること、死ぬことをどのように選ぶのか。その覚悟を持った同士の選択が、最終的メッセージとなっているようです。これは、時代劇の王道を存分に楽しみ、味わう映画であると思います。

大沢たかお主演「桜田門外ノ変」(2010)
2014年劇場鑑賞作品・・・297 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲッタウェイ スーパースネーク★★ | トップ | サンシャイン 歌声が響く街★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
柘榴坂の仇討 (花ごよみ)
  原作は浅田次郎の短編集 「五郎治殿御始末」の中の一編。 五郎治殿御始末 (新潮文庫) 本は以前に買ってあったのに、 読まずにいましたが 短編なので映画の始まる直前に読みました。 原作はすぐに読み終えることのできる短編、 それをどう映画化したのか 楽しみに....
『柘榴坂の仇討』 (2014) (相木悟の映画評)
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと...
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
『柘榴坂の仇討』 (こねたみっくす)
ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。 仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 2014年6月11日 松竹試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 をモニター試写会で鑑賞しました。 観た当時は情報を書き込まないように署名していましたので控えていました。 で、案の定、内容は忘却されています。。。 【ストーリー】  安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大...
柘榴坂の仇討ち (Break Time)
連休2日目です・・・
「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ (オールマイティにコメンテート)
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
『柘榴坂の仇討』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
柘榴坂の仇討 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。彦根藩士・志村金吾は敬愛する主君・井伊直弼に仕えていました。しかし「桜田門外の変」で井伊直弼は暗殺されてしまいます。主君を守れず一人生き残った金吾は切腹することも許されず、生き残りの刺客を探し出し仇を討つよう命じられます。幕末から明治...
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
柘榴坂の仇討 (映画好きパパの鑑賞日記)
 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 ...
ショートレビュー「柘榴坂の仇討・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ラストサムライのプライドと宿命。 幕末の桜田門外の変で主君・井伊直弼を目の前で殺され、仇討を命じられた男と、襲撃者一党の中でただ一人、明治の世まで生き残った男。 時代に取り残されたラストサムライたちの、13年に及ぶ武士の誇りと人間としての生き方を巡る物...
「柘榴坂の仇討」 (NAOのピアノレッスン日記)
~ひたむきに生きる~ 2014年   日本映画    (2014.09.20公開)配給:松竹        上映時間:1時間59分監督:若松節朗原作:浅田次郎 『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収)脚本:高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫美術:小川富美夫音楽...
柘榴坂の仇討 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
柘榴坂の仇討 (映画的・絵画的・音楽的)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村....
映画:柘榴坂の仇討 予想外に! 当ブログのテーマ「変化」に合致。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
柘榴坂=ざくろざか 当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。 この前観た西部劇(あれはひねってるけど、ね)じゃないが、とても久々! どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。 ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変...
映画「柘榴坂の仇討」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/10/6、109シネマズ木場。 台風18号を避けて映画館に退避。 スクリーン5。 中央通路(席はないがE列に相当)の直後のF列を選択。 スクリーン5(シアター5)はスクリーンがシアターのやや右寄りに位置している。 スクリーン中央に正対したい場合、2...
柘榴坂の仇討 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年10月19日(日) 12:45~ 109シネマズ川崎9 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 執念の話だと思ったら、愛の話だった。 『柘榴坂の仇討』公式サイト 爺映画(時代劇)デイの第一弾。 仇討というので執念の話なのかと思っていた。...
柘榴坂の仇討 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...
柘榴坂の仇討 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:119分 監督:若松節朗  原作は浅田次郎の短編小説集『五郎治殿御始末』所収の一編である。 安政七年、主君・井伊直弼(中村吉右衛門)の御駕籠回り近習役として仕えていた彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、桜田門外にお
映画評「柘榴坂の仇討」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・若松節朗 ネタバレあり