パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ゲッタウェイ スーパースネーク★★

2014年09月24日 | アクション映画ーカ行
妻を誘拐された元レーサーが、名車であるマスタング・シェルビーGT500スーパースネークを駆使し決死のカーチェイスに挑むカーアクション。ヒットメーカーのジョエル・シルヴァー製作総指揮のもと、『ダンジョン&ドラゴン』などのコートニー・ソロモンがメガホンを取る。主演はマスタングのファンを自任するイーサン・ホーク、共演に『スプリング・ブレイカーズ』などのセレーナ・ゴメスら。CGを排し、70台のカメラと22人のスタントマンが結集して撮影されたアクションシーンは迫力満点。
あらすじ:見知らぬ男から妻を誘拐したという脅迫電話を受けた元プロレーサーのブレント(イーサン・ホーク)。男に指示されるまま、指定の地下駐車場に置かれたマスタング・シェルビーGT500スーパースネークを盗み、猛スピードで暴走し街中を大混乱に陥れる。途中、車の持ち主だと話す少女(セレーナ・ゴメス)が同乗してくる。警察の追跡を振り切りながら男が次々に出す指令に従い、ブルガリアの首都ソフィアを爆走するブレントだったが……。

<感想>愛する妻を人質に取られた男が、最速のスーパーカーに乗って街中を爆走する。舞台がなぜか東欧ブルガリアの首都ソフィア。全編に渡ってカーチェイスばかりですから、アメリカのLAとかニューヨークでは採算がとれなくてと思ってか、それでも行ったことのないブルガリアなので、街並みや風景が綺麗なので楽しかったです。
謎の男の命じるまま、交通ルールを無視して街を暴走する。市内を大混乱に陥れる始末。ブレントが引退後に、一時犯罪に手を染めていたことを、知っている男。主演のイーサンは、殆ど車の中にいての楽ちんな役まわり。敵の車や、パトカーをクラッシュさせる。130台もの車をクラッシュさせたというから驚きですね。

でも、イーサンはきっとあまり運転技術はダメな方ではないかしら。だから、カーチェイスシーンでは、殆どスタントマンでの映像ですね。問題は、どうして奥さんが誘拐されたのか、始めはオジサンの声(ジョン・ヴォイト)が、車の画面からの指図で、どういった展開になるもんかと持っていたら、ぽっちゃり目のセレーナが乗り込んできた。この車は、父親にバースディ・プレゼントに買ってもらった大事な特別仕様車だというのだ。

イーサンの車に乗り込んできたのは、この車の持ち主で、投資信託銀行のCEOの娘というセレーナ・ゴメス。ジェームズ・ブランコの「スプリング・ブレイカーズ」に出ていたぽっちゃり美人。これがこの映画の伏線なのだ。
で、車のモニターの声の主からの指図で、あっちこっちと振り回されて、発電所へ向かい停電にするように命令される。イーサンが車を発電所の中へと踏み入れようとすると、変圧器に触れると車がどうなるか知っているの、と怒られてしまった。

同乗して来た娘は発電所の制御室から警察への通報を試みるも、その発電所には謎の男の手によって、爆弾が仕掛けられていた。発電所は大爆発して、市内はすべて停電となる。その爆発からかろうじて逃げ延びたイーサンと娘は、謎の男の狙いを知って驚く。
最後は、便乗していた娘の父親の銀行に行き、娘がPCとか機械関係に熟知しているので、銀行へ行くも、システムドライブを移動するという。犯人たちもバイクでやってきている。すばやくセレーナがドライブを盗む。

そして、逃げるも追い掛けて来るバイクを、車で飛ばして行く。電車のホームを暴走するし、真っ暗だし、貨物が爆発するし、セレーナがイーサンに車から降りるよう言う。自分の車なので、前のバンパーに付いてるコブラのバッチみたいなのは、カメラだった。それを動画画面にして、追跡して来る犯人たちの車とかを写し、ライブ配信とはね。頭いい娘だ。
しかし、敵もバズかー砲みたいな、ロケットランチャーみたいなので発砲してくるからたまったもんじゃない。あんなのに当たったら木端微塵になるよ。声の主のジョン・ヴォイトが、最後に顔を見せてくれる。
最後は、その銀行のドライバーと引き換えに奥さんと交換ということになる。
みるからにマスタング・シェルビーGT500スーパースネークはかっこいいです。でも、どちらかというと、主人公はイーサンではなくて、個人的には故ポール・ウォーカーか、スティーヴン・ドーフに演じて貰いたかったです。彼らならもっと展開をエキサイティングしてくれているでしょう。実にカーチェイスシーンが多くて、どちらかというと「ワイルド・スピード」シリーズの方が見ごたえあるので、ちょっと映像に疲れて興醒めしちゃった。
2014年劇場鑑賞作品・・・296 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジゴロ・イン・ニューヨーク★★★.5 | トップ | 柘榴坂の仇討 ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ゲッタウェイ スーパースネーク」 (日々“是”精進! ver.F)
凄腕ドライビングテクニックで、切り抜けろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409200000/ ★枚数限定ポスター★【イーサン・ホーク】ゲッタウェイ スーパースネーク 映画ポスター (GETAW...価格:6,800円(税込、...
『ゲッタウェイ -スーパースネーク-』 2014年9月12日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゲッタウェイ -スーパースネーク-』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は面白い。でもカット数が多いとの触れ込み通りで疲れる(笑) あら、IMDBはまさかの4.3と低評価... 【ストーリー】  見知らぬ男から妻を誘拐したという脅迫電話を受けた元プロレーサーのブレ...
ゲッタウェイ スーパースネーク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★【1点】(P) 脚本もカーアクションもすべてダメダメ^^;
ゲッタウェイ スーパースネーク/イーサン・ホーク (カノンな日々)
イーサン・ホークが元プロレーサーの主人公を演じ誘拐された妻を救出するために街中を爆走する男の姿を描いたカーアクション・サスペンス・ムービーです。監督は『バレット』で製 ...
ゲッタウェイ スーパースネーク/イーサン・ホーク (カノンな日々)
イーサン・ホークが元プロレーサーの主人公を演じ誘拐された妻を救出するために街中を爆走する男の姿を描いたカーアクション・サスペンス・ムービーです。監督は『バレット』で製 ...
ゲッタウェイ スーパースネーク (風に吹かれて)
金持ちの道楽もいいかげんにして 公式サイト http://getawaymovie.jp 監督: コートニー・ソロモン  「ダンジョン&ドラゴン」 東欧ブルガリアの首都、ソフィア。クリスマスの日、元プ
ゲッタウェイ スーパースネーク 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
イーサン・ホーク主演のカー・アクション映画 『ゲッタウェイ スーパースネーク』が公開 されましたので観に行ってきました。 ゲッタウェイ スーパースネーク 原題:GETAWAY 製作:2013アメリカ 作品紹介 妻を誘拐された元レーサーが、名車であるマスタング ・シェル...
ゲッタウェイ スーパースネーク (迷宮映画館)
お待たせしました!イーサン劇場♡♡♡♡
ゲッタウェイ スーパースネーク (銀幕大帝α)
GETAWAY 2013年 アメリカ 90分 アクション/サスペンス 劇場公開(2014/09/20) 監督: コートニー・ソロモン 製作: コートニー・ソロモン 製作総指揮: ジョエル・シルヴァー 出演: イーサン・ホーク:ブレント・マグナ セレーナ・ゴメス:少女 ジョン・ヴォ...
ゲッタウェイ スーパースネーク (いやいやえん)
【概略】 妻を誘拐された元プロレーサー・ブレントが、マスタング・スーパースネークで決死のカーチェイスに挑む。 アクション 存命だったらポール・ウォーカーが主演していたような作品ですね。 車というものにこだわりも知識もないので、このスーパーカー「...
映画評「ゲッタウェイ スーパースネーク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2013年アメリカ=ブルガリア合作映画 監督コートニー・ソロモン ネタバレあり