パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

バクマン。★★★★

2015年10月10日 | アクション映画ーハ行
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビには、佐藤健と神木隆之介。実在の漫画作品や出版社が実名で登場するほか、劇中使用される漫画の原稿を小畑自身が描いている。

あらすじ:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。

<感想>ジャンプの王道の「友情」「努力」「勝利」を三幕形式に当てはめた作劇も圧巻であります。漫画家が主人公の映画はあれども、漫画を描く行為を正面から描いたものはなかっただけに、その行程を単調にならないように映画的な装飾を加えつつ、描く行為へのリスペクトを忘れていないのが良かったようですね。

原作と作画の漫画家コンビである神木隆之介と佐藤健は、映画「るろうに剣心」では斬り殺しあう仲だった二人。高校生には見えないが、この二人のタッグはいい。「週刊少年ジャンプ」なるステージこそが主人公たちの目標であり、とやかく言っても仕方がないのだが、とは言え、「友情」「努力」「勝利」に「プラス恋」というジャンプ誌の御題目を、そっくり主人公たちに盛り込んでの展開は、その達成感といい、スポコン映画とまったく同じであります。
特に印象的なのが夢中で漫画を描いている時のGペンの音だ。その漫画を何枚もおどらせたような映像も技ありで、さすがの大根監督。

素人目にもっとも漫画家イメージに近かったのは、過労死したおじさんの宮藤官九郎だろう。出てくるライバル漫画家たちが熱いのだ。

クールな天才も心の底では熱いし、それが利いているのもいい。マドンナの亜豆美保役である小松菜奈が、予想以上にかわいかったのと、恋と別れが、ニギヤカし程度だったのは残念だったが、彼女をマンガのキャラにするのはグーであった。

映画にしかできない「マンガを描くこと」の度肝を抜くような表現、そこに奇跡が起こせるかどうか。一度は監督オファーを断りながらもファンの期待と自分自身のマンガ愛に応えるためにメガホンを握ったのは、そこにオリジナルなものを撮れる確信が生まれたからだと思う。

真城最高(佐藤健)と、高木秋人(神木隆之介)の主人公コンビが、ライバルの高校生マンガ家である新妻エイジ(染谷将太)とガチンコ勝負で対決する時が、この映画の鮮やかなハイライトになっているようだ。
マンガ原稿の中で戦う彼らのバトルは、巨大なペンやカッターを刀みたいに振り回す未知の格闘技のようにもみえた。
原作の枠を生き生きと、はみ出す彼らの表情を見えれば、マンガも青春も全身全霊を捧げる戦いなのだという率直なメッセージが伝わってくる。エンドロールの、マンガ愛の炸裂も最高でしたよ。
2015年劇場鑑賞作品・・・204映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の轍 ★★★ | トップ | ファンタスティック・フォー ★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『バクマン。』実写映画の3つの魅力 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道」だ。彼らは邪道なマンガを引っ提げて、少年ジャンプの激烈な人気...
劇場鑑賞「バクマン。」 (日々“是”精進! ver.F)
夢は、日本一の漫画家になること… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201510030000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】新宝島 (豪華初回限定盤[映画「バクマン。」BOX]) [ サカ...価格:2,656円(税込、送料込) ...
バクマン。  (Break Time)
明日から、3連休です・・・
バクマン。 (Akira's VOICE)
ワクワクしっぱなしで面白かった!!  
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
バクマン。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/10/03公開 日本 119分監督:大根仁出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー Story:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫...
現実は厳しい。『バクマン。』 (水曜日のシネマ日記)
大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を実写化した作品。高校生2人がタッグを組み漫画家への道を目指す物語です。
『バクマン。』 (beatitude)
“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”2人の高校生が抱いた壮大な夢。優れた絵の才能を持つ“サイコー”こと真城最高(佐藤健)と、巧みな物語を書く“シュージン”こと高木秋人(神木隆之介)。クラスメイトの亜豆美保(....
バクマン。 (だらだら無気力ブログ!)
コレは実写化成功だな。
「バクマン。」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本 配給:東宝 監督:大根 仁原作:大場つぐみ、小畑 健脚本:大根 仁製作:市川 南エグゼクティブプロデューサー:山内章弘企画:川村元気プロデュース:川村元気 「DEATH NOTE」の
バクマン  映画感想 (にきログ)
映画を見てきたので感想です。 ちなみに原作漫画アニメともに途中まで知っている人間です。 原作はジャンプで所々読んでたんですがコミックスは買っていなかったためうろ覚え なおかつ終盤はほぼ読んでない状態ですね あらすじ 優れた画力を持ちながら将来の展望も...
『バクマン。』 (時間の無駄と言わないで)
普通の邦画として観ればつまらなくはない。 でも原作コミックがあってそれの実写化として観るとモヤモヤする。 原作のアレもやりたいコレもやりたいと盛り込んで、結果的に全てが ...
『バクマン。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バクマン。」□監督・脚本 大根 仁□原作 大場つぐみ、小畑 健□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、       リリー・フランキー、宮藤官九郎、小松菜奈■鑑賞日 10月4日(日)■劇場  チネチ...
ショートレビュー「バクマン。・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「バクマン。」ってなに? 日本一の漫画家を目指す、二人の高校生を描く熱血青春映画。 これも原作はほぼ未読。正確には連載開始された頃に、2巻まで読んだだけ。 内容もほとんど覚えていなかったのだけど、映画は疾走感のあるポップなエンターテインメントで実に面...
バクマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 少年ジャンプ連載の人気漫画を大根仁が映画化。遊び心たっぷりの映像と漫画への愛があふれるエンディングロールなど楽しかったけれど、終盤が駆け足すぎちゃったのは難点でした。  作品情報 2015年日本映画 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈 上映...
『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画である事】 原作マンガ未読。 なので、誰が似てて誰が似てないというのは分からない。 マンガを一回でも描いた事がある人は分かると思うが、 マンガ ...
映画「バクマン。」 (FREE TIME)
映画「バクマン。」を鑑賞しました。
バクマン。 (miaのmovie★DIARY)
【bakuman】 制作国:日本 制作年:2015年 秀才で漫画原作作家を志望する秋人から「俺と組んで漫画家にならないか」 と誘われた最高だが、当初は拒絶。しかし、声優を目指す片思いのクラス メイト・亜豆(あずき)美保と「漫画家として、声優として、お互いの夢が...
ベタな話も勢いで乗り切っちゃったね~。(;´∀`)~「バクマン。」~ (ペパーミントの魔術師)
神木くんが、この映画のPRでテレビにでるたんびに 佐藤健の写真集作りたいってそればっかいうもんだから 健くんの顔ばっか見ておわってしまった。・・・・以上。 いや、さすがにそれだけじゃモノが飛んできそうなんでもう少し。 ふたり揃って初めて意味のあるものだ...
ベタな話も勢いで乗り切っちゃったね~。(;´∀`)~「バクマン。」~ (ペパーミントの魔術師)
神木くんが、この映画のPRでテレビにでるたんびに 佐藤健の写真集作りたいってそればっかいうもんだから 健くんの顔ばっか見ておわってしまった。・・・・以上。 いや、さすがにそれだけじゃモノが飛んできそうなんでもう少し。 ふたり揃って初めて意味のあるものだ...
バクマン。  監督/大根 仁 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 健  神木 隆之介  染谷 将太  小松 菜奈  山田 孝之 【ストーリー】 優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(サイコー)は、漫画原作家を志す高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初....
「バクマン。」 (2015 東宝) (事務職員へのこの1冊)
リズム、リズム、リズム。大根仁の演出はこれにつきる。間(ま)の曲芸というか。近作「湯けむりスナイパー」「モテキ」「まほろ駅前番外地」「リバースエッジ」に端的だったのは、登場人物たちの語りと語りの呼吸が絶妙だということだ。ロックのPVを数多く撮っているこ...
『BAKUMAN』バクマン。 (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
少年時代(?!)を週刊ジャンプと過ごした身としてはたまらない世界観! どこぞの研究によると http://news.yahoo.co.jp/pickup/6178822 漫画を読む子供は本も読むという結果でたみたいですけど ...
バクマン。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ....
漫画家になろう! (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認めら...
「バクマン。」 友情、努力、勝利 (はらやんの映画徒然草)
大場つぐみさん、小畑健さんの「DETH NOTE」コンビのコミック「バクマン。」
ジャンプよ永遠なれ~『バクマン。』 (真紅のthinkingdays)
 作画担当の真城最高(佐藤健)とネーム担当の高木秋人(神木隆之介)の二人 は、高校二年生の夏休み最後の日、初めて描いた漫画を集英社に持ち込む。 そこには、憧れの漫画週刊誌 「少年ジャンプ」 の編集部があるのだ。編集者・ 服部(山田孝之)に見込まれた二...
[映画『バクマン。』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・役者の演技もうまくて、展開も非常にテンポ良く、 ヒロインの小松菜奈がこれでもかと可愛くて、 漫画を描くという地味な描写もとてもダイナミックに処理していた。 長い原作の全てを見せようとせず、あくまでも高校生活との兼業を青春として描いていたのは良か...
「バクマン。」 (ここなつ映画レビュー)
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ~。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があっ...
バクマン。 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、小松菜奈、よーかいくん、今井隆文、五頭岳夫、小野敦子、稲村優奈、高橋綾沙、重廣レイカ、矢柴俊博、中川晴樹、勝矢、岩瀬亮、中村無何有、神農直隆、ノゾエ征爾、本多力、三浦俊輔、...
バクマン。 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
バクマン。 '15:日本 ◆監督:大根仁「まほろ駅前番外地」「モテキ」 ◆主演: 佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太 ◆STORY◆“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そう...
「バクマン。」 (Con Gas, Sin Hielo)
条件付きで「あり」。 「エンドロールがすごい!」という記事を見て、有効期限が間近に迫っている鑑賞券があったので観に行った。 確かに、手が込んでいて愛を感じられる作りだった。CGではなくわざわざこしらえたのだろう。著作権関連と思われる作品名のクレジット....
バクマン。 (2015) (のほほん便り)
とにかく、キャスティングが抜群で、テンポよく、青春・成長物語として、とても面白く見ることが出来ました。さすが、大根仁監督作品。ディテールの遊び心が心憎いです。個人的に......
映画評「バクマン。」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・大根仁 ネタバレあり