パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ムーンライズ・キングダム ★★★★

2013年02月12日 | ま行の映画
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。

時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブルース・ウィリス)たった一人だけ。だがその彼もヒマをもて余すほど呑気な場所だった。しかし、事件発生。毎年キャンプを行っているウォード隊長率いるボーイスカウトから、12歳の少年サムが脱走したのだ。
時を同じくして、島に住む同じ年のスージーも自宅から姿を消す。どうやら二人は、1年前の野外劇の舞台裏で電撃的な出会いをし、文通のやり取りで駆け落ちを相談しあって実行に移したらしい。2人の行く先は、「3.25海里 潮流口」2人が勝手に“ムーンライズ・キングダム”(月がのぼる王国)と名付けた手つかずの自然が残る入り江だった。
海に飛び込み、本を読み、レコードを聴き、ダンスをしてキスをするサムとスージー。しかし、シャープ警部やウォード隊長、そしてボーイスカウトたちの奮闘によって2人は捕えられてしまう。だが、そのボーイスカウト仲間は、夜口数の少ないサムの生い立ちを知る。彼は孤児で、里親のもとで不幸な人生をおくっていたのだ。しかも今回の件で里親に見捨てられ、精神鑑定と電気ショックによる治療を受けた後、少年収容所送りになるというのだ。
「サムとスージーを逃げさせてやろう」こうしてボーイスカウト総出の駆け落ち作戦が発動した。

<感想>本作は一直線に進む明快なストーリーなので、今までのアンダーソン作品の、ヤマなし意味なしのオフビートなストーリーとは比べ物にならない。「小さな恋のメロディ」を思わせるサムとスージーのピュアなラブストーリーは、繊細に練られた脚本と魅力的な小道具を駆使して撮影された映像が独特の空気感を生み出している。主役は子供たち。二人以外にもたくさんいる彼らは、みんな仏頂面のボーイスカウトの年少組。
大人は弁護士のビル・マーレイと、妻のフランシス・マクドーマンドがスージーの両親。マクドーマンドは気のいい独身の警部ブルース・ウィリスとの浮気現場を娘に見られている。「ルーパー」でタフガイを演じていたアクションスターのウィリスだが、そもそも「ダイ・ハード」はコメディ色が強かったし、「キッド」で子供との絡みも経験済みだし。今作では哀愁溢れる中年役もハマっている。

エドワード・ノートンがボーイスカウトのキャンプの隊長、そしてこれまでのアンダーソン映画ならアンジェリカ・ヒューストンのところを、今回はサムを追う福祉局員をティルダ・スィントンと、フランシス・マクドーマンドというキツめのオスカー女優2名を参戦。

加えて物語のナレーターを「ゴスフォード・パーク」の原案者でもあり、シャラマンの「レディ・イン・ザ・ウォーター」では犬に食べられる映画評論家に扮したボブ・バラバンが務めている。なお、終盤には大物ゲストとして、ボーイスカウトの司令官としてハーヴエイ・カイテルが顔を見せている。
ユニークな大人のキャラクターたちと、子供たちは何故かみんな真面目である。部屋に飾られた絵から音楽の使い方、スージーが読み聞かせる絵本の表紙まで、お洒落のセンスは抜群。

そんな中で、かつてアンダーソン映画のミューズ的存在だった、グウィネス・バルトロウを思わせる濃い水色のアイシャドウに黒々とした目張りのアイメイク、そのくせ子供だから白いハイソックス、という取り合わせが奇妙なスージーと、虐められっ子の聡明な少年サムが繰り広げる恋の逃避行。

びっくりするのが嵐で島が鉄砲水に襲われ、それに高波まで押し寄せ、高台の教会にみんなが避難する。しかし、そこに駆け落ちしてきた2人がいて見つかってしまう。2人は嵐の中、教会の鐘の塔まで登りつめ、雷轟く嵐の中あわやというところまで追いつめられる。そこへブルース警部が助けに駆け付け、サムを養子にするというのだ。しかし、2人は足を滑らせて、さすが「ダイ・ハード」オヤジだ、ロープをしっかり体に巻きつけて2人を助ける。
映画を観終わった後に印象に残るのは、彼らを包む美しい島の入り江。赤のコートに緑色の帽子の男(ボブ・バラバン)がレポーターを務めれば、映画の始まりとエンドクレジットに流れ、使われている楽器の説明が入る音楽が対になっているのがとっても素敵です。
2013年劇場鑑賞作品・・・23 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ


『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナザー・ハッピー・デイ ふぞ... | トップ | ゴーストライダー2 ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン (カノンな日々)
『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ...
[映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(未完成)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...
ムーンライズ・キングダム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(12) 冒頭から不思議な世界に迷い込んだ子羊のワタシ。
ムーンライズ・キングダム (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました〜 監督...
ムーンライズ・キングダム (風に吹かれて)
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ
『ムーンライズ・キングダム』 (こねたみっくす)
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
映画「ムーンライズ・キングダム」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
ムーンライズ・キングダム (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド...
ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM (いい加減社長の映画日記)
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...
ムーンライズ・キングダム (心のままに映画の風景)
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...
小さな恋の王国〜『ムーンライズ・キングダム』 (真紅のthinkingdays)
 MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹かれ...
「ムーンライズキングダム」 (Con Gas, Sin Hielo)
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。 賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。 小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。 そんな....
「ムーンライズキングダム」 (Con Gas, Sin Hielo)
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。 賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。 小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。 そんな....
『ムーンライズ・キングダム』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マー...
小さな恋と子供と大人 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・....
ムーンライズ・キングダム(2012)☆★MOONRISE KINGDOM (銅版画制作の日々)
 恋をしに出かけよう! ふたりだけの秘密の場所へ――。 好き度:+8点=78点 公開前からとても気になっていた作品。ようやく観ることが出来ました。お話の内容はとても可愛いです。そして映像もなかなかお洒落ですね。1965年代のアメリカってこんな感じだったの...
映画『ムーンライズ・キングダム』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-11.ムーンライズ・キングダム■原題:Moonrise Kingdom■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:94分■観賞日:2月9日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン□脚本:ロマン・コッポラ◆ブルース・ウ...
ムーンライズ・キングダム (いやいやえん)
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』1964年、レコードプレーヤー、ラジオ、赤い横縞灯台、ツリーハウス、釣り針で作ったイヤリング…・起こる出来事(
映画評「ムーンライズ・キングダム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ウェス・アンダースン ネタバレあり