パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

超高速!参勤交代 ★★★★

2014年06月23日 | アクション映画ータ行
通常でも8日かかる参勤交代を5日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が、奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。第37回城戸賞の入選作を、『鴨川ホルモー』などの本木克英監督が映画化した。資金も人数もない中、藩と領民を守るため奮闘する藩主には佐々木蔵之介、ヒロインを深田恭子が演じる。共演には伊原剛志、西村雅彦、陣内孝則ら実力派がそろう。
あらすじ:8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、さらに莫大(ばくだい)な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には無茶苦茶な話だった。藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を完遂させようと作戦を練る。

<感想>弱小貧乏藩、知恵と勇気でお上の難題に立ち向かう!・・・優れたオリジナル脚本を表彰する城戸賞で高評価を得たシナリオを、佐々木蔵之介の主演で映画化した歴史エンターテインメント。この時代にもあったであろう老中からの虐めのような、無理難題を押し付けられた地方の小さな藩が、奇策と工夫と団結力で乗り越えるさまを描いている。実に面白く滑稽で、しかし、真面目に対処しないと、小さな藩は御取り潰しになるというのだ。
何だか見ていて、舞台の東北、福島県いわきですよね、大震災に原発事故と地元から立ち退きを命じられ今まさに、お上に立てつくこともままならない事情にあるという、身につまされました。しかし、実にこの藩の殿様や家来たち、農民たちも清清しくていいのだ。
やっと参勤交代を終えてやれやれと、みんな休息をとっているところへ、再度の参勤が命じられる。それは、老中松平信祝の嫌がらせであり、百も承知だが断れないのだ。金も人も時間もない湯長谷藩は、殿様の内藤政醇と家老の相馬は早速、策を練るのだが、・・・。見栄と権力を象徴するようなバカバカしい儀式の大名行列には50人は必要だし、急な事態で半数も揃わない。

徳川幕府にとっては、江戸に妻や子供を住まわせて、地方には殿様と家来が帰るという。幕府が大名の力を削ぐために作った参勤交代という制度には、文句を言う藩主がいなかったのだろう。つまり、徳川幕府300年という戦のない安楽の歴史が刻まれるのだ。
家老の相馬に扮している西村雅彦さん、芸達者だけに家老の役柄にぴったりで、頭も切れるし笑いのコツを知っているかのように面白いのだ。コメディ映画のように、江戸までの距離を5日で行くにはと、下の道をかき集めた農民たちの大名行列に、自分たちは道案内として忍びの男を頼み、山越えをして何とか間に合わせようと計画する。

忍びの者には、伊原剛志さんが演じていて、田舎侍は実に甘いと旅の途中でとんずらするつもりだったが、殿様が懐中の紋入りの小刀をくれて「ありがとう」と礼をするのだ。それに、支払も古銭ばかりで使えない。

とにかく、老中松平信祝が仕向けた追っ手の忍びの者や、殺し屋たちが飛んでもなく襲ってきてアワヤという窮地も、忍びの伊原さんが救ってくれたり、とにかく家来たちの剣の腕や弓矢、それに猿までもが達者なので、襲ってくる敵もなんのそのですから。

殿さまは一人馬で宿場に訪れるも、指名手配書きが出回っており、宿の飯盛り女を呼ぶも、疲れをとるために足腰を揉んでもらう。その飯盛り女に深田恭子が扮して、何とここで二人は恋人関係になってしまうとは。

お尋ね者にされた殿様は、飯盛り女のお咲きと逃げ出す。それが、殿様強いのなんのと剣豪ですから。追手の忍びやら殺し屋なんか、バッタバッタと切り刻み、5日の時刻まで江戸へと急ぐのです。
途中助けられるのは、同じ小藩の位の上の藩で、以前飢饉で米や野菜などを援助したことがあるので、家老の相馬が途中検問を通らなければならないところを、行列を貸してもらうことに。それに、わざと大人数に見せるために、行ってはぐるりと回って引き返す計画にも、思わず笑いが込み上げます。それと、江戸から帰って来た大名行列にぶつかり、それを横切ることは出来ないのだ。機転が利く家老の相馬が、ふんどし姿の飛脚になってエッフォエッフォと行列を通り過ぎるのには、してやったり。そういう、決まり事も知らなかった。

何とか時刻に間に合うというか、鐘を弓矢で射って音を出すという仕組み。これで間に合って、御取り潰しがまぬがれて安堵するも、将軍吉宗に藩主・佐々木蔵之介が言う言葉も中々良かった。「山からは金は出てこない」と。将軍様、禄高を上げて下さいまし。実に面白く、腹を抱えて笑うシーンもあり、東北弁も良かった。
2014年劇場鑑賞作品・・・221 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 300 <スリーハンドレッド> 〜帝... | トップ | ラストミッション ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『超高速!参勤交代』観てきた(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
幕府の小藩へのイジメ。 江戸へ参勤して帰ってきたばかりの藩主へ江戸家老が追いかけてきて、 金山の報告に虚偽の疑いがあるから、 再び5日以内に参勤せよとの通達が! 参勤せねば御家取り潰しの危機。 どうする?? お金もないから、大名行列に見せかけて ...
劇場鑑賞「超高速!参勤交代」 (日々“是”精進! ver.F)
貧乏でも、幸せな藩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「超高速!参勤交代」オリジナルサウンドトラック [ 周防...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブック...
「超高速! 参勤交代」:発想はナイスですが・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『超高速! 参勤交代』を試写会で観ました。2011年の城戸賞受賞作の脚本を映
超高速!参勤交代 (だらだら無気力ブログ!)
くすくす笑えて面白かった。
超高速!参勤交代 (勝手に映画評)
1735年(享保20年)の実在の湯長谷藩(現在の福島県いわき市)を舞台にした物語。参勤交代から戻ったばかりの石高1万5千石の小藩である湯長谷藩に、「5日以内に参勤せよ!」との幕府からの命令が。通常でも、参勤には8日が必要。しかし、逆らえば藩が取り潰されるという状...
超高速!参勤交代 (映画好きパパの鑑賞日記)
 第37回城戸賞に歴代最高点で輝いた土橋章宏の脚本を映画化。これまで、数多くの時代劇があるなか、参勤交代に目を付けたアイデアと、映画版になってさらにブラッシアップされたことが功を奏して、老若男女が楽しめる娯楽時代劇になりました。多少、強引なところも、演者...
超高速!参勤交代 (はるみのひとり言)
リフレさんの試写会で観せていただきました。会場は超!満員wwいつも素敵な商品が当たる抽選会があるんだけど、毎度のごとくな〜んも当たりません。お友達同士で当たってらっしゃる方もいるのにね〜。最強の2人やね。羨ましい〜。参勤交代を終え、磐城国に戻った湯長谷藩...
映画「超高速!参勤交代」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
映画が娯楽の王様だった頃の時代劇と喜劇の要素を、現代風に上手くアレンジしたなぁ・・というのが第一印象。松竹だからの先入観かも知れないけれど。 どちらにしても面白かったです!!! 佐々木蔵之介と市川猿之助の顔合わせには、先日観た「スーパー歌舞伎II...
【 超高速!参勤交代 】知恵を出せ (映画@見取り八段)
超高速!参勤交代      監督: 本木克英    キャスト: 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦、甲本雅裕、近藤公園、忍成修吾、和田聰宏、冨浦智嗣、舞羽美海、前田旺...
超高速!参勤交代  (Break Time)
昨日の、レイトショーで・・・
超高速!参勤交代 (とりあえず、コメントです)
徳川吉宗が将軍の頃の江戸時代を舞台に、突然に参勤交代を命じられてしまった湯長谷藩の 激動の5日間を描いた時代劇エンターテイメントです。 予告編を見て、これは楽しそうだなあと気になっていました。 キャラクターにぴったりの俳優陣と軽妙な展開に、思わず笑ってしま...
『超高速!参勤交代』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「超高速!参勤交代」 □監督 本木克英□脚本 土橋章宏□キャスト 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔■鑑賞日 6月22日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<...
超高速!参勤交代/佐々木蔵之介 (カノンな日々)
初めて予告編を観たときから、これは面白そうと公開日を楽しみにしてました。第37回城戸賞の入選作でもある土橋章宏さんの同名作品を『鴨川ホルモー』の本木克英監督が映画化した ...
蔵之介と深キョンの「ギャップ」がステキ(え)〜「超高速!参勤交代」〜 (ペパーミントの魔術師)
この画像ですからね。 最初から最後まで佐々木蔵之介が演じる内藤政醇が どうしようどうしようってジタバタするコメディかと思ってたわけですよ。 実際ブレーンは西村雅彦演じる相馬兼嗣ですし。 途中で別行動になってしまってどないするのかと思いきや・・・。 このお...
超高速!参勤交代 (映画的・絵画的・音楽的)
 『超高速!参勤交代』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)時代劇コメディで面白そうだと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、1年にわたる江戸での暮らしを終えて故郷の磐城国湯長谷藩に戻ってきた藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)の一行が田舎....
「超高速!参勤交代」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本 配給:松竹 監督:本木克英 脚本:土橋章宏 撮影:江原祥二 音楽:周防義和 企画:深澤 宏新人脚本家の登竜門、第37回城戸賞に入選した土橋章宏の脚本を映画化した、江戸幕府から無理難題
「超高速!参勤交代」  安心して観れる王道の時代劇コメディ (はらやんの映画徒然草)
タイトルだけ観るとちょっとキワモノっぽい感じもしますが、観る人を選ばない王道の時
「超高速!参勤交代」藩の存続を掛けて参勤した先にみたこれまでの支援が自分の身を助けた決死の参勤交代 (オールマイティにコメンテート)
「超高速!参勤交代」は江戸時代徳川吉宗の時代に参勤交代を終えた大名が突然金山の不正を疑われ、5日で参勤交代しなければならなくなり金のない中江戸を目指すストーリーである ...
映画・超高速!参勤交代 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 享保20年、磐城国の小藩・湯長谷藩の藩士たちは1年にわたる江戸への参勤から故郷へ戻ったばかり お人好しだが民からも藩士からも慕われている藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は久々の故郷でゆっくり出来ると思っていたところ江戸屋敷から、家老・瀬....
超高速!参勤交代  監督/本木 克英 (西京極 紫の館)
【出演】  佐々木 蔵之介  深田 恭子  伊原 剛志  西村 雅彦 【ストーリー】 8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、さらに莫大な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。それは藩にある金山を狙う老....
「超高速!参勤交代」 (ここなつ映画レビュー)
超高速参勤交代、超面白い!もっとガンガン箱数増やして公開されてもいいのに。出演者がみんな結構地味〜なのが原因か?確かに、佐々木蔵之介初主演の映画となれば、彼をトップに置いて彼以上のメジャーどころを配する訳にはいくまい。だが、逆にこの地味な俳優陣が、「全...
映画「超高速!参勤交代」 (FREE TIME)
映画「超高速!参勤交代」を鑑賞しました。
超高速!参勤交代 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
超高速!参勤交代 '14:日本 ◆監督:本木克英「すべては君に逢えたから」「鴨川ホルモー」 ◆主演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、四代目市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦 ◆STORY◆元文元年春、...
「超高速!参勤交代」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
「5日以内に参勤せよ」 超高速!参勤交代 (らくらく本)土橋 章宏 講談社 by G-Tools
「超高速!参勤交代」 (Con Gas, Sin Hielo)
重要なのは地方の元気。 時代劇と勧善懲悪は切っても切れない関係。かつてテレビのゴールデンタイムで流れていた時代劇ドラマはいずれも「正義が必ず勝つ」であった。 高齢者が相対的に増加する中で地上波のテレビが時代劇を流さなくなったのは不思議な気がする。年齢....
超高速! 参勤交代 (いやいやえん)
【概略】 幕府から「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す」という無理難題を吹っ掛けられた貧乏小藩の奮闘を描く。 時代劇 八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷藩に存在するという金山略奪を狙い、江戸幕府が無理難題を吹っ掛ける。...
映画評「超高速!参勤交代」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・大木克英 ネタバレあり