パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~★★★.5

2014年06月22日 | アクション映画ーサ行
フランク・ミラーのグラフィックノベルを実写化したヒットアクション『300 <スリーハンドレッド>』の続編。前作で命を散らしたスパルタのレオニダス王に代わってペルシャ軍に挑む、アテナイのテミストクレス将軍と彼が率いる兵士たちの激闘を活写する。メガホンを取るのは、『賢く生きる恋のレシピ』のノーム・ムーロ。『L.A. ギャング ストーリー』などのサリヴァン・ステイプルトン、『パーフェクト・センス』などのエヴァ・グリーンらが出演。壮絶な肉弾戦はもちろん、戦う男たちの絆をめぐるドラマにも注目。

<感想>わずか300人のスパルタ軍VS100万人のペルシャ帝国の死闘を描き、07年に大ヒットした歴史アクション巨編「300 <スリーハンドレッド>」。かなりハードで見ごたえがあり、そのビジュアルの良さ、アクションシーンの格好良さに痺れ、映像もモノクロに真っ赤な血の色が印象的でした。

スパルタの兵士たちの台詞がこれでもかというくらいに恰好良かった。やたらもったいぶったスローモーション映像や、いかにも劇画チックなセリフ、「これが、スパルタだぁ~」的な、一時期パロディのネタにされまくっていたけれど、逆に言えばそれだけ多くの人々に愛されたことの証明でもあるのだろう。当時としては完全にやられたと思いましたね。

物語は、スパルタのレオニダス王が精鋭300人で100万人のペルシア軍と戦っていたころ、ペルシア帝国はギリシアにさらなる侵攻を開始する。彼の遺志を継ぐようにしてアテナイのテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)は、パン屋、陶工、詩人といった一般市民から成るギリシャ連合軍を率いて、その3倍の数のペルシャ帝国に立ち向かっていく。
ギリシアへの増悪を燃やすペルシア海軍の女傑アルテミシアが、勇敢で知的なテミストクレス将軍を味方に付けようと直接交渉してくる。だが、交渉は決裂し、ギリシャの壊滅を目論むペルシア帝国軍と、援軍を持つギリシア連合軍は、荒れ狂う大海原で最終決戦を迎える。

本作はあれから7年ぶりに登場した続編。監督はCM界で活躍してきたノーム・ムーロを抜擢し、「海」がメインの戦場となるほど、新機軸もいろいろと容易されているようだ。正直、1作目を超えるビジュアル的な衝撃はないのだけれど、前作の監督だったザック・スナイダーがハードルを上げ過ぎてしまった面もあるので、仕方がないと言ってしまえばそうだろう。
やはり本作の見どころは、前作同様に戦士たちの肉体美でしょう。キャストは食事と激しい運動で筋トレに努力して見事なプロポーションですから。二刀流の立ち回りで見せるエヴァ・グリーンの迫真の演技もトレーニングの賜物ですね。それに、前作と大きく違うのは、戦いの舞台が荒涼とした大地からエーゲ海に変わっていること。兵力では敵に勝ち目がないギリシア軍が、洋上でどう戦うのか?、その知恵と戦術に注目。
両国の違いを衣装や、美術で表現し、すべてが質素なギリシアに対して、ペルシアは艦隊も不気味な重油を積んだ鋼鉄のタンカーであり、背中に重油のタンクを背負い、海を泳いでギリシア軍の船へと迫ってくる。重油を積んだタンカーからは、ドクドクとホースで重油が海へ流され、それに火を放つと瞬く間に炎の海と化し、船は燃えて沈み兵士たちも海へ飛び込むも炎に包まれることになる。これによりギリシア軍は壊滅的な打撃を受ける。

それでも、前作でのあの300人のスパルタ軍の、勇敢なる戦いぶりには当然及ばないのだ。前作でのスパルタ兵の筋肉美とパンツにあの赤いマントの色が、スクリーンに映えて印象的でした。それなのに、今回は何故か青のマントですからね。しかし、アクションシーンに関しては完全に前作を上回ってると思います。CGのクオリティも凄いし、若干やり過ぎのようで、最後の方はアニメのように見えました。グロさも前作よりエグいですし、でもストーリー自体は前作を超えていない。

それよりもキャストが、前作のレオニダスのジェラルド・バトラーに比べると、今回のサリヴァン・ステイプルトンは、カリスマ性も異常性も足りない気がする。何故かというと、最強のスパルタ兵という設定が良かったので、それにキャストが乗り移っていた気がした。

その代りに本作では、ペルシャ王クセルクセスの過去が明らかになる。何故神王になり、ギリシア征服に燃えるのかが判明する。王子時代は人間らしい一面を持っていたが、父王がマラトンの戦いで勇者テミストクレスの弓で重症を負わせられ、侵攻を退けた。そこへ、ギリシアへの私的な復讐に燃えるアルテミシアが一計を案じて、王の息の根を止めて王子のクセルクセスを神王に祭り上げ、より強大な軍を作り上げた。

ですが、今回は飛んでもない秘密兵器がある。その兵器とはフランス人女優のエヴァ・グリーンである。彼女が演じるキャラは、少女時代にギリシャ人に集団レイプされ奴隷となるも、復讐の鬼と化した残忍な女戦士アルテミシアに生まれ変わる。物語のポジション的には悪役ですが、あまりにも鬼気迫るキレっぷりなので、途中からはずっと彼女のことを応援してしまったくらいだ。荒れ狂う嵐の中、アルテミシアを味方にしようと誘惑をする場面、船上でのフルヌードになってのSEXシーンとかもあって、これがまたいろんな意味ですごすぎ。色っぽいというよりは、魔女のような狂った女にしか見えませんでした。

戦いの舞台は荒涼とした大地から、生き物のように激しくうねりを上げる大海。本作が描くのは、ペルシャ戦争最大のクライマックスともいわれる、“サミラス海戦”である。勇者テミストクレス将軍が指揮をとるギリシャ連合軍と、凶悪な女戦士アルテミシア率いる、兵士3倍のペルシャ海軍が大激戦。
前作同様に鍛え抜かれた肉体美と、スケールの大きなド迫力のアクションシーン、パワーアップした最先端の映像でより立体的で見応えがありました。
2014年劇場鑑賞作品・・・220  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

300 <スリーハンドレッド>
『デート』 ジャンルのランキング
トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニード・フォー・スピード ★★★★ | トップ | 超高速!参勤交代 ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「300 <スリー・ハンドレッド> 帝国の進撃」  (日々“是”精進! ver.F)
自由のために、戦う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406200000/ ★枚数限定ポスター★■サリヴァン・ステイプルトンVer■ [映画ポスター] 300 スリーハンドレッ...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブッ...
『300 -帝国の進撃-』 2014年6月9日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『300 -帝国の進撃-』 を試写会で鑑賞しました。 3D対応した、よみうりホールは良いんだけど 映画の中身がね・・・ 【ストーリー】  100万もの兵を率いてギリシャ侵攻を図るペルシャ帝国を相手に、300人の精鋭と共に戦いを繰り広げた果てに命を落としたスパルタの...
300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (試写会) (風に吹かれて)
飛び散る血しぶき! 血しぶき! 血しぶき! 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/300movie26月20日公開 2007年に公開された、ザック・スナイダー監督、ジェ
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 今度の戦いは大海原での洋上決戦ときたもんだ(笑)
映画「300 帝国の進撃」@ワーナー・ブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 今回、私はワーナーさん主催の日本最速試写会に参加した、客席は満席だ。試写会は字幕3D版が上映された。
映画:300 帝国の進撃 300 Rise of an Empire 肉弾戦に艦隊バトルが加わり、ド迫力増強! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作のラスト、300人全員が死んでしまい、もう次はないなと。 ところが復活! そのストーリーの組み立て方に感心。 前作全体を今回の文脈に「巻き込む」作りにしてあるのだ! このように、前作の勢いをそのまま今作にも生かす、という巧妙さに唸った。 前作もそう...
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (だらだら無気力ブログ!)
エヴァ・グリーンがよかった。
『300 ~帝国の進撃~』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
監督: ノーム・ムロ 製作・脚本: ザック・スナイダー 出演: サリバン・ステイプルトン 、エバ・グリーン 、レナ・ヘディ 、ハンス・マシソン 、ロドリゴ・サントロ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2014年6月20日公開) お誘いいただ....
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【300: RISE OF AN EMPIRE】 2014/06/20公開 アメリカ R15+ 103分監督:ノーム・ムーロ出演:サリヴァン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン、レナ・ヘディ、ハンス・マシソン、ロドリゴ・サントロ 最後の戦いは、大海原へ――。あの300人のDNAを継ぐ男たち。 ペ...
「300~帝国の進撃~」 (ここなつ映画レビュー)
観終わっての感想は「お好きな方はどうぞ」。そうとしか言いようがない。ま、嫌いじゃないんだけど。「300」が2007年の作品だから、あれからもう7年も経つのか。確か「外国映画輸入配給協会」なる団体のご推薦の作品を上映する特別試写会で観た記憶がある。これがイチ...
300 ~帝国の進撃~ IMAX-3D/サリヴァン・ステイプルトン (カノンな日々)
待ってましたよ、この映画。フランク・ミラーのグラフィックノベルを実写化した『300 <スリーハンドレッド>』の続編です。今作は前作で戦場に散ったスパルタのレオニダス王に代わ ...
ショートレビュー「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃・・・・・評価額1500円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
決戦の舞台は、大海原! 迫り来る100万のペルシャ軍、迎え討つのは僅か300人のスパルタ重装歩兵。 古代ギリシャと当時の世界帝国ペルシャが戦った、ペルシャ戦争のテルモピレーの戦いをモチーフとしたフランク・ミラー原作のグラフィックノベルを、ザック・スナイダー...
300 ~帝国の進撃~ (映画好きパパの鑑賞日記)
 2007年にスマッシュヒットした300の続編(時間軸的にはほぼ同じ)なんだけど、300が無敵の男たちが巨大な敵と戦う肉体美を描き続ける戦闘バカ映画だったのに比べて、こちらは、ちょっと単調な部分もあり、前作ほどの爽快感はありませんでした。  作品情報 2014年...
「300 帝国の進撃」 (Con Gas, Sin Hielo)
数が少なくてもギリシャは手強い。 前作のスマッシュヒットから結構経ってから作られた続篇。前作で全滅したレオニダス王のG.バトラーは出てこない(一瞬前作の場面が映るが)。 正確には、レオニダス王の戦いと並行して繰り広げられていたギリシャとペルシャ帝国のせ....
「300 帝国の進撃」 前作踏襲だけど及ばない (はらやんの映画徒然草)
前作「300<スリーハンドレッド>」を観たときは、衝撃を受けました。 映画全体か
「300 帝国の進撃」☆ほどよい筋肉加減 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
戦いのシーンでほぼ間違いなく寝てしまう私が、唯一1ミリも眠くならなかった映画「300」 そのグロいのに美しい、唯一無二の映像美が私を虜にしたからだけど、さて今回は・・・・
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:103分 監督:ノーム・ムーロ  2007年に製作された『300 <スリーハンドレッド>』の続編であり、前作で命を散らしたスパルタのレオニダス王に代わってペルシャ軍に挑む、アテナイのテミストクレス将軍と彼が率いる兵
『300【スリーハンドレッド】~帝国の進撃~』 (こねたみっくす)
続編を駄作にする要素が満載。 やはり前作から実に7年というブランクが全てを物語っていました。映画は7年前から何も進化していない! 「長時間ナレーション」「技術の使い回し ...
300 ~帝国の進撃~ (いやいやえん)
【概略】 前作で、100万人のペルシャ大群にたった300人で立ち向かったスパルタのレオニダス王と同じ時代、アテナイのリーダーとなったのは、テミストクレス将軍だった。ギリシア連合軍を率いる彼と対峙するのは、ギリシア生まれでありながら、ペルシャ帝国の女性海軍指揮...
結局スパルタ軍が来ないと意味ない?!~「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」~ (ペパーミントの魔術師)
300 /トロイ Blu-ray (初回限定生産/お得な2作品パック)ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-11-19by G-Tools 今はこんなお得なパックもあるのか・・・ ダーリンはこの2作がめちゃくちゃ好きである。 んで、300(スリーハンドレッド)の続編が公開...
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (銀幕大帝α)
300: RISE OF AN EMPIRE 2014年 アメリカ 103分 アクション/歴史劇 R15+ 劇場公開(2014/06/20) 監督: ノーム・ムーロ 製作: ザック・スナイダー 製作総指揮: フランク・ミラー 原作: フランク・ミラー 脚本: ザック・スナイダー 出演: サリヴァン・ス....
【映画】300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~…グラフィックノベル感は薄 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
年の瀬です。 また、何も成さなかった1年が終わろうとしております (今年を振り返る行為をしていないだけかも知れませんが) 今日、2014年12月30日(火曜日)は、模型店に模型誌を買いに行って、本屋に行って、「リーガル・ハイ」の一挙放送を観ながら年賀状作成してい...
映画評「300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ノーム・ムーロ ネタバレあり
「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」 (或る日の出来事)
「300<スリーハンドレッド>」は、それほどでもなかったという記憶があり、本作は映画館では観なかったのだけど、テレビで見てみたら、なかなか楽しかった。