パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

魔女の宅急便 ★★★

2014年03月05日 | アクション映画ーマ行
宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。監督は、『呪怨』シリーズの清水崇。キキを演じるのは、オーディションで選出され、角野も太鼓判を押したという新星・小芝風花。尾野真千子、宮沢りえ、筒井道隆といった豪華な顔ぶれの共演陣はもとより、原作の世界観を再現した美術や衣装にも注目。
あらすじ:魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることに。それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼女は、海辺の町コリコへとたどり着く。やがて、パン屋の女主人おソノ(尾野真千子)の家に居候し、宅急便屋を開業する。つらい出来事があっても、母コキリ(宮沢りえ)に言われた笑顔を忘れずに働く中、空を飛びたいと願う少年とんぼ(広田亮平)と出会う。
<感想>85年に児童文学として産声をあげ、89年には宮崎駿監督の手でアニメーション映画となり大ヒットした。それが実写化されると聞いた時には、どうしてもアニメの鮮烈なイメージが強すぎて、実写版が再現ドラマのような印象がした記憶がある。
ところがである、リアルなのに、まるで絵本に飛び込んだみたいな世界観のもと、魔女となることを夢見るキキの物語に魅了された。ほうきで空を飛ぶシーンでは、ワーヤーとCGを駆使したキキの飛行シーンが見られ、ほうきにまたがりグラッ、フワリと身体が持ち上がる浮遊感や、風を切る爽快感もとても自然でいい。風を感じて眼下の風景に息を飲む、空飛ぶ気持ちが体感できる。
キキの両親には、宮沢リエさん、父親には筒井道隆さんと、出番少ないですから。

キキが修行の場に選んだコリコの町は、瀬戸内海の小豆島がロケ地。海に囲まれて緑があふれ、街並みはカラフルで郷愁漂う東洋の島。ファンタジックな雰囲気に包まれ、魔女の存在をすんなり受け入れる人々のおおらかさも魅力で、キキが直感で決めたのも納得できる世界。この町にキキがドラマチックな数々の出会いをもたらしていく。
それに、グーチョキパン屋のおソノさんが優しくキキの面倒を見てくれる。そこで始めたほうきに乗って荷物を届ける「魔女の宅急便」を開業。アニメにはなかった物語として、魔女に対する世間的通念を悪用して、荷物じゃなく呪を運ばせたと、人々に信じ込ませたりするような下劣な人間が登場する。

呪を運ぶ魔女と忌み嫌われ、キキは失意から飛ぶ力を失ってしまう。その場面はほうきで飛んでいる時に、急に落下していくキキ。黒ネコのジジも乗っていたのに何処かへ行ってしまった。果たして彼女は、無事に修行を達成できるのか。
傷ついたり、ひざを擦りむいたりしながらも、修行に励むキキの奮闘や苦悩が、演じている新星・小芝風花という生身の肉体を通してリアルに伝わってきます。

空を飛ぶ夢に挑み続ける少年、とんぼの広田亮平。人力飛行機のテストで負傷したところをキキに助けられ仲良くなる。それに、自転車に乗れなかったキキを、後ろから押して練習させる。
呪を運ぶ魔女として嫌われ、運んだ荷物が全部返品されてくるのにはガッカリだよね。それでも、めげずに何とか呪をぬぐおうと奮闘するキキに応援したくなります。呪いなんて、監督らしさが出ていていいのだが、しかし、歌を失ったディーヴァが再起して、少女を歌声で勇気づけるクライマックス。これが何か押し付けまがしく感じて、これがなくても魔女の少女は自力でどうにかするんじゃないかと思ったのにね。

始めに着地をした動物園には、カバの親子がいて、子供が尻尾をライオンに咬まれたと大騒ぎ。このカバの子供が最後の方で、病気になり離れ島までキキが運んで連れて行く場面では、暴風の中、方向も分からないし、キキのほうきで運ぶにはかなり重量オーバーで、それでも頑張って無事離れ島まで届けるキキの姿に感動します。出番が少ない医師には、浅野忠信さんでした。
それでも、アニメとは一味もふた味も違う、リアルな少女が届けてくれる心地よい感動がありますよ。
2014年劇場鑑賞作品・・・53 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家路 ★★★★ | トップ | りんごのうかの少女 ★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2014年の010「魔女の宅急便」 (Doing-on-the-fly)
 宮崎駿のアニメとは関係ないという話の実写映画化。自分は監督がホラーやホラーから
劇場鑑賞「魔女の宅急便」 (日々“是”精進! ver.F)
届け物屋、始めました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403010000/ 【送料無料】「魔女の宅急便」オリジナル・サウンドトラック [ 岩代太郎(音楽) ]価格:2,520円(税込、送料込) 【送料無料】魔女の宅急便魔...
映画 魔女の宅急便 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆実写版魔女の宅急便    キキ役の小芝風花が、洗濯物をロープにくっ付けて飛ぶシーンは    迫力があり、流石は実写だと思いました。    アニメ版は少し...
『魔女の宅急便』 2014年2月26日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『魔女の宅急便』 を試写会で鑑賞しました。 やっぱり、春休みの子供向け映画ですね 【ストーリー】  魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることに。それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。黒猫...
「魔女の宅急便」修行に出た街で経験した先にみた気持ちを運ぶ想いと気持ちが伝わる魔法の歌 (オールマイティにコメンテート)
「魔女の宅急便」は角野栄子原作の魔女の宅急便を実写化した作品で魔女になるために修行に出たキキが魔女の住まない街で1年間修行して色々な経験を経て魔女として成長して行く姿を ...
[映画『魔女の宅急便(2014)』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告編を見て、こりゃ、かなり「ヤバめ(不出来っぽい)」の作品だなぁ、と思いつつの鑑賞。  結果、ハードルを低くして見たので、それなりに楽しめました。  なお、私は、ジブリアニメの『魔女の宅急便』は未見です。^^;  この映画の一番感心する点は、アニメ版...
魔女の宅急便 (単館系)
魔女の宅急便 新宿バルト9 3/1公開 魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に 魔女になるための修行をすることに。 それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。 黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼女は、海辺の町コリコ...
『魔女の宅急便』 (こねたみっくす)
これはこれでいいのでは。でも安っぽい映画でしたな。 ジブリ作品『魔女の宅急便』を実写化したのではない。同じ原作を実写化しただけだということを考慮に入れても、どうしても ...
「魔女の宅急便(2014)」 好きなことが魔法になる (はらやんの映画徒然草)
魔女は13歳になったら、魔女のいない街に行き、そこで1年間の修行をする。 そのし
「魔女の宅急便」:風花ちゃんを見る映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『魔女の宅急便』は、あの宮崎駿作品の実写版。監督が『呪怨』をはじめホラー作品
映画 魔女の宅急便 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆実写版 魔女の宅急便    キキ役の小芝風花が、洗濯物をロープにくっ付けて飛ぶシーンは    迫力があり、流石は実写だと思いました。    アニメ版は少...
『魔女の宅急便』 (こねたみっくす)
これはこれでいいのでは。でも安っぽい映画でしたな。 ジブリ作品『魔女の宅急便』を実写化したのではない。同じ原作を実写化しただけだということを考慮に入れても、どうしても ...
魔女の宅急便 (だらだら無気力ブログ!)
CGがしょぼいなぁ。
『魔女の宅急便』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
ジブリのアニメ版で有名な角野栄子の小説の実写化作品で、本編へのカメオ出演のみならず、自らナレーションも担当するという力の入れ具合。アニメは見ているけれど小説は読んだことなかったので、この映画版がどの程度原作小説に沿っているのかはわからないけれど、これ、...
魔女の宅急便 (映画好きパパの鑑賞日記)
 宮崎アニメで有名な作品の実写化ということで話題を集めた本作品。僕は原作も宮崎アニメもみたことがないので、この映画だけで判断しましたが、かなり苦しい作品でした。子供向けの作品ほど丁寧に作らなければならないということが分からなかったのかなあ。  作品情報...
魔女の宅急便  監督/清水 崇 (西京極 紫の館)
【出演】  小芝 風花  尾野 真千子  宮沢 りえ  広田 亮平 【ストーリー】 魔女の家系である少女キキは、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることに。それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼...
魔女の宅急便 (銀幕大帝α)
2014年 日本 108分 ファンタジー/ドラマ 劇場公開(2014/03/01) 監督: 清水崇 『ラビット・ホラー』 脚本: 清水崇 主題歌: 倉木麻衣『Wake me up』 出演: 小芝風花:キキ 尾野真千子:おソノ 広田亮平:とんぼ 山本浩司:フクオ 新井浩文:ナヅル 吉田羊....
魔女の宅急便 (いやいやえん)
【概略】 魔女の血を引く少女キキは13歳になり、一人前の魔女になるための決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出る。やがて辿り着いた海辺の町コリコでキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将おソノや、空を飛ぶことを夢見る少年とんぼら、個性豊かな住人たち...
映画評「魔女の宅急便」(2014年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・清水崇 ネタバレあり