パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

蜩ノ記 ★★★★

2014年10月06日 | アクション映画ーハ行
直木賞作家の葉室麟のベストセラー小説を、『雨あがる』『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が映画化した人間ドラマ。無実の罪で3年後に切腹を控える武士の監視を命じられた青年武士が、その崇高な生きざまを知り成長していく姿を師弟の絆や家族愛、夫婦愛を交えて描き出す。過酷な運命を背負いながらもりんとした主人公に役所広司、その監視役の青年には『SP』シリーズの岡田准一。そのほか連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の堀北真希や、ベテラン原田美枝子が共演を果たす。
<感想>小説は読んでいません。岡田准一さんが出演とあらば観ないわけにはいくまい。そう思って観賞したので、庄三郎役の岡田さんの侍としての佇まいとか、時代考証は江戸時代なのでしょうか、しかし、まだまだ現代とは違う価値観があり、そこには古き日本の根底にある美意識があるように感じ取れました。

師と仰ぐ黒澤明監督の精神を継ぐ小泉堯史のこだわりとは。秋谷と庄三郎の姿に、黒澤監督との関係を重ね合わせたようで、撮影方法も黒澤スタイルを真似て、一つのシーンを複数のカメラで同時に撮影し、本番一発勝負にてキャストも全精力を注ぎこんだそうです。それに、デジタル全盛の時代において、フィルムの色調を好み今回の撮影に用いているそうです。
冒頭での豪雨の中、風で墨が飛び隣の席にいた水上の裃汚してしまった岡田くん。怒った水上が刀を抜き喧嘩になり、水上の足を怪我させてしまった庄三郎。その不始末の罪を免れる代わりに、幽閉されている戸田秋谷を見張るように言い渡される。

幽閉中の戸田秋谷の罪は、密通によるものだとか、後半で分かるのですが、それは7年前に起きた御家騒動によるもので、殿様に可愛がられた側室である寺島しのぶの息子を殺害するために、夜中に起こった出来事。
その時、そこへ立ち会った戸田秋谷が、バッタバッタと狼藉ものを切り捨てたのだが、つまりは本妻が仕掛けたことで、自分の息子を後継者としたいがための殺害計画だったというわけ。側室のおよしの方の息子は殺されたのだが、病死にされてしまう。
ですが、当時は世継ぎ騒動での御家騒動なんてことが江戸へ知られれば、藩ごと御取り潰しに会うために、殿が戸田秋谷に頼んだことで、藩の存続のために冤罪なれど戸田秋谷が罪を一人で被ったということが明らかになる。つまりは、「義を見てせざるは、勇なきなり」罪を自ら望んで背負う、藩のために、一人の女のために、側室のおよしの方とは幼馴染の間柄だった秋谷。

それに、当時は、殿の奥方になる女性は、氏素性をあまり調べずにめとったようで、檀野庄三郎が後に調べると、奥方はあの憎い悪商人播磨屋の娘が旗本に養女として貰われ、殿の奥方になったというわけ。それもこれも、上の偉いサン方は全部承知で決めたこと。理不尽なことがまかり通る江戸時代の封建制度。それに、農民らは法外な年貢の取り立てに、米の借入時まで指図される始末。それで、戸田秋谷が村人を懐かせて百姓一揆を扇動しているということまで話が大きくなっていた。

藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた傍ら、畑仕事をし、1日、1日を大切に過ごす秋谷。庄三郎はその人柄と慎ましやかな暮らしぶりに触れる。庄三郎は秋谷が不義密通するような人物に思えず、娘の薫たちとも心を通わせる。薫には堀北真希ちゃんが演じていて、綺麗ですね、本当に彼女は時代劇に向いている。そして、秋谷の妻には原田美枝子がこれまた綺麗で、現金収入を得るためにイ草のゴザを編む。最後には、夫の秋谷に手を握られ夫婦として連れ添って良かったと感じるシーンもあります。

そういえば、「柘榴坂の仇討」の映画でも、夫婦の在り方というか、夫の優しさと思いやりを感じるシーンがありましたね。庄三郎も同じく、寺の急な石段を上がる時に、薫に手を差し伸べてました。それに、薫も好きだという意思表示を朝食の卵で表現してましたね。
そんな時代でも、武士としての生き様だと思うが、日本人の礼節と侍としての忠義や切腹で死ぬという当たり前の伝統が、ここでもまざまざと見せられる。それに、幼い息子が農民の友人が殺されたのを見て、家老の屋敷に直訴をしにいくのも、これはきっと息子は家来に斬られてしまうと思った。でも、息子と一緒に伴をする庄三郎。それを知り馬で駆けつける父親の秋谷。
奥方の企てた世継ぎ騒動事件のことを隠蔽しようと企む家老。それでも、父親は自分が一人背負えばいいと、きっぱりと家老に談判する姿勢に父親としての威厳と武士としての魂が感じ取られました。
人間同士の絆の尊さが、最期には晴れたような素顔の戸田秋谷を演じた役所広司の演技も見事で、庭には柚子の白い花が咲いていて、何も残すことはないと言わんばかりの、武士の鑑のような晴れやかな姿に、日本の時代の歴史を感じ取ることができました。
2014年劇場鑑賞作品・・・308 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クィーン・オブ・ベルサイユ... | トップ | フランキー&アリス ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『蜩ノ記』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 小泉堯史 原作: 葉室麟 出演: 役所広司 、岡田准一 、堀北真希 、原田美枝子 、青木崇高 、寺島しのぶ 、三船史郎 、井川比佐志 、串田和美 、吉田晴登 公式サイトはこちら。 第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛し....
映画「蜩ノ記」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 土曜日昼間の試写会。客年齢層は幅広く、客入り9割位。
『蜩ノ記』 (2014) (相木悟の映画評)
高潔なる本格時代劇のお目見えとなる筈が…?! 若者を集客する娯楽作から年配層好みの激渋作まで賑わいをみせている時代劇。そんな中、正統派はコレだ!と突きつける真打登場となる筈だったのだが…。 本作は、黒澤明監督の遺伝子を受け継ぐ愛弟子、小泉堯史監督作品...
「蜩の記」:言葉に頼り過ぎて残念 (大江戸時夫の東京温度)
映画『蜩の記』は、小泉堯史監督らしい背筋のピンと張った真面目な映画。まさに「良く
<蜩ノ記 試写会> (夢色)
公開前なので、念押しして、ネタバレ注意!です。単に感想だけ連ねてますが。今回は役所さんが主役で、岡田くんは官兵衛とはまた違う とても若いというか青いという感じの侍、の役でした。初々しかった!堀北真希ちゃんも、とっても可憐で、着物姿が良く似合う普段の演技...
蜩ノ記 (Akira's VOICE)
鉄板を堪能できる時代劇。  
映画・蜩ノ記 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本原作 葉室麟「蜩ノ記」 ある罪で十年後の夏に切腹を命じられ、不条理な運命にある戸田秋谷(役所広司)彼は、いよいよ三年後に迫った切腹までに藩史の編纂を仕上げるよう命じられ、その作業の過程で藩の重大な秘密を握っていたそして、彼の監視役とし...
『蜩の記』 (こねたみっくす)
武士としてどう生きるべきか。 これは構成以外に関しては実に美しい映画でした。四季折々の風景、役者陣の所作、武士としての気高き想い、「パリは燃えているか」でお馴染みの加 ...
映画 「 蜩(ひぐらし)の記 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
原作は、葉室 麟著の第146回直木賞の受賞作のベストセラー時代小説です。前々回見た 「 るろうに剣心 」 は、コミックが、そして前回は 「 柘榴坂の仇討 」 は、直木賞選考委員の浅田次郎の時代劇小説が、 そして、今回の 「 蜩の記 」 は、浅田次郎氏をして、「これ...
蜩ノ記 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。秋谷は前藩主の側室と不義密通し小姓を斬り捨てた罪で10年後に切腹、それまでに「家譜」(藩の歴史書)を完成させることを命じられていて、その日は3年後に迫っていました。一方、城内で刃傷沙汰を起こした壇野庄三郎は、家老の中根平右衛門のはからい...
映画 「 蜩(ひぐらし)の記 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
原作は、葉室 麟著の第146回直木賞の受賞作のベストセラー時代小説です。前々回見た 「 るろうに剣心 」 は、コミックが、そして前回は 「 柘榴坂の仇討 」 は、直木賞選考委員の浅田次郎の時代劇小説が、 そして、今回の 「 蜩の記 」 は、浅田次郎氏をして、「これ...
「蜩ノ記」事情を知った先にみた時として自ら犠牲にならなければ守れない事と真実の記録を残す重要な役割 (オールマイティにコメンテート)
「蜩ノ記」は10年後に切腹を命じられた武士が藩の歴史である家譜を記録として残すために全うし、切腹までの間の3年間に監視役を命じられた武士からみた事件の真実を追ったスト ...
『蜩の記』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、ジャンプ的ではないふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★とても美しい映画であるとは思う】   映画の中に展開する四季折々の風景や、清廉潔白である武士の人柄など、とても美しい映画。だが、待て。これを娯楽映 ...
蜩ノ記  監督/小泉 堯史 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  岡田 准一  堀北 真希  原田 美枝子 【ストーリー】 7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を受けた檀野庄三郎は、秋谷一家と共に生活するう....
『蜩ノ記』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「蜩ノ記」□監督 小泉堯史□脚本 小泉堯史、古田求製、作市川南、田村明彦□原作 葉室 麟□キャスト 役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、       寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美■鑑賞日10月...
蜩ノ記 (花ごよみ)
  葉室麟の直木賞受賞の同名小説を映画化。 監督は小泉堯史。 主人公、戸田秋谷は役所広司、 共演の岡田准一が檀野庄三郎を演じます。 戸田秋谷の娘に堀北真希、 妻には原田美枝子。 10年後の切腹 それが3年後に迫った戸田秋谷(役所広司)を 監視する命を受け、...
蜩ノ記 (映画好きパパの鑑賞日記)
 古き良き侍の精神をよく映し出した作品だと思います。映像も美しく、善も悪も飲み込むのか、義を貫くのか、人としての正義を考えさせられる作品。でも、感想をみると、特攻の美化につながるとかとんでもないことを書いてあってびっくり。文化の断絶がこんなに深刻なので...
蜩の記 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:129分 監督:小泉堯史 最近の時代劇は、マンガチックなものや、コミカルなものが多かったが、本作は久し振りに登場した本格時代劇と言えよう。さすが故・黒沢明監督の一番弟子である小泉監督が、『雨あがる 』以来、久々に
蜩ノ記 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年10月19日(日) 16:00~ 109シネマズ川崎8 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 一方、愛の話かと思いきや、武士の覚悟がテーマだった。 『蜩ノ記』公式サイト 爺映画(時代劇)デイの第二弾。 しまいには、悪役の家老でさえ潔...
映画「蜩ノ記」 (FREE TIME)
映画「蜩ノ記」を鑑賞しました。
蜩ノ記 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
蜩ノ記 '14:日本 ◆監督:小泉堯史「明日への遺言」「博士の愛した数式」 ◆出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美、吉田晴登 ◆STORY◆7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は...
映画評「蜩ノ記」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・小泉堯史 ネタバレあり
蜩(ひぐらし)の記 ~ 人して生きる (2014/11/7) (黄昏のシネマハウス)
直木賞を受賞した葉室麟のベストセラー小説を、『雨あがる』 『阿弥陀堂だより』 でおなじみの小泉堯史監督が映画化した時代劇ドラマ・・・ 「柘榴坂の・・・」に続く時代劇です。 郡奉行だった戸田秋谷は、藩主の側室との不義密通および小姓を斬り捨てた罪で切腹...
蜩ノ記 (ひぐらしのき) (のほほん便り)
いろいろな意味で、美しい映画でした。それぞれの、生きる姿勢というか、心根の持ちようといい、映像といい、キャスティングといい… 第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。 「派...