パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

マレフィセント ★★★★

2014年07月07日 | アクション映画ーマ行
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。マレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。監督は、『アバター』などのプロダクションデザインを手掛けたロバート・ストロンバーグ。エル・ファニングやアンジーの娘ヴィヴィアン・ジョリー=ピットが共演。おとぎの国のごとく幻想的で美しく、一方でダークな映像世界に期待できる。

あらすじ:とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。

<感想>「シンデレラ」や「白雪姫」などのプリンセスキャラが有名なディズニーの世界だが、悪役キャラも人気で、その代表格と言っていいのがマレフィセントです。特にディウニーランドのファンにはおなじみで、マレフィセントは過去にもさまざまなショーで登場している。ディズニーシーで2011年から上演された「ファンタズミック!」では、炎を吐く黒いドラゴンに変身してミッキーと戦った。ディズニーの魔女キャラの中では、ダントツの知名度を誇っている悪役でもある。

恐るべき魔女として知られるマレフィセント。「眠れる森の美女」のオーロラ姫に呪いをかけるこの役に、アンジェリーナ・ジョリーの妖しい美しさが限りなくハマった映画だと思う。16歳で永遠の眠りについた姫を、目覚めさせるのは真実の愛のキスだけ・・・。そんな有名な物語を、マレフィセントの視点で語る設定が本作の魅力。

大きな羽根を持って生まれた妖精の彼女が、少女時代に負った心の傷。人間の国との争い、・・・。3D上映もありましたが、2Dで鑑賞。ファンタスティックな映像の世界が重なっていく、妖精たちや、人間に変身するカラスなど、それに木の巨人の兵士のユニークなサブキャラたちの活躍も楽しい。
ラストでは、王様がマレフィセントを倒そうと、またもや鉄の鎖でできた網をかぶせて、槍で突きます。家来のカラスをドラゴンに魔法で化けさせて火を吐かせます。もちろん空を飛ぶ豪快なアクションも見応えがある。
そして、意外や意外、悪役だと思っていたマレフィセントの運命には、感動の結末もあり、実際に描いていた「眠れる森の美女」とは違っていて良かったです。もちろん、白馬に乗った王子様も現れ、オーロラ姫にキスをするのですが、出会ったばかりの姫に、真実の愛のキスとはいかなかったようですね。

登場人物で、人間の国の王位を継いだ野心家。オーロラ姫の父親ステファンに、あの「第9地区」のシャールト・コプリーが演じていて、平民として生まれながら、マレフィセントとは少年時代に出会ったことがあり、そこから深い因縁が生まれた。マレフィセントの弱点でもある鉄に触ると死んでしまうと言うことを知っている唯一の男。
隣国のマレフィセントの国を自分の領土にしようと企み侵攻するも、荊の塀を作るマレフィセント。戦争をしても負けてしまう。王様は何とかして隣国の女王マレフィセントを倒したいと願い、あの大きな翼を持って来たものにこの国の王様にすると誓う。
若者になったステファンが、恋心も芽生えた妖精のマレフィセントとの間がらだったのに、王位に就きたいばかりに、翼を鉄の鎖で編んだ網をかぶせて閉じ込め、翼をもぎ取って王位に就き、娘の王妃と結婚し娘のオーロラ姫が生まれる。
その強力な魔法で相手に呪いをかけ、激しい戦いにも挑むマレフィセントだが、実は今回も物語では、彼女に感情移入してしまう要素がたくさんあります。
少女時代に出会った人間の少年への恋心、一度は憎んだはずのオーロラ姫を見守るうちに、いつしか芽生える母親のような感情と、人間てきなエピソードが要所で描かれているのだ。このあたりは制作に関わったというアンジーの強い想いが込められているようで、彼女の母親としての立場を重ねてみればクライマックスの感動も倍増するはずですね。

それに、幼い時代のオーロラ姫役には、末娘のヴィヴィアンちゃんが演じているのですから。他の候補者もいたのだが、撮影現場で角をつけたアンジーを子役たちが怖がって、ただ一人平然としていたヴィヴィアンちゃんが役を演じることに。登場シーンは短いものの「抱っこして」とせがむ場面もあり、親子の初共演をスクリーンで観られるのは貴重だと思います。さらには、長女のザハラと、次男のバックスも、オーロラ姫の誕生を祝うパーティのシーンで撮影に参加しているそうです。これは判らなかった。

そして、成長したオーロラ姫を演じるエル・ファニングも、美しく純心無垢なキャラクターにピッタリでした。結末は最近のディズニー作品のパターンから想像は付きましたが、それでも感動的で素晴らしいラストでした。キャラクターとストーリーだけでも充分楽しめますが、大きな翼で空を飛び回るマレフィセントのシーンが、特にスピード感と迫力があり見所です。こういう大空を飛ぶシーンは期待していなかったので嬉しいお得感がありました。
真実の愛がすべてを動かすという王道のテーマですが、少し捻りが利いていて、今までのアンジーの作品とは違ったタイプの作品で、彼女の女優としての幅も広がり、女優の活動は後少しと、宣言しているだけに残りわずかな彼女の活躍を目に焼き付けたいと思いました。
2014年劇場鑑賞作品・・・234  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしのハワイの歩きかた ★★.5 | トップ | サード・パーソン ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『マレフィセント』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『アナと雪の女王』でノリノリのディズニーが送るは、「新解釈(笑)」の「眠れる森の美女」!!  悪の女王でしかなかったマレフィセントが実は・・・、と言う物語。  おお! かような視点をすれば、この世界、まだまだ物語の鉱脈はザックザクだよ! と思いつ...
八日目の蝉。『マレフィセント』 (水曜日のシネマ日記)
『眠れる森の美女』でオーロラ姫に呪いをかけた邪悪な妖精マレフィセントの物語です。
劇場鑑賞「マレフィセント」 (日々“是”精進! ver.F)
True Love Kiss… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】マレフィセント オリジナル・サウンドトラック [ (オリジ...価格:2,700円(税込、送料込) [Blu-ray] 眠れ...
『マレフィセント』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
ひところ自社アニメの続編を乱発していたディズニーは、最近では自社アニメの実写化プロジェクトを積極的に進めているようで、こちらは『眠れる森の美女』の実写リメイク作品。原典でオーロラ姫に呪いをかける悪い妖精マレフィセント、今度は彼女を主人公に据え、悪役視点...
マレフィセント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3、5点】(11) マレフィセントが黒マントを外したその瞬間!
マレフィセント/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
ディズニーアニメの不朽の名作『眠れる森の美女』においてオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかける邪悪な妖精マレフィセントを主人公にして、彼女の封印された過去とオーロラ姫に呪 ...
マレフィセント (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MALEFICENT】 2014/07/05公開 アメリカ 97分監督:ロバート・ストロンバーグ出演:アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー、エル・ファニング、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュノー・テンプル、レスリー・マンヴィル 邪悪な妖精マレフィセント...
オトコは、いらない。(爆)~「マレフィセント」~ (ペパーミントの魔術師)
宝石よりも大切なものを盗んで行きました・・・ってルパンかいなって思わずツッコミ。(爆) 邪悪な妖精として登場するシーンはもろに絵本や映画でみたまんまの マレフィセントなんですが 私に懇願しろって迫るシーンはなんだか半沢で(爆) 今回けっこう笑えるシーンが...
マレフィセント (心のままに映画の風景)
ある王国、ロイヤル・ベビー、オーロラ姫が誕生し、盛大なお祝いのパーティが開かれる。 招待客が見守る中、妖精たちがオーロラ姫に幸運の魔法をかけていくが、3人目が魔法を授けようとしたその時、“魔女”と恐れられる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジ...
『マレフィセント』は『眠れる森の美女』より『アナと雪の女王』!? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『マレフィセント』は『眠れる森の美女』の翻案でありながら、一見すると『アナと雪の女王』のようだ。  『アナと雪の女王』の米国公開は2013年11月、『マレフィセント』は2014年5月だから、ディズニーは立て続けに似たような映画を公開したこ...
マレフィセント (風に吹かれて)
母性が芽生えたマレフィセント 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/maleficent ある王国で、待望のロイヤルベビー、オーロラ姫が誕
マレフィセント (Akira's VOICE)
慈愛のドラマでした。  
マレフィセント  監督/ロバート・ストロンバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  アンジェリーナ・ジョリー  エル・ファニング  シャールト・コプリー  サム・ライリー 【ストーリー】 とある王国のプリンセス、オーロラ姫の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセントが出現する。オー....
映画『マレフィセント』観たよ(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
2D吹替版で鑑賞。 ディズニーアニメの名作『眠れる森の美女』の 悪役である呪いをかけた妖精マレフィセントの視点から 描いた作品。 どうしてオーロラ姫に呪いをかけたのか。 原作の童話は子どもの頃に読んでいて知ってはいたけど、 ディズニーアニメは観...
マレフィセント (とりあえず、コメントです)
「眠れる森の美女」をもとに邪悪な妖精マレフィセントの視点で描いたファンタジーです。 アンジーの強烈な存在感が印象的な予告編を観て、これは観たい!と楽しみにしていました。 クルクルと変わるアンジーの表情に魅せられながら、美しく不思議な世界へと引き込まれてい...
「マレフィセント」 (或る日の出来事)
アンジェリーナ・ジョリーさんの魔女(妖精?)、似合っていましたね!
映画「マレフィセント」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/7/5、109シネマズ木場。 シアター3、中央通路直前のI列を選択。 2D字幕版。 子供多し。 アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャルトー・コプリー。 * かつて隣接していた人間の王国と妖精の国。 ある日、人間のステファン少年が雄大な...
マレフィセント (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 米国 上映時間:97分 監督:ロバート・ストロンバーグ   いまのところ興行成績トップのディズニー作品。なんと『眠れる森の美女』で悪役を演じた魔女(妖精)を主人公に入れ替えるという、ちょっと捻ったと言うより別次元のファンタジー作
ショートレビュー「マレフィセント・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
御伽噺のパラレルワールド。 1959年に公開された、ディズニー黄金期を代表するプリンセスものの名作、「眠れる森の美女」の実写リメイク。 爆発的な大ヒットとなった「アナと雪の女王」でも描かれた、御伽噺の魔女は本当は何者か?という問いかけを前面に出し、タイト...
マレフィセント (映画好きパパの鑑賞日記)
 ディズニーの眠りの森の美女の悪役、マレフィセントを主役にした物語。アンジェリナ・ジョリーの存在はさすがだけど、「アナと雪の女王」を見た後だと、ちょっと先祖がえりしてしまった気がします。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ロバート・ストロンバー...
マレフィセント (だらだら無気力ブログ!)
赤ちゃんの笑顔が超素敵。
マレフィセント (だらだら無気力ブログ!)
赤ちゃんの笑顔が超素敵。
ショートレビュー「マレフィセント・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
御伽噺のパラレルワールド。 1959年に公開された、ディズニー黄金期を代表するプリンセスものの名作、「眠れる森の美女」の実写リメイク。 爆発的な大ヒットとなった「アナと雪の女王」でも描かれた、御伽噺の魔女は本当は何者か?という問いかけを前面に出し、タイト...
マレフィセント (こんな映画見ました~)
『マレフィセント 』---MALEFICENT---2014年(アメリカ )監督:ロバート・ストロンバーグ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー 、 エル・ファニング 、 サム・ライリー 、 イメルダ・スタウントン 、 ジュノー・テンプル、 レスリー・マン...
マレフィセント (映画的・絵画的・音楽的)
 『マレフィセント』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)待ち合わせまで時間があったということもあって映画館に入ってみました。  本作は、1959年のディズニー・アニメ『眠れる森の美女』を改作したもの。  まず、「人間の国」と「ムーア国」(注1)とが隣り合って...
マレフィセント 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『眠れる森の美女』の悪役『マレフィセント』が 主人公で、アンジェリーナ・ジョリーが主役を演じる ファンタジー作『マレフィセント』が公開され ましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品で上映形態は3Dと2Dでそれぞれ字幕 or吹替があり、自分は3D字幕版を上映し...
「マレフィセント」 真実の愛などない (はらやんの映画徒然草)
多くの人が知っているディズニー作品「眠れる森の美女」。 それを大胆にアレンジし、
マレフィセント (いやいやえん)
真実の愛などない。 「眠れる森の美女」とは違う話。上手にアレンジしていて、マレフィセントがなぜ「呪い」をかけたのかとか、真実の愛のキスとはなにかを描いたファンタジー。 アンジェリーナ・ジョリー、マレフィセントのあの独特の頭(角だった!)違和感ありま...
「マレフィセント」 (ここなつ映画レビュー)
アンジェリーナ・ジョリーのアンジェリーナ・ジョリーによるアンジェリーナ・ジョリーのための作品。そしてそれについては全く問題ない、と言うより素晴らしかった!羽根をもがれた時の痛みと悲しみの演技ときたら!大女優の貫禄充分である。今回に関しては脱帽である。全...
マレフィセント (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「マレフィセント」監督:ロバート・ストロンバーグ出演:アンジェリーナ・ジョリー(『ツーリスト』『ソルト』)エル・ファニング(『幸せへのキセキ』『SUPER 8/スーパーエイト』 ...
マレフィセント (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月14日(木) 19:00~ TOHOシネマズ日本橋7 料金:1200円(TOHOシネマズデイ+TCX) パンフレット:未確認 「アナと雪の女王」と同じ 『マレフィセント』公式サイト 大元は「眠れる森の美女」。 目を覚まさせるのは、王子のキスだった筈だが、本作の真実の...
『マレフィセント』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マレフィセント」□監督 ロバート・ストロンバーグ □脚本 リンダ・ウールバートン□キャスト アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、サム・ライリー、       シャルト・コプリー、ビビアン・ジョリー ジュノー・テンプ...
『マレフィセント』を109シネマズ木場7で観てうめえこと作るなふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★役者力】   アンジーの顔がCGって訳でもないだろうに全編、ずっと見つめていたくなる凄い訴求力のある表情をしてる。 「いや、名女優なんだな、この人 ...
映画「マレフィセント」 (FREE TIME)
映画「マレフィセント」を鑑賞しました。
マレフィセント(2014)**MALEFICENT 2D字幕版 (銅版画制作の日々)
 邪悪な妖精マレフィセント―― なぜ彼女は“呪い”をかけたのか? 誰も知らない「眠れる森の美女」がいま目覚める――。 MOVIX京都にて鑑賞。ポイント特典にて1300円にて鑑賞できるのでこの作品を選びました。そういえば遠い昔、父に「眠れる...
映画『マレフィセント』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-59.マレフィセント■原題:Maleficent■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:97分■料金:1,100円■鑑賞日:7月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ロバート・ストロンバーグ◆アンジェリーナ・ジョリー◆エル・ファニング◆シャールト・コプ...
マレフィセント (銀幕大帝α)
MALEFICENT 2014年 アメリカ 97分 ファンタジー/ドラマ 劇場公開(2014/07/05) 監督: ロバート・ストロンバーグ 製作総指揮: アンジェリーナ・ジョリー 出演: アンジェリーナ・ジョリー:マレフィセント シャールト・コプリー:ステファン エル・ファニング...
マレフィセント (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ロバート・ストロンバーグ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー、エル・ファニング、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュノー・テンプル、レスリー・マンヴィル、ブレントン・スウェイツ、ケネス・クラナム 【解説】 ディズニーアニ....
映画評「マレフィセント」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ロバート・ストロンバーグ ネタバレあり
マレフィセント (miaのmovie★DIARY)
【MALEFICENT】 制作国: アメリカ  制作年:2014年 ある王国で、念願のロイヤル・ベビー、オーロラ姫の誕生を祝う パーティーが開かれ、招待客たちが見守る中、3人の妖精たちが 次々に幸運の魔法をオーロラ姫にかけていく。「美しさを贈ります 」、「いつも幸...
映画 『マレフィセント』 (こみち)
            JUGEMテーマ:洋画        マレフィセントって最初は妖精だったのね。   でも角......