パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅3DIMAX★★★★

2016年07月03日 | アクション映画ーア行
「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。前作の監督ティム・バートンが製作を務め、『ザ・マペッツ』シリーズなどのジェームズ・ボビンがメガホンを取る。ミア・ワシコウスカやジョニー・デップなど前作のキャストが続投し、時間を司るタイムを、『ブルーノ』などのサシャ・バロン・コーエンが演じる。アリスをはじめチェシャ猫など人気キャラクターによる新しい物語に期待。
あらすじ:ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが……。

<感想>7月1日にオープンした「TOHOシネマズ仙台」で、待望の“3DIMAX“で鑑賞した。やはり大画面での四方八方から聞こえる音響といい、3D・IMAXの映像美の迫力と臨場感が半端なかった。
前作の終わりのアリスが未来に向かって、船出したミア・ワシコウスカの姿を思い出しつつ、冒頭でのイギリスへ帰る大海原の荒波の遭遇に驚きつつも、立派な船長として戻ってくる彼女の成長も見えたのだが。父親の遺した船を手放さざるを得ない状況に追い込まれ、すごく惨めな、それが今回の出発点になる。

「アリス・イン・ワンダーランド」から6年、たださえアリスの世界はぶっ飛んだユニークなものだが、ティム・バートンが監督したことでダークにしてポップな、形容しがたい奇想天外な映画に仕上がっていた。ですが、その続編となると至難の業です。特に前作でヒロインのアリスは、成長して自立した女性になっている。
ここからネタバレで書いております。内容を知りたくない方はご遠慮下さい。

そして、続編は「鏡の国のアリス」になっていたのだが、あまりストーリー性がない。そこで続編にふさわしい物語が作られたというわけ。待望の続編となる本作の邦題には「時間の旅」とあるように、再び美しい大アゲハ蝶がきて、青虫のアブソレムが脱皮して迎えに来たのだ、なんって思っていると、アリスはその後を追ってするりと鏡の中へと入り込んで天空に浮く部屋から地上へ。

といってもこの部屋の下にあるのだから「アンダーランド」の「ワンダーランド」へと落ちる。このアゲハ蝶の声こそ、故アラン・リックマンなんですね。そして、ワンダーランドに誘われたアリスが、かの地の「過去」を冒険する物語となっている。

冒険の目的は、過去に捕らわれた親友の、白塗りジョニー・デップことマッドハッターが意気消沈で、アリスのことも忘れ周囲を心配させていた。ジョニー・デップが老けて、中年太りなのか、あの素敵だったジョニーは何処に~と、少しがっかりした。

アリスが着るチャイナ・カラーのドレスも、素敵な極彩色でめちゃくちゃに可愛いし似合っている。それに、ここではいままでの体験から父親を奪った「時」を憎むアリスは、不幸なマッドハッターを、元気な昔に戻すために「時」を取り戻し、彼が取りつかれている家族を失った過去を消して、書き換えることが必要だと思い立つのだ。

そこで、白の女王から教えられた「時」を支配する番人「タイム」が住む永遠の城を訪れ、彼が番をする大時計の前に立つ。この大時計は「タイム」の心臓の鼓動と連動し、彼は「過去を変えることは出来ない」と当たり前のことを言う。アリスがそこで「試したことがあるの」と。そこでアリスが大時計の心臓ともいうべく“クロノスフィア“を奪って過去へと旅立つわけ。

ここでは、新キャラクターの“タイム”を生み出し、彼を動かすことによって、前作よりもコミカルな部分が増えている。“タイム”というキャラクターの存在感であり、コメディアンのサシャ・バロン・コーエンが演じているのが大きかった。

自己愛の強い時間の番人タイムだが、面白いのは赤の女王にはゾッコンなところ。タイムは、彼女に身も心もすっかり奪われてしまう。その結果、赤の女王イラスベスは、前作よりさらに笑いを誘う魅惑的なキャラクターになっていた。

イラスベスを演じるヘレナ=ボナム・カーターは、自分の娘が小さかった時に、それも機嫌が悪かった時の娘をベースに役作りをしたという。前作では、ただの嫌なヤツだった赤の女王が、何故にこんなキャラクターになったのかが、今作では描かれている。最初から頭でっかちの嫌な赤の女王ではなかったのだ。
それに、アリスが過去に捕らわれたマッドハッターを救うために、本作では自由さが与えられて、いろいろと面白い場所を旅することができるというわけ。

彼女がタイムスリップを繰り返す度にワンダーランドとその住人たちの謎が、次々に明らかになっていくわけだが、それはある意味「ワンダー=驚き」を紐解き、理解して、現実へと近づけていく過程でもある。
アリスが真実を知るほどワンダーランドが崩れ落ちていくのも、そのメタファーだろう。クライマックスの崩壊映像なんて、殆どクリストファー・ノーランの「インターステラー」みたい映像になっているのだから。

それに、ルイス・キャロルの原作からは遥かに遠い場所に来たとも言えるのですが、そもそもアリスの夢と想像力の架け橋となっていたマッドハッターは、ここでは病の床に臥しているのだ。

そして、アリスがアンダーランドの奥へと進み、お茶会の真っ最中だった、白の女王(アン・ハサウェイ)、双子のトウィードルディーとトウィードルダム(マット・ルーカス)、白うさぎ(マイケル・シーン)、チェシャ猫(スティーブン・フライ)、ベイヤード(ティモシー・スポール)、ヤマネ(バーバラ・ウィンザー)、三月ウサギ(ポール・ホワイトハウス)、バンダースナッチらと再会するシーンに嬉しくなる。
実世界でのアリスのフェミニズム的自己の葛藤といい、過去は変えられないという結論といい、本作から強く感じるのは、夢から覚めた後の「現実に戻りこれからどう生き抜くのか」みたいな教訓みたいなメッセージなのだ。
とにかく初めて体感した“3DIMAX“の感動と興奮、アリスが遡る“時の海”の大海原の映像美とか、色彩豊かなカラフルな世界「ワンダーランド」の、マッドハッターの一家が住んでいた街「ウィッツエンド」のセット、そして、「タイム」の城も、赤の女王イラスベスの城も、衣装や美術スタッフのこだわりが映画全体を盛り上げ、ディティールまで完璧な世界観を作り上げているのが良かった。

2016年劇場鑑賞作品・・・133映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォークラフト ★★★★・5 | トップ | 疑惑のチャンピオン ★★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (Akira's VOICE)
凡作やけどアラン・リックマンが命を与えている!  
『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 2016年7月2日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』 を鑑賞しました。 前作からの続きではあるが・・・ 【ストーリー】  ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶...
劇場鑑賞「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」 (日々“是”精進! ver.F)
過去を、乗り越える… 詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607010000/ アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・...
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 興味がないのに伴侶に強制連行された。その1。
映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレな... (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2D・字幕版』(公式)を公開初日の本日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ...
「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」:アリスの世界じゃないよね (大江戸時夫の東京温度)
映画『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』は、原題の“Alice throu
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2D吹替) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS】 2016/07/01公開 アメリカ 111分監督:ジェームズ・ボビン出演:ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ミア・ワシコウスカ、リス・エヴァンス、ヘレナ・ボナム...
悲しい過去に捕らわれていると・・・。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 (水曜日のシネマ日記)
2010年に公開された映画の続編。アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャーです。
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (風に吹かれて)
大切な家族と時間 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/alice-time 製作: ティム・バートン監督: ジェームズ・ボビン  「ザ・マペッツ」 美しく成長したア
映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 (FREE TIME)
7月1日のファーストデーに、映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」を鑑賞しました。
映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間... (見取り八段・実0段)
ルイスのアリスとはすでに違うけど(笑)美しい映像ファンタジーとアリスの脳内ポイズンベリーとしては見応えある…★★★(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 『アリス...
映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(IMAX3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
圧倒的な映像美!!これはIMAX3Dで観て良かった!! ティム・バートンが製作に回ったためか、グロさは控えめ、その点はよりファミリー向けになっている感じです。白塗りのジョニ...
「アリス・イン・ワンダーランド/j時間の旅」☆もはやフルCG (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ここまで見事なCGで、『なんでもあり』なアリスのファンタジー世界を作りだせているのなら、最早、ジョニデのメイクもCGでいいのでは? というか、既に目だけ大きくしてみたり...
アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅 (そーれりぽーと)
ティム・バートンの手を離れ、同じキャストでの続編『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』を観てきました。 ★★★ もともと前作もティム・バートンらしさを控えめな異色作で...
『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 (beatitude)
アリス(ミア・ワシコウスカ)が不在の不思議の国で事件が発生。マッドハッター(ジョニー・デップ)の悲しい過去が、彼を窮地へ追いやる。過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続け...
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本でも大ヒットしたアリス・イン・ワンダーランドの6年ぶりの続編。監督がティム・バートンから交代したためか、良い話だけど小さくまとまってしまったところもあり、アメリカ...
『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
父の後を継いで船長となったアリスは3年の航海から戻ってくるが、彼女を待ち構えていたのは新たに貿易会社のトップとなったヘイミッシュの嫌がらせだった。そんな時アブソレムに導...
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 過去は変えられない (はらやんの映画徒然草)
てっきりティム・バートンが監督かと思ったら、彼は製作だけだったのね。 前作はアリ
完全に脇役、地味~な脇役。(;^_^A~「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」TCX3D字幕版 (ペパーミントの魔術師)
ジョニーデップのあのすんごいド派手メイクで地味なわけないと思うでしょうが、 今回のマッドハッターは、最初から真面目、しかもふさぎ込んでるから、 あのメイクとあのキャラを...
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (だらだら無気力ブログ!)
相変わらず映像は見事だ。
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (銀幕大帝α)
ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS 2016年 アメリカ 113分 ファンタジー/コメディ/アドベンチャー 劇場公開(2016/07/01) 監督: ジェームズ・ボビン 製作: ティム・バートン 出演: ......
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 米国 上映時間:113分 監督:ジェームズ・ボビン  2010年に製作された『アリス・イン・ワンダーランド』の続編である。監督がティム・バートンからジ......
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (いやいやえん)
【概略】 前作から3年後。亡き父の跡を継ぎ船長として活躍していたアリスに、船長解任の現実が突きつけられる。そんな時、青い蝶に導かれて着いた場所は、あのワンダーランドだっ......
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2016) (のほほん便り)
今度、メガホンをとったのは、ジェームズ・ボビンで、前作の監督ティム・バートンは製作に回ったのですね。前作のシュール・ワールド、そのままに、さらにバージョン・アップ。今......
映画評「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ジェームズ・ボビン ネタバレあり