ナミちゃんアラカルト

お菓子・パン作りに勤しむ猫好きな主婦の気まぐれ日記

黒糖黒蜜クルミ入りプチカンパ

2017年04月25日 18時35分07秒 | パン

今日は洗濯日和

明日から雨だと言うので朝から洗濯しながらのパン作り

黒糖黒蜜クルミ入りプチカンパ

沖縄八重山諸島の旅行で買ってきた多良間島産黒糖の有効利用です

 黒糖と水を同量で黒蜜を作り胡桃を投入してからめます。

このまま食べてもめちゃ美味しい
つまみ食いが止まりません

黒糖と胡桃は最強のヘルシー食材です

 

リスドルとライ麦と全粒粉の生地にたっぷりとクルミ黒糖蜜餡を包みプチサイズに成形 

最終発酵後にハサミでカットしてケシの実と黒糖をさらに散らしてみました

オーブン180度で12分焼成

黒蜜のクルミ餡たっぷり入ったプチパンの出来上がり 

焼きあがったころにめずらしく実家の年老いた母が来訪

焼きたて新作パンを出してあげたら「オイシイオイシイ」を連発してくれました

さすが本場沖縄の多良間島産黒糖ですから間違いありません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水切りヨーグルトと苺のロールパン

2017年04月23日 21時35分47秒 | パン

数日前に海外の動画で簡単で美味しそうで今が旬の苺を使ったパンを見かけて

是非作ってみたいと思った矢先に店頭で小粒のために1パック198円の格安苺があったので

これはやっぱり作りなさいとの思し召しと思い迷わずゲット

 でもこの動画は外国語だったので何語かもまったくわからず自分流で作ってみました

水切りヨーグルトと苺のロールパン

試作段階です

【作り方】

  1. ヨーグルトを水切りしておく。苺を洗っておく。
     
  2. パン生地を延ばして水切りヨーグルトを塗って
     
  3. グラニュー糖を散らして
     
  4. 苺をカットして散らし
     
  5. ロールしてカットして
     
  6. 型に並べて最終発酵
  7. 焼成(180度15分)
     
  8. あら熱がとれたらアイシングして出来上がり

試作段階なので作りやすく生地を2分割してから巻いてみました

 動画ではまな板を使わずにカットしながら散らしてたので真似ました

まな板を使わない方が時短で合理的です

試行錯誤で焼いてみたら焼き過ぎ・・・・

焦げる寸前

ちょっとかたいロールパンになってしまいましたが酸味と甘みのある新感覚のパンになりました

見た目はシナモンロールですが別物ですから 

再度焼成時間を調整してリベンジします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒磯公園でひとり花見

2017年04月19日 15時14分07秒 | 

午前中の仕事を終えてバックヤードから外に出ると青空だったので遅ればせながら公園に行ってお花見してきました

ひとりお花見です

風がちょっとあったけど青空で気持ちよかったです

 桜のピークは過ぎてしまいましたが充分まだきれいでむしろ桜吹雪と絨毯が風情があります

桜の木の下のベンチで食べる焼きそばは桜がスパイスでよりオイシイのだ

前方を見れば花畑と桜

見上げれば青空と桜

 桜の花びらでピンクの絨毯

仕事の疲れも吹っ飛んで癒されました 

昨年は旅先で最高のお花見が出来たのを思い出します

あれから早1年、今年は辛うじてお花見完了

nami作成

黒磯公園の桜

ドローンの映像をみつけました

黒磯公園 桜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さっぱりオレンジ・ベイクドチーズケーキ

2017年04月16日 16時54分18秒 | お菓子

 

今日は朝から快晴で気温も25度に上昇して夏日になりました

そこで暑い日には冷やりスイーツと言うことで久々にベイクドチーズケーキを作りました。

午前中に作って冷蔵庫に入れて冷やしておいて仕事から帰ってから冷たくなったのを頂く次第です

でも普通じゃつまらないのでリッチにアレンジしました

砂糖は高級和三盆使用でヨーグルトバージョンでオレンジを半月に切って飾ってみました

さっぱりオレンジ・ベイクドチーズケーキ

いざ生地を流す段階になってトッピングのオレンジのスライスが沈むことにはじめて気づいて・・・・

急きょ20分ほど焼いてから途中オーブンから出してオレンジをのせて再度オーブンに入れて焼きました

沈ますに綺麗にトッピング出来ました

【材料】18㎝丸形

  • プレーンヨーグルト   200g
  • クリームチーズ     200g
  • 和三盆        70g
  • 薄力粉        大さじ3
  • 卵           2個
  • オレンジ       1個
  • (グラハムビスケット15枚 バター30g)
  • (アンズジャム ラム酒)

【作り方】

  1. 型にクッキングシートを敷く。
  2. グラハムビスケットを砕いてとバターを混ぜて型の底にラップで広げる。
     
  3. その他の材料をミキサーで混ぜて、型に流す。
  4. オーブンで③を170度20分焼いてからオレンジスライスを並べてグラニュー糖とケシの実を散らす。
     
  5. さらにオーブンで170度で約50分焼成して焼きあがったらラム酒でのばしたアンズジャムを塗ってつや出す。





午後のラーメン屋さんのバイトが終わって帰宅して

お愉しみの試食タイム

賄いでラーメン食べたばかりでしたが別腹で食べちゃいました

 

上品な和三盆の甘さとさっぱりヨーグルト効果とオレンジの程よい甘味と苦みでオイシイ

今日の夏日にはぴったりの冷やりスイーツでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酸味と苦みの効いたフルーツケーキ

2017年04月10日 13時47分44秒 | お菓子

いつも作ってる定番のパウンドのフルーツケーキではなくて

プチ贅沢に進化させたフルーツケーキを作ったみました

酸味と苦みの効いたフルーツケーキ

【材料】18㎝丸型

  • 無塩バター       120g
  • 素焚(すだき)糖   100g
  • 卵         2個
  • 重曹(水小さじ1)  小さじ1/2
  • 薄力粉       100g
  • アーモンド粉   40g
  • ラム酒漬けカレンズ 200g
  • オレンジピール(ゆず) 50g
  • アーモンドスライス  50g
  • 梅ジャムラム酒

【作り方】

ラム酒シロップに半年漬け込んだカレンズと素焚糖とアーモンドプードルを贅沢に使い


苦みのある自家製ゆずピールもちょい足しして
アーモンドスライスをさらに入れててビタミンEたっぷりのアンチエージング

170度のオーブンで約50分焼成

仕上げに酸味のパンチの効いた頂き物の手作り梅ジャムをラム酒でのばして塗ってみました

 

ユズとウメ効果で苦みと酸味が程よい大人のフルーツケーキになりました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカモク入り豚肉と野菜のデミグラスソース煮

2017年04月06日 00時30分37秒 | クッキング

アカモクが最近になって急に店頭にならぶようになって

鮮魚で仕事柄アカモクの盛り作業していてネバネバ感が凄くて

今、アカモクが体や健康に良いスーパーフードとして、テレビや雑誌でも取り上げられ注目されているらしいです。

納豆・めかぶ・もずくもいいけど栄養的にさらにその上をいってるらしく

免疫力アップや、脂肪燃焼の効果がある成分を豊富に含んでいるまさに健康海藻

食べたことなかったので気になって半額に値引きになったのを今日買ってみました

昼食にポン酢や納豆に混ぜて食べてみましたがクセもなくて食べやすかったです

夕食にはデミグラスソース煮込みにして入れてみました

アカモク入り豚肉と野菜のデミグラスソース煮

仕上げにコクだしにとろけるチーズもちょい足して美味しかったです

【材料】4人分

  • 豚肉       300g
  • 玉葱       大1個
  • 人参       小1個
  • じゃが芋     2個
  • インゲン     一束
  • シメジ
  • エリンギ
  • アカモク
  • デミグラスソース  1缶
  • トマト       1個
  • 水         300cc
  • ブイヨン      1個
  • オイスターソース  大さじ3
  • ケチャップ     大さじ2
  • ワイン       50㏄
  • チーズ(又はバター)
  • ヨーグルト     1/2カップ
  • 塩 胡椒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シラスとイワシのピザ

2017年04月02日 10時56分08秒 | クッキング

最近ピザが出てこないと旦那サマから度々クレームがつき・・・

月に一度くらいは作ってるつもりですがピザ大好きの旦那サマには足りないみたいです

定番もいいけどたまには変わり種のピザでもと作ってみました

シラスオイルサーディンをたっぷりのせてみました

シラスとイワシのピザ

【トッピング具材】

  • 玉ねぎ
  • シラス
  • オイルサーディン(イワシのオイル漬け缶)
  • ナチュラルチーズ
  • オリーブオイル
  • プチトマト

生地を捏ねて発酵後生地にトマトソースを作らずにオリーブオイルの塗って具材をのせて190度で15分焼成
ソースを作らないので簡単です

プチトマトがあったのでのせたのですがトマトソースが入らないのでさっぱりしてグッドでした

旦那サマは写真撮影してるとその間はお預け状態ですから

オーケーが出た途端にすかさず箸が伸びてきます

ビールやワインのおつまみにはピザは最高です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライ麦入りフランス食パンとアンズジャム

2017年03月30日 17時46分49秒 | パン

今日はやっと春めいて気温が15度まで上がりました

また明日から寒くなるみたいですから寒暖の差が激しいです

 

パン作り用の粉が底をついてきてしまい・・・

残ってるフランスパン用粉とライ麦で小ぶりな食パンに成形してみました

ライ麦入りフランス食パン

  • 北海道産ハードブレッド粉 300g
  • ライ麦          200g
  • イースト         10g
  • 砂糖           15g
  • ショートニング      30g
  • 塩            7g
  • 水            320g

ポット内発酵30分ベンチタイム15分成形最終発酵30分

オーブンでクールスタートで150度で15分190度で15分焼成

焼きたて熱々をカットして3時のおやつです

庭で獲れたアンズで作った自家製アンズジャムをたっぷりと塗って頂きました

焼きたてだからクラストがパリっとしてアンズが酸っぱ甘くてうま~い

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<3日目>沖縄の離島の石垣島(川平湾とリスザル)

2017年03月28日 23時25分00秒 | 

いよいよ旅の最終日 3月13日。

この日も朝食前にホテルの中庭とビーチを散策

同じホテルに2連泊だったので昨日も歩いたけど再び底地(すくじ)ビーチへブラブラ

石垣島の代表的な景勝地・川平湾(かびらわん)から車で10分の場所に位置するビーチ。


浅瀬で足元に寄ってくる小さい魚を上から眺めることもできて家族で海水浴するには最高のスポット
この日は海開き5日前だったけど3/18から海水浴シーズンに入ったので今頃は賑わってるでしょうね

 

<最終日3日目>

石垣島は沖縄本島、西表島についで3番目に大きい島でミシュラン2ツ星です
観光は午前中だけだったけど想定外の楽しさが待ってました

天気は曇りがちだったのでとにもかくにも半日だけでも降らないようと祈りつつ出発

最初に案内されたのが川平湾の上にある琉球真珠川平本店

 

 
幻の真珠と呼ばれる黒蝶真珠の養殖に、世界で初めて成功したのが、石垣島川平湾なのです

高価すぎて買うのは無理なので関係ないアクセサリーを旅の思い出にひとつ買いました。
琉球ガラスのネックレス普段着使いですから

それでも数百万円のパールが売れたことがあったそうで・・・クルーズで来島した中国人観光客だったとか

数年前から外航クルーズ船が定期的に石垣島に寄港するようになってから中国人や台湾人の観光客が増えて

この日はなんとたまたまその寄港日でした
海外の観光客1000人くらいが上陸して人気スポットは賑わってました

 

 石垣島で一番といっていいほどの有名な観光スポット川平湾グラスボード

ミシュラングリーンガイドで2009年3月16日に沖縄で唯一3ツ星を獲得した景勝地の川平湾
朝早かったのにすでに修学旅行の高校生や海外の観光客が順番待ちしていました

前日は晴れていたのにもかかわらず嵐の影響で海底が濁っていて船は出せなかったそうで・・・カワイソウ
我々が訪れたこの日は運よく一日違いで見る事が出来ました

グラスボートに乗船して自由に泳ぎまわる熱帯魚や珊瑚礁の群落が眼下に見る事が出来ました

 

脳みそみたいなサンゴ礁

じゃが芋畑みたいなサンゴ礁

小芋みたいなサンゴ礁

なんとボートの下を海亀が泳いでるのに遭遇

宮古島では会えなかったので超ウレシイ

色鮮やかなクマノミ

一瞬ですが海中に陽が差し込んできてイイ感じ

素晴らしい海中見学が出来ました

 

エメラルドグリーンやコバルトブルーの澄んだ海や多種多様なサンゴ礁と熱帯魚そして真っ白な砂浜と絶景でした


石垣焼窯元

沖縄のやちむん(焼き物)の中では比較的浅い歴史。
ガラスと陶器の融合によって出来る石垣焼きは目を奪うほど美しく深いブルーが特徴的。
美智子妃が訪問の際に石垣焼きのペンダントを素敵につけた写真を見せられて皆さん買い求めてました


そして最後の締めくくりの観光地は昼食を兼ねての石垣やいま村

石垣島の名勝「名蔵湾」を一望する丘にある「石垣やいま村」は、
豊かな自然を背景に旧き良き八重山の家並みを再現したテーマパークです。

園内散り際でしたが寒緋桜(カンヒサクラが咲いてました
日本列島はまだ桜開花宣言前だったので、いち早く桜を愛でられて得した気分になりました

沖縄の桜は萎んで落ちるそうで沖縄の人は桜吹雪にあこがれるそうです
なんと沖縄では花見の文化がないそうです

もうひとつあこがれるのは雪へのダイブだそうですナルホド

 

この旅で思いがけず面白楽しかったのがここで体験できたリスザルとの戯れでした

リスザルに触れると聞き古民家そっちのけでリスザルの居るエリアへ直行

ここに入るとなんと大勢の外国人観光客と歓声で大賑わい

外国人の観光客の人気観光スポットみたいです。

リスザル小さくて超超カワイイ


下界の喧騒を逃れてか高い葉の上で寝ている姿がたまりません

みんなリスザルと写真を撮りたくて必死に追いかけてました
旦那サマも触りたいがなかなか上手くいかず、見知らぬ観光客が親切にも餌を少し分けてくれました

 

 ついに念願かなって餌付けに成功

その途端に若い女子のカメラに囲まれて旦那サマモテモテ状態

旦那サマご満悦でした

リスザルは4歳くらいの知能があるらしいけど、おとなしくてかじることもしないし人懐こいです

外国クルー船が寄港しない日だったらもう少しゆったりしてるのでしょうが・・・
とにかくこの日は歓声と大混雑でリスザルさんもビックリだったろうね 

namiもちょっとだけ触れました

 

リスザルとのふれあいを満喫してからやっと園内を見て回りました。

実際に見ると意外と小さいカンムリワシ

古民家の中を見学。

高見台からの眺め。

石垣島の名勝「名蔵湾」を一望

南国ムードの豊かな自然を背景に旧き良き八重山の家並み 

これで八重山諸島4島めぐりの観光終了です

園内の食事処で食べおさめは八重山そば  今回の旅行の沖縄料理がすべて美味しかったです

 

夏日で暑かったのでビールが上手いです  殿方たちはの飲みおさめです

あんまりポカポカで厳寒の日本列島にもどりたくありません

石垣空港からジンベイジャエットの奇抜な飛行機で13:30沖縄へテイクオフ

久しぶりに窓際に座れました ひがし北海道東旅行の時は窓なしで全く外が見られずがっかりでしたから

上空から見る石垣島のサンゴ礁が美しい

途中雲の合い間から島が2つ見えました

たぶん石垣島と宮古島の中間にある多良間島(たらまじま)水納島(みんなじま)

宮古島の旅の時に多良間産の黒糖をなめてから泡盛を飲んで美味しいかったことを思い出します

 その後は飛行はずっと雲海で下は見えず、飛行時間約1時間で石垣空港から沖縄那覇空港に着陸した時は雨模様でした

那覇空港から羽田空港まで飛行時間約2時間40分で冬の日本列島に無事に戻ってきました

前日まで雨嵐の天気だったのが観光3日間がすべて雨なしで肝心なところでは晴れてくれて奇跡的でした
八重山諸島は気候もよくて変化に富み見どころ満載の最高の旅ができました

 

お気に入りのお土産集

紅型の箸が欲しく探してやっとみつけたお箸セット 沖縄と言えば黒糖これで黒糖スイーツ作るのだ

那覇空港で見つけた変わり種の泡盛チョコレート ぷちぷち食感がたのしい海ぶどう

その他に塩ちんすうこうも美味しかったです

 

おわり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山諸島<2日目>竹富島 西表島 由布島

2017年03月26日 00時24分45秒 | 

到着した時は暗闇でしたが朝起きるとホテルの前はビーチ

朝の海岸沿いの散策は気持ちイイです

 沖縄の海は美しい

心配していた天気でしたが朝日が差し込みひと一安心

石垣島は我々が到着する前日まで嵐で心配でしたが天気はまずまず

 <2日目>3月12日  竹富島 西表島(いりおもてじま) 由布島

朝食をすませてバスで石垣港へ 

港には石垣のヒーロー元ボクシング世界チャオンピオン具志堅用高のモニュメントがありました。

本州は冬なのにさすが日本最南端、もうすぐ日本で最初に海開きが数日後に迫ってました

港の中に人懐っこい猫ちゃんがお出迎えとお見送りをしてくれます

石垣島は野良ちゃんのパラダイスみたいでまったりした猫ちゃんがいっぱい
気温が穏やかでてポカポカでまさに猫天国です

石垣港から高速船で約10分で竹富港へ

無事に竹富島に上陸。沖合に浮かぶサンゴが隆起した周囲約9kmの島。

地元の運転手さんの愉しいガイドを聞きながら星砂浜へ 

「カイジ浜」は星砂の見つかる星砂の浜として有名です。

立派なハスノハギリが絵になります

西インド諸島原産で、ハスノハギリ科の常緑高木です。
名称は葉がハスに似ていて、桐のように軽い材の木ということだそうで(蓮の葉桐)

高さ10mほどになる常緑高木で、耐風、耐潮性に優れているため、世界各地の熱帯の海岸に広く植栽されています。

旦那サマせっかく星の砂を見つけたのにnamiが崩してしまったみたい・・・

星砂は砂ではなく死んだ有孔虫の殻。


星砂の浜と隣接してるコンドイビーチ。 白砂とエメラルドグリーンの海が美しいビーチ。

せっかく好天に恵まれたのに下車するこなくスルーで車窓から眺めだけでしたザンネン
窓ガラス越しでしたがそれでも美しく撮れました

 

竹富古民家集落散策

 旅の中で一番暑かった 気温26度くらいだったでしょうか…

レンジ瓦の古民家が密集した集落。南国の雰囲気が漂う人気の観光スポットです。

観光名所なので近代的な家を建てられないそうです。実際に住んでますから地元の人は大変ですね

 

天気は上々で眺めも上々

平らな小さな島なので高台に登れば海も島も遠くに一望できました


沖縄県の県花「梯梧」デイゴの花があんまり美しくて
港近くに咲いていたのをみつけて旦那サマが走って撮ってきたとっておきの写真

カラスの黒と青空と赤いデイゴの花がイイです

「ザ・ブーム」のヒット曲「島唄」の歌詞に出てくる「でいご」というのがこの花だったのね

 

はじめて見る事知ることが出来ました

 

竹富島からプレミアム船で約1時間で西表島(大原港)に着岸。

西表島と言えはイリオモテヤマネコです

バス前方に発見

実物はちょいワルぽいですが・・・

ぬいぐるみはカワイイ

 

 大きな船から小舟に乗り換えて仲間川ジャングルクルーズ

 遊覧船で日本最大級のマングローブ林を間近に観察。

マングローブとは海水と淡水が混ざり合う「汽水域」に生える植物の「森」を指します。

多種多様なマングローブを見る事が出来ました。

箒みたいな形のオヒルギの群生です。 

膝小僧みたいな形のオヒルギ


ハマザクロ(ヤマプシキ)
つんつん伸びてるのが猫が隠れて尻尾だけが見えている状態に見えることで別名ヤマプシキ
「マヤ」は猫を指すが、「プシキ」は諸説あり、「尻尾」とも「暗礁」、「ヘソ」とも言われている。


平べったい形のサキシマスオウの木。

野生のパイナップル発見

船長さんが見せてくれた仲間川でとれた巨大シジミ

食べるとメチャクチャ臭いそうです

船長さんが干潟に船をかるく座礁させてミナミコメツキガニの大群を見せてくれました

虫みたいに細かいのがウヨウヨうごめいていました

さすが亜熱帯のマングローブのジャングルです 

 

おそい昼食は西表膳 

これまた薄味でnami好みで美味しかったです

 昼食後にレストランの庭を散策。巨大なシダヒカゲヘゴ


いよいよ いちばん愉しみにしていた水牛車です

西表島と由布島(ゆぶじま)の遠浅の海400mを水牛車にのんびりとゆられて渡ります 

 

 若い小ぶりの水牛車に乗ってユラユラ

ガイドさんが蛇皮線を奏でながら唄ってくれました

由布島は、周囲2.15km、海抜1.5mの小さな島。島の広さは約4万坪、島全体が砂によってできており 
西表島へつながる海は、遠浅で、満潮でも1mほどなので水牛車で渡るのが名物です。

由布島に渡るとお仕事おやすみの水牛がのんびり寛いでました。 

水牛は家が由布島の方にあるので由布島へ向かう時は張り切るそうです

交代制らしく仕事が休みの時は水牛さんも嬉しそうに見えます

 逆に西表島へ向かう水牛さんは足取りが重くなりがちとか・・・

油布島は島全体が亜熱帯植物園になってるので植物観察しながら炎天下の中を散策しました

再び水牛車に乗って西表島もどります。

後ろから来る水牛さんは身体も大きくて立派な角ですステキ
行ったり来たり毎日お勤めホントご苦労様です
渡り終わるとあんなに天気が良かったのにバスの乗ったらいつのまにか雨がチラチラ
タイミングよかったです

再び西表島から石垣島へプレミアム船でもどり

みんさー工芸館へ

八重山ミンサーは素材が木綿、組織が平織り、生産地が石垣市と竹富町とする織物です。
特徴は、五つと四つの絣に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く・・・。」という想いが込められていることです

夕食はホテルの外の食事処で豚と島野菜のしゃぶしゃしゃぶ

島唄を聴きながらの食事でこれまた美味しかったです

 

そして宿に戻ってからはお決まりの晩餐会です

この日は船に何度も乗り水牛車に揺られて歩いてハードでクタクタでしたが

旅の最後の夜ですから2次会は怠りません

 

つづく。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加