基左衛門の独り言

坂東の風上毛の空と風景をブログで皆様へ、八十爺

朝から曇り日中ムッシリとした空気 お江戸など海寄りは雨のよう

2017-06-18 17:06:43 | 日記・エッセイ・コラム

 坂東も広い海寄りは朝から雨のよう、ここ上州は曇りムシムシの内陸型の梅雨のある日の形だ、先ほどは幾らか暗くなったので少しは降るか期待したが無し、今は5時過ぎたが空か明るいようこれでは今夜も降るかどうか怪しい雰囲気だ、

 昨日のシンビジュウムの植え替えの残土やごみの整理をして、植込みの下の落ち葉をかき集め園芸用地に埋め込みをする、狭い用地だが茗荷の用地と合わせると落ち葉の一部は片付くものだ。

 忘れていたが今日は父の日だった、昼過ぎ宅急便で清酒澤乃井が届く、見ると凄い包装二本も入っているかと見間違うよう、発送はイオンである結局は大げさか或いは純米吟醸なので丁寧なのか、まあ丁寧の方にと理解しよう。

  包装の中から出てきた本当の酒瓶の包装

 今夜は頂かないと申し訳ない澤乃井を名指したのだから、倅はマッサンを指名したのでニッカの黒を呉れた此れも少し味見をしなければ悪いような気がする、飲みすぎないよう気を付けて飲むか。

 お礼のテレホン入れたところ孫娘は今日から一週間都内出張との事荷物整理をしていたよう、国際展示場でも使うのか二ッポンモノヅクリ何とかいう大きな催しのよう、調べると会期は21-23日の三日なのに準備片付けと掛かるのだろう、大変だ、此れからもだが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨寒の後は梅雨の合間の晴... | トップ | 上州とうとう降らず 今日は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事