基左衛門の独り言

坂東の風上毛の空と風景をブログで皆様へ、八十爺

重い課題背負って

2007-03-25 17:18:52 | 日記・エッセイ・コラム

 ようやく今朝から恵みの雨が降り始めた、何日振りだろう春の雨は良いお湿りまでは中々行かないものだ。 今日は観音まつりの祈祷料の集金に回る予定だったが出鼻をそがれた、が10時過ぎに小降りになったので出かける、小雨が降ったり止んだりのなかを順調に進み、正午には終わって家に帰っていた。

 お寺さんに届けてしまおうかと思ったが、少し於いてからと思い止めて、読めなかった新聞を読むこととした。 

 今日は妙に重い問題が1-2面に在った、格差社会、私は思う、この問題も失われた10年の間に大企業や金融機関と中小企業、ショピングモールやセンタアーと零細商店といったものから、新卒の若者の永い間の就職難により、派遣労働者やニートと言われる人たちの増加、特にこの間に労働者派遣法などという変な法律が出来、最初はI T 関連等の事務などだったが、いつの間にか単純労働などまで含むようになってしまい、民間安定所即ち派遣会社が大もうけすようになり、単純・長時間・低賃金の労働者の大量生産することとなった、正に大悪法であると想う此の頃である。

 もう一つは従軍慰安婦問題である、アジア女性基金は一応の目的は終わったと言うので解散ということらしいが、アジアの国の内には政府が対応すべきで民間の善意では受け取れない、などまだまだ解決しなければならない問題があるようだ。どうも我が国は可笑しい、何時も言うようだが戦争に負けた時もなぜか敗戦を終戦と言い換え、蒋介石総統善意に甘えてか、戦時賠償もほどほどの様だし、東西冷戦に入ろうとした所をうまく使ったような気がしてならない。

 誇りもほどほど良いが自己満足ではどうも、世界が認めないプライドなど特別持たないほうが良いのでは?。

コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく春が来たか

2007-03-23 16:29:26 | 日記・エッセイ・コラム

 今日はお寺さん(宝憧院)の観音まつりの打ち合わせで先ほど帰ってきたところだ、会議所の議員総会もあったがお寺さんを優先させてもらった。 この観音まつりが日程に入ると、ようやく桜の季節となり寒さから抜け出せる時期となる。

 昨日は寒の戻りからやっと暖かい日となったので、久しぶりにゴルフの打ちっ放しに行ってきた、人間の気分などいい加減なものだと思った、前によく使っていた打席が空いていたので、そこで打ってみたら飛んだ飛んだ、とっても気分がよかった。

 こんな調子で26日(月)の仲間のコンペも飛んでくれれば良いのだが、だが久しぶりにボールを叩いたので今日は体がだるい、頑張るか?。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い寒い 寒の戻りか

2007-03-18 18:45:33 | 日記・エッセイ・コラム

 今日は日曜日で彼岸の入りである。何時もは前日に墓掃除に行くのだがこの寒さと、急に入った家内の親戚の葬儀で億劫で今日になってしまった。掃除を終わってみるともう墓参りの人が居て花の上がっている所がある偉いもんだ。 ご先祖を偲んでか、敬ってかどちらにしても立派な考えの家なのだろう。

 二三日前の十五日(木)にかっての仲間が大将で遣っているシニア・パソコンホーラムに呼ばれて行ってきた。いまうりだしのVIST の解説があると言うので聞いてきたが、マイクロソフトの宣伝であることは間違いない、しかし此処まで世界のユウザーを掴んでいては何とも言うことが出来ないだろう。またXPと同じように世界中から狙われ大変だろうと思いながら聞いていたが、やはり暫らく様子を見て次を考えようと思った。同じような考えの人たちが多いのではないかな?。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い寒いパトロール

2007-03-14 16:41:34 | 日記・エッセイ・コラム

 オジンが無理してパトロール、とか言いながらこの風のなか、安心安全パトロールに行ってきた。このパトロールも子供たちに変なイタヅラをする成人が居るから、いい年をして我々ジジババがこの寒空の中パトロールなどしなければならない、おかしな世の中になったものだ。

 それはそうとこの寒波はもう幾日になったろう、いかに最近上州の空っ風が少なくなったと言っても、今頃日本列島の上に居座らなくもいいだろう。おおさむこさむ何とかかんとか昔子供の頃いったが、はてなんていったんだったっけ?

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おかしな天ー気

2007-03-12 15:40:29 | 日記・エッセイ・コラム

 今日は部屋の外はゴトゴト、ガタガタとガラス戸がなり、風がヒューヒューと吹いてうるさいし部屋の中まで寒い、こんな事が二日も続いているが寒の戻りか、でも三月十二日だからなー、おかしな天気。 上州名物空っ風とはよく言ったものだ、ご先祖様も経験したことだからしようが無いか。

 これで二~三日前発表になった桜の開花予想も平年並みにいくらか戻るかどうか、花見予想も難しいところだ。今年のように大寒の最中春のような陽気の日もあり二月などまるで春、それで三月がこれではジジババは陽気についてゆけない、それにスギ花粉がすごく飛んでいるようで外へも出られない。

 まあもう少しだ我慢するか、とかくこの世は住みにくい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可笑しいおかしい 変だ変だ (5)

2007-03-06 17:24:58 | 日記・エッセイ・コラム

 今日は西風が強い、「上州の空っ風」と言われ良く吹いたこの頃の上州路は、葉の落ちた桑畑を縞の合羽と三度笠で風を除けて歩くヤクザ渡世が似合う風景があった。まあそれは幕藩体制のタガの緩んだ頃の裏の風景で、多くの善人は搾取に耐えながら来る農作業の田植えやお蚕様の棚の準備や直し、霜柱に浮いた麦を踏む麦踏の風景が空っ風の中に在った。

 このところ上州名物もあまり吹かなくなったと思っていたが今年はもう三回目か、しかし家の中は暖かい昨日は雨のわけだったが降らず、この西風では黄塵万丈だろう、天気予報も雨のはずが当たらず風だけ当たると大変、家の中までほこりだImg_0349らけだ。

 まあ可笑しな空模様だ、昨日の関西や日本海側では大型トラックが風と雨で三台も横倒しになり建物にも被害が出たようだが、我が家のほうは曇っていたが雨も降らず風もほとんど吹かないと言うのだから可笑しい。変だ変だ。

 いつの間にかもう雛祭りも終わり三月も六日になり直にお彼岸だが、今年はこう早くから暖かImg_0356くてはいつ桜 が咲き始めるか分ったものでない、庭の梅も何とか持ってくれるか、家の中はでシンビジュウムが一月末から割き始め今は満開でデン ドロビュウムも可憐に咲き始めた 。Img_0353

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加