言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デフレは終わらない

2009-07-19 | 日記
高橋洋一・長谷川幸洋 『百年に一度の危機から日本経済を救う会議』 ( p.25 )

高橋  バーナンキに関しては、彼は金融恐慌のプロですから、このゼロ金利政策は序の口であり、これから世界中がさらにあっと驚くような政策を打ち出してくる、そう思っています。
 ところが、日本では折からのデフレ政策の影響なのか、物価連動国債を見ていると、驚くべきことに今後十年間の予想インフレ率が二〇〇八年末時点では二%以上のマイナスになっている。つまり、今後十年間二%程度のデフレが継続すると市場は見ていることになるのです。大恐慌クラスの場合でも、十年間悪いということはなく、初めの三~五年間の落ち込みがすごいもので、その後は立ち直る。ということは、十年間で平均二%で、十年後に二〇~二五%下がるというより、初めの三~五年間で半減して、その後回復するとみるのが、現在の日本においては妥当でしょう。ということからすれば、国民の生活レベルでは、初めの三~五年間で、物価半減、売り上げ半減、給与半減という姿が十二分に現実味を帯びてくる。
 だから、「百年に一度の危機」なのです。ちなみに、このペースは一九三〇年代の大恐慌と比べても最大級の悪さです。つまり、現実として日本はアメリカ以上の危機的状況なのですが、それにしては政府や官僚にいまいち危機感がない。百年に一度の危機的状況であるということを十二分に認識して、「百年に一度の政策」を打ち出さなくてはならないのに、そうしていない。


 日本では、今後十年間、2 %程度のデフレが継続すると市場はみている。したがって、「国民の生活レベルでは、初めの三~五年間で、物価半減、売り上げ半減、給与半減という姿が十二分に現実味を帯びてくる」 、と書かれています。



 説得力があります。

 この予測が的中すれば、日本では、「 ( 今後 ) 三~五年間で、物価半減、売り上げ半減、給与半減」 になる、というのですから、大変なことになります。

 直近の予想インフレ率も、対談がなされた時点と、さほど変わっていません。

 ということは、「 ( 今後 ) 三~五年間で、物価半減、売り上げ半減、給与半減」 になる可能性は、十二分にある、といえます ( もっとも、いまでは 「日銀のCP引受」 など、「百年に一度の政策」 が実施されていますので、状況が変わってくる可能性はあります ) 。



 ところで、ここで問題にすべきは、日本では、( 外国に比べて) 物価も給与も高すぎるので、「物価半減、給与半減」 が本当に悪いことなのか、だと思います。

 ものは考えようで、今後 「三~五年間」 辛抱すれば経済状況はよくなる、とも考えられます。もちろん、これは可能性であって、実際にどうなるかはわかりませんが、

 あと 「三~五年間」 の辛抱ですむのであれば、「さらにあと数年、構造改革を徹底すべき」 なのかもしれない、とも思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀のCP引受 | トップ | すくなくとも当面は、景気は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。