言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すくなくとも当面は、景気は回復しない

2009-07-19 | 日記
高橋洋一・長谷川幸洋 『百年に一度の危機から日本経済を救う会議』 ( p.26 )

高橋  物価連動国債のマーケット自体が壊れかかっている。ただし、その「壊れているという情報」にこそ意味がある。壊れはじめているということ自体が、大きな情報になるわけです。ちなみに、日本の場合、十年債しか発行されていませんが、他の国はいろんな年限のものが出ていますから、それでマーケットが考えている未来が読めるのですけどね。

(中略)

高橋  二〇〇九年度の国債発行計画では、物価連動国債は、前年度から二・七兆円減のわずか〇・三兆円。これはデフレ傾向が続いて物価連動国債の人気がないためで、事実上の発行停止措置です。
 問題なのは、これが麻生政権が自画自賛する経済政策と必ずしも整合的とはいえないことです。というのは、麻生政権は、日本は世界でいちばん早く不況から脱するとか、三年で回復とか言っていますが、もしそうであれば、十年間もデフレが継続するはずがない。であれば、物価連動国債の人気は上がるはずです。それなのに、財務省が物価連動国債の発行を事実上取りやめたことは、経済政策の効果を疑問視していることを自ら告白しているようなものです。


 日本では、物価連動国債に人気がない。そのこと自体が、日本の景気が回復しない証拠である、と書かれています。



 当面は、景気が回復する見込みはないと思われます。

 ただ、「麻生政権は、日本は…(中略)…不況から…(中略)…三年で回復とか言っていますが、もしそうであれば、十年間もデフレが継続するはずがない」 の部分には、すこし、疑問があります。

 「デフレは終わらない」 に引用した部分で、高橋さんは 「十年間で平均二%で、十年後に二〇~二五%下がるというより、初めの三~五年間で半減して、その後回復するとみるのが、現在の日本においては妥当」 だと述べられています。この考えかたは、麻生政権の 「日本は不況から三年で回復する」 という考えかたと、合致しているのではないかと思います。

 また、「財務省が物価連動国債の発行を事実上取りやめたことは、経済政策の効果を疑問視していることを自ら告白しているようなものです」 の部分も、必ずしもそうとばかりは言えないと思います。財務省は、「たんに、需要不足に対応しただけ」 とも、考えられます。

 このあたりはやはり、「日本の場合、十年債しか発行されていません」 、「物価連動国債のマーケット自体が壊れかかっている」 ( =流動性が低い ) といった事情を、多面的に考察する必要があると思います。



 問題は、果たして三年程度で景気が回復するか、ですが、それについては今後の動き ( 対策 ) にも左右されます。すくなくとも 「当面は」 回復しない、と考えておけば間違いないと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デフレは終わらない | トップ | 台湾の朝まで生テレビ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。