言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「人民幣」 とインフレ

2009-12-10 | 日記
田代秀敏 『中国に人民元はない』 ( p.45 )

 中国には 「人民元」 という通貨はない。
「人民元」 は 「ラーメン」 と同じく完全な和製中国語である。中国では自分達が使っている通貨のことを 「人民幣」 と呼ぶ。
「人民幣」 は北京語で "rénmínbì" と発音するので、国際記号はRMBである。

(中略)

 それでは、「人民幣」 が中国の通貨なのかというと、そうではない。
「人民幣」 が最初に発行されたのは一九四八年一二月一日である。その翌年の一九四九年一〇月一日に中華人民共和国が成立した。だから、人民幣は中華人民共和国よりも古い。したがって、人民幣が中華人民共和国の通貨であるはずがない。
 人民幣を発行しているのは中国人民銀行である。中国人民銀行は一九四八年一二月一日に設立された。同じ日に人民幣がはじめて発行された。だから、中国人民銀行を設立したのは、中華人民共和国ではなく、中国共産党であった。
 したがって、人民幣は中国共産党の通貨である。この歴史的な事実が、人民幣の性質を、現在に至るまで決定してきている。
 そもそも 「人民幣」 という名称は、中国国民党の通貨 「法幣」 に対抗してつけられている。
「法幣」 は中国最初の法定通貨であった。法律で定めた貨幣なので、「法幣」 と名付けられた。中国国民党は財政が破綻しているのに腐敗汚職にまみれ、法幣の天文学的なインフレーションを引き起こし、法幣の対ドル為替レートは暴落し、法幣は信任をまったく失ってしまった。
 それに対し、中国共産党は占領地域でインフレーションを沈静化し、党が経営する銀行に預金を集めた。共産党の秘策は、穀物や肉や卵といった物財本位の通貨の発行であった。共産党がつくった銀行に預金すると、その時の金額で買える豚肉や麦や卵などの数量が通帳に記され、引き出す時にはその数量の商品を受け取れたのである。
 こうして、共産党は国民党との通貨戦争に勝利して、国民党を台湾に追い落とした。
 だから、中国共産党にとって、物価と対ドル為替レートとの安定は国是ならぬ党是なのである。


 「人民元」 は和製中国語であり、正しくは 「人民幣 ( RMB )」 である。なお、「人民幣」 は中国共産党の通貨であり、国民党の発行した法定通貨 「法幣」 に対抗し、「法幣」 のインフレを沈静化するために発行された、と書かれています。



 「人民幣」 は国家ではなく、党の通貨である――。

 これは強烈なインパクトをもっていますが、ここでは、「人民幣」 がインフレ沈静化機能をはたした、という記述に着目します。

 史実として紹介されているのは、

  1. 新しい通貨 「人民幣」 を、
  2. 物財本位の通貨として発行した ( 共産党がつくった銀行に預金すると、その時の金額で買える豚肉や麦や卵などの数量が通帳に記され、引き出す時にはその数量の商品を受け取れた )

です。

 日本は国債を発行しすぎているので、今後、ハイパーインフレになる可能性がある、という予測があります。私はその予測には懐疑的ですが、万一、ハイパーインフレになった場合には、これと同じ対策をとればよいと思います。



 次に、「中国共産党にとって、物価と対ドル為替レートとの安定は国是ならぬ党是なのである。」 についてですが、

 私は 「中国の政策スタンス」 で、中国は 「実質的なドルペッグ制」 をやめたくないのではないか、したがって中国は、「バランスシート不況においては、金融緩和は効かない」 というリチャード・クーの主張を支持しているのではないか、と書きました。

 中国が 「実質的なドルペッグ制」 の継続を望んでいるのは、( リチャード・クーの主張もさることながら ) 歴史的な理由によるところが大きいのかもしれません。



 しかし、「実質的なドルペッグ制」 を続ければ天文学的なインフレになる可能性があります。中国共産党は、それも望んではいないはずです。

 とすると、中国共産党は、いま、

   「物価」 の安定と 「対ドル為替レート」 の安定、どちらを重視するか

を問われている、と考えられます。歴史的に、どちらも重要であったことはたしかだと思いますが、

 究極的には ( 最終的には ) 、「物価」 の安定を重視せざるを得ないのではないかと思います。本来、「物財本位の通貨」 として発行された人民幣は、「物価」 の安定を重視する方向に行くのではないか ( 対ドル為替レートは切り上げられるのではないか ) と思います。

 なお、これについては、「アメリカの本音とアジアの本音」 に、本稿とは異なった視点で同様の予測をしています。よろしければご参照ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 派遣は派生的原因にすぎない | トップ | 中国では資本がタダ? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人民元・ドル・円 1/5~中国建国まで (投資一族のブログ)
中国破綻論 現実の中国経済はまるで2つに仕切られた中華四川風の火鍋のようである。唐芥子の赤に染まる辣スープの部には膨大な余剰人員と赤字を抱えた国有企業、GDPの5割にも達するかもしれない巨額の不良債権問題を抱えた金融機関が、白いスープの部では外資や私営企業が...