言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

削除要求のあった事実の公表と、名誉毀損

2010-05-09 | 日記
酔うぞの遠めがね」 の 「ネットによる人権侵害・・・・シンポジウム

しかし、わたしは上記に書いた通り、プロバイダ責任制限法の話に触れるし、発言削除と、通信の秘密、表現の自由とのバランスの話になるだろう、と思っていましたし、現実にその通りになりました。
管理者が、削除要求を受けて、掲示を削除した場合、その事実を実名を表示して「○○氏からの削除要求を受けて削除しました」と書き込んだから、その記事で、管理者が名誉毀損で訴えられないか?
という質問がありました

こんな、コンニャク問答になるとは、「被害救済の手段」を求めて参加された方々にとっては「何なんだい!!」みたいな感想だったのではないかと思います。


 シンポジウムの際に、「削除要求があった事実」 および 「削除要求を行った者の実名」 を公表すると、「管理者が名誉毀損で訴えられないか?」 という問いがあった、と書かれています。



 ネット上の書き込みによって 「被害」 を被った者が削除要求を行うことは当然だと思います。とすると、「当然のことを行った者の実名を記したうえで、その人が当然のことを行ったという事実」 を公表することが、名誉毀損にあたらないか、という疑問が提起されている、という話になります。

 おかしな話です。



 私としては、逆の方向の疑問も存在すると思います。すなわち、

 ネット上に、違法性なく 「正当に」 書き込んだところ、管理者によって 「理由が提示されることなく、削除された」 。これでは、いかにも当該掲示板等を見ていた者に対して、「書き込んだ者が」 違法に、事実ではないことを書き込んだかのような誤解を与える。したがって、

   「理由を提示することなく、書き込みを削除する行為」 は、
   「書き込んだ者に対する、名誉毀損にあたらないか?」

という疑問も、当然に、発生するはずだと思います。もちろんこの場合には、名誉罪の構成要件にはあたらないのではないか、とも考えられるわけですが、

 すくなくとも、「書き込んだ者が、違法に、事実ではないことを書き込んだかのような誤解」 を読む者に与えてしまうことは、たしかだと思います。したがって、書き込んだ者の名誉が、( たとえ構成要件には該当しないとしても ) 侵害されることになります。その可能性は高いでしょう。



 たしかに、ネット上の書き込みによって 「被害」 を被った者の立場に立って考えれば、書き込みが削除されなければ、「被害が継続する」 ことになります。

 しかし、逆に、ネット上の書き込みによって、「隠しておきたい、不都合な事実」 が表沙汰になった場合、すなわち、「『自称』 被害者」 の場合について考えれば、
「削除要求を行った事実」 および 「削除要求を行った者の実名」 を公表するなど、とんでもない。名誉毀損で訴える、という手段を駆使してでも、削除要求を行った事実そのものも隠したい、

ということになるのではないかと思います。

 とすれば、「削除要求を行った事実」 および 「削除要求を行った者の実名」 を公表されて困るのは、「『自称』 被害者」 の場合に限られる、と考えられ、
原則として、「削除要求があった事実」 および 「削除要求を行った者の実名」 を公表してよい

のではないかと思います。



 シンポジウムなどにおいては、ぜひとも、逆の方向の疑問、すなわち、「削除が、書き込んだ者の名誉を侵害することにならないか」 も、併せ、検討していただければと思います (「発言削除と、通信の秘密、表現の自由とのバランスの話」として、すでに検討されているのかもしれませんが) 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の労働法 | トップ | 東京都心で地震発生 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。