網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飛行機事故の「確率」

2008-11-13 16:24:17 | ハヤテのごとく!
第200話の泉の豆知識



既にいろんな方が指摘していますが、
やっぱり色々問題のある計算法だったりします。
詳しいことはWikipediaの「航空事故」をどうぞ。

事故率は新幹線と比べるべくもないのですが、
やはり最大の問題は事故時の生存率の低さです。

飛行機の安全性も日々進歩してはいますが、
航空会社によっても安全度は違いますし、
ミュンヘンの悲劇のように知られざる原因による事故も起こります。



特に空中で事故を起こされた場合、逃げ場はないわけです。

「自助努力による危険性の軽減」が搭乗後には相当限られるため、
やはり怖いと感じる人には怖いものです。

だからこういうときには、「(比較的)安全な航空会社で天候も順調」
ということを言ってあげましょう。
・・・頼れるものはそこらへんしかないわけですし・・・
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 232時間目の用語 | トップ | 第2回キャラクター人気投票... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Iuth)
2008-11-14 02:09:05
ヒナギクの場合、飛行機が怖いというより高い所が怖いんだと思ってました。確かに「…旅に出よう」の回で、あんな鉄の固まりが飛ぶなんておかしいとかなんとかいう意味の事を言ってはいましたけど、あれは「めちゃ高い所を通る乗り物」の存在が許せないという思いが言わせたものだと捉えてたんですよね。
そういう意味で、泉の豆知識へのリアクションはちょっとばかし意外でした。

ちなみに直感的には、リンクされたWikipediaの「飛行機搭乗一回あたりの死亡リスクは車使用1回の10倍」という計算もそれはそれで別種の欺瞞だと思います。どこがどうと定かには言えないのですけれども。

余談ですが、ここ50年で最も死亡率の高い乗り物は、おそらくスペースシャトルってことになるのでしょうね^^;;。
>Iuth さん (Masaxa)
2008-11-14 16:29:57
ヒナギクの場合、高所恐怖症がベースですが飛ぶ事への恐怖とだいぶ同化していると感じました。

まあ統計には詐欺がつきもの、だと思います。
スペースシャトルは確かにかなり危険かも。戦闘機とどちらが、という位には・・・

コメント有難うございました。

コメントを投稿

ハヤテのごとく!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL