網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千鶴とヒナギクの似てるとこ

2009-01-31 19:00:53 | その他漫画
同じ基本タイプが出た千鶴ヒナギク
やっぱり似ているところを探してみます。

・・・ビジュアル面では違いの方が目立ちますが。


・ゴゴゴゴゴ・・・・・



千鶴やマリアさんのイメージが強いですが、
ヒナギクも結構こういう怒り方をします。
感情表現の幅はかなり違いますが。


・困っている人/動物を見過ごせない




基本的に世話好きで人助けの行動が多く、
動物も何の気なしに拾ってくる人です。
ヒナギクの方がそのための(無謀な)行動が目立ちますが。


・平然と人を巻き込む



ヒナギクの方が一人の行動は多いのですが、
どちらも押しが強く、何かするときに人を巻き込むことが多い人です。
やりすぎも多い。


他にも、実は寂しがり、料理好き(そしてメニューに偏りが)、
人助けのためなら結構平然と嘘をつく(ヒナギクの場合はクイズのときの)等、
描写される場面の違いが大きい2人ですが、性格面では意外と似ています。

・・・見た目は似ていませんが。

追記
実は生年が一緒だったりする。
 千鶴 :1989年1月29日生まれ
ヒナギク:1989年3月 3日生まれ
生まれた日が33日しか違わないという・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木乃香と千鶴の似てるとこ

2009-01-30 18:32:21 | UQ HOLDER!
同じタイプと出た木乃香千鶴
どっちも部屋に男の子が同居することになりましたが、
その扱い方からして基本的に似ていたりします。


・どちらも恋愛を焚きつける




どちらもネギ・小太郎は恋愛対象外の模様。
そして他の人を焚きつける。そして見守る?


・押しが強い




木乃香は同室の明日菜も相当なため目立ちませんが、
それでもよく見ればかなりのものです。


・無謀




どちらも結果論としては最善の行動でしたが、
本来それでどうこうなるようなモノでもない筈の場面です。
自分の身をあまり省みずに行動しています。


他にも腹黒、世話好き、部屋では料理担当・・・など。
それぞれの部屋のお母さん的役割に収まっているところも共通です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

那波 千鶴:type 2

2009-01-29 18:08:54 | エニア・タイプ判別室
それでは今日が誕生日の



千鶴。

好きなもの「他人の世話」とか嫌いなもの「孤独」などから、
type2の線が濃厚です。
確かに木乃香と同様、一人でいることがほぼありません。



また、困っている人・動物に思わず手を差し伸べる所もあり、
自分の追う傷等は気にしていなかったりもします。



しかしその一方、自分のイメージに対しては敏感です。

というわけで判定は type 2
ウィングは見られません。




そんなわけで、木乃香と同じタイプです。



そしてネカネとも同じタイプ。
どちらも保護者的な性格ではあります。

というわけで絵の方が多くなりましたがこの辺で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マリアさんがナギに出来ること

2009-01-28 19:40:09 | ハヤテのごとく!
Cahier d’Haruさんにいただいたレスを見て、
やはり大事な部分を書き落としていたことに気が付いたので、
マリアさんの「保護」」の続きとしてレス代わりに。
(「原因」の件は了解です)



私の考察の念頭にあったのはこの第6話の、姫神が去った後の言及。
マリアが側に居ながら、ナギは何故ここまで沈んだままだったのか?
それは恐らく、姫神が持っていた「抑止力」にあるのではないか。

ナギは日常的に命を狙われていて、誘拐も何度も経験している。
作中の描写を考えると、単独でナギを守りうる力を持つものは
「執事」とタマしかいない。しかし執事長・クラウスは留守がちで、
タマは少なくとも、街中をつれて歩くわけには行かない。

するとナギの「保護」のためにマリアが取りうる手は、
「周辺環境の整備と運用」に限られることになる。
もちろんそのうち最大の手は、「執事の確保」になる。
(でなければSPの数を頼みにするか、
巻田・国枝などの「他の人の執事」を頼りにするか。)



そしてもう一つの問題はナギとマリアの性格傾向にある。

マリアは受容型で、自分の考えを推し進めるタイプではない。
例えば「このようにあるべき」というような理想を
東宮家の野々原等のように持って勤めるタイプではなく、
主・ナギの望みを可能な限り尊重しようとするタイプである。

そしてナギの方は本来、目標を立てて突き進むタイプ。
しかし今のところ明確な目標がなく、色々試してみている真っ最中。
そのため、導くための指針が短期的にしか存在していない。

そんなナギを導くために、マリアの出来ることは何か、というと、
「やりたい何か」を見つけてもらうこと。
そしてそれが見つかるまではナギを守りきること、である。
そのために必要不可欠なのは、「外でナギの側について守れる人」・・・
(そのことをどこまで自覚できているかは分からないが)



ナギの望みは今のところ「何かをやってみる」という範囲に留まっており、
それらの殆どはハヤテが側に居れば用が足りる。
しかしひとたび三千院家をどうこうする、とかいう目標を持てば、(例:ワタル)
マリアは大規模組織の運用実績すら持つ、力強い「導き手」足りえるのだ。
(これはさすがにハヤテにはこなせない)

しかし現状ナギが望んでいる範囲では直接導ける事柄はあまりなく、
もっぱら「保護」に費やされることになるのだ。
特に家の中ではかなりの時間付き添うことになる。
(この役目は同性が勤めるのが適切でもあるし)

尤もナギはまだ13歳。「遊ぶのが仕事」の子供の年代でもある。
今のところその「子供」がなるべく十分「遊べる」ように家を守りつつ、
やりそうなことを先回りして備えておく、といったことをしているのだ。
ハヤテの存在があれば、それをほぼ全て独力でこなせてしまうために。
ナギが為すべき何かを見つけるまでは・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非正常な「母親」?

2009-01-27 21:29:35 | UQ HOLDER!
風が運ぶ便りさんのところの
239時間目の感想を見ながらふと思ったこと、
アリカはネギの母親なのかどうかについて。



>母親ではあるけれど世間一般の「母親」と考えるには
>何かしら微妙な問題がある、とか?


世間一般のではない母親としてすぐに思いつくのは「代理母出産」あたり。
つまり、「遺伝子的に見た母親」と「生んだ人」とが別人というパターン。



ネギが(故郷の)村に来たいきさつは語られていないが、
「代理母」を考慮に入れると、そもそもこの村で生まれている可能性もある。

「おじさんの家の離れで一人暮らし状態」というのも、
ネカネとは別の、今は不在の養育者の存在を前提としてはいないか、と。



そう、そうするとこのメルディアナ学園の校長が、
「代理母」の父にして戸籍上は祖父、という可能性があることになる。
それだと「代理母」はまだ出てきていないことになるが・・・

いずれにせよ、未だ判断材料不足・・・
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マリアさんの「保護」

2009-01-26 22:15:17 | ハヤテのごとく!
Cahier d'Haruさんのところへの横レスとして。
ウチの名前も挙げられていることも遭って、
話がふくらみすぎて収拾がつかなくなり~」の原因の一翼を担っている気もしたので。

「マリアさんでは残念ながら「保護」で手一杯なのです」と書いているのは
ナギの見る夢は」ですが、
何故そんな結論になるのか、何故違和感を覚えるのだろうか、の理由の一つは、
当該記事では「ナギの行く末」に焦点があることと、
私の言う「保護」の範囲がでかいことにあるかもしれません。



ナギを「保護」するとはどういうことか、を考えると、
当然ナギの身一つを守れば良いわけではあるません。
生活環境(学園生活を含む)もさることながら、「心」を守ることもあり、
ひいては「三千院家(ナギ家)」を守ることも含まれます。
(財産はナギ自身にも守れるようなので考えない)

そう、私は学校に行かせること自体も「保護」の範疇に入れて語っていたのです。
実際「人生設計」とか体力に関わることもそうですが、
ヒナギクや美希たちなどとの「利害関係を伴わない人間関係」は
幼馴染を除けば学校を介して成り立っているわけですし。

実際、「授業で学ぶことが」なくても、
ヒナギクのように教える側にもまわることなども選択肢としてあるわけですし。
(講師経験者として言わせてもらえば、「授業の内容自体ではなく
教え方・話し方」なども学ぶ・技を盗む対象になるわけですし。)



そして三千院家(のナギの住む別宅)に関しては、資金だけではなく
そこで働く人たちのことも考えなければいけません。(SPとか)
帝から半独立した「ナギの家」として。

そしてそういった人たちを纏めているのは誰なのか、を考えると、
ナギがその役目として機能していない描写があり、
クラウスも「留守がち」と書かれていることからすると、
その任を受け持つのはマリアしかいないことになります。

そう、大富豪「三千院ナギ家」の保護すら受け持っているのです。



「心」に関しては、まずナギはタイプ的にも「かなりの寂しがり」と思われます。
が、その一方で人嫌いでもあります。
そして「マリアにしかなつかなかった」と。
どうやら尊敬できる人間しか側に置こうとしないと考えられます。

その結果屋敷にいる間、マリアはほぼナギに「つきっきり」になります。
「手のかかる子育て」近いことをやっていることになります。
ナギと1:1の状態では、ほぼ「保護」に費やされることになります。


(マリアが先導・ハヤテが保護の例)

そしてマリアさんには実際、ナギを導く力はあります。
ナギが進みたい方向をもちさえすれば。

この場面のように三千院家自体にかかわることでは、
マリアさんはきっちり「先導」を出来るのです。
この場合はハヤテが「保護者」にまわることになるわけです。

弱点の多いナギは殆ど「保護者」を側において動くことになります。
そして今のところ、「保護者」は保護に忙殺されるに近い状況に
置かれるのではないか、と考えうるわけです。

・・・あまり纏め切れなかった感じもありますが、今回はこの辺で。

(1/28)続きを書きました
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

魔法世界の奴隷の地位

2009-01-25 19:11:21 | UQ HOLDER!
鈴きんさんのところのラジオを聞いて思ったことを。
ちなみにドルネゴスのスペルが分からない・・・
(何語かも。語尾からはギリシャ語っぽいが・・・)



ドルネゴス一座の元で、
一般的な奴隷のイメージよりはかなり「軽い」状態に置かれた亜子たち。

実際、「自由の身となった」というチーフ(ぬいぐるみママ)の
台詞から推測する限りでも、プランテーションの労働者などとは違い
少なくとも比較的安全な状況であることは推測できる。



またここでは「大事な体」「弁償」という言葉が出てくる。
少なくとも「粗末には扱わない」という指針が利いている模様。

またチーフが一座を離れずに奴隷などを取り仕切る身となっていることや、
元奴隷剣闘士のラカンが拳闘大会の「影の出資者」になっていたりと、
マムルークのような主従関係を保つ傾向が見て取れる。

つまり「奴隷の身となり、自由を得る」ことが
一種のキャリアパスとして、ある程度「まともな人生設計」の一種として
魔法世界では認知されているのではないか、と。



そしてそのようなことが成り立つバックグランドとしては、
肉体労働の需要そのものが少ないことと、
魔法体系そのものが一種の国際法として機能して、
人の精神への圧迫を最小化させる役割を果たしているのではないか、と推測。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲夜のバニースーツの状態は?

2009-01-24 18:00:22 | ハヤテのごとく!
第208話での咲夜のバニースーツ。



サクラ咲く夜にさんのところなどで指摘されているように、
前回最後から網タイツを穿いていません。

これは書き忘れなのかどうか?

他の部分から推測してみると、



実はこのときからずっと胸を押さえています。
肩から下の描写は可能な限り避けられているようですが、
胸の部分の布が維持できない状態になっているようです。

そして下半身部分にも結構破れが走っています。
つまり、網タイツ部分も破れたと考えるのが自然なようです。



87万/21万→93万/51万という経緯を見る限りでは、
第207話最後から状態はそれほど変わっていないようです。
ただし左横の破れ目は大きくなっているようなので、
それまでにだいぶ広がったようです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ナギとは許婚のはずなのだが

2009-01-23 21:17:56 | ハヤテのごとく!
サキさんは恐らく気が付いている。
なんとなく、という感じではあるだろうが、



ワタルが、許婚のはずのナギを選ぶことは
ほとんど有り得ないだろうということに。

実際、ナギワタルはエニアタイプが同じなので、
非常に夫婦という関係にはなりにくいと予想できる。

これは実測結果から導かれることであるため詳しい理由は不明だが、
恋愛関係が「互いに自分にない部分に惹かれあうため」と言われている。
同じタイプ同士では同質性が強すぎて恋愛が成り立ちにくいらしい。


(このシーンは伊澄相手の時)

サキさんは嫉妬心は強いのだが、
ワタルのナギとの絡みにやきもちを焼く描写は殆どない。
唯一の「親公認の相手」のはずなのだが・・・

そういえば愛歌さんのことも思い浮かべてないが、
そちらは顔もはっきりとは知らないからだろうか。



一応ハヤテ(と伊澄)は、お互い心が通じ合っているらしいことは
気が付いているようだ。恋仲との区別は付いていないようだが。
(マリアさんは葛藤を避けようとするタイプのため、
会えば喧嘩ばかりなことが気がかりの模様。)

やっぱりサキさんは作中人物の中では、
恋愛関係の勘はかなり鋭いようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第238時間目の本の背表紙を読もうとした

2009-01-22 19:25:04 | UQ HOLDER!
第238時間目でカモが持ってきた本



の背表紙を読んでみました。
背表紙が見えている本は5冊。
1番上は「AIAC?」しか見えないため特定できず。(最後がCか自信ないし)

2番目は「~カンの空」。普通に考えれば「ラカンの空」と思われるが・・・



そして「なつ工房」?

3番目は「Υπερ των Πολεμων(アクセント記号なし)」。
戦史のようです。
Υπερ(ヒュペル→hyper)は「~を超えて、過度に」、
τωνは属格複数の定冠詞、
Πολεμωνは人名にもありますが、この場合は「戦争」のようです。

4番目は「MONUMENTA DE SECURITATE XXIX」。
恐らく直訳すれば「安全に関する記録 29」。



そして「Consistorlum Principis Regni Vespertatius」?
ちょっと自信ない。

5番目は「Commentarii de ○ello Schi・・・」と読み取れず。

・・・と、この辺りで力尽きました。誰か校正してみてくださいね♥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネギま!ブログ管理人への12の質問

2009-01-21 21:23:57 | UQ HOLDER!
反応遅めですが、カートゥン☆ワールド~漫画の世界~さんのところから
バトンを拾ってきました。今明かされるMasaxaの秘密!(というほどでもない)

【ネギま!ブログ管理人への12の質問】
1:あなたのHNとブログ名を教えて下さい。
名前は「Masaxa」、読みは「マササ(Μασαξα)」
ブログは「網創漠蓄(もうそうばくちく)」です。

2:そのHNにした理由は?
かっての愛機からフィリピン風に加工しました。
漢字化すると「雅草」と典雅っぽい感じもするので決定。

3:そのブログで行っているネギま活動は?
解析、分析、読解、予想・・・たまにジョーク。
考えネタしか出来ない不便な頭で知的に(たまにヤマイダレ)応援♪

4:今後行いたいネギま活動はありますか?
「心理・言語・社会」の3本柱の拡充と、
一度くらいはイベントに出てみたい~

5:最近のネギまの面白い所は?
広がり行く世界とストーリー、そしてキャラクター、
そしてそれらをどうまとめるのかお手並み拝見!たまに迷走気味なところも。

6:最近のネギまのつまらない所は?
やはり、時々騒ぎが起きるように、まとめ切れないらしきところがあるのが・・・
試行錯誤が見て取れるのは楽しいが、やはり赤松先生の体力が心配。

7:あなたがネギまを読み続ける理由は?
面白いから。
やはりここに行き着くような(^_^;

8:今後ネギま本編でやって欲しい展開は?
群像劇(先生の体力的に辛いと思うが)、
そしてサブキャラ主体の番外編的ストーリー(何を無茶な)。

9:今後ネギまでやって欲しいメディア展開は?
あまり手を出さなかったせいか思いつかず・・・
お任せ♥ということで。

10:あなたにとってネギまとは何?
解析のし甲斐のある漫画。・・・そして人に薦められる面白さ。
面白さやキャラ萌えだけでは記事の書けない人なので・・・

11:ネギま以外で注目してる作品は?
「ハヤテのごとく!」「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」
「魔人探偵脳噛ネウロ」「ラディカル・ホスピタル」「GA芸術科アートデザインクラス」
「三者三葉」「動物のおしゃべり♥」・・・辺りかな。読んでいる中では。

12:このバトンを誰に回しますか?
どなたでもどうぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白野威(シラヌイ):type 3w4

2009-01-20 21:14:43 | エニア・タイプ判別室
それでは今日付近が誕生日と思われる、



シラヌイ。

猫ですがやっぱりエニアタイプは出てきます。
というか台詞があるのでかなりあっさり出てきました。

どうしても短めになりますし、いつもとは違って結論から。



type3です。
ちなみにこれの元ネタのキャラもtype3と推測されます。

計算高さもありますが、これは「人を陥れる」ための計画で、
対人欲求の高さ、また基本的に人を警戒する姿勢が出ています。

またBACKSTAGEのWEB漫画では、人を有能/無能で分別しています。
ちなみに描かれた態度からは、また唐突な行動が多いことから
ウィングは4方向と思われます。ただし強さは不明です。



つまりどうやら、ナギと同じタイプです。
思いっきり飼い主(ナギ)に似そうです。

そして唐突なイベントの引き金にしやすいキャラ、とは言えそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トーナメント表の名前を読んでみた

2009-01-19 19:01:09 | UQ HOLDER!
第238時間目のトーナメント表、



とりあえず見えるところからブロックごとに書き出してみます。
文章の方は時雨さんのところをご参照ください。

左上
JACK RAKAN
カゲタロウ
ウルフ王子
美味=DOG
DIAMOND BONE
ANGERINE RAVE
MARCUS
ENGELUS
右上
SHIKAO PARADE
HUMIKA GROOVE
灰音
店長
LUCY COSMOS
JEAN J.STAR
ねこみ
ねこゆき


そしてこのトーナメント表、5ページ目にもう一度出てきます。
そこから残りを読んでみると、



左下は
TAALIBUN
JAZEERA
GEORGIUS B.
ICHARDUS Ch.
KNIGHT-2003
FREEDOM-00
ΝΥ
ΖΗΤΑ


一番下のはギリシャ文字のアルファベットの名前、
ν(νυ:ニュー)とζ(ζητα:ゼータ)ではないかと。

なんかタリバンとジャジーラってのがいるぞ?

そして右下
NAGI SPRINGFIELD
大上 小次郎
PHYSALIS
GERBERA
ZERO
虚無
ALICE GROW~
GAZEL RIN~


Physalis(英:サイサリス)はほおずき、Gerberaはガーベラです。

一番下は、



何文字か見えているのですが、補完は出来ませんでした。

とりあえず、ラカンとネギのところ以外は読んでみてもやっぱり適当っぽかったです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

キング・ミダス

2009-01-18 15:46:01 | ハヤテのごとく!
第18巻でプロフィール?の出た



キング・ミダス。

書かれている内容からして、
ギリシャ神話のミダス王(Μιδας)ですね。
神話によって違うが一人息子リテュエルセス(Lityerses)、
または一人娘ゾエ(Zoë:生命)がいたとされています。

紀元前8世紀後期のフリギアの王として実在した複数人の王が
「ミダス」を名乗っていたようですが、神話のミダス王は第2代とされています。



触ったもの全てを黄金に変える能力("Midas touch")と
「王様の耳はロバの耳」の主人公で、
【好き・得意】と【嫌い・苦手】のうち、
黄金・富国強兵 は「何でも金になる話」から、
森のお花・帽子・散髪・迂闊な言動 は「ロバの耳」の方からと思われます。
「バカップル」の話は出展が分かりませんでした。

どちらの神話も複数バージョンの物語になっており、
ワンダ・ブックに掲載された「何でも金になる話」では、
一人娘を金の彫像にしてしまったりしています。

ただしそこらへんがストーリーにどう絡むのかは見当もつかず・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜咲 刹那:type 4

2009-01-17 18:29:46 | エニア・タイプ判別室
それでは今日が誕生日の



刹那。
主要人物の一人ですが解析がずいぶん遅くなりました。

しかし意外と強い決め手があったので短めになります。



まず目に付くことは、
「一族」を離れていたのに掟には縛られ続けたこと。

自己認識が小さいタイプ、1・4・7辺りのようです。
そしてもう一つ、



わざわざ孤独を選んでいたこと。
そして孤独耐性はかなり強いことが分かります。

つまりどうやらtype4らしいと分かります。

よって判定は type 4
ウィングはなしの判定です。



思いっきりネギと同じ基本タイプが出ました。
どうやらネギ×刹那ENDはなさそうです。

neoの方の刹那などもなるべく早く解析します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加