黒ウサギ外伝

本編『黒ウサギ的こころ』のブログです。

2016GW小旅行

2016-05-05 16:55:08 | 風景
実は私、50年ほど小樽観光した事ありません。

というか、子供の頃、小樽水族館に行った僅かな記憶があるだけでした。

正直、小樽という町は、函館同様な観光スポットだろうという事で、わざわざ見ようと思いませんでした。

しかし、見てないのに語る資格はありませんので、行って見ましたよ。

では、スタート。


初日は、天気が良かったから最高です。


小樽到着後、まずは、祝津の展望台へ行ってみた。眼下には小樽水族館。




今日は、この崖の上にあるホテルに泊まるんです。


海がきれいです。


そのまま小樽運河へ向かいましょう。


その前に、小樽運河を通り過ぎて『石原裕次郎記念館』へ行ったんです。

かなり悩んで入館料1500円×2は、払えなくて断念しましたね。


小樽運河到着、この付近を歩き回るのがメインなんですけど、人だらけでビックリです。


まあ、函館だって同様ですけどね。


なるほど・・・これが小樽運河でしたか。


実際は、こんな感じ。


運河横の遊歩道も人が沢山歩いてる。


運河横にあるレトロな水場は良いですね。


運河左手を見るとこんな感じで、お土産物屋さんや食堂が並んでる。


そっちへいってみる。ただの川が流れてるけど、坂の町だから川の流れが目茶苦茶早い。


観光地の至る所に五角屋根の家がありますね。


かま栄(かまぼこ)って、ここにあるのか。


あちこち見ながら進んで、北一ガラス見学ね。




綺麗ですが、私はね。


妻の見学中は、店の裏から出て小休止。


裏手もお土産物屋やら食堂が並んでた。


店内に戻ると


へぇ~ アオオサムシもガラス細工になっていた。


時間が経つのは早いもので、そろそろお昼なんです。


函館同様、倉庫を改造した食堂へ入ります。


灯油ランプ(一部電球)でした。


従業員の人がやるんでしょうけど、ホヤの掃除大変だわ。


お昼は、食べるの何年ぶりだべという、パフェと・・・


海鮮ラーメンという、ちぐはぐな組み合わせ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GWなので | トップ | 2016GW小旅行2 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yama)
2016-05-05 17:47:48
 いつも、こうしてのんびり車も気にせず見られるのも格別です。私は、リフオームに格闘していました。毎年のんきに旅行させてもらって申し訳ない気持ち(贅沢かな・・・)になります。交通事故・もらい自己のないように帰ってきてください。
yamaさんへ (黒ウサギ)
2016-05-05 18:13:25
無事に帰ってきました。
小樽旅行は初めてなので、今回のお話は長いと思いましょう(笑)


リフォームお疲れ様でした。
yamaさんも腰とか気を付けて下さいね
のいしゅろす (川崎 鉄馬)
2016-05-05 18:18:53
おおっ、ノイシュロスですね。
ご存じかも知れませんが、これの反対側の、なんたらニシン御殿の坂を上った途中のところが、小樽水族館のアシカショーただ見スポット。
崖っぷちで風が強いので、少々寒いんですが・・・。
川崎鉄馬さんへ (黒ウサギ)
2016-05-05 19:25:53
このホテル、結構高かったんですよ。
私に似合わないフルコースディナーだったし・・・
んで、行ったら感じました。
ニシン御殿も見てみました。

あとで書きます。

Unknown (しろぴー)
2016-05-05 20:30:37
小樽って函館と同じ町名が多いと思ったけど、港町ならどこでも似たような町名になるのかな。
そう言えば、小樽って泊まって観光したことがないです。日帰りか札幌に宿泊。
しろぴーさんへ (黒ウサギ)
2016-05-05 21:01:08
変な地名もありましたね。
これから続編で書きますけど、函館とはまた違った観光化だと思いました。
一日じゃ全く見切れませんでしたね。
Unknown (二兎を追う男)
2016-05-05 21:51:10
北一ガラス、なんかすごく立派になってません?
(って、黒うさぎさんは知らないか・・)

私が30年ほど前に行ったときは、いい感じの倉庫造り(?)みたいな小さな建物でしたが、こんな数階建ての西洋レトロ風のビルになっちゃったんですか・・・

二兎を追う男さんへ (黒ウサギ)
2016-05-05 22:24:21
函館の観光地というか、観光名所もいろんな意味でパワーアップさせてますからね。
やっぱり30年前とは小樽も違ってるんでしょうね。
歩いて思ったのが、観光名所を見せるより、お土産を買わせる方にウエイトがある事です。
なんだかなって部分も多々ありました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。