to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

必死剣 鳥刺し

2010-08-18 01:43:26 | the cinema (ハ行)
死ぬことさえ、許されない。
ならば、運命を斬り開くまで。


製作年度 2010年
上映時間 114分
原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収)
脚本 伊藤秀裕/江良至
監督 平山秀幸
音楽 EDISON
出演 豊川悦司/池脇千鶴/吉川晃司/戸田菜穂/村上淳/関めぐみ/高橋和也/小日向文世/岸部一徳

藤沢周平の時代小説「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い「必死剣鳥刺し」を『しゃべれども しゃべれども』の平山秀幸が映画化。剣豪であるがゆえに、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されていく武士の心情が描かれていく。
江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の失政の元凶である愛妾(あいしょう)・連子(関めぐみ)を3年前に城中で刺し殺すものの、寛大な処分によって再び藩主に仕えることに。亡妻・睦江(戸田菜穂)のめいであり、身の周りの世話をしてくれる里尾(池脇千鶴)との日々の中で生きる力を取り戻すが……。

ハドリー・チェイスや、R.チャンドラーなどにわくわくしながらも、一方で10代の頃から浸った池波正太郎や藤沢周平の描く男の世界に惹かれていました。
山本周五郎の武家モノとはまた違った剣客の孤独な世界観を、なぜか若い頃から好きだったです〜。
で、私としては山田洋次郎監督の武士の一分ぶりの藤沢原作モノ。最初の『たそがれ清兵衛』が特に好きですが、
時代劇にはちょっと不安のある(ゴメン!)トヨエツの高い声も、セリフが少なめなのでよかった(笑)


主君の愛妾を刺殺する―、それも公然と!
それは死を賭けた行為であったはず。
兼見三左ェ門の人生は、そこで完結するはずであった。
しかし、そうはならなかった。そうさせない力が働いた時、捨てたはずの人生をまた受け入れようと努める。

閉門蟄居の間、
亡き妻の姪の援けを借りながら彼の脳裏を去来する、穏やかだった妻との日々―、
城中での連子の我が侭勝手な振る舞いに、それを許す愚君、振り回される人々のこと―、
民衆の現状を知り、唯一殿に進言できる御別家・帯屋隼人正のこと…、
そして何より腑に落ちない軽すぎる処罰。誰が、何のために?!



1年の無禄の暮らしを支えた姪の里尾との暮らしで生きる力を取り戻した時、再び中老・津田から声が掛かる。
津田は秘剣を会得するという三左エ門に、殿の温情に報いる為御側近くに勤めよというのだが…

平和な江戸時代にあっても、常に己を磨き、いざ鎌倉に務める。
この時代の三左エ門のように、野心のない武士にとってもそうであっただろう。
しかし、その実直で誠実な男が、必死必勝の秘剣を有する剣客であったことから過酷な運命を辿ることになる....

東北の海坂藩の慎ましい下級武士の暮らしぶりを、池脇千鶴演じる里尾の日常で感じられるし、
愚君の贅沢さと、城内で執務する武士たちの様子に哀しき宮仕えを映し、
そして淡々として来るべきクライマックスに引きずり込まれる。。。

そのクライマックスは壮絶です。
おびただしい血が流れます。
しかし、それなくしてはこの物語は終われない。
そこで眼をつぶっては、三左エ門の必死必勝の秘剣・鳥刺しを見逃してしまうのです。。。

生かされていたのは何のためか?!

閉門が解かれたときに職を辞するチャンスがあったように思えたけど、
実際は亡き妻の親戚とか、しがらみもあって無理だったんだろうなと思うけど、、、
脱藩する気でいたんだろうか。

トヨエツ、今度も愛妻家(笑)
武家の娘というよりは町娘のイメージの池脇千鶴ちゃんも頑張っていてよかったです。
美術もさりげなく凝っていて、素朴で美しい彩りの、丁寧な時代劇でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インセプション | トップ | 恋愛パズル7話♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今度も〜 (cyaz)
2010-08-18 12:22:05
kiraさん、こんにちは^^
残暑お見舞い申し上げます。
チョイ、おひさです
それにしても、ホント、毎日毎日暑いですねぇ
ソフトクリームの溶けるのが早いこと早いこと(←そっちかいっ

仰るようにトヨエツ、今度も愛妻家ですね(笑)
夫としてはタイプがちょっと違っていましたが(笑)

まだまだ残暑厳しき折、ご自愛くださいませ〜
cyazさん* (kira)
2010-08-19 17:38:45
いやいや、こちらこそご無沙汰してしまいました〜
時々はお邪魔して、美味しいお写真も拝見してるのですが

>夫としてはタイプがちょっと違っていましたが
あはは、そうですねぇ、
どちらもヤモメの愛妻家でしたが、
選ばせてくれるんなら、コチラのトヨエツがいいかな〜。
一応、後追いも辞さないぐらいってことで、
静かな中にも情熱を秘めた感じがいいわあ〜

こんにちは。 (hal)
2010-08-21 11:11:03
TBありがとうございました。
なかなか緊張感のある映画でした。ひとりの男の覚悟と生き様を見たきがしました。
池脇千鶴ちゃん下町の娘って感じでしたね。
halさん* (kira)
2010-08-22 12:32:03
TB強襲、失礼しました。
「生きる意味を失って死に急ぐ」
シンプルな男ゆえの苦悩と生き様を、観る側も緊張を持って推し量る、そんな作品でしたね。
池脇千鶴ちゃん、達者なひとですが、イメージはどうしても武家じゃない(笑)
またお邪魔します。今後とも宜しくお願いします♪
こんにちは。 (愛知女子)
2011-02-14 12:14:51
どうもこちらの記事拙ブログにトラバ下さりありがとうございます。
この年は時代劇祭り状態でしたね。なかなか見応えがありました。死相に満ちた豊川悦司の鋭い目に釘付け。めっちゃ怖かったです。連子役の四白眼は迫力ありましたね。ビビりますよ。時代劇は目がポイントなのですね!先日太秦映画村を見に行きました。なかなか楽しかったです。キリリとした沖田さんとお芝居中に目があって台詞を言われた瞬間熱いモノが込み上げました…。Σ( □ //)
愛知女子さん* (kira)
2011-02-15 19:00:34
おお、太秦はお近いのですか?
京都には昔何度か行きましたが、外出はいつも仕事か接待(案内)で、
太秦には行ったことがないのですよ。
いつか恭子ちゃんの撮影がある時に行きたいです〜。

この作品は、終盤のあの15分ほどの為に、残りの1時間半程は費やされていたのですよね〜。
見方を変えると、一人の男の愛の物語ともいえる行き様でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
必死剣鳥刺し (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。藤沢周平原作、平山秀幸監督。豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ 小日向文世、岸部一徳。藤沢周平の架空の海坂藩物時代劇は「花のあと」、「山桜」「武士の一分」と四つ目。この中では最も殺陣が派手なのだけれど、その分、説得力も...
必死剣 鳥刺し (5125年映画の旅)
海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門は、藩主を堕落させ横暴を繰り返す愛妾・連子を暗殺した。打ち首覚悟の暗殺だったにも関わらず、藩主の恩赦を得て兼見は軽い処罰で済んだ。禁固の処罰を終えて二年後、兼見は再び藩主に仕える機会を得る。しかし謀反を働いた兼見にとって、...
『必死剣鳥刺し』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場...
映画 「必死剣 鳥刺し」 (ようこそMr.G)
映画 「必死剣 鳥刺し」
「必死剣 鳥刺し」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:平山秀幸原作:藤沢周平脚本:伊藤秀裕、江良至 藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」、「しゃべ
【必死剣鳥刺し】 (日々のつぶやき)
監督:平山秀幸 出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳 死ぬことさえ、許されない。   ならば、運命を切り開くまで。 「海坂藩の頭取の兼見三佐エ門は、藩主の側室を城中にて殺めた。 政に口を挟み財政難で苦しみ喘
必死剣鳥刺し (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出され...
「必死剣鳥刺し」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 藤沢周平「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い同名作を、平山秀幸監督、豊川悦司主演で映画化。 すごく日本的な見せ方をする映画だと思う。 もちろん時代劇だ...
『必死剣 鳥刺し』 ('10初鑑賞94・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 7月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。
必死剣鳥刺し (美貌録(備忘録))
うーん良いね!この映画「必死剣鳥刺し」インパクトがある。 「ベネチア国際映画祭」に出せば良いのに勿体ないな、ヨーロッパの人なら この感覚は分ると思うよ。(梅棹忠夫の著書「文明の生態史観」では日本はアジアに属するのではなく西ヨーロッパに属するという説...
『必死剣 鳥刺し』の作法とは? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと...
「必死剣 鳥刺し」:新宿消防署バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここが百人町のアパートだ。 {/hiyo_en2/}百人町?おもしろい地名ね。 {/kaeru_en4/}このあたりに、かつて伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたらしい。 {/hiyo_en2/}海坂藩にも鉄砲隊があれば、一発で解決して、あんな刃傷沙汰は起こらなか...
必死剣 鳥刺し (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が...
『必死剣 鳥刺し』 (ラムの大通り)
----また藤沢周平? ほんと人気だね。 「うん。でも、その理由は分かる気もするな。 原作こそ読んでいないけれど、 『たそがれ清兵衛』に始まり、 最近の『花のあと』に至るまで、映画化された作品を観る限り、 そこに貫かれていているのは“ある運命”。 それもその多く...
必死剣鳥刺し (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
組織と権力の悪意に、個人の正義が利用され踏み潰されるこの物語は、藤沢文学の中でも異色の苛烈さを持つ時代劇だ。江戸時代の海坂藩。兼見三左ェ門は藩主の失政の元凶である愛妾を城中で刺し殺す。死を覚悟したその行為には意外なほど寛大な処分が下り、再び藩主の傍に仕...
必死剣 鳥刺し (だらだら無気力ブログ)
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども ...
映画『必死剣鳥刺し』 (健康への長い道)
 今年20本目、43歳になって1本目(笑)は、故・藤沢周平氏原作の『必死剣鳥刺し』。いつも空いている梅田ブルク7も、さすがに日曜日はそこそこ混んでいます。 Story 江戸時代、東北の海坂藩で近習頭取を勤める兼見三左エ門(豊川悦司)には、消えることのない過去があ...
「必死剣 鳥刺し」 (俺の明日はどっちだ)
・ うひょー! そのまるで焼き鳥屋みたいな題名に惑わされることなかれ! 久々に時代劇をちゃんと堪能することが出来、「これぞ、映画!」と言いたくなる「しゃれども、しゃべれども」の平山秀幸監督の手によるお馴染み藤沢周平原作の映画化作品。 現代の中間管理職と...
「必死剣鳥刺し」 現代のサラリーマンの姿とかぶる (はらやんの映画徒然草)
「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平作品が数多く映画化されるようになりました。 小説
必死剣鳥刺し (あーうぃ だにぇっと)
6月24日(木)@東商ホールで鑑賞。 開場17時半 開映18時15分と時間設定が少し前倒しになっていた。 そしたら、栗奉行が登場して(笑) 映画の若干の説明と抽選会があった。 抽選は、当選倍率100倍近い。 よって当るはずもなく、いつも通りの結果となっ...
必死剣 鳥刺し (シネマ大好き)
海坂藩の物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、能の見物のあと、藩主・右京太夫(村上淳)の側室・連子(関めぐみ)を衆目のなかで刺し殺す。斬首を覚悟していた彼に下った判決は、意外にも、役を解いた上の一年の閉門だった。妻を失くしていた彼は、妻の姪の里尾(池脇千...
映画「必死剣鳥刺し」 (今日の素敵さがし)
 こう見えても(どう見えてるか?ですけどね)、時々、「あー、ドキドキするよなチャンバラやってくれる時代劇みたーい!」と思う。
『必死剣鳥刺し』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『必死剣鳥刺し』に行ってきました。 いゃ〜、最近は、暑いですね
『必死剣 鳥刺し』 (beatitude)
寡黙で理解されずとも多くを語らず、己の信念を貫く男――ですかね。必勝の技の名が“鳥刺し”ってなんか…焼き鳥みたいw…とかくだらない事を思いながら観ちゃいましたが全体的に映像...
映画「必死剣 鳥刺し」@東商ホール (masalaの辛口映画館)
 映画の主権はニッポン放送「栗奉行」さん。映画上映前に抽選会が行われた。客入りは7〜8割くらい、客年齢は異常に高い。    映画の話 江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三...
【映画】必死剣鳥刺し (芸術に恋して★Blog★)
いままで、藤沢周平原作の映画化作品は好んで見てきたが、今回の「必死剣鳥刺し」はとりわけ、その中でも緊張感が高い作品であると思う。物語は、他の作品と比べると厚みが少ない気もするが、正義を貫く孤高な武士と、人を利用することしか考えない上役や弱者の不条理など...
●『隠し剣 鳥刺し』 (Wonderful Everydays)
昨日公開になった『隠し剣 鳥刺し』、先日観ていました。 藤沢周平の「隠し剣」シリーズの中でも傑作と言われる作品を映画化した時代劇です。 監督は『愛を乞う人』や『しゃべれども しゃべれども』の平山秀幸監督。 キャストは豊川悦司、吉川晃司、池脇千鶴、岸部
必死剣 鳥刺し☆独り言 (黒猫のうたた寝)
トヨエツ主演の時代劇を試写会で鑑賞。主人公は、城主の側室を城中で刺殺しながらもなぜか中老・津田民部のとりなしで斬首をまぬがれしかも1年の閉門の後、城主の側用人に取り立てられる普通、そういうのってありえないでしょ?何か思惑がっと思うのは当たり前。案の定中...
「必死剣 鳥刺し」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「必死剣 鳥刺し」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・藤沢周平 監督・平山秀幸 わたしも歳なのでしょう。こういう作品を観るといいな〜・・!としみじみ思うようになりました。 本作は藤沢周平原作...
必死剣鳥刺し (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月5日(月) 19:30〜 丸の内TOEI1 料金:0円(完成披露試写会) パンフレット:0円(売値不明。豪華なプレスかもしれない。) 『必死剣鳥刺し』公式サイト 初めて試写会に行きましたよ。しかも舞台挨拶付き。家に招待状が来ていて、どこで当たったんだろうと...
必死剣鳥刺し (愛猫レオンとシネマな毎日)
藤沢周平原作の「隠し剣」シリーズの映画化になります。 舞台は、お馴染み、東北の海坂藩(うなさかはん) 「必死剣」とも「鳥刺し」とも言われる秘剣の持ち主である主人公、兼見。 その技を目にする時、遣い手、兼見は半ば死んでいるとされるのだが・・・ コレは、いい...
鳥刺しショー (Akira's VOICE)
「ヒーローショー」 「必死剣鳥刺し」
映画鑑賞必死剣鳥刺しTOHOシネマズ (愛知女子気侭日記)
藤沢修平原作 豊川悦司主演 吉川晃司助演 前売り券の特典は剣の耳掻き! 藤沢作品の映画化は過去幾つかある中、この作品は藤沢小説に近いです。 過去の藤沢映画に比べれば原作に忠実であると私は思い...
必死剣鳥刺し (とりあえず、コメントです)
藤沢周平著の時代小説「隠し剣」シリーズの同名短編を映画化した作品です。 時代劇はあまり観ないジャンルなのですけど、藤沢周平原作の作品はいくつか観ています。 今作も豊川悦司さんを主演にどんな作品をを紡ぎ出しているのか期待しながら観ていました。