to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

偽りなき者

2013-03-20 18:33:49 | the cinema (ア行)

決して、譲れないものがある――
原題 JAGTEN/THE HUNT
製作年度 2012年
製作国・地域 デンマーク
上映時間 115分
脚本 トマス・ヴィンターベア 、トビアス・リンホルム
監督 トマス・ヴィンターベア
出演 マッツ・ミケルセン/トマス・ボー・ラーセン/アニカ・ヴィタコプ/ラセ・フォーゲルストラム/スーセ・ウォルド
親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)。クララの証言以外に無実を証明できる手段がない彼は、身の潔白を説明しようとするが誰にも話を聞いてもらえず、仕事も信用も失うことになる。周囲から向けられる憎悪と敵意が日ごとに増していく中、ルーカスは自らの無実を訴え続けるが……。

予告の冒頭、
子供と酔っ払いは嘘をつかない―デンマークの諺 と。
そんな諺があるんですねぇ・・・私の経験では、酔っ払いは他愛もなく嘘をつくものだとばかり
呑んでても呑んでナイ、酔っていても酔ってないだし......子供は嘘をつく......

舞台はデンマークの小さな田舎町。
主人公は離婚して息子にも会えないでいる、幼稚園に勤務する元教師の分別あるルーカス。
そんな彼を取り巻く友人達とその家庭、彼を取り巻く環境が
序盤にテンポよく語られ、
親友の娘クララとのある日の出来事のあと、少女は口にする―
「私、ルーカス嫌い・・だって、、、、」

幼い少女がたったひとつの嘘をつく。
その嘘を真に受けた「子供を知らない大人」によって、
少女は弁明の機会を奪われ、大好きなルーカスは酷い目にあっていく…―

園長先生にもチラッと言ったのに、
ママにも、直ぐにホントの事言ったのに…―

思い込んだ大人たちは耳を貸さず、いきなり皆全身鉄の鎧で覆われた騎士にでもなったように、
ルーカスを迫害する事が善人の証のようになってしまった。
両親もケンカしなくなったし、あのお兄ちゃんでさえ凄くやさしくなったけど、、
いくら幼稚園児でも、ルーカスが酷い目に遭っているのは解る。。。


ここからはかなりネタバレしてます

変質者の烙印を押され、友人を失い、職場を追われ、早速街ぐるみの迫害を受ける。
四面楚歌の中で、精神的、経済的、身体的ダメージを受けながら、それでも
彼を無条件に信じる息子・マルクスとともに折れそうな気持ちを振り絞り、踏ん張っていた。

ただ一人、彼を信じ続けるマルクスの名付け親を除いては、誰も彼の言葉に耳を貸さず、
スーパーでは食品を売って貰えず暴力で阻止しようとさえする嘗ての友人に、
理不尽な仕打ちに観客は怒りで腸が煮えくり返りつつ、この親子の味方になる。が、
投石で家を壊され、善良な親子は脅かされ、、、ついにソレは愛犬にも及ぶ…―
それでもルーカスは、最大限の大人の良識を持って「何もしてない」としか言わない。
彼は最後までクララを守る。
それはきっと、彼はクララの幼い自尊心を傷つけた事を知っていたから。

線が怖くて下ばっかり見て歩き、ファニーが好きで、いつも優しかったルーカスはもっと好きなクララ。
しかし、教育に携わる大人として当然と信じた行為であったと思う、あの日のルーカス。

所謂、証拠不十分というのか、立件見送りなのだと思うが、
流石、地下室の件で園児の作り話が証拠となり、ルーカスの嫌疑は晴れ釈放されたのに、
クララの嘘は町の人を信じ込ませていて、、、、やがてクリスマスイブの日がやってくる…

ところで、邦題の、恐ろしく古めかしいタイトルでは興味を惹かれなかったのですが、
コレ、原題はJAGTEN=THE HUNT 狩りという意味なんですね~。
この邦題では、無実に屈服しないルーカスの戦いに焦点を当てて観るようになるけど、
原題のTHE HUNT の意味を知るラスト―。
一度烙印を押され、標的となってしまった者の言い知れない恐怖を味わう作品となりました。

キルスティン・ダンスト似のクララ役の子が巧過ぎです!
斜め45度の切ない眼差しが女心を掴むマッツ・ミケルセンは、キリアン似の憂い顔
一番教育の現場に合わない対処のまずさで、ルーカスに取り返せない損害を与えた
園長のグレテが腹立たしいという思いでしたが、皆さんはどうお感じになるでしょうか。
とても見応えのある作品でした。

キーラの「つぐない」、少年の贖罪の「君のためなら千回でも」など、
子供の嘘を描いた作品にはなぜか良作が多い。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラチナデータ | トップ | 次は国別対抗戦・・・ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~。 (オリーブリー)
2013-03-23 12:36:22
わはは~そうそう、酔っ払いに限って、そんなに呑んでないって言う(爆)
最近はもうそんなことなくなったけど、よくこんな状態で帰ってこれたなと、、、(爆)

この作品、邦題つけるの難しかったかもね。
自分だったら司法の手を借りるけど、自らの人間性だけで偽りなき者と証明したルーカスは、この町と町の人たちを大切に思っていたからなのかもしれないのに、、、とも思うと、人間って、、、一体、、、と悲しくなってしまう。
けど、もし自分が回りの立場だったら、ここまで酷くはならないと断言できるけど、スーパーで遭ったら、身構えたりしちゃいそうだし、見てみぬふりもしちゃいそう(苦笑)
Kiraたんも見応え合ったみたいで良かったわっ^^
オリーブリーたん~♪ (kira)
2013-03-23 21:40:14
オリブリたんがオススメしてくれたおかげで、見逃さずに済んだわ~♪
ありがとう~

この子のウソは、イエスかノーの嘘じゃなくて、作り話も付いてたので、
ちゃんと「欲しくなかった」のにくれたプレゼントとか、
検証すれば早めに解ったのに、あの園長、もう気にするところが1点だったよね~(爆)

クララをウソツキ呼ばわりしたくなくて、ただ信じて欲しいとしか言えないのは、
やはり生まれ育った土地であり、友人もいて、
この町で生きていくしかないという思いもあってのことなんでしょうね。
こういう、地域で生きていく事の難しさが最後、ズンときましたね。
なんだか久しぶりにみた、黙って闘う強い父親像でよかったです。
母親がナンと言おうと、世間にどんな仕打ちをされようとブレない、息子との関係がよかったわ~
なるほど、『つぐない』がありましたね~ (ぺろんぱ)
2013-04-03 19:49:04
Kiraさん、こんばんは。

ホント、見応えありましたよね~。
これは上映中に寝た人はいないでしょうね、多分。

私も原題の意味を怖いくらいに重く受け止めたラストでした。
拙ブログでも書いたことですが、原題と邦題では視点が全く違ってきますよね。この監督の演出、凄いなぁ・・・って。観終わってからも実にいろんなことを考えさせられました。

>キルスティン・ダンスト似のクララ役の子が巧過ぎ

同感です!巧い!存在感あり過ぎ!
しかし「キルスティン・ダンスト似」というのには思わず膝を叩いてしまいました。言えてますね(^^)!

園長のグレテは罪深いと思います。
第一段階で彼女の対応が違っていたらもしかしたら・・・と思うと、(映画なんだけど)無念です。

つぐない、久々に観返してみたくなりました。


ぺろんぱさん♪ (kira)
2013-04-04 12:42:43
こんにちは

そうでしたよね~。冒頭の狩りのシーンから、なにやらぞわぞわと
キモチが波立っていたのに、
途中の怒りが強すぎて(笑)忘れかけたところに
銃の登場で、、、ハラハラの展開、見応えありましたね~。

子供は嘘をつくもの。そして、それら、諸々を忘れて成長していく。。。
でも、「他愛のない嘘として処理してくれなかった大人たち」が、クララを加害者にしてしまった。
いつか、本当にその意味を知ってもらいたいです。
が!
子供のクセに、なんてクララは男を見る目があったのでしょう~(笑)

「つぐない」もそうでしたが、人生の落とし穴はどこに転がっているか解らないけれど、
ちゃんとオトナとして、凛と立っていられるか、
考えさせられもしましたね~。
ずっと (sakurai)
2013-05-14 14:42:52
眉間にしわ寄ったままで、見終わった後、しわが増えてたような気がします。
酔っ払いは、呑んでない!って嘘つくかもしんないけど、話すことは正直だと思うわ。

で、先日、この映画を見た人と話してて、「最後のあれは息子だろ」と、あっさり言われて、さらにショック。
なるほどと思いつつ、またしわが増えそう。。。。
sakuraiさん♪ (kira)
2013-05-16 12:15:31
>酔っ払いは、呑んでない!って嘘つくかもしんないけど
よくTVで飲酒運転の現行犯なんか、ろれつが回らなくても「呑んでない!」「酔ってない」と言い張ってますよね~(笑)

観ていた時は、「兄」だと確信してましたが、、、
スーパーの件などから、見えない敵はイッパイなのだとした方が
更にこの作品の怖さは伝わりますよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
偽りなき者 (佐藤秀の徒然幻視録)
“真っ直ぐ”が災いの元 公式サイト。デンマーク映画。原題:Jagten(狩猟)、英題:The Hunt。トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン、アレクサンドラ・ラパポート、トマス・ボ ...
『偽りなき者』 (ラムの大通り)
(原題:JAGTEN) ----この映画って、 ラース・フォン・トリアーらと ドグマ85の運動を起こした トマス・ヴィンタ―ベアの作品だよね。 「うん。 でも、予告編を覗いてみたら、 ドラマトゥルギーの強烈さを感じさせてくれる作品。 それだけで観てみたくなったね」 ----ど...
偽りなき者/マッツ・ミケルセン (カノンな日々)
デンマーク映画ということで先ず興味を抱いたのですが、どんなお話なんだろうとあらすじを読んでますます興味津々となってしまいました。何気ない子供の作り話をきっかけに主人公 ...
偽りなき者 (とりあえず、コメントです)
自然の豊かなデンマークを舞台に謂れ無き罪により追い詰められていく一人の男を描いたドラマです。 主演のマッツ・ミケルセンの存在感を感じる予告編を観て、これは観たいなとチャレンジしてみました。 美しい風景と共に、最後まで心がざわめくような何とも言えない余韻を...
偽りなき者 /THE HUNT/JAGTEN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「セレブレーション」「DEAR WENDY ディアウェンディ」のトマス・ヴィンターベア監督作で、 主演のマッツ・ミケルセンが、カンヌ映画祭で主演男優賞受賞でも話題のデンマーク映画 マッツさんといえば、「007 ...
偽りなき者 (心のままに映画の風景)
デンマークの小さな町。 親友の娘クララ(アニカ・ヴィタコプ)の作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)は、潔白を訴えるが耳を貸すものは誰もいなく、仕事...
偽りなき者 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月22日(金) 21:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 それでも僕はやってないinデンマーク 『偽りなき者』公式サイト 冤罪とまではいかないが。 勤めていた学校が廃校になり、現在幼稚園勤務の中年男。 彼を...
偽りなき者・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
無垢なる者は、存在しない。 幼稚園教師として平凡な人生を送っていた男が、親友の幼い娘の小さなウソによって破滅へと追い込まれてゆく。 「光のほうへ」で知られるデンマークのトマス・ヴィンターベア監...
偽りなき者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『偽りなき者』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作はデンマーク映画。  主演のマッツ・ミケルセンはカンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得しました。  映画の舞台は、デンマークの田舎の小さな町。  主役のルーカス(マッツ・ミケルセン)は42歳。離婚した上に....
『偽りなき者』 2013年3月8日 京橋テアトル (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『偽りなき者』 を試写会で鑑賞しました。 不快指数高いけど、考えさせられる映画であった。 【ストーリー】  親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)。クララの証言以外に無実を証明できる手段がない彼...
偽りはなき (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「偽りなき者」を鑑賞しました。 親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス 無実を訴えるが誰にも話を聞いてもらえず 仕事も信用も失い、周囲からは憎悪と敵意が向けられ・・・ 小さな嘘が男の運命を悲劇へと....
『偽りなき者』 ウイルスと嘘が似てるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『コンテイジョン』はウイルスの蔓延にさらされた人々のパニックを描くと同時に、偽情報の感染力の強さも描いた映画だった。  デンマーク映画『偽りなき者』も、子供が口にしたデタ...
映画「偽りなき者」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
昨日、朝からの雨模様のなか、ようやく横浜・ジャックアンドベティにオファーされたこの映画を観るために、早めに家を出た。 途中から雨が本降りになったが、10時05分の開演30分前に着いた時には、すでに10
偽りなき者 (迷宮映画館)
子供にきついものを要求するのは、どうしてもだめだ。。。
偽りなき者 (悠雅的生活)
ささやかな嘘。鹿狩り。線。
偽りなき者(2012)☆★JAGTEN (銅版画制作の日々)
 決して、譲れないものがある―― 今晩は☆彡 久しぶり映画鑑賞に出かけました。行先は京都シネマ。気になっていた映画「偽りなき者」を観て来ました。この作品の監督、トマス・ヴィンターベアは以前にも観たことがあります。前作は「光の方へ」でした。今回同様重たい...
偽りなき者(2012)☆★JAGTEN (銅版画制作の日々)
 決して、譲れないものがある―― 今晩は☆彡 久しぶり映画鑑賞に出かけました。行先は京都シネマ。気になっていた映画「偽りなき者」を観て来ました。この作品の監督、トマス・ヴィンターベアは以前にも観たことがあります。前作は「光の方へ」でした。今回同様重たい...
偽りなき者 (こんな映画見ました~)
『偽りなき者』---JAGTEN THE HUNT---2012年(デンマーク)監督: トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン 、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ 、ラセ・フォーゲルストラム 少女の何気ない嘘によって人生を破壊された男が、理不尽な迫害を....
【偽りなき者】冤罪事件の作り方 (映画@見取り八段)
偽りなき者~ JAGTEN ~     監督: トマス・ヴィンターベア    出演: マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 公開: 2013年3月16日 2013年10月9日。DVD観賞。 第65回...
偽りなき者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JAGTEN/THE HUNT】 2013/03/16公開 デンマーク R15+ 115分監督:トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 決して、譲れないものがある―― [Story]デンマークの小さな町で...
偽りなき者 (はるみのひとり言)
(DVD鑑賞) デンマークの小さな町で幼稚園の教師として働くルーカス。離婚の悲しみを乗り越え、仲間たちと狩猟を楽しむ穏やかな日々を送っていた。そんなある日、彼にプレゼントを受け取ってもらえなかった園児クララが、軽い仕返しのつもりで発した嘘が彼の人生を狂わせ....
映画評「偽りなき者」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2012年デンマーク映画 監督トマス・ヴィンダーベア ネタバレあり
偽りなき者 (いやいやえん)
きっかけは少女のささやかな嘘。疑惑は憎悪となり、小さな町を埋め尽くす。 デンマークには「子供と酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざがあるそうです。誰もがこのことわざを盲信しているかのように、幼稚園