to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

LION/ライオン ~25年目のただいま~

2017-04-15 09:39:02 | the cinema (ラ・ワ行)

原題 LION
製作国 オーストラリア
上映時間 119分
原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊)
脚本 ルーク・デイヴィス
監督 ガース・デイヴィス
出演 デヴ・パテル/サニー・パワール/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/アビシェーク・バラト/ディヴィアン・ラドワ/プリヤンカ・ボース/ディープティ・ナヴァル
迷った距離1万キロ、
探した時間25年、
道案内はGoogle Earth―

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す―」と。

2012年のこのニュースを、恥ずかしながら私は知りませんでした。
なので、
ある意味、とても期待をもってサルーとともに25年目のただいま~の瞬間を待ちました。


わずか5歳で迷子になり、言葉も通じない異国を彷徨い、
オーストラリアで全く新しい、、餓えない生活をスタートさせる・・・
貧しいながら、大好きな兄の背中を追って、母の役に立ちたかったあの日のサルー。。。

無理とわかっていてもおねだりせずにいられなかった赤い焼き菓子、、
その弟を諦めさせる兄の心を映した一瞬…―

少年期のサルーとグドゥを演じた二人は、キャスティングスタッフが発掘したというけど
リアルで臨場感を伝えてくる、目の演技が素晴らしい。
この少年期のシーンで先ず心を掴まれました。

オーストラリアでサルーに安息の家庭を与える優しい両親。
しかし、それは、、物心ついた少年を迎えるという事によって、
子育ての幸せと、難しさも与えられることとなる。。。
この辺りは、成人して募る、
インドで貧しい生活を送っている兄や母に、申し訳ない想いのサルーと、
養子であっても自分の家族である息子二人が、離れてしまっている事を嘆く
スーとジョンに同情してしまうのだが、、サルーの心情にも共感。。。

今でも鮮明な5歳時の記憶と共に、Google Earthに導かれ、サルーの旅は続きます。


エンドロールのところで実際の画像が流れますが、それとともに
悲しい事実も知ることになる。。タイトルの、LION――
そしてまた、
インドでは、今でも年間8万人もの迷子がいるという現実に驚愕です。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お疲れ様と、ありがとう❤ | トップ | はじまりへの旅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2017-04-16 19:37:42
私もこのニュースぜんぜん知りませんでした。
しかしすごい現実でしたよね。
ラストに衝撃的で、8万人って本当にびっくりしました。

サルーも家族もみんな幸せになってほしいって思いました。
Nakajiさん♪ (kira)
2017-04-19 06:25:53
お返事が前後してしまってごめんなさい!

インドは映画製作世界一ということですが、
まだまだ私たちはインドが舞台だと、驚かされること多いデスよね~
前半の様々なシーンで、彼の本能というか、生きる力にも感心することしきりでした!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。
「LION ライオン 25年目のただいま」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lion」2016 オーストラリア/USA/UK“5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の......
映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何......
LION ライオン 25年目のただいま (Spice -映画・本・美術の日記-)
「LION ライオン 25年目のただいま」 よみうりホール(試写会) 1986年、インドで暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄(アビシェーク・バラト)と仕事を探しにでかけた
LION ライオン 25年目のただいま (セレンディピティ ダイアリー)
5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコ......
「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・
LION/ライオン ~25年目のただいま~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、ア......
「Lion/ライオン〜25年目のただいま〜」 (ここなつ映画レビュー)
感動作に涙したくて鑑賞。実話を元にした内容だという。ストーリーをネタバレしてしまうと、5歳の時のある夜、兄を待つ間に暖を取るために乗った停止中の回送列車が寝ている間に......