to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

スパイダーマン:ホームカミング

2017-09-18 23:44:54 | the cinema (サ行)

上映時間 133分
原作 スタン・リー/スティーヴ・ディッコ
原案 ジョナサン・ゴールドスタイン/ジョン・フランシス・デイリー
監督 ジョン・ワッツ
出演 トム・ホランド/マイケル・キートン/ジョン・ファヴロー/ゼンデイヤ/トニー・レヴォロリ/ドナルド・グローヴァー/ジェイコブ・バタロン/ローラ・ハリアー/マリサ・トメイ/クリス・エヴァンス/ロバート・ダウニー・Jr/ジェニファー・コネリー

アイアンマンやキャプテン・アメリカなど“アベンジャーズ”を中心にマーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾。
ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。

鑑賞から1か月余り・・・💦簡単に

監督は長編3作目(「クラウン」「COP CAR/コップ・カー」)の本作でいきなりブロックバスター作品に大抜擢となった新鋭ジョン・ワッツ。私はお初です。が、

トビー・マグワイア版のスパイダーマン3作品も、
アンドリュー・ガーフィールド版アメイジング・スパイダーマン2作品も好きだったし、
本作のトム・ホランドスパイディも良かったです


新シリーズということで、ピーター・パーカーも若返って、15歳の高校生だし
おばさんもマリサ・トメイで、まだ若々しい。
まだまだお子ちゃまなピーターが、憧れのスタークに会いに行くところから物語は始まるので、
新シリーズ1作目にしては、いきなり感がある。
アメイジング・スパイダーマンみたいにクモとの出会い、その後の変化には触れられず、
かなり経ってから「噛まれた」という一言で進行(笑)

それでも、いじめられても爽やか、知性もあって純情な今回のピーターもなかなかイイ(^^♪
けど・・今回のヒロイン、ちょっと違うな…~と、思っていたら!!
終盤、ちょっとあの子がフォーカスじゃない?って、
そう
なんとなく宿敵&MJが~

今回はスパイダーマンのスーツが3種類出てきて、うち1着は高機能&喋るスーツ
次回はもう喋らないのかしら?
あのスーツレディ(カレン)との掛け合い、けっこう面白かったので
次回もアレでお願いしたい(笑)



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は金10~🌟ハロネズの日♬ | トップ | 面白かった夏ドラマ☆ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェニファー・コネリー (ボー)
2017-09-22 07:04:01
声が彼女とは知らずに観ていて、あとで驚いたー。
たしか、「ハルク」に出ていたから、マーベル関係にクロスオーバー出演!?
あ、でも、この「ハルク」は今のアベンジャーズとは関係ない昔のかも?

等身大ヒーローで好感。
ボーさん♫ (kira)
2017-09-23 19:57:20
そうそう
キャストの声にこだわって、何でも字幕で観ているくせに
ジェニファーの声だとは最後まで気づかなんだ(笑)
あの高校、至る所にアベンジャーズが潜んでましたね(^_-)b
次回はあの親子が敵になるのでしょうか~?楽しみです!

コメントを投稿

the cinema (サ行)」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

『スパイダーマン ホームカミング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「スパイダーマン ホームカミング」□監督 ジョン・ワッツ□脚本・原案 ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー□キャスト......
スパイダーマン:ホームカミング(MX4D 日本語吹替版) 監督/ジョン・ワッツ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ホランド    (ピーター・パーカー/声:榎木 淳弥)  マイケル・キートン  (バルチャー/声:大川 透)  ジョン・ファヴロー  (ハッピー/声:大西 健晴......
スパイダーマン:ホームカミング (ネタバレ映画館)
ピーター・パーカーのリュック、着替え、クモの糸に注目です。
スパイダーマン:ホームカミング  (花ごよみ)
主人公のスパイダーマン、 ピーター・パーカー役は、 トム・ホランド。 ロバート・ダウニー・Jr、 マイケル・キートンらが共演。 監督は、ジョン・ワッツ。 アベンジャーズに憧れ ......
「スパイダーマン:ホームカミング」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:SPIDER-MAN:HOMECOMING )随分と“軽い”仕上がりだ。今回からアベンジャーズ陣営に正式参加するための措置かと思ったのだが、アベンジャーズ関連作品もけっこうハードな題材......
『スパイダーマン ホームカミング』 2017年8月15日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『スパイダーマン ホームカミング』 を鑑賞しました。 六本木ヒルズは夏真っ盛りで恒例のドラえもんが沢山いました。(写真無し) 【ストーリー】  15歳の高校生ピーター・パ......
映画「スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)』(公式)を8/11の公開初日に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、......
「スパイダーマン:ホームカミング」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開初日。2D吹替え版を上映するシアター6は前方席を除きほぼ満席だ。かなり小さいお子さんから、小学生、中学生位の男子がたくさん来場している。劇場内の冷房が効きすぎて寒く......
タイトルデザイン_52 Perception『スパイダーマン : ホームカミング(SPIDER-MAN: HOMECOMING)』ジョン...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラスト、エンドクレジット後に触れています。『スパイダーマン : ホームカミング』SPIDER-MAN: HOMECOMING監督 : ジョン・ワッツ出演 : トム・ホランドロバート・ダウニー
アベンジャーズありきになっちゃった。『スパイダーマン:ホームカミング 』 (水曜日のシネマ日記)
過去に何度か実写版映画化されているスパイダーマンの最新作です。
スパイダーマン:ホームカミング (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(00) アメリカ高校生のホームカミングとプロムの違いはなんやねん(笑)
『スパイダーマン:ホームカミング』 スパイダーマンの青春時代 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『COP CAR コップ・カー』のジョン・ワッツの監督作品。  『スパイダーマン』のリブートだが、今回は『アイアンマン』などのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の......
「スパイダーマン:ホームカミング」(1回目) (或る日の出来事)
ホームカミングとは、卒業生たちを母校に迎えて、ダンスやスポーツや同窓会など各種イベントを楽しむ催しのことである。
スパイダーマン:ホームカミング (風に吹かれて)
ハイテクになったスーツ 公式サイト http://www.spiderman-movie.jp 監督: ジョン・ワッツ  「COP CAR/コップ・カー」 ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、キ
スパイダーマン;ホームカミング・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
青春だよ、スパイディ! 昨年の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で先行デビューした、新生スパイダーマンの単独主演第一作。 大ヒットしたサム・ライミ版三部作と、そ......
スパイダーマン:ホームカミング(2D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのトム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクション。血気盛んなスパイダーマンが、突然出現した怪物に戦いを挑む姿を活写......
『スパイダーマン:ホームカミング』 (こねたみっくす)
ご近所ヒーロー。それが15歳のスパイダーマンだ! 何度リブートすれば気が済むんだ?とばかりに、また新たなシリーズが始まったスパイダーマン。しかも今度は活躍場所は基本的に......
『スパイダーマン:ホームカミング』('17初鑑賞91・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:35の回を鑑賞。 2D:字幕版。
[映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・とても良かった。  なにが良かったかと言うと、数度リブートされた既存のシリーズの「文法」に倣わず、独自性を生み出していたからだ。  最初の三部作であるサ......