to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

しあわせの隠れ場所

2010-03-04 21:45:44 | the cinema (サ行)
あなたの人生史上、最高の実話
原題 THE BLIND SIDE
製作年度 2009年
原作 マイケル・ルイス『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』(ランダムハウス講談社刊)
上映時間 128分
脚本・監督 ジョン・リー・ハンコック
出演 サンドラ・ブロック/ティム・マッグロウ/クィントン・アーロン/キャシー・ベイツ/リリー・コリンズ/ジェイ・ヘッド/レイ・マッキノン

ホームレス同然の生活からアメリカン・フットボールのプロ選手になった少年の実話を映画化した感動的な人間ドラマ。
家族と共に車で帰路に着くリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オア-(クィントン・アーロン)に目を留める。自宅に連れ帰ったマイケルの境遇を知り、一家に迎え入れることにしたリー・アン。アメリカン・フットボールを始めたマイケルの適性をリー・アンが見いだしたことから、マイケルの才能は一気に開花する。

サンドラ・ブロックは苦手な女優の一人でした。大体ハリウッドの現役女優に好きな人は極めて少ないのですが
彼女の出演作は6本ほどしか観ていないですが、初めて素敵~と思えた作品
なかなか嵌っていたのではないでしょうか

白人と黒人の人種を超えた信頼関係。
しかもそれが実話をベースにしている事。というので直ぐに思い当たるのが先日の「インビクタス」
アチラはラグビー、こちらはアメフトの試合という事でかなり共通点が多い。
でも、作品の持つ雰囲気はまるで違うのですね。

父親の顔も知らず、幼い時に母親から引き離され、過酷な境遇の黒人少年が、
幾つかの幸運と出会いの後、自分の人生を手にしていく物語。

ある日自動車の修理工をしていた男性が、自分の息子と共に、面倒を見ていたバスケの上手い黒人少年の入学を求めて学校にやってくる。
キリスト教の教育を受けさせたい為に、白人の占めるその学校に入学したことで、
身体の大きいマイケル・オアーは人懐っこいリー・アンの息子S・J・テューイ(ジェイ・ヘッド)と知り合い、
やがて寒い夜のとびきり幸運な出会いになっていく。

裕福な家庭の主婦が見過ごせなかった少年の苦境―。
普通にある暖かいベッドを持たない黒人少年に、逆に普通にある幸せを教えられる思いのリーアンは、
彼の安らぐ場所を確かめるように確保していく。
そして徐々に他の家族の応援も受けながら、
闘争心はないけれど、保護能力に特別秀でている彼の身体と能力を活かせるアメリカン・フットボールと出会うことになり…

コレはなんといってもマイケルを受け入れ、母と彼の想いを自然に受け入れるテューイ一家が素晴らしい。
幾らアメリカの富裕層であっても、身元も知れない黒人少年を家族同様に暮らしていくことに、
周りの人たちがみな好意的であったり無関心で居てくれる状況であったとは思えない。
そこは極めて最小限に語られて、
家族がどのようにマイケルと関わっていったのかに絞られているのが、感動の押し付けを感じさせず良かったのだと思う。

ちょっとオレ様な語り口のリー・アンが、嫌味に取れないギリギリのバランスで、
必要な時に、必要な行動を取れる爽快な女性として描かれて、演じるサンドラ・ブロックが小気味イイ
そんな妻の決断を優しく受け入れる夫のショーンを演じたティム・マッグロウも素敵
年頃の娘の、ちゃんと両親の生きる姿勢をみて育ったことを証明するような、優しさと勇気のある態度も嬉しい
そして、この両親にしてこの子ありと思わせる息子のS・Jは、実はリー・アンの最も頼れる影のトレーナーでありマネージャー
彼の存在がマイケルにとって、とても大きかったのではないでしょうか。ナイスアシスト♪

 いつもソコにある温かさがいかに大切な事であるか、

相手をちゃんと見ること―、そこに何かをみつけること―。
年齢や性別を選ばない素敵な作品でした~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まっすぐな男 | トップ | 今夜の堂本兄弟♪ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サンドラ・ブロック (にゃむばなな)
2010-03-04 22:20:25
サンドラ・ブロックはこの映画でオスカーを取れないと一生オスカー女優にはなれないでしょうね。
それくらい素晴らしかったです。

しかしこのリー・アンという女性は素晴らしいですね。
でも多分彼女がしていたことって特別なことではなく、母親として当然のことだったんでしょう。
まさに彼女こそ「母の鑑」ですよ。
今晩は☆彡 (mezzotint)
2010-03-05 01:15:24
TB&コメントありがとうございました。いよいよいよアカデミー賞ですね。
サンドラ・ブロック、オスカー取れると
いいのですが。。。。
ヘレン・ミレン、メリル・ストリープ
と大御所女優もいますので、微妙ですね。
今回のサンドラさん、今までのキャラとは
一味違うので、新しいサンドラとして
賞ゲット出来ないかなあなんて思います。
リー・アン (たいむ)
2010-03-05 18:57:34
こんにちは!
そうなんですよね。
感動の押しつけの一歩手前で、嫌味やワンマンにならないギリギリのところに居るリー・アンが絶妙でしたね。
あのパキパキ感が私も小気味良かったです!

SJもお気に入りです♪
自立。 (BC)
2010-03-06 06:48:22
kiraさん、おはようです。

マイケルを家族の一員として受け入れた上で自立への道筋をサポートしていく
家族の絆を爽やかに描いていたのが良かったです。(*^-^*
にゃむばななさん* (kira)
2010-03-07 16:20:19
この作品のリー・アンは、
母として、女性として理想的だったかも知れませんね。
爽快でカッコよかったです!

個人的にいいなぁと思った作品や俳優が
オスカーをとった記憶がそんなにないのですが、
とれるといいですね!
mezzotintさん* (kira)
2010-03-07 16:34:47
サンドラは私的にはラブストーリーは似合わないと思うし、
こういう役の方が、
強さもこの程度のほうが年齢的にもいいかなぁ~なんて思っています

ライバル女優の中ではヘレンが個人的にはスキですが、
メリルの名作品も含めて全く観てないし、
どうなりますか?
楽しみではあります♪
たいむさん* (kira)
2010-03-07 16:41:37
そうなんですよねぇ、、
こういう作品は、ちょっとでもやり過ぎると
鼻につくし、さじ加減が難しいところですよね。
コミカルさを颯爽とまとめたところが良かったですね。

そうですね、先ずS・Jくん!
次に大らかなパパが良かった!!
彼らの協力なしでこのストーリーは成り立たなかったかも♪
BCさん* (kira)
2010-03-07 16:56:39
恐らく肩身の狭い想いばかりしてきたであろうマイケルが、
この家庭に溶け込めたのは、ひとえにS.Jの人懐っこさのおかげと言う気がしますが、
素直にちゃんと努力して、人の期待に応えることで
彼の人生の道が開かれたと言う気がしますね!
なかなかいいラストだったです
オスカー女優! (オリーブリー)
2010-03-08 15:25:18
こんにちは~。

サンドラ、めでたくオスカー女優の仲間入りだね!
良かった、良かった♪
しかもラジーとの2冠なんて、それも彼女らしいのかも(笑)

ほんと、この映画はひとつ間違えると押し付けがましくなるところを、
リーアンと家族のバックアップでそう見せない描き方が良かったわ♪
観たいです~ (マリー)
2010-03-08 22:14:38
こんばんは~~♪
サンドラ苦手ですか~?(でしたか~?かな)
私は結構好きなので~アカデミー賞も嬉しかった!
早くこの映画観たいです・・・
公開されてないの。涙・・・
観たら又きま~す。

東方神起にコメントありがとう!!
嵌りまくったら(笑)いつか一緒に行ってくださいますか~?うふふ・・・



オリーブリーたん* (kira)
2010-03-08 23:36:09
さっきお邪魔してオリブリたんの記事みたよ♪

>しかもラジーとの2冠なんて、それも彼女らしいのかも
うんうん
それもなんか余裕があって、ラジー賞のコメントも笑った

オリブリたんの「ハートロッカー」の記事、ちゃんと読めるように、
早くみたいなあ~
マリーさん* (kira)
2010-03-09 01:00:27
今回お付き合いのあるブロガーさんに、
サンドラファンが多いことに、超~~びっくり~
基本、筋肉質の女優は苦手なんですよ~
自然、ハリウッドの女優さんにはその手の方が多いので
でも、今回の役は、髪を染めていたのもキツさが軽減されて良かったし(笑)
初めてカッコイイと思った~
アカデミー取ったから、公開されるといいね

東方神起には嵌らないと思うけど(笑)、
韓国へはいつでもOKよぜひぜひ~~
Unknown (zooey)
2010-03-18 23:20:31
サンドラ・ブロック、前作の「あなたは私の婿になる」で見せたオールヌードが
ちょっと目に痛かったのですが(筋肉質安産型)
この作品ではスレンダーなセレブ妻を綺麗に演じていましたね。

インビクタス同様、エンドロールで登場人物の実際の写真が出ましたが
本物のマイケルがあまりにもいかついのに驚きました。
映画の中の役柄より、もっと大きくてもっと怖い感じ…
素性も知らないのに、あんな少年を突然家に引き入れるなんて
改めてリー・アンという女性に脱帽しました。
zooeyさん* (kira)
2010-03-20 22:22:51
アチラでは日本と違って、幾つになっも「ラブコメ」を繰り返し
撮っているようで、そこは邦画にはみられない部分だと思いますが、
「あなたは私の婿になる」はパスしました。
中年のラブコメには私的にはコレといのがこの数年はないので(笑)
サンドラも、もうラブコメより、こういったドラマの方がいいと思いました♪

>本物のマイケルがあまりにもいかついのに驚きました。
それは私も感じました。
そして、ホンモノのリー・アンがサンドラよりも小柄にみえて、
尚更彼女の”一歩”に紛れもない愛情を感じたものです
よかったわぁ~ (マリー)
2010-05-31 19:28:03
こんばんは~~♪
やっと観れました~!

ステキな作品でした。
kiraさんがおっしゃるとおり
>年齢や性別を選ばない素敵な作品でした
本当に誰にも薦められる映画ですよね。

サンドラ、いい感じでしたよね。
彼女が演じたことでさっぱりと、女々しくない仕上がりでした。
SJ役の子がまた良かった。
彼のおかげですご~くなごみました。
マリーさ~ん* (kira)
2010-06-01 01:21:13
ちょっとアメリカの、こういう美談は、
オスカー好みかな~という感じがしなくもないですが

サンドラの姉御っぷりや、子供たちの可愛らしさもあって、
厭味にならないギリギリだったかな~と思います。

マリーさんが触れていらした「はなのすきなうし」のシーンは、
本当に良かったですね。
実母とのシーンも印象に残っています
へーー (sakurai)
2010-06-08 12:18:24
サンドラさん、苦手な部類でしたか。
あたしは「スピード」のときから結構好きでしたね。
「あなたが寝てる間に」なんてのも好きだったし、「デンジャラス・ビューティ」なんて、絶対に彼女しか出来ない!!などという風に、見てまいりました。
今回は、彼女のもってるキャラと、リー・アンの強さと優しさが、見事にあいまって、いい感じでしたわ。
とってもいい映画でした。
SJの達者ぶりにもびっくり♪
sakuraiさん* (kira)
2010-06-11 23:28:17
そうなんですよ~、
サンドラに限らず、アンジーとか、総じてハリウッドのアクション女優は苦手かもしれません。
自分自身は体育会系なのにσ(^_^;)なぜか?不思議ですが(苦笑)
でも、この作品は初めて彼女にぴったり!と思った役どころでした。
こういったドラマの彼女ならもっと観てみたい~♪
SJ、なかなかいいキャラでしよね~。優しげなお姉ちゃんも、
さり気なく引かない強さをもっていてなんだかホッとしました
あら (miyu)
2010-08-01 19:27:38
kiraさんはサンドラ苦手でした?
でも、これは本当に良かったよねぇ。
彼女のキャラにぴったりだし、
すごくすごく素敵な女性で憧れちゃうなぁ。
可愛いけど、強くて、楽しくって、
家族みんなが素敵でしたよね。
miyuさ~ん* (kira)
2010-08-12 23:32:31
自分のブログは(恭子ちゃん情報を別にして)
放置気味でしたが、みなさんのブログ記事はしょうちゅう覗いてます。

サンドラ出演作はそれほど観ていないかも、、ですが、
アクションもコメディも、ラブものも、好きなのがなかったです~。
でもコレは良かった
「スピード」以来おそらく初めて彼女をカッコよくて可愛いと思いました~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
しあわせの隠れ場所/ The Blind Side (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 数日後発表になる本年度アカデミー賞で、作品賞と主演女優賞の2部門にノミネート中{/m_0151/}の実話 アメリカンフットボールのスター選手マイケル・オアー。 ...
しあわせの隠れ場所 (LOVE Cinemas 調布)
アメリカNFLのドラフト1巡目で指名されデビューしたマイケル・オアー選手の実話を映画化。ホームレス同然の生活から、とある家族との出会いにより、自らの才能を開花させていくヒューマンドラマだ。主演は本作でアカデミー賞主演女優賞ノミネートのサンドラ・ブロック...
『しあわせの隠れ場所』 (めでぃあみっくす)
マイケル・オアー。誇りと勇気を持って家族を守り、アメフトプレースタイルの歴史を変えた名選手。そんな彼の感動実話を描いたこの作品は見終わった後に本当に「しあわせ」な気持ちになる素晴らしい映画でした。そしてこの映画におけるサンドラ・ブロックの素晴らしさに、...
しあわせの隠れ場所 (試写会) (風に吹かれて)
なんていい子なのぉ~~[E:crying]後見人は体育会系一家公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside2月27日公開実話の映画化原作: ブラインド
『しあわせの隠れ場所』 (ラムの大通り)
(原題:The Blind Side) ----この映画ってサンドラ・ブロックが 2009年度のゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した作品だよね。 「そう。それもドラマ部門のね。 最近の彼女ってコメディ路線が多かったから、 まずそのことにビックリ。 作品の内容を知るまで、 これ...
しあわせの隠れ場所◇◆The Blind Side (銅版画制作の日々)
上手く写せず(汗) あなたの人生史上、最高の実話 MOVX京都にて初日に鑑賞。実在のアメリカンフットボール選手の半生を描いた作品だそうです。事前に前売りチケットを購入しょうとMOVX京都へ行ったら、置いていないとのこと。以前「3時10分・決断のとき」のときも同...
しあわせの隠れ場所 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 アメリカ版『ホームレス中学生』。スケールでかいです。
しあわせの隠れ場所 (映画道)
夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな食事に感謝するマイケルから、幸せとは何かを教えられていく。やがて、マイケルはアメリカ...
【しあわせの隠れ場所】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ 「夫は100近くの飲食店を持つオーナー、自分も仕事を持ち忙しく働くアンは二人の子どもと幸せに暮らしている。 ある日家族で学校からの帰り
しあわせの隠れ場所 (心のままに映画の風景)
アメリカ、テネシー州メンフィス。 夫と2人の子供と暮らすリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー...
「しあわせの隠れ場所」みた。 (たいむのひとりごと)
2009年、アメリカン・フットボールのボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化したもの。孤独なマイケルと裕福なテューイ家、特に母親のリー・アン・
幸せの隠れ場所 (Diarydiary! )
《幸せの隠れ場所》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE BLIND
『しあわせの隠れ場所』 (The Blind Side) (Mooovingな日々)
テネシー州メンフィスのスラムで育ち、ホームレスだった少年マイケル・オーアがあるきっかけで市内のクリスチャン系の私立高校へ通うことになった。父親が誰だか分からず、母親には放棄されていたマイケルは自活する道を選ぶ。 ある冬の晩、薄着で外を歩いていたマイケル...
*『しあわせの隠れ場所』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン出演。
しあわせの隠れ場所 (そーれりぽーと)
ラグビーに続いてアメフトで感動できるか? 『しあわせの隠れ場所』を観てきました。 ★★★★ アメフトのスーパールーキーが生まれるまでを描く本作、彼を支えた“家族”の優しさに胸を打たれまくります。 金銭的に余裕があるからとか、慈善事業の一貫とか、そういうも...
『しあわせの隠れ場所』:必見。これぞ善きアメリカ映画 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
これはお薦め、必見の善きアメリカ映画。 わたしが映画を観始めた頃、テレビでよく往年の名作映画が放送されていました。 登場人物が善人で、だれもが幸せを信じていて、幸せになることを信じさせてくれるような映画たち。 いつしか、そんな映画は少なくなり、遊園...
しあわせの隠れ場所 (メルブロ)
しあわせの隠れ場所 (原題: THE BLIND SIDE) 304本目 2010-8 上映時間 2時間8分 監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ)     ティム・マッグロウ(ショーン・テューイ)     クィントン・アーロン(マイケル...
「しあわせの隠れ場所」感想と「はなのすきなうし」 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
実話なんですよね。それもつい最近の。 素直になんか良い映画だったなぁ~と思いました。
信頼こそが最強の愛情になる。『しあわせの隠れ場所』 (水曜日のシネマ日記)
生活環境に恵まれなかった黒人少年がアメリカン・フットボール選手になるまでの実話を基に描かれた作品です。
「しあわせの隠れ場所」優しい心になれる、深イイ話。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワード  全米アメフトに実在する、或るスター選手の生い立ちを綴った感動実話の映画化。「しあわせの隠れ場所」(ワーナー・ブラザース)。驚くなかれ、実話って言ってもこれは過去の物語ではなく、つい最近の出来事、ほぼ現在進行...
しあわせの隠れ場所 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
父は行方不明、母は麻薬中毒、兄弟は12人はいるらしいけれどその実数も分からない、出生届さえ出されたかどうか、そんな環境に生まれ、ホームレス同然の生活をしていた実在のプロのアメフト選手、マイケル・オアーの半生を描いた作品。 正義感が強く、やると決めたらど...
しあわせの隠れ場所 (Movies 1-800)
The Blind Side (2009年) 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム・マッグロウ、キャシー・ベイツ 貧しい黒人青年と彼を引き取った裕福な白人家庭の交流を実話に基づいて描いたドラマ。 後に、アメリカン・フットボール...
映画レビュー「しあわせの隠れ場所」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Blind Side: Evolution of a Game◆プチレビュー◆孤独な黒人少年とある白人家族の絆を描く実話。サンドラ・ブロックの熱演に圧倒される。 【65点】 裕福な白人女性リー・アンは、ある日、ホームレス同然の黒人少年マイケルに声をかける。彼の境遇を知って自宅に連...
『しあわせの隠れ場所』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEBLINDSIDE監督:ジョン・リー・ハンコック出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン公式サイトはこちら。<Story>夫と子供たちと裕福に暮らすアン(サ...
[映画『しあわせの隠れ場所』] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆良い映画でした^^  優しさに溢れたテューイ家の母親役を演じたサンドラ・ブロックは、この作品で今年のアカデミー主演女優賞とのことですが、「女王」の如く美しかったですよ^^  今まで、「馬」とか「ホース」とか、「鼻の下が長い」とか言って、すいませんでし...
アメリカン・ドリーム~『しあわせの隠れ場所』 (真紅のthinkingdays)
 THE BLIND SIDE  テネシー州メンフィス。裕福な白人女性リー・アン(サンドラ・ブロック)は、あ る寒い夜、薄着で街を彷徨う大柄な黒...
『しあわせの隠れ場所』の目をつぶる勇気 (映画のブログ)
 『あなたは私の婿になる』と同様、『しあわせの隠れ場所』もオファーはまずジュリア・ロバーツにいっていたという。  しかしサンドラ・ブ...
しあわせの隠れ場所 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月10日(水) 20:55~ 品川プリンスシネマ5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『しあわせの隠れ場所』公式サイト ラジー賞受賞女優がアカデミー主演女優賞を取った作品。 日本語タイトルが、ウィル・スミスの感動押し付け愚作群に似...
『しあわせの隠れ場所』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「しあわせの隠れ場所」□監督・脚本 ジョン・リー・ハンコック □原作 マイケル・ルイス □キャスト サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ...
『しあわせの隠れ場所』 (Zooey's Diary)
豪邸に住むセレブな主婦の白人女性リー・アン(サンドラ・ブロック)は 冷たい雨の中、半袖一枚で歩く巨体の黒人少年に目を留める。 母親は薬物中毒で、寝る場所もないというマイケルを 一晩のつもりで家に招き入れるが、生活を共にするうち、結局法的後見人となり、 ...
しあわせの隠れ場所 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BLIND SIDE】 2010/02/27公開 アメリカ 128分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノンバート・コットンあなたの人生史上、...
*しあわせの隠れ場所* (Cartouche)
{{{   ***STORY***               2009年   アメリカ 夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな...
しあわせの隠れ場所 (映画的・絵画的・音楽的)
 『しあわせの隠れ場所』を渋谷東急で見ました。  この映画に主演したサンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞に輝いたということもありますが、おすぎの「この春、一番のスポーツ映画でしょう」という言葉に押されて映画館に行ってきました。 (1)この間見たイー...
しあわせの隠れ場所 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ジョン・リー・
観てしあわせになる「しあわせの隠れ場所」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
絎倶???胼???????巡査??≪?潟???????茵??㍽??眼?ф?泣?障????莢с????????????藥?篋冴??綛眼???ゃ?宴???絲???紊????茴??ф⑨????ゃ?宴???荀????????⒢???...
◆しあわせの隠れ場所/The Blind Side 80点 (明日も晴れ)
2010年2月27日公開 公式HP 監督: ジョン・リー・ハンコック 出演: サンドラ・ブロック (リー・アン・テューイ)    ティム・マ...
■映画『しあわせの隠れ場所』 (Viva La Vida!)
サンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞を獲得した映画『しあわせの隠れ場所』。 サンドラ姐さんが肝っ玉母さんに扮し、見事な演技を見せてくれています。 しかし、この映画でサンドラ・ブロックがアカデミー主演女優賞を、『プレシャス』でモニークがアカデミ...
しあわせの隠れ場所 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  どうも分かり難い邦題である。サンドラ・ブロック主演ということで、暗いイメージのある原題『The Blind Side』を避けたのだろうか。本作は、ボルチモア・レイブンスに指名入団したマイケル・オアーの実話で、彼の光の部分だけではなく闇の過去...
『しあわせの隠れ場所』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
こんな時代に、何の共通点がなくても、人と人は繋がりあえる。 ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話!
しあわせの隠れ場所  THE BLIND SIDE (映画の話でコーヒーブレイク)
サンドラ・ブロックが髪をブロンドに染め、{/kirakira/}アカデミー主演女優賞に輝いた作品です。 アメリカンフットボールのルールはようわかりませんが、 原題の「blind side」は「死角」とか「弱点」「無防備なところ」という意味で 主人公マイケルのレフト・タックルと...
「しあわせの隠れ場所」  THE BLIND SIDE (俺の明日はどっちだ)
・ 暖かい家族にも恵まれた裕福な白人女性が不幸な境遇の黒人少年マイケルを助け、成功者へと導くという話そのものは本当に “ いい話 ”だと思うし、主人公に扮する勝気な性格のサンドラ・ブロック自身、彼女の魅力が十分生かされていたとも思う。 加えてこの話そのもの...
『しあわせの隠れ場所』 (purebreath★マリーの映画館)
      ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話!『しあわせの隠れ場所』監督・脚本・・・ジョン・リー・ハンコック原作・・・マイケル・ルイス出演・・...
しあわせの隠れ場所 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたの人生史上、最高の実話』  コチラの「しあわせの隠れ場所」は、「ウルトラ I LOVE YOU!」でラジー賞を受賞したサンドラ・ブロックが、その翌日オスカーを獲得したバイオグラフィー映画です。とは言っても主演はもちろんサンドラなのですが、主人公は全米で...
Blu-ray:しあわせの隠れ場所 今時珍しい "アメリカの良心"を描き予想外に芯を食った (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2009年のNFLドラフト1巡目で、ボルチモア・レイブンズに指名され入団した(実際このシーンが出てくる)マイケル・オアー Michael Oher(写真中央)のエピソードに基づく実話の映画化。 「ただのスポーツもの」なんじゃないかと、と公開時は敬遠したのだけれど、鑑賞後はこ...
しあわせの隠れ場所 (こんな映画見ました~)
『しあわせの隠れ場所』 ---THE BLIND SIDE--- 2009年(アメリカ) 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演: サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ 、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ 、ジェイ・ヘッド  一度はホームレスになるなど過...
「しあわせの隠れ場所」(THE BLIND SIDE) (シネマ・ワンダーランド)
「あなたが寝てる間に」「スピード」などラブ・コメやサスペンス映画などで知られるサンドラ・ブロック主演で、実在するプロ・アメフト選手の少年時代を題材にしたスポーツ・ヒューマン・ドラマ「しあわせの隠れ場所」(2009年、米、128分、ジョン・リー・ハンコッ...
しあわせの隠れ場所/The Blind Side(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワードしあわせの隠れ場所 (原題:The Blind Side)キャッチコピー:あなたの人生史上、最高の実話製作国:アメリカ製作年:2009年配給:ワーナー・ブラ...
しあわせの隠れ場所 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 ***ちょっと つぶやき***多忙続きで頭が飽和状態になり、すっかりブログをサボっている今日この頃。劇場になかなか行けないし、家でDVDを観る余裕もないし(そもそも先日DVDプレイヤーが壊れた・涙)、本を読んでも感想を書く気力がない・・・・・「ダメだぁ~こんなこ...
しあわせの隠れ場所 (映画を観よう)
しあわせの隠れ場所 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)/サンドラ・ブロック,ティム・マッグロウ,キャシー・ベイツ ¥3,980 Amazon.co.jp アメリカ 2009年 サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、キャシー・ベイツ、クィントン・アーロン、リリー・コ...
映画評「しあわせの隠れ場所」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ジョン・リー・ハンコック ネタバレあり
しあわせの隠れ場所 (mama)
THE BLIND SIDE 2009年:アメリカ 原作:マイケル・ルイス 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム マッグロウ、キャシー・ベイツ ...