to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

ぼくたちの家族

2014-05-29 23:27:13 | the cinema (ハ行)

製作年度 2013年
上映時間 117分
原作 早見和真
脚本:監督 石井裕也
出演 妻夫木聡/原田美枝子/池松壮亮/長塚京三/黒川芽以/ユースケ・サンタマリア/板谷由夏/鶴見辰吾

ひゃくはち」の作家・早見和真の小説を、『舟を編む』の石井裕也監督が映画化した人間ドラマ。
重度の物忘れにより病院で検査を受けた玲子(原田美枝子)は、末期の脳腫瘍で余命1週間と宣告される。そして認知症のような状態になった玲子は、それまで話すことのなかった家族への本音をぶちまけ、長男・浩介(妻夫木聡)、次男・俊平(池松壮亮)、夫・克明(長塚京三)はうろたえてしまう。やがて経済破綻や家庭内不信など、ごく普通の家族に隠されていた問題が明るみに出てきて……。

夫は、妻に何か異変を感じていながら大した事じゃないと思いたかったのだろうか。
長男も独立。次男も大学近くでの一人暮らし。
妻の異変に気が付くのは、夫婦二人暮らしである以上、夫であるはずが......
たまたま長男の嫁家族との食事の席があったことでようやく発覚。。。
見過ごせない状況にようやく気が付いて、長男と夫は病院に行くが…―

病気は突然やってくる。
「1週間だなんて急過ぎませんか?」「1週間て、何の単位だ!?」
余命宣告とほぼ手遅れ、成す術なしとの宣告を受け、固まる親子。

「こんな時には、、笑おうよ・・」
久々に膝を突き合わせたこの家族は一体どうするのか?

脳腫瘍の影響で、玲子の記憶が混濁する中、家族のこれまでと、厳しい現状が暴かれる。
見栄っ張りの夫は優柔不断。会社を経営しているとは聞こえはいいが、実は借金まみれ。
妻にもお金を渡してない、など、母のサラ金通いも発覚。

大人しく生真面目な長男は、母が自分と父を認識できない時に弟に語った言葉で
かつて自分が引き籠っていた時に、母の人生を変えたということを知り責任を感じ、、
どこか冷めていながらも調子よく人と渡り合える弟に
正面から向き合う。

長男・浩介は、ニッチもサッチも行かないこの沈みかけた船の舵を取る覚悟を決める。
精一杯あがいてみせる、覚悟を決める。
そこからの闘い――

これは原作者の早見和真が、自らの実体験を元に描いた作品だということですが、
家族に何かあって初めて浮き彫りになる、誰かの犠牲や、献身。
誰かの無責任や、決断力の無さが傷を深め、家族が機能しなくなっている事―。
それでも、過ぎた日には立ち返れなくても、
今、行動することで、明日は変えられる。

そんな、見た目には普通の、ありふれた家族の物語。昔は家族ドラマなんて観る気もしなかったけど、
これは現代にはよくある、壊れているのにも気づかない家族を写した映画でした。が、

マジメで優しいだけの長男が、少しずつ変わっていく様子に瞼を熱くし、
不器用な父親が、息子たちに触発されて変わる様子に目尻を下げ、
若者らしくラッキーアイテムを信じて出陣する(笑)次男坊に笑いながらもうるるとなり、
どちらかというと弱い部類の人間の、彼らの戦う一週間に、
きっと、何か....を手渡されます。

情けない感満載の父親の長塚さん
真面目で平凡で、内気な長男のブッキーはもちろん上手いですが、
どこかでいつも家族を客観視してる次男を演じた池松クン
ドラマ「 MOZU」の新谷とは180度違う普通のお気楽大学生が新鮮です
そして、時々他人になっちゃう、乙女になっちゃう母・原田美枝子さん
この4人が、繰り広げる「ある家族の姿」。
追い詰められて、情けなく、滑稽で、みっともなくて・・だけど一生懸命が愛おしい、ある家族。
それは――、どこかで通じる私たちの物語でもある気がしました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「超高速!参勤交代」完成披露試... | トップ | MONSTERZ モンスターズ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親子だからこそ〜 (cyaz)
2014-06-03 17:39:53
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

人生の局面で、親兄弟であれ、
それまでに知りもしなかった発見があるものですね?
親だから〜、親子だからこそ〜、
過去はともあれ、両親のために今出来ること、
してあげたいと思います。
数十年の間の仲の悪さも一瞬にして消えてしまうのは
不思議なものですね(笑)?

cyazさ〜ん♪ (kira)
2014-06-04 12:14:42
親との関係は、よっぽどでないと変わらないけど、
兄妹姉妹の関係って、人生で何度も変わるキッカケを孕んでいますよね〜。
思春期〜、社会人になってから〜、結婚してから〜、
親が老いてから・・・

全てがプラマイ0になって、終着駅に着くのかどうか、、
親の介護の問題も含めて、
いろいろとそれまでの人間関係とかも試されるような現実ではありました。
cyazさんも健康に気を付けてくださいね
へーー (sakurai)
2014-08-09 13:02:36
「ひゃくはち」のだったんだ!
なるほど。
息子どももいいじゃん!と思わせましたねえ。
うちの息子どもはどうなる事やら。。。
池松君、出てますね。
邦画見てると、二本に一本は見かける。模索中って感じもあるのかな。
sakuraiさん♪ (kira)
2014-08-11 22:39:48
そうなんですよ〜
実体験から〜の原作。あの「ひゃくはち」の方です。

デキ過ぎでない親―
セカンドオピニオンの重要性―

それも、今を何とか乗り越えようとする息子たちが教えてくれましたね

池松くん、学生時代は夏休みとか限定で仕事をしていたのが、
卒業して果敢に挑戦して、模索中でしょうか。
ホリプロなので、じっくり育って行けると思ってます
Unknown (Nakaji)
2014-10-07 14:33:38
こんにちは♪
私は結構好きな映画でした。なんか家族の話ってことでか、自分にもいつかはありえる現実なような気がして。。

>今、行動することで、明日は変えられる
本当にそうだな〜

ブッキーも池松くんも本当によかった〜
彼らの演技で泣けた。。。
Nakajiさん♪ (kira)
2014-10-10 15:29:30
子供が減少している一方で
高齢化は加速。
このお話は、借金があろうと母親が病気になったその時に
相談し合える兄妹がいたことが、大きな救いでしたよね〜〜。

親子の関係が悪くても、兄妹仲が悪くても、
「緊急の場合」にどう向かい合うか?
そこが関係を変えるポイントですよね〜、
ブッキーと池松くん、凄くよかったです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ぼくたちの家族 (あーうぃ だにぇっと)
ぼくたちの家族@よみうりホール
ぼくたちの家族 (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編から、よくある難病のお涙頂戴ものかと思っていたら、かなりリアルな話だったので身につまされました。もちろん家族の絆について考えさせられたのですが、それ以上に突然、病気にたおれたときに、医療費をどうするのかなど、家計を普段から考える重要性が感じられ...
ぼくたちの家族 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 お母さんが余命1週間を宣告され、妻夫木
ぼくたちの家族〜吉祥寺に住めなかった主婦の物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
バブルに翻弄された夫婦とポストバブル夫婦 公式サイト。早見和真原作、石井裕也監督。原田美枝子、妻夫木聡、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾 ...
「ぼくたちの家族」、母が末期の脳腫瘍を患って再生する家族の物語 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆  家族問題に興味のある方 ☆☆☆☆ 早見和真が、実体験を基に記した小説を、「舟を編む」の石井監督が映画化。 東京郊外に住むサラリーマン家族。だが、父は、リストラで始めた事業に失敗借金を背負い込む。 母が、じょじょに、記憶障害となり、...
『ぼくたちの家族』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ぼくたちの家族」□監督・脚本 石井裕也□原作 早見和真□キャスト 妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以 ■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0....
ぼくたちの家族 (花ごよみ)
  監督は「舟を編む」の石井裕也。 早見和真の小説を映画化。 本は読んでいます。 原作に沿ったストーリーになっていました。 妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、 長塚京三、黒川芽以等が出演 母親は原田美枝子。 父親は長塚京三。 ひきこもりの過去がある長男には....
ぼくたちの家族 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ぼくたちの家族』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)『舟を編む』を制作した石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、吉祥寺(注1)の喫茶店で友人と話をしている主婦・玲子(原田美枝子)。とはいえなんだか上の空で、友人の話を満...
ぼくたちの家族/妻夫木聡 (カノンな日々)
『舟を編む』の石井裕也監督が作家・早見和真さんの小説を原作に妻夫木聡さんの主演で映画化したヒューマンドラマ。母親の病気発覚をきっかけにバラバラだった家族が再生していく ...
ぼくたちの家族 (映画と本の『たんぽぽ館』)
絶望のどん底から * * * * * * * * * * 本作、母親が癌で余命宣告を受ける家族のストーリー、 と聞いて、実のところ「なーんだ」と思いました。 そもそも「病気の女の子」の話は見ないことにしている私。 これも似たようなもので、家族が一団とな....
試写会「ぼくたちの家族」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/4/28、昨年の11/29が前回の試写会だったので5カ月ぶり。 実に久しぶりだ。 神保町の日本教育会館、一ツ橋ホール。 スクリーンが小さめなので、前方の方が良い。 前の数列は傾斜がないが、スクリーンが高目なので前席はそれほど気にならない。 それで....
世界の中心は母である〜『ぼくたちの家族』 (真紅のthinkingdays)
 東京郊外の住宅地。物忘れが酷くなった若菜家の母(原田美枝子)が、脳腫瘍 で一週間の余命宣告を受ける。動揺する父(長塚京三)に対し、身重の妻を持つ 長男・浩介(妻夫木聡)と大学生の次男・俊平(池松壮亮)は、母を救うべく奔走 するのだったが・・・。 ...
ぼくたちの家族 (迷宮映画館)
あいかわらず丁寧な作り
ぼくたちの家族 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ぼくたちの家族 '13:日本 ◆監督:石井裕也「舟を編む」「ハラがコレなんで」 ◆出演:妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾、板谷由夏、市川実日子 ◆STORY◆ごく平凡に暮らしていた若菜家に、ある日、激震が...
「ぼくたちの家族」 (2013 ファントムフィルム) (事務職員へのこの1冊)
「えーと、鶴岡まちキネでやってる『ぼくたちの家族』を見に行こう」と妻を誘う。「どんな映画なの?」「石井裕也って『舟を編む』の監督で……えーとほら、満島ひかりの旦那」「あー、いいわね。誰が出てるの」「妻夫木聡とぉ、原田美枝子。で、あ...
映画・ぼくたちの家族 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 映画館では観ない類の作品です病気もの(特に子供)は苦手ですだって、観客の涙を誘ってスクリーンに引き込もうって策略が見え見えでしょう?でも、そういう作品には良作が多く、やはり観たい というわけで少し時間が経って、世間の評判が落ち着いて...