to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

マダム・マロリーと魔法のスパイス

2014-11-24 23:28:16 | the cinema (マ・ヤ行)

THE HUNDRED-FOOT JOURNEY
上映時間 122分
製作国 インド/アラブ首長国連邦/アメリカ
原作 リチャード・C・モライス『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(集英社刊)
脚本 スティーヴン・ナイト
監督 ラッセ・ハルストレム
出演 ヘレン・ミレン/オム・プリ/マニシュ・ダヤル/シャルロット・ルボン/ミシェル・ブラン

フランス南部でインド料理店を開いた移民家族と、その真向かいに建つミシュラン1つ星の名店フレンチ・レストランの女主人マダム・マロリーが、互いの料理と文化を巡って激しく衝突するさまとその顛末をハートウォーミングに綴る。
南フランスでミシュラン1つ星を誇るフレンチ・レストランの気高きオーナー、マダム・マロリー。夫を亡くして以来、レストランに情熱の全てを捧げてきた。そんなある日、故郷インドを追われ、新天地を求めてヨーロッパにやって来たカダム一家が、マダム・マロリーの店の向いにインド料理店をオープンする。派手な電飾と騒がしいインド音楽に眉をひそめるマダム。市場での食材の奪い合いも勃発し、マダムとカダム家の頑固なパパは一触即発の険悪ムードに。そんな中、カダム家の次男で亡き母の才能を受け継いだ天才料理人ハッサンと、マダムの店の副料理長マルグリットは互いに心通わせていくが…。

インドでレストランを経営し、裕福で幸せな生活を送っていたハッサン一家は、
ある日選挙絡みの暴徒によって店が火事になり、一家のマトメ的存在のママを失い、以降はインドを逃れて
ヨーロッパの各地を転々。入国審査、出国の管理局のやりとりとともに手際よく語られ
新天地を求めて旅する一家が車のトラブルで足止めをくったその地は…―

パパが心を奪われたその売家は、道路を挟んでミシュラン1つ星を誇る高級フレンチ・レストラン。
奇しくもそのオーナー、マダム・マロリーはその空家の管理を任されているという。
パパとマダムのこの出会い。
マダムのお店でシェフとして働くマルグリットと一家の自慢の料理人・ハッサンの出会いが
テンポよく語られ、予想通りの展開であっても、飽きさせない。

フランス人はホテルで値切らない。でもパパは気にしない。
フランスのレストランは客引きをしない。でもパパはメゲナイ。
故郷を捨てフランスにたどり着いた一家は、パパの号令のもとインド料理店を開業する。
格式高い名門フレンチの真向かいに、にぎやかな音楽と庶民派インド・レストラン──
対照的な2つのレストランは、食材やお客をめぐって激しい小競り合いを繰り返し、
やがて、マダムの意図しない事件を起こしてしまうが、、、




ラッセ・ハルストレム監督といえば、やはり男性を美しく描くというイメージがある。
ギルバート・グレイプ」の家族という重荷に押しつぶされそうなジョニー・デップ然り、
サイダーハウス・ルール」の、女性を援ける為の堕胎という重荷に人知れず苦しむ院長・マイケル・ケインもステキだった。
そして、本作では“絶対味覚”の持ち主ハッサンが、さながらギルバートのような、
淡い恋心と、孤独感を滲ませて、程よいスパイスになっていて、そこにらしさを感じた

愛することは、、やっぱり、忘れないこと・・・。

今回は設定もあってか音楽が、大好きなレイチェル・ポートマンでなく
ちょっとインド色が勝ってるかもだけど(笑)
シャルル・アズナヴールの「帰り来ぬ青春」が、超!超~懐かしかった。
ウン十年も昔、よく聴いてたなあ…(←遙かに遠い目)

Hier Encore

本作品に挿入されているオリジナル版、探せなかった....

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『女はそれを許さない』#6(11/... | トップ | 恭子ちゃん新ドラマ情報♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然体の演技~ (cyaz)
2014-11-26 21:46:45
kiraさん、こんばんは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

ハルストレム監督は今まで秀作が多かったと思いますが、
どこか描かれるストーリーの中で、観ている側に、
心に少し重いものを押しつける節がありました。
この映画はそんな所もなく(嫌がらせはあったものの)、
ハートウォーミングなストーリーに仕上がっていました。
ヘレン・ミレンの自然体の演技に魅せられました!
Unknown (ふじき78)
2014-11-26 23:19:29
> フランス人はホテルで値切らない。でもパパは気にしない。

「私は貧乏ではない。倹約家なのだ」ってほぼ同じセリフが今年の大河ドラマでもあったなあ。使う時には使う。・・・・・・うーんと、嫌がらせの買占めに使うなよ。
cyazさ~ん♪ (kira)
2014-11-27 19:11:01
>描かれるストーリーの中で、観ている側に、
心に少し重いものを押しつける節がありました。

・・・確かに
それでも、いつもどこか自由で女神のような女性が現れて~
なんとなくいい予感を残してくれる作風はコチラもあって、
フランスの頑固さと、インドのメゲナイ精神のバトルが、
実はセーブの効いた大人の勝負をコミカルに描いていて面白かったです
ふじき78さん♪ (kira)
2014-11-27 19:19:12
マダムとインドパパは、
ある意味、プライドが高くて折れる事を知らないフランス代表と、
よく言えば積極的、ともすると執拗なインドの男性代表、みたいだと思いました(笑)

>嫌がらせの買占めに使うなよ
売られたケンカを買った、アレは私は賛成です(爆)
こんにちは。 (たいむ)
2014-11-28 13:48:28
初心忘れるべからず、というか、傲慢にならなかったハッサンがカッコよかったです。
甘かったり辛かったり、アチコチにスパイスがちりばめられた素敵な作品でした。

マダムとパパの恋模様?も愉快でしたね(^^)
たいむさん♪ (kira)
2014-11-30 19:24:39
>甘かったり辛かったり、アチコチにスパイスがちりばめられた素敵な作品
代表的とも思えるフランス女性とインド男性の、
キャラもしっかり描かれてましたから先が読めちゃう感はありましたが、
新天地で成功を夢見る者、異人種を受け入れるまでの葛藤も滲ませながら
それでも暗くならずに、スパイスの匙加減が丁度よかったですよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画好きパパの鑑賞日記)
 祝宴!シェフに続いて心がうきうきする料理映画の紹介。タイトルもクレジット上もヘレン・ミレンが主演なんだけど、実際にはインドの天才的青年料理人が、数々の試練を乗り越えるサクセスストーリー。ディズニーらしく、明るく夢のある作品で思わずご飯が食べたくなりま...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (風に吹かれて)
料理は記憶 公式サイト http://disney-studio.jp/spice 原作: マダム・マロリーと魔法のスパイス (リーチャード・C・モレイス著/集英社文庫)製作: スティーヴン・スピルバ
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」□監督 ラッセ・ハルストレム□脚本 スティーブン・ナイト□原作 リチャード・C・モライス□キャスト ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、シャルロット・ルボン、       ミシ...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画と本の『たんぽぽ館』)
美味しいものに国境はない * * * * * * * * * * 南フランスの山あいの小さな町。 老舗フレンチレストランを経営するマダム・マロリー(ヘレン・ミレン)。 ミシュランの星1つをずっと維持しています。 それだけでも大変な努力ですが、彼女にはそれ...
マダム・マロリーと魔法のスパイス / The Hundred-Foot Journey (勝手に映画評)
実は今日は、映画の日ということで、ひとり二本立て。この作品の他に見たのは『祝宴!シェフ』と言う事で、奇しくも二本とも料理を主題にした作品になってしまいました。 こちらは、インド移民の家族が経営するインド料理店と気位の高いマダムが経営する1つ星のフランス...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (こねたみっくす)
革新とは交流なり。衰退とは対決なり。 頑固支配人のヘレン・ミレンと頑固パパのオム・プリの対決から交流までがとにかく心地よく素晴らしい!ハッサンとマルグリットの本来なら ...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』をシネ・リーブル池袋2で観て、まあバカだから夢想するんだがやふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★つまんなくはないが、フランスの片田舎のパートの面白さが突出している。残りはそこそこ】    仲の悪いお隣さん同士が、料理の力や、それぞれの努力や人の ...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (beatitude)
南フランスの山間に建つミシュラン1つ星のフレンチ・レストラン“ル・ソル・プルルール”のオーナー、マダム・マロリー(ヘレン・ミレン)は、最高のサービスと味を提供することに人生をかけている。ある日、故郷を追われ、ヨーロッパで再起を果たそう....
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画的・絵画的・音楽的)
 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作(注1)は、予告編を見て面白そうだなと思い、映画館に行ってきました。  本作の舞台は、南フランスの小さな町サン・アントナン。そこで伝統的なフランス料理を出すレストランの目の前に...
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 (セレンディピティ ダイアリー)
ヘレン・ミレン主演のコメディテイストのヒューマンドラマ、「マダム・マロリーと魔法
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 (ここなつ映画レビュー)
ラッセル・ハルストレム監督作品。名優ヘレン・ミレンが作品に正にスパイスを効かせる。南フランスの美しい田舎町に、ある日インド人の一家がやって来た。世界一のインド料理の店を出す為に。しかし、自信たっぷりの彼らが構えた店の真向かいには、ミシュランの星を一つ獲...
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は「The Hundred-Foot Journey」。直訳で「100フィートの旅」であり、実際、「遠回りしちゃったけど・・・」な感じで最後は”雨降って地固まる”ようなお話でそのものズバリに近いタ
マダム・マロリーと魔法のスパイス (はるみのひとり言)
映画館で観ました。インドのムンバイでレストランを営むカダム家。次男のハッサンは料理人の母親譲りの味覚の持ち主。レストランは繁盛していましたが、ある晩政治絡みの暴動に巻き込まれ店は全焼。母親まで失ってしまいます。失意の父は子供たちを連れヨーロッパに移住を...
マダム・マロリーと魔法のスパイス  (心のままに映画の風景)
インドのムンバイでレストランを営むカダム家の次男ハッサン(マニシュ・ダヤル)は、料理人の母から絶対味覚を受け継いでいた。 ある晩、暴動により店は全焼し、母親は亡くなってしまう。 失意の父(オム・プリ)は子供たちを連れヨーロッパに移住、南フランスの山間...
マダム・マロリーの魔法のレシピ The hundred-foot journey (映画の話でコーヒーブレイク)
最近のディズニーは、インドがお好き 先日見た「ミリオンダラー・アーム(次回アップします)」も本作同様ボリウッドコラボの ディズニー映画でした。 インドは年間映画製作本数がハリウッドを凌ぐ映画好きというお国柄に加え、 中国に迫る12億5千万人という巨大マーケット....
マダム・マロリーと魔法のスパイス (とりあえず、コメントです)
ラッセ・ハルストレム監督がフランスを舞台に描いたヒューマンドラマです。 予告編を観て、ヘレン・ミレンが提供してくれる料理だったら絶対美味しそう!と楽しみにしていました。 全体を彩るスパイスの香りってどんなだろうと、登場する料理を全部食べたくなってしまいま...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 スパイスの正体は? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『HACHI 約束の犬』で観客を号泣させたラッセ・ハルストレム監督の作品だけあって、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』は優しさと愛に満ちたハートウォーミングな物語に見える。  南フランスのサン・アントナン・ノブル・ヴァルののどかな...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (いやいやえん)
【概略】 南フランスの小さな田舎町を舞台に、老舗フレンチレストランと、その真向かいにできたインド料理店の料理バトルを描く。 ドラマ なにこれ、あわないタイトル。てっきりマダム・マロリーが作る料理(スパイス)がとても美味しくて人々の心を癒していく…...
映画評「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年インド=アラブ首長国連邦=アメリカ合作映画 監督ラッセ・ハルストレム ネタバレあり