きらほし写真館 NIKON P900(2016年4月11日以降)

毎日がワクワクドキドキ!

04/23日撮影 野毛山動物園+平作川

2017-04-23 16:44:24 | 野鳥
今朝も早起きしてカルガモ親子を探しに。
最初見つからなくて困っていた所、散歩中の女性に聞き、ようやく位置を突き止めました。
その後、ハヤブサやフクロウが公開になったということで、再び野毛山動物園へ。
希少のミゾゴイも公開されていました。
園内には、想定外の野生のオオルリがカエデの木にいました。



































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/22日撮影 カルガモの親子

2017-04-22 19:35:45 | 野鳥
近所を流れる平作川で、今春、初のカルガモの赤ちゃんが誕生しました。
例年よりやや早い赤ちゃんの誕生です。
まだ生まれたてのようですが、既に4羽と少な目でした。
子育てはママの役目ですが、こちらのパパは珍しく別のカルガモカップルを追い払っていました。いつも子育てを放棄するのが当たり前のオスですが、この家族はオスも近くにいて子供達を見守っていました。不思議な光景でした。子育てに加わるオスを見たのは、過去に記憶がありません。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/22日撮影 長井漁港+轡堰

2017-04-22 19:21:20 | 野鳥
目の前の岩場には、多くのウミネコ、ユリカモメ、カワウが休んでいましたが、
またいつもの癖で何か珍しいのが紛れているかチェック。
中に夏羽のキョウジョシギが8羽いました。
沖合いには5羽のオオハム? がいました。当初は300mくらい離れていましたが、後半は150mまで接近してくれました。完全な夏羽の子はいませんでした。
轡堰の築島はサギ類のコロニーになっていて、多くのカップルが営巣していました。
41羽いたスズガモも5羽に減っていました。
アオサギの交尾を始めて確認。コロニーには、既に誕生している赤ちゃんが結構いました。
アオサギの婚姻色?、やたらと足と嘴がピンク色でした。交尾中のカップルは、三角関係のようでした。































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/22日撮影 衣笠山公園

2017-04-22 19:11:01 | 野鳥
帰りに寄ったこちらの公園は、先週とは異なり、多くの野鳥に出会えました。
中でもアオゲラは、5回の撮影チャンスに恵まれました。
こちらで確認した鳥は、シメ、コジュケイ、セグロセキレイ、オオルリ、アトリ、ガビチョウ、カワラヒワ、メジロ、シロハラ、アオゲラ、ウグイス、ムクドリ、シジュウカラです。















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/16日撮影 野毛山動物園

2017-04-16 23:23:39 | 両生類
昼から横浜駅近で大学OBの集まりがあり、その前に少し時間があったので、
日の出町の近くにある野毛山動物園に行ってきました。
繁殖時期の孔雀が羽根を広げた所を撮るのが主目的でした。
なんと、羽根を広げてくれたまでは良かったのですが、放し飼いではなくケージの中だったのが残念でした。園内には、トキ、ツクシガモ、オシドリ、ノスリ、キンクロハジロ、キジ等多くの野鳥がいました、一部鳥インフルとかで、ハヤブサやフクロウは非公開でした。
















































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/15日撮影 海鳥+山鳥

2017-04-15 20:05:31 | 野鳥
久しぶりにダウンを過ぎ捨てて外出。
まずは海鳥狙いで斉田浜へ。
風が強く海は白波が立つほどの大荒れ。ヒドリガモの群れ以外は何もいなかった。
次の移動先は井尻港。ここではセグロカモメとユリカモメオオバン、ヒドリガモが沢山休憩していた。1羽だけイソシギの姿も。今春初のセッカ2羽もここで確認。
それから向かった先は長井の県営住宅前。ここの岩場には多くのウミネコが羽根を休めていた。他にはセグロカモメやカワウ、ウミアイサが少数いた。ここで見た1羽のウミアイサは初めて見る白っぽい感じの鳥だった。あまり変化が無いので、沖合いを双眼鏡でチェック。
いたいた。沖合いにはオオミズナギドリの群れを沢山確認。小数ながらミツユビカモメも確認できた。距離にして500mはあった。嬉しい事にオオハム?らしいのを1羽発見。さらに探していると、また別のオオハム?を1羽発見、さらにもう1羽いて、これが何と夏羽のオオハム? 合計3羽いた。遠いながら夏羽のオオハム?を初めて見れて興奮。念願が叶った。
オオハムのいた辺りには、アカエリカイツブリやカンムリカイツブリもいた。
最後は、衣笠山に向かったが、冬鳥の姿は全く無かった。オオルリの気配も無かった。

































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

04/08日撮影 公園墓地

2017-04-08 16:12:18 | 野鳥
「来週は桜も散ってしまうだろう」と思い、小雨ながら車で衣笠山公園に向かいましたが、駐車場が一杯とかで、Uターンさせられました。
仕方なく、公園墓地の桜に変更。
そこで出会った野鳥を撮影してきました。
まだアトリの群れは健在。桜とアトリを撮ろうと何度も追い込み作戦をやりましたが、桜には見向きもしませんでした。先月よりさらに夏羽に変化。ツグミも至る所に群れていて凄い数でしたが、何れもノーマルのツグミ。アカハラやシロハラ、シメ、コゲラもいました。



















































コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

04/02日撮影 太陽

2017-04-02 19:11:31 | 天体
久しぶりにまとまった黒点が現れていました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/02日撮影 長井の畑

2017-04-02 19:08:13 | 野鳥
昨日の雨も上がりましたが、寒い1日でした。
長井の畑ではヒバリを確認。コチドリやツバメチドリのいる気配はありませんでした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/02日撮影 しょうぶ園

2017-04-02 18:52:02 | 野鳥
4月より有料になったしょうぶ園。キジが撮影できればという事で入園しました。
結果、キジのオスメスに会えました。
オスはメスの気を引くための行動に出ていましたが、メスは相手にしませんでした。
オス頑張れ~。
まあ、一応会えたので、支払った620円は無駄にはなりませんでした。





























コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

04/02日撮影 長井漁港

2017-04-02 18:42:19 | 野鳥
今日の長井漁港はカモメ達で賑わっていました。
その多くが、ユリカモメとウミネコでした。僅かながらセグロカモメの姿もありました。
ウミアイサの雌も健在でした。沖合いには1羽アカエリカイツブリの姿も確認。
ユリカモメは夏羽に移行中のものも何羽かいました。
この中に珍しいカモメがいないかどうかチェック。
1羽いました。なんとミツユビカモメのようです。嘴は黒い、首の辺りにも黒い帯が見えました。探してみるものです。発見時は群れの中にいましたが、その後は1羽で行動していました。

ミツユビカモメ発見時















ユリカモメ











ウミネコ












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04/02日撮影 斉田浜

2017-04-02 18:34:39 | 野鳥
前回綺麗に撮れなかったハジロカイツブリに再挑戦。
2羽いましたが、行動パターンは一緒でした。
もぐっては浮き上がりを繰り返していました。
ハヤブサも2度チャンスがありましたが、遠距離過ぎました。
近くの川には、キンクロハジロ7羽とヒドリガモがいました。























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

03/25日撮影 くりはまみんなの公園

2017-03-25 18:22:40 | 野鳥
くりはまみんなの公園で撮影した野鳥です。
前回いなかったコガモが何羽か戻っていました。
違和感のあるカワラヒワはオオカワラヒワでしょうか?

































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

03/25日撮影 長井漁港+斉田浜

2017-03-25 18:14:01 | 野鳥
場所を長井の漁港に移動して撮影したのは、セグロカモメ、ウミアイサ。
ウミアイサはユリカモメと一緒になって追い込み漁をやっていました。
斉田浜では、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリの夏羽根を撮影しました。























































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

03/25日撮影 シノリガモ

2017-03-25 17:56:42 | 野鳥
いつもの場所にいるシノリガモを撮影してきました。
道路から双眼鏡でいるのを確認し、接近しました。あと5mという場所にやってきた時、最悪の事態に。なんと1艘の漁船が近くを通過していき、あっという間に8羽のシノリガモは飛び去ってしまいました。「なんでだよ!」小梅太夫ではありませんが、「チクショウ」という言葉しかありませんでした。ここですぐに諦めて帰っていたら、この写真は無しでしたが、多少待ってて正解でした。真冬並みの寒さで震えながら20分程して、3羽が戻って来てくれましたが、またしても悪条件のテトラの裏に着地。諦めて帰り始めた時、1度振り向きました。なんと、泳ぎながらテトラの表にやってきました。(ニンマリ)

※ツバメ2羽初確認




















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加