kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て〜アカデミー賞受賞作品

2012-04-16 23:18:48 | ヨーロッパ映画

12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙
■原題:The Iron Lady
■製作国・年:イギリス、2011年
■上映時間:105分
■字幕:戸田奈津子
■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ



□監督:フィリダ・ロイド
◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)
◆ジム・ブロードベント(デニス・サッチャー)
◆オリヴィア・コールマン(キャロル・サッチャー)
◆アレキサンドラ・ローチ(若き日のマーガレット・サッチャー)
◆ハリー・ロイド(若き日のデニス・サッチャー)
◆ニコラス・ファレル(エアリー・二ーヴ)
◆イアン・グレン(アルフレッド・ロバーツ)
【この映画について】
あらゆる面で機能不全に陥っていた英国を叩き直すべく大鉈をふるい“鉄の女”の異名をとったマーガレット・サッチャー元英国首相。歴史にその名を刻む強靱な彼女が認知症を患っている事が公にされた事を受けて、脚本家アビ・モーガンは妻であり母であるひとりの女性の普遍的な物語として本作を書き上げた。
監督は『マンマ・ミーア!』を世界的大ヒットに導いたフィリダ・ロイド。そして主演は現代最高の名優であるメリル・ストリープ。「感じる事より考える事が大切」と繰り返したカリスマ的ヒロインの凋落を演じて圧巻である。常に妻を支える夫デニスには類い希なユーモアのセンスが光るオスカー俳優ジム・ブロードベンド。
なお、アカデミー賞の主演女優賞をメリル・ストリープが、メイキャップ賞と2部門で受賞した。(この項、一部gooより転載しました)
【ストーリー&感想】
雑貨商の家に生まれたマーガレットは市長も務めた父の影響で政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。失望する彼女に心優しい事業家デニス・サッチャーがプロポーズする。
「食器を洗って一生を終えるつもりはない」野心を隠さないマーガレットを、デニスは寛容に受け入れる。双子にも恵まれ、幸せな家族を築く一方で、マーガレットは政治家としての階段も昇りはじめる。失墜した英国を再建する。それは気の遠くなるような闘いだったが、彼女はその困難に立ち向かう。愛する夫や子供たちとの時間を犠牲にし、マーガレットは深い孤独を抱えたままたった一人で闘い続けた……。

現在のロンドン。どんなに苦しい時も支え続けてくれた夫・デニスは既に他界した。だが、マーガレットは未だに夫の死を認識していないのか、時折不可解な行動が目立つ。思い出の洪水の中で、デニスの遺品を手に取り彼女は「あなたは幸せだった?」とつぶやくのだった……。

英国は女性が統治していると繁栄するという言い伝えがあるそうで、この時代は首相と女王が国を治めていた。そのエリザベス2世をテーマにした映画は既に製作済みだが、サッチャーに関する作品は無かった。
サッチャーは存命ながら認知症を患っており、そのサッチャー氏を演じたのが大女優メリル・ストリープだ。今更何の説明も不要な女優だが、本人そっくりなメイクには驚かされたが、話し方まで真似ている。
だが全体の流れとしては認知症を患ってからの彼女の姿から過去を振り返るスタイルで「きみに読む物語」のような展開。サッチャーはこの当時を代表する政治家であり、アメリカのレーガン大統領共々自分にとっても印象深い政治家なので、もっと現職時代の苦悩が前面に出るのか?と思っていたのだが、認知症の現在から過去を所々振り返るのでやむを得ない構成とも言える。
彼女が首相の頃は夫のデニス氏は殆ど表に出ることは無く、サミット(当時、先進国首脳会議)の裏舞台では通常首脳のご婦人方達にも外交舞台が用意されるのだが、デニス氏が積極的に関わっていたとの印象は全く無い。ここでは彼女が自分より先に亡くなったデニス氏の生死さえ判断出来ない状況になっており、英国を牽引していた女性首相の現在の姿を思うとレーガン氏の最期もそうだったが、あまりそういう姿は見たく無かったような複雑な思いが去来しました。

このサッチャー役は数多くあるメリル・ストリープの代表作の中でも更に上位にランクされることでしょう。1にも2にも彼女の為にあったかのような作品でしたね。所で、レーガン氏の生涯を振り返るような作品は製作されないのでしょうかね・・・?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涌井、またも背信投球で未だ本拠... | トップ | 石原都知事「尖閣諸島、東京都が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (或る日の出来事)
晩年のサッチャーさんと、夫の「まぼろし」とのドラマが中心の映画とは予想してなかったよ。
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (或る日の出来事)
晩年のサッチャーさんと、夫の「まぼろし」とのドラマが中心の映画とは予想してなかったよ。
マーガレット・サッチャー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (我が頭に巣くう映画達)
64点 2012年のイギリス映画で、 監督はフィリダ・ロイド、 主演は「マディソン郡の橋」、「プラダを着た悪魔 」などのメリル・ストリープです。 2011年度のアカデミー賞で、主演女優賞、メイクアップ...
マーガレット・サッチャー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  鉄の女サッチャーの半世紀を描いた映画であるが、晩年に少しボケてきたサッチャー視点で、何度も過去を回想すると手法を用いている。従って頻繁に現在と過去が入れ替わるため、序盤は少し分かり辛い。だがこの手法に慣れると、連続して過去の回想を綴るよりも...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011)◆◇THE IRON LADY (銅版画制作の日々)
 世界を変えたのは、妻であり、母であり、ひとりの女性だった。 好き度:+5点=65点 MOVIX京都にて鑑賞。 後一週間で終了するということで、滑り込みで鑑賞しました。サッチャーさんといえばイギリス初の女性首相ということで、多くの人が知っている。晩年は....
壮烈かつ無常な人生〜『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (真紅のthinkingdays)
 THE IRON LADY  ロンドン。雑貨店でミルクを買い求める一人の老女がいた。彼女の名はマーガ レット・サッチャー(メリル・ストリープ)。帰宅した彼女が朝食の席で話しかける のは、亡...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (キノ2)
★ネタバレ注意★  メリル・ストリープに2011年のアカデミー賞主演女優賞をもたらした映画です。  正直、はぁ、またストリープかぁ、ほかにも凄い仕事したひとはいるだろうにねぇ、と思ってしまったのですが、こうして作品を観てしまえば、こりゃしょうがないねぇ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だらだら無気力ブログ!)
メリル・ストリープの演技が全て。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (そーれりぽーと)
祝、メリル・ストリープ主演女優賞受賞! 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観てきました。 ★★★★★ 激動の80年代を支えた女性首相マーガレット・サッチャー。 男性しか居なかった政界で孤独と戦いながら、確固たる目標に向かい首相にまで上り詰め、初めての...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY (いい加減社長の映画日記)
メリル・ストリープが、「鉄の女」を、どう表現するのかに、興味があって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。 勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘...
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゚...゚;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (労組書記長社労士のブログ)
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関し...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (風に吹かれて)
鉄の女も認知症公式サイト http://ironlady.gaga.ne.jp監督: フィリダ・ロイド  「マンマ・ミーア!」夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めて、マーガレット(
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 ('12初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:00の回を鑑賞。
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 FeelingではなくThinking (はらやんの映画徒然草)
アイアン・レディ(鉄の女)と呼ばれ、チャーチルに並んでイギリスの名宰相と言われる
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 / The Iron Lady (勝手に映画評)
『鉄の女』の異名をとった、第71代英国首相マーガレット・サッチャーを映画いた作品。本作品では、2012年アカデミー賞においてメリル・ストリープが主演女優賞を受賞した他、メイクアップ賞も受賞しています。 サッチャーの半生を描いているのは間違いないんですが、過去...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (こんな映画見ました〜)
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』---THE IRON LADY---2011年(イギリス)監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ 、ジム・ブロードベント 、オリヴィア・コールマン 、イアン・グレン、リチャード・E・グラント、アンソニー・ヘッド 、ハリー....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (Diarydiary! )
《マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙》 2011年 イギリス映画 − 原題 −
[映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観たけど、寝た^^;(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ここ最近では珍しい「一週間振り」の映画鑑賞であった。  あまり、『マーガレット・サッチャー』にはドラマチックな展開を期待していなかったが、それでも作り手が無難に、そして、ベタに盛り上げてくれることは期待しつつ、母親と映画館に赴いた。  最初、老境に入...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
政治家になった1959年(34歳)からほぼ現在までをメリル・ストリープが演じている。政治家だった現役時代は本人そっくりだし、老けメイキャップをしてからの演技はまさに気迫が溢れている。鉄の女としての戦いを主題にすれば、もっとダイナミックな映画になっていた。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (心のままに映画の風景)
英国初の女性首相となったマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)は、80歳を過ぎ静かに晩年を送っていた。 夫デニス(ジム・ブロードベント)は既に他界したが、今もまだマーガレットの幻想の中...
『マーガレットサッチャー 鉄の女の涙』の理由(わけ) (Healing )
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 ★★★★4.2 単なる伝記映画じゃない。 普遍的な“老い”を描いた物語 現在86歳、認知症が公表されている元英国首相マーガレット・サッチャーを、 アメリカを代表する名女優メリル・ストリープが演じた人間ドラマです。 彼女は、ご...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しておりま...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (迷宮映画館)
メリル・ストリープはさすがにすごいし、うまいが、なんか違う・・。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】サッチャーさんの首相になるまでの道の
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ドラマよりもメリルの老けメイクに唸ってしまう。
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ、アカデミー賞主演女優賞受賞) (ラムの大通り)
(英題:The Iron Lady) ----ニャんだか難しい顔をしているニャあ。 「うん。 どこから話そうか。 この映画、題材からしてちょっと不思議だったんだ。 マーガレット・サッチャーという いまも存命中の女性政治家を描くことの意味が まずよく分からなくて…。 それ以前...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Iron Lady」2011 UK/フランス マーガレット・サッチャーに「プラダを着た悪魔/2006」「いつか眠りにつく前に/2007」「大いなる陰謀/2007」「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」「ジュリー&ジュリア/2009」「恋するベーカリー/2009」のメリル・スト...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE IRON LADY】 2012/03/16公開 イギリス 105分監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル、イアン・グレン、リチャード・E・....
現代社会のパイオニア。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (水曜日のシネマ日記)
イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの物語です。
映画・マガレット・サッチャー 鉄の女の涙  (読書と映画とガーデニング)
原題 The Iron Lady2011年 イギリス 1979年から1990年まで11年という長期に渡り英国を率いたヨーロッパで最初の女性首相「鉄の女」としてあまりにも有名なマーガレット・サッチャーの人生を描いた映画です 認知症を患い、夫が他界したことも忘れるようになった晩年...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (しづのをだまき)
2011 英
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (Serendipity !)
 3月20日午前、映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観に行った。  英国初の女性の首相となったマーガレット・サッチャーの政治、家庭での隠された苦悩を描いた作品。 サッチャーの若い頃から新婚時代までをアレクサンドラ・ローチが演じ、
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (ここはここ)
映画 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 THE IRON LADY を観ました       フィリダ・ロイド監督 2011年 イギリス 悪くはないが、面白いとも言い難い映画でした(あくまで自分の好みでの感想です) 何を成し遂げたとか、そういった伝記的な物語では....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady (映画!That' s Entertainment)
●「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady」 2011 イギリス Film4, UK Film Council,.104min. 監督:フィリダ・ロイド 出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム他 <2011年度アカデミー賞主演...
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 2012年2月29日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 を試写会で観ました。 主演女優賞は伊達じゃありません 【ストーリー】  1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (あーうぃ だにぇっと)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙@よみうりホール
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ舞台挨拶つき試写会) (・*・ etoile ・*・)
12.03.07 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (メリル・ストリープ舞台挨拶つき試写会)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ yaplogで当選! いつもありがとうございますヽ(・∀・)ノ 先月、アカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ舞台挨拶つき。tomocoさんと行...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とりあえず、コメントです)
主演のメリル・ストリープがアカデミー賞を受賞して話題の人間ドラマです。 予告編を観て、メリル・ストリープなのにサッチャーに見える!とびっくりしていました。 難しい時代の中、信念を持って自分を貫いていった一人の女性の人生を、 圧巻の演技力でじっくりと描いて...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  The Iron Lady (映画の話でコーヒーブレイク)
何度も予告編を見て、見たかった本作。 公開から1週間を経て、平日なら空いているだろうとネット予約もせず行ったのですが、 中高年を中心に80%ほどの入りでした。 春休みで映画館は混雑しており、子供が走り回っておりました。   **************....
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (てんびんthe LIFE)
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」TOHOシネマズ日劇で鑑賞 2012-032 映画で何を見るかというと、この作品においては女優メリル・ストリープをみるための作品といっても過言ではないと思います。 見事に化けてます。 もともとメリル・ストリープは化け物、女...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (愛猫レオンとシネマな毎日)
〈鉄の女〉と呼ばれた、元英国首相マーガレット・サッチャーの 伝記物語になります。 主人公を演じたメリル・ストリープは、本年度アカデミー賞で 見事、主演女優賞を獲りました。 ストーリー的には、フツー、それほど面白い映画ではございません。 ただメリルの演技だ...
映画 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (英国日記)
マーガレット・サッチャー、 首相だった頃は「サッチャーさん」と、さん付けで呼ばれていましたっけ。 そして「鉄の女」。強気に戦争なんかもしましたっけ。 それから、高尾慶子さんが度々「こうなったのはサッチャーのせい」と、 悪く書いていましたっけ。 その程度...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (いやいやえん)
「教えて。あなたは幸せだった?」 政治に疎い私なので、当たり前ながら「しまったこれは調べてから観るんだった」と後悔。色々な世情が全くわからないです、ともすれば、主人公であるマーガレット・サッチャーって誰?からはじまってしまいます^;(英国初の女性首...