みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

ヒラリー・クリントンの戦争犯罪!ヒラリーが世界各国の戦争を指示してるメールがハック!安倍晋三もヒラリーもジェブ・ブッシュも米国戦争屋の傀儡!戦争のためなら平気でウソをつき国民をだまして戦争に引き摺り

2016-10-25 08:18:55 | 政治
ヒラリー・クリントンの戦争犯罪!

ヒラリーが世界各国の戦争を

指示してるメールがハック!

安倍晋三もヒラリーも

ジェブ・ブッシュも

米国戦争屋の傀儡!

戦争のためなら平気でウソをつき、

国民をだまして戦争に引き摺り込む!


リチャード・コシミズ&

マスコミに載らない海外記事



【ヒラリーが世界各国の戦争を指示してるメールがハック❗️】 – richardkoshimizu official website(全文は下記に)


ヒラリーの戦争犯罪:マスコミに載らない海外記事(全文は下記に)

安倍晋三もヒラリー・クリントンもジェブ・ブッシュも米国戦争屋の傀儡!戦争のためなら平気でウソをつき、国民をだまして戦争に引き摺り込む!今の日本は米戦争屋に完全に乗っ取られていると観ています。新ベンチャー革命…/その米戦争屋は、2016年の米大統領選にて米政権を奪還し、シリア戦争に突入しようと画策しています。次期米国大統領候補のヒラリー・クリントン、ジェブ・ブッシュ…。米国民はネット情報を取って、米戦争屋候補は平気でウソをつくことを知っていますが、日本国民の多くは、安倍氏が米戦争屋の傀儡であることをまず認識していません。



ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

【ヒラリーが世界各国の戦争を指示してるメールがハック❗️】 – richardkoshimizu official website

【ヒラリーが世界各国の戦争を指示してるメールがハック❗️】 –

Dte: 2016年10月23日

Author: richardkoshimizu

どんなに重大な情報が出てきても、ヒラリー陣営・メディアは「何事もなかった」かのようにスルーするでしょう。

それが裏社会の手口。日本の政治家やメディアも、同じ手口を共有しています。

裏社会の「嵐の過ぎるのを待つ」手法です。

金融ユダヤの息の掛かっていないメディアだけが真実を語ります。
トラック野郎一番星

【ヒラリーが世界各国の戦争を指示してるメールがハック】

メガトン級の情報!ΣΣΣ[●°д°]キタ━━!!!

これが表に出ただけで米国1%はひっくり返ります。パナマ文書よりも強力です!

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ヒラリーの戦争犯罪:マスコミに載らない海外記事

ヒラリーの戦争犯罪

2016/10/22 9:45:00

Paul Craig Roberts

2016年10月20日

2016年10月20日の今日は、アメリカのオバマ大統領と、ヒラリー・クリントン国務長官が組織し、解き放った勢力によるムアマル・カダフィ虐殺五周年だ。 CBS“ニュース”での大喜びで笑いながらの殺人女の振る舞いを思い出して頂きたい。“来た、見た、彼は死んだ。” https://www.youtube.com/watch?v=Fgcd1ghag5Y

ムアマル・カダフィは、世界で最も進歩的な指導者だった。カダフィは、リビアの石油の富を、リビア国民のために使っていた。彼は、宮殿ではなく、立派なテントではあるが、テントで暮らしており、アメリカ政府の中東同盟国である、サウジアラビアや、産油首長国支配者一族につきもののヨーロッパ高級車や他のあらゆる身の回り品のコレクションを持っていなかった。

リビアでは、教育、医療と、電力は無料だった。ガソリンは事実上無料で、一リットル、14セントで売られていた。子どもを産んだ女性は、現金の助成金を貰い、カップルが結婚すると現金の助成金が貰えた。リビアの国営銀行は、無利子で融資し、農民には無償で開業資金を供与した。http://www.globalresearch.ca/libya-ten-things-about-gaddafi-they-dont-want-you-to-know/5414289連中が、人々に知って欲しくないカダフィに関する10のことがら(英文)

カダフィがアメリカ政府から自立していたことが彼の没落をもたらしたのだ。若い頃のカダフィの目標は、アラブを、欧米の略奪に抵抗できる一つの圏に組織することだった。いらだった彼は、汎アフリカ主義に向かい、アメリカのアフリカ軍に参加するのを拒否した。彼は、アフリカ人をアメリカの金融覇権から解放するはずの、金本位のアフリカ通貨を導入したがっていた。

カダフィは、中国のエネルギー企業に、リビアのエネルギー資源を開発させており。、地中海でのロシアの存在で、既に腹を立てているアメリカ政府は、今や中国の存在にまで直面することになったのだ。アメリカ政府は、カダフィは、まずい連中と付き合っているので、退陣させるべきだと結論を出した。

アメリカ政府は、傭兵を編成し、連中を、シリアでと同様“反政府派”と名付け、リビア政府にけしかけた。カダフィ軍が勝っていることが明らかになると、アメリカ政府は、うぶでだまされやすいロシアと中国の政府を騙し、国連で、NATOによって、リビア領空に飛行禁止空域を設定することを認めさせた。飛行禁止空域の建前の目的は、やってもいなかった、カダフィによる民間人攻撃を防ぐためということだった。本当の理由は、主権国家のリビア空軍が、地上の軍隊を支援するため、自分の領空を使えなくするためだった。Onceだまされやすいロシアと中国が、安全保障理事会の議決で拒否権を行使そこねると、アメリカとNATO自身が決議に違反して、カダフィの軍隊を攻撃するために欧米の空軍力を用いて、紛争を、CIAが組織した傭兵に有利にした。カダフィは捕らわれ、残虐に殺害された。かつて繁栄し、成功していた社会だったリビアが、それ以来、混乱状態にあるが、それは、オバマ政権が望んでいたものだ。

サダム・フセインについて語られ、現在、シリアとロシアについて語られているウソと同様に、カダフィとリビアについては、あらゆるウソが語られた。イギリス議会報告は、欧米の人々は、リビア破壊に対する支持を得るためのウソを各国政府から吹き込まれ、リビアは、カダフィが欧米の覇権にとっての障害と見なされていたがゆえに破壊されたと、明白に結論付けている。http://www.globalresearch.ca/libya-war-was-based-on-lies-bogus-intelligence-nato-supported-and-armed-the-rebels-british-parliamentary-report/5547356?utm_campaign=magnet&utm_source=article_page&utm_medium=related_articles

彼女の監督下で準備されたこの戦争犯罪のかどで、ニュルンベルク裁判時の法律において、彼女が有罪であることについて、殺人女に質問した売女マスコミは皆無だ。殺人女を支配している巨大な政治力を持ったひと握りの集団と、連中の手先の売女マスコミは、この戦犯を次期アメリカ大統領にするつもりなのだ。

Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Order.が購入可能。

寄付のページはこちら。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/10/20/hillarys-war-crime-paul-craig-roberts/

----------
呆導番組で、サラ・オレインなる人物が「女性の活躍を見たい」と発言するのを見た。
ヒラリー支持。「女性が侵略戦争推進で活躍するのを見たい」と同義。
そういう発言をするのを知っていて出演させる属国売女マスコミ。

文中で紹介されている「連中が、人々に知って欲しくないカダフィに関する10のことがら(英文)とほぼ同じ内容の記事を訳してある。

リビアで二度と見られなくなる16項目 2011年10月26日

結党以来、強行採決を考えたことがない政党によって、TPP批准は強行採決される。

TPP導入によって、日本の良いところはことごとく消え、宗主国並になる。消えるのは棚田だけではない。医療も、教育も。日本語も消える可能性が大きいのでは?

オリンピック会場報道ばかりで、TPPのとんでもない中身に関する報道は皆無。

連中が、人々に知って欲しくないTPP関するあらゆることがら

TPP交渉差止・違憲訴訟の会

【そうだったのか!TPP-Q3】ISDS条項って何が問題なの?


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

トランプ氏、大差でクリントン氏を破った!大統領選・最後のテレビ討論終了直後ーワシントン・タイムズ調べ、CIA傀儡の日本マスコミとは違う報道!戦争屋ヒラリーが勝つには不正選挙か、トランプ暗殺しかない!戦争屋の傀儡…安倍政権の危機になる!


トランプ氏、イスラム国は『ヒラリーが創設した』と公に演説!イスラム国は彼女にMVPをくれるだろう!次はブッシュ家の秘密を公に暴くか!



安倍一族はブッシュ一族と戦争・麻薬ビジネス・パートナー!軍事商社ディロン・リードと三菱と自衛隊と警察…安保法制


安倍晋三もヒラリー・クリントンもジェブ・ブッシュも米国戦争屋の傀儡!戦争のためなら平気でウソをつき、国民をだまして戦争に引き摺り込む!今の日本は米戦争屋に完全に乗っ取られていると観ています。新ベンチャー革命…/その米戦争屋は、2016年の米大統領選にて米政権を奪還し、シリア戦争に突入しようと画策しています。次期米国大統領候補のヒラリー・クリントン、ジェブ・ブッシュ…。米国民はネット情報を取って、米戦争屋候補は平気でウソをつくことを知っていますが、日本国民の多くは、安倍氏が米戦争屋の傀儡であることをまず認識していません。

こんなに被曝していた東京、関東!年間被ばく限度の100倍【被曝は今も】ホルドレン米大統領補佐官…ヒラリー・クリントン前国務長官の在任中の電子メールに含まれていた!


プーチンは第三次世界戦争を避けるため、できる限りのあらゆることをしている、戦争を望んではいない!世界はアメリカ支配からロシア・プーチンへ大転換!米国オバマ政府が世界を核戦争に駆り立てる!世界は圧倒的に米日同盟から中露連合へ重心を移している!オバマのロシア原発攻撃発覚、ヒラリーのメールでロシアが握る!日ロ首脳、12月15日山口会談、「平和条約交渉加速」


トランプ、プーチン大統領と協力したい!ロシアも『イスラム国』を倒しがっている!米ロが協力してイスラムを倒したらワンダフルだと思わないか!大統領になれば良い関係が築けると思う!イスラム国はオバマとヒラリーが創った!プーチンは第三次世界戦争を避けるため、できる限りのあらゆることをしている、戦争を望んではいない!世界はアメリカ支配からプーチン、中露連合へ大転換!



アメリカの命令指示から決別!ドゥテルテ・フィリピン大統領…軍事的にも、経済的にも!中国との関係を重視!衰退する殺戮・侵略国家から!安倍には出来まい…米国の傀儡奴隷のままの外交!



プーチン訪日は【日中戦争】を起こさせないため!プーチン中露連合は、米日黒同盟の動きに万全の態勢を取っている!あり得ない【極東戦争詐欺】日中開戦はあり得ない、米中開戦も無い!どの道、安倍政権に未来はない!/ - ryuubufanのジオログ -/中国は米日の煽りに乗って戦端を開くなどと言う事は絶対にしない!翁長はプーチンを沖縄に招待すべきである!最早、中露連合の実力の前に米の軍事的優位は、有効性を失っている!本物の政治権力者の凄さは経済権力には分からない…東方は安心である!


中露連合が、今世界政治を動かしている!英EU離脱、トランプとプーチンが勝者!国民主権の蘇生回復である!世界政治において絶対的ではない!今や世界の流れは経済権力の人工秩序からの脱却であり、国民主権の蘇生回復である。トランプとプーチンの革命!経済権力、戦争屋を破壊…経済権力に苦しめられて来た人類社会の期待でもある! 世界がこの2人に期待する。



世界は変わる!プーチン大統領「大ユーラシア経済」構想!中国等を入れた『大ユーラシア・パートナーシップ』創設を呼びかけ!/安倍日本は米国と共に衰退自滅の道を続けるのか!中国が推進する陸と海のシルクロード経済圏「一帯一路」構想と、ユーラシア経済同盟との連携に合意している。AIIBの参加国は年末までに100カ国に迫る。中露連合が偽ユダヤ経済権力を駆逐する!



日中戦争を画策する米国政権の戦略文書【南シナ海】自衛隊と中国軍に殺し合いをさせる!石油・天然ガス、エネルギー利権のために!安倍政権が集団的自衛権の行使に突き進む「背後事情」東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っている!




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月24日(月)のつぶやき | トップ | 石原慎太郎【血税5億円で地球... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事