みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

殺人集団米軍に日本人を売ろうとする高村自民党副総裁は、米CIA資金のカルト統一教会の顧問弁護士である!

2015-03-28 12:33:16 | 脱原発
殺人集団米軍に日本人を売ろうとする

高村自民党副総裁は、米CIA資金の

カルト統一教会の顧問弁護士である!


ブログランキング・にほんブ ログ村へ








sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブ ログ村へ

自民党の高村正彦副総裁は、

霊感詐欺商法の

統一教会顧問弁護士

「戦争する日本」へ王手をかけた安倍内閣!




安倍偽総理が統一教会の雑誌の表紙に!!霊感詐欺商法の宗教団体と日本国総理!!誰が選んだ日本人。

「滅亡のカウントダウン」を選んだ安倍自民党好き日本人!原発再稼働=時限原爆セット、地震に攻撃の的!


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

本澤二郎の「日本の風景」(1558)

「ジャーナリスト同盟」通信様より

<「戦争する日本」へ王手をかけた安倍内閣>

<笹川資金で力つけた石破はOK>

<統一教会顧問弁護士の高村もOK>

<大臣と取引した太田もOK>

<山口もほぼOK>

<池田斬りの行方?>

<与党でないと困る理由を公開せよ>

<危機の安倍・国家主義政権>


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

本澤二郎の「日本の風景」(1558)

「ジャーナリスト同盟」通信様より 2014/03/07 05:07

<「戦争する日本」へ王手をかけた安倍内閣>

 核・原発から武器弾薬輸出攻勢をかける安倍内閣は、いよいよ本丸・集団的自衛権の行使に向けた最後の地ならしに突入した。

既に、北岡という極右の御用学者らを動員、いかさまの理論武装に事実上、決着をつけてしまった。

残るは連立相手の公明党と創価学会を攻略するだけである。3月6日に安倍は開始のゴングを鳴らした。

<笹川資金で力つけた石破はOK>

 安倍は集団的自衛権行使に突入する意志を、まず幹事長の石破に伝えた。石破について、彼の鋭い目つきから動物の名前も仲間からもらっている。
狙ったら相手を逃がさない。

 公明党攻略においても成功しているようだ。官僚の息子だった彼は、旧田中派時代において、政治資金を笹川(今の日本財団)にねだった、と仲間が指摘していた。確認していないが、恐らくそうかもしれない。

 笹川の諜報工作は、中国に向けられてきており、専門家の中には「カネで人民解放軍や医師団を懐柔してきた」と指摘する向きもある。

 石破は、安倍との会談のあと、自派の会合で「こと集団的自衛権の行使について、自分と安倍の考えは一致している」とうそぶいた。彼は笹川資金だけではない。財閥の武器弾薬メーカーとも一体化している。

 財閥の意向を受けている点で安倍と同類なのだ。

<統一教会顧問弁護士の高村もOK>

 安倍は、続いて副総裁の高村を官邸に呼んで協力を要請した。憲法を学んだ弁護士だと言うのに、大変な反共右翼で知られる。

それでいて日中友好議員連盟の会長にもなった御仁だ。

 かつて選挙区のライバル・佐藤栄作の息子・信二は、知り合いの政治家に対して「奴は統一教会の顧問弁護士だ」と吹聴していた。

筆者は親しかった政治家に聞いている。

 同協会と岸・安倍家は深い仲だ。同協会を通して、安倍と高村は連携している、とも見られている。

政界は不気味な世界なのだ。むろん、中国や北朝鮮を嫌う人物だから、集団的自衛権の行使を当然のことだと理解している高村だ。

それゆえの副総裁起用だったのであろう。

彼のような右翼が、平和勢力の三木派次いで河本派に所属していたことが不思議なことだった。

ちなみに安倍政治に真っ向、批判している村上誠一郎は河本が将来を期待した政治家だった。

このことからも極右に乗っ取られてしまった自民党を象徴している。

<大臣と取引した太田もOK>

 そして、何としても驚きは公明党の変質である。

従来の主張を全てドブに捨てて、ワシントンが国家主義・国粋主義と断罪する政権を、

同党と同党を支援している創価学会という宗教団体が、それこそ必死で支えていることである。

 国家神道を引きずる神道過激派である安倍を支援して、日本を戦争国家へと導いている。

ここはどうしても理解できない。北京もソウルも頭を抱えている有り様だ。

 筆者のもとには「公明党の太田は石破との密約で大臣を射止めた」との情報が入っている。

また、本人は「安倍路線に違和感などない」と議会答弁して、安倍にもひれ伏していることを内外に誇示している。

信濃町の取材の中には、事情通の「池田名誉会長が排除した人物」との指摘もあったほどである。

 「第2の矢野」と指弾する理由だ。

<山口もほぼOK>

 公明党代表の山口も、安倍にほぼ懐柔されたようである。

北京から相手にされないとわかると、安倍の推薦でインドを訪問、そこで原発の売り込みに汗をかいている。原発輸出は核の輸出でもある。

 彼は公明党の右翼化に向けて慎重な舵取りをしている。3月5日の自民党の金集めの集会で

「自民党と公明党に隙間があるが、風は吹いていない」と語っている。

 安倍政治と池田政治は水と油だ。好戦派と反戦派である。大きな隙間がある。

そこは認めながら、山口は「隙間風は吹いていない」と豪語した。

その心は「うまくやっていますよ。離婚はしません」という宣言である。

 太田同様に安倍にひれ伏してしまっている。

<池田斬りの行方?>

 SOSの信濃町である。既に信濃町も狂いだしている。

最も抵抗すべきだった平成の治安維持法である特定秘密保護法に対して、公明党は率先して強行の戦列に加わっている。

この政治的汚点が消えることはない。これに屈した信濃町・創価学会だ。

 安倍の靖国参拝に対しても、傍観視していてソウルと北京を驚かせた。

どう考えても、まともな平和的宗教団体とは言えなくなっている。

宗教学者は「国家神道に仏教・法華経がひれ伏したも同然」と解釈している。

 そして、その先の安倍政治の本丸、戦争する日本改造ともいえる集団的自衛権行使の決断を、いま信濃町の中枢に求めている。

これにどう対応するのであろうか。仮に太田や山口の意向に乗ってしまうと、

同党のこれまで国民や信者に約束してきた政治的行為全てを放棄することになるのである。

いうなれば「池田名誉会長を葬り去る」という重大な決断をすることになる。

安倍・石破・太田・山口の「池田斬り」の行方が、集団的自衛権行使の最大の山場なのだ。

これは単なる1宗教団体の問題では済まない。教団による平和主義の先駆的活動は、中国や韓国に限らない。

世界的な広がりで強力に推進してきた池田平和路線を、国際社会は評価してきている。

憲法違反である集団的自衛権行使を、内閣の一存で政策変更することについて、米紙NYタイムズも反対している。北京もソウルも大反対だ。

<与党でないと困る理由を公開せよ>

 改めて、極右政権に加担する公明党と創価学会の真相を知りたい。与党・権力維持が果たす政治的宗教的意味合いについてだ。
 
野党になると不都合なことは何か、ということである。この組織はカネに困らない。自民党の料亭政治に屈する必要はない。

国会議員も学会幹部も十分に肥えている。餓死したという話を聞いたことが無い。

<危機の安倍・国家主義政権>

 あえて権力にしがみつく理由などない。今は、日本も日本国民も存亡の危機に立たされている。

その局面で、どうして歴史の教訓を踏みにじるのか。平和憲法に盾突こうとするのか。

何としても説明責任を果たしてもらわねばならない。

 その点で、安倍・国家主義もまた目下、最大の難関に立たされていることなのである。

「池田斬り」は、日本のみならずアジア・国際社会に衝撃を与えることにもつながるという事実にも着目したい。

2014年3月7日5時15分記

本澤二郎の「日本の風景」(1558) : 「ジャーナリスト同盟」通信様より
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52063943.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

安倍偽総理が統一教会の雑誌の表紙に!!霊感詐欺商法の宗教団体と日本国総理!!誰が選んだ日本人。


集団的自衛権行使容認は、米戦争屋の要求!単独戦争も迫る/安倍政権はそのポチ!報道ステーション…必読…




安倍首相にとって、自衛隊は私兵、税金は私有財産という感覚なのだろう!国民は“わが軍”の奴隷か召使い! 民主主義国の宰相の資格など欠片もない!


中村哲氏、戦争の実態を知らぬ指導者たちが勇ましく吠え、戦の準備をする日本!危機が身近に、祖国が遠くになってきた!山椒言:通販生活® 「経済成長」が信仰にまで高められ、そのためなら何でもする。武器を売り、原発を復活し、いつでも戦ができるよう準備するのだという。


自衛隊が既に安倍の「わが軍」化?これは完全に独裁者の物言い!人殺し訓練が始まった、元自衛官!


集団的自衛権は『安倍首相の個人的願望だ』官邸の安保担当も務めた防衛省元幹部が証言!亡国の集団的自衛権…/柳澤氏の著作を読むと、安倍首相がいかに頭が悪く、危険な人物かがリアリティを持って伝わってくる。

一発も弾を撃たず、一人も殺さない!これこそが戦後70年かけて築いてきた日本ブランドなのだ! 『亡国の集団的自衛権』柳澤協二・元防衛官僚が、安保政策を徹底批判!

エドワード・スノーデンは、イスラム国ISISの指導者バグダディは、モサドとCIAとMI6が育てたと暴露!アルカイダも米国が作ったとヒラリー・クリントンが暴露!米英イスラエル、ユダヤ国際金融!安倍晋三、日本官僚はロボット!


バグダディ

アメリカは、ISISの敗北地域に武器を支援!イラン外務次官/テロを金儲けの道具、米国のダブルスタンダード!


ブッシュがイスラム国の生みの親「育ての親」はオバマやアサド、イスラエル、ユダヤ金融!安倍らはポチ! /アベノミクスはバブルを煽って金融資本に、武器と原発輸出で財界に奉仕する、史上最低内閣だと言うことを声を大にして訴えていかねばならない!

日本を巻き込む『テロ輪廻』が始まった!イスラム国もアルカイダも「育てた」のはアメリカ!安倍も参戦…

辺野古基地は米軍にとって必要性希薄!中国にとっても/米国の軍需産業、日本の政治家、商社の莫大な金儲け!兵頭正俊氏…/軍事的にはほとんど意味がない!わたしたちは犬HKを初めとした東京の大手メディアの刷り込み(洗脳)によって、日本防衛に辺野古基地が必要なのだと信じ込まされている。

「滅亡のカウントダウン」を選んだ安倍自民党好き日本人!原発再稼働=時限原爆セット、地震に攻撃の的!

自衛隊員に“遺書”強要!陸自北部方面隊「家族への手紙」置いていけ「戦争立法」備える事態!安倍軍隊…!/安倍晋三は徴兵制度も狙っている!このまま安倍政権が続けば国民が安倍軍隊の奴隷兵士…


NHK 9時の大越キャスター更迭は、安倍官邸が気に入らないから!安倍お気に入り岩田明子美人記者?も協力!


パイロットテロ等、日本原発の屋根はペラペラ脆弱!原発を再稼働させ、戦争する国へと、日本破滅の安倍政権!/小出裕章氏、原発の屋根は航空機でも破壊出来る。原発があることが逆に自国国防を危機に曝す。航空機テロ、事故だけでなく、無人機テロそして送電線破壊など狙うテロ攻撃もあり得る。

年金危機、約束通り支給出来ないから、ハイリスク年金5割株運用ギャンブルに賭けた安倍政権!そもそも総研…/最低保障年金を株運用している国はほとんどない、日本だけ!予定通り収益が上がなければ年金財政が破綻する可能性も!



ブログランキング・にほんブ ログ村へ

高村副総裁が米で講演

「安保法制整備は大改革」


NHKニュース 3月28日 6時41分

自民党の高村副総裁は訪問先のワシントンで講演し、安全保障法制の整備は「新しい憲法解釈に基づく大改革だ」としたうえで、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインの見直しによって日米同盟をより強固にすることで、世界の安定に貢献したいという考えを示しました。

自民党の高村副総裁は、日本時間の28日未明、有力シンクタンク、「CSIS=戦略国際問題研究所」で講演しました。

この中で、高村氏は、「あらゆる問題が国際化した今日、一国で自国の平和を守ることはどこの国にも不可能だ。一国で自国の平和を守る力のない国が集団的自衛権を放棄することは、国民の安全を捨てることになりかねず、憲法が、国民を犠牲にして平和主義を守ることを求めているとは思えない」と述べ、去年7月の閣議決定で集団的自衛権の行使を容認したのは当然だという認識を示しました。

そして、政府・与党が進める安全保障法制の整備について、「新しい憲法解釈に基づく安保法制の大改革だ。自衛隊が十分に活躍できるよう法律を整備することで、日本は地域の安定のために、より主体的に貢献できるようになる」と述べ、意義を強調しました。

そのうえで、高村氏は、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインの見直しによって、「日米同盟の協力のポテンシャル=潜在能力はグローバルに広がる」と述べ、日米同盟をより強固にすることで世界の安定に貢献したいという考えを示しました。

また、高村氏は中国との関係について、「アジアの平和と繁栄をともに支えていくパートナーとなってほしい」とする一方で、「不透明な軍備増強と、東シナ海・南シナ海における海洋進出は懸念すべき動きだ」と指摘しました。

NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150328/k10010030571000.htm


sohnandae Twitter→復活Twitter

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月27日(金)のつぶやき | トップ | 古賀茂明氏『報道ステーショ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む