CDショップ(+α)のおススメCD日記

何と、あまり聞いたことのないCDコメントの共同作業、つまりクロスレビューです。(不定期更新)

9月のおススメ盤(工藤)

2016年09月15日 | 音楽
3月には発売されていたアルバムなんですが、見逃していました。知り合いから、これいいよ、と言われて、ブログ仲間も何人かこのアルバムを取り上げているので、7月に注文した次第。組み合わせの関係で、届くまで時間がかかってしまったうえに、聴くまでまた時間がかかってしまいました。やっぱりヴォーカルアルバムでありながら、メンバーから予想した通り、現代ジャズにもなっていますねえ。むしろこういうヴォーカルアルバムって好きな方なので、ちょっと遅れたけれども、出会えて感謝です。オーソドックスなヴォーカルが好きな方からすると、好き嫌いは出てくるのかもしれませんけれども。10曲目はしっとりと、奇をてらうことなく、歌い上げています。


Traces/Camila Meza(Voice, G)(Sunnyside)(輸入盤) - Recorded January 25 and 26, 2015. Shai Maestro(P, Key, etc.), Matt Penman(B), Kendrick Scott(Ds), Bashiri Johnson(Per), Jody Redhage(Cello pn 2, 4, 8), Sachai Vasandani(Voice on 2) - 1. Para Volar 2. Away 3. Traces 4. Amazon Farewell 5. Mar Elastico 6. Lunchin 7. Greenfinch And Linnet Bird 8. Mangata 9. Merald 10. Little Person

(16/09/11)4、7、10曲目以外はCamila Mezaの作曲。浮遊感があって、変拍子割合もある程度あって、ヴォーカルもギターもカッコいい。特にギターはジャズギタリスト的にうまい。聴きやすいながら、これはもう現代ジャズとしてのヴォーカルアルバムの範疇になるのでは、と思います。参加メンバーからしても豪華だし、サウンドからしても現代ジャズだし。ヴォーカル曲ではあるけれど、器楽的な旋律でのメロディという部分もあって、そこに少し素朴な味わいがあるのは彼女がチリ出身だからか。今っぽい部分と素朴な部分の加減が絶妙。プロデュースは本人とマット・ペンマン。繊細なところもあれば、割と雄大な感じのするところもあって、なかなか変化に富んでいます。時代はこういうヴォーカルを求めているのかも。なかなか。

ジャズCDの個人ページ(工藤)

この記事をはてなブックマークに追加

appleJam9月のお宝盤

2016年09月01日 | 音楽
祝80才のアニバーサリー作品、古典スタイルを貫くブルースピアノの生々しさに改めて心臓がバクバクします
Erwin Helfer / Last Call
2016 USA The Sirens Records SR-5024

シカゴの、というか全米スケールでもこれが唯一のブルースピアノの専門レーベル、サイレン(Sirens)レコードの新作です。
共演作も含めると同社リリースのアーウィン・ヘルファー作品は今回で通算五作目に当たりますが、日本で言えば傘寿(80才)に当たる彼のアニバーサリー・アルバムとなりました。
基本的にはピアノ・ソロ・アルバムなのですが、前作同様合間合間にゲストが加わるので全体の印象は今回も結構分厚いのが特徴です。
独特のセンスだなぁと感じたのが大スタンダード#4.St.James Bluesでのアレンジで、歌は終始一貫したペースで歌われるそのバックでピアノが自由な呼吸で踊る感じに展開。
一方サックスは終始ゆったりとしたオブリやソロを展開する。
そんな瞬間がとても新鮮に響くので、類型のブルースピアノものとは印象面でもはっきりと一線を画した仕上がりです。
さらには曲自体私の大好な#3.St. James Infirmary も星の数ほどあるカバーの中で今回のアーウィンの演奏ほどナチュラルな起伏を感じる演奏は他にありません。
特にカウント1分47秒以降のクライマックス部分のソロは魂を根こそぎ持って行かれる感じで、2分40秒辺りのひらめきときたらこれはまさに天才のセンスが光る瞬間。
昔コンコルドというレーベルが好んだ手法で、リズム隊を抜いてピアノとサックスだけのデュオとか、ピアノとヴォーカルだけのデュオといったシンプルなスタイルでのジャズを彷彿とする作りです。
録音が抜群に良いこともあって改めて21世紀の技術で聴くピアノブルースはその超リアルさに腹の底から感動と魂の真の燃焼を感じます。

bb白岩(appleJam)

この記事をはてなブックマークに追加

8月のおススメ盤(工藤)

2016年08月15日 | 音楽
フレッド・ハーシュの旧譜で、今年にSunnysideから再発されたもののようです。このアルバムを探している方は、まだ間に合うかも。このアルバムは’86年の録音なんですよね。チャーリー・ヘイデンの参加があったので、買ってみました。ただ、一度注文するも、その時はなかなか入荷せずに、いったん断念してキャンセルしました。今回、注文するときにもう1枚必要だったため、これを探したらズバリ在庫有りだったので、今回はすんなり入ってくれましたけど。ドラムスにジョーイ・バロンというのも購入動機としては大きかったです。なかなかいいメンバーですよね。アルバムもなかなかでした。


Sarabande/Fred Hersch(P)(Sunnyside)(輸入盤) - Recorded December 4 and 5, 1986. Charlie Haden(B), Joey Baron(Ds) - 1. I Have Dreamed 2. Enfant 3. The Peacocks 4. What Is This Thing Called Love? 5. Sarabande 6. This Heart Of Mine 7. Child's Song 8. Blue In Green 9. Cadences

(16/07/31)フレッド・ハーシュ作は3曲(5、7、9曲目)で、他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。チャーリー・ヘイデンがベースで加わっていて、割と繊細でスマートなハーシュのピアノに、訥々とした感じでベースを弾いているのが印象に残ります。スタンダード関係は予想した通り、過度な装飾を加えないで、それぞれのやり取りの中で、時に淡々と、時に流れるように曲が進んでいくので心地良いです。ヘイデンの個性がうまく生きています。4、6曲目のように豪快なアップテンポや、ややアップテンポの4ビートもいい感じ。淡いサウンドのバラードで、繊細に音が紡ぎだされていくタイトル曲の5曲目、陽が差し込むような明るい流れるような8ビートの7曲目、明るくメカニカルなメロディとリズムをテーマに持つ、フリー的な9曲目。

ジャズCDの個人ページ(工藤)

この記事をはてなブックマークに追加

appleJam 8月のお宝盤

2016年08月01日 | 音楽
テンポ良く小気味よく進行する曲と、いなたく木訥と進行する曲と、なんとも言えない素朴な魅力で一杯
Stephen Brown and the Bastion Band featuring Eugene Dowling
輸入盤 Independent

ホーン隊の三管部分がチューバ、トランペット、トローンボンという編成であることに気がついた瞬間、私は昔あるお客様から伺った話を不意に思い出しました。
その方曰く~~本来純粋なブラスバンドの概念は打楽器以外はマウスピースに自分の唇を押し当て唇を震わせることで音を出す管楽器だけで編成したバンドこそがブラスバンドという名前にふさわしい ~~ というお話でした。
その意味ではクラリネットやサックスのようなリード楽器はギターやキーボート類と同じくらいブラスバンドにはふさわしくないというご意見。
その伝で行くと本作でリーダーを務めるのはピアノ奏者でシンガーのステファン・ブラウンだし、他にもレゾ弾き(Rezonator Guitar)も居るしで、その方に言わせればこれをブラスバンドとしてご紹介すると失笑を買ってしまうのかも知れません。
一方で 21世紀の今どきは現地ニューオリンズのアーティスト達でさえ、もしかしたらそのような概念は既に放念している時代なのかもなど思ったりします。
そんなことはともかくもルシール・ボーガンのブルース・トラッド #8.Sweet Black Angel を木訥と弾きそして歌うステファンのピアノの語り口とそのバックでこれもまた実にいなたいチューバを吹くユージンの「語り口」に包まれるとき、このヘタウマなニュアンスは一朝一夕では出せない味わいであることしみじみ感じます。
こういうバンドが街のコーナーコーナーにゴロゴロ居て欲しい街がニューオリンズという街。
じっとりと粘つく重ったるい空気とそれでいてそれがとても心地よく感じるニューオリンズ特有の空気感は他の南部の街とも違ってやはり特別な感じがしたのを覚えています。
あるとき新宿駅南口付近で遭遇した日本のニューオリンズ系ブラスバンドの雰囲気が全然違って聞こえたのも、多分にその空気感の違いによるものが大きかったかも知れません。
というか70年代前半頃の個人的な体験のせいで新宿駅周辺や付近の地下道ではいまだに反戦歌を歌うフォークシンガーの姿こそが似合う気がしているのかも知れませんが(笑)。
ともかく本作が放つ隙間だらけの木訥とした音がこの時代逆にとても自然に聞こえる気がします。
沢山は売れなくても確実に人の心に残る音。

bb白岩(appleJam)

この記事をはてなブックマークに追加

7月のおススメ盤(工藤)

2016年07月15日 | 音楽
5月発売予定だったのが、入手できたのが6月24日ごろ。そしてやっと今新譜3枚を聴き終えたところです。個人的にはデヴィッド・ギルモアが大好きなので、ギター・トリオのフロントとして演奏しているこのアルバムが今回一番興味がありました。ジャズメン・オリジナル集でもありますし。ギターはいつものファンクではなくて、かなりジャズ・ギターしてますが、それでもやはり彼は彼だし、そしてここの3人が3人ともそれなりにソロなどで露出しての演奏もなかなか良かったでした。こういうアルバムもなかなかないですしね。ジャケット写真がちょっと地味かな、とは思いますけど...。


Conversations At The Well/Boris Kozlov(B)(Criss Cross 1389)(輸入盤) - February 16, 2016. David Gilmore(G), Rudy Royston(Ds) - 1. Five 2. Conversation 3. Orbits 4. Semblance 5. Prelude To A Kiss 6. Eye Of The Hurricane 7. Latin Genetics 8. Headless Blues 9. Pannonica

(16/07/10)8曲目が3人共作(即興?)のブルースの他は、ジャズメン・オリジナルで固めています。ピアノレス・トリオで、ギターのデヴィッド・ギルモアの露出度がかなり高いので、興味深いところ。トリオのソロの配分もなかなか。1曲目から、ビル・エヴァンス作、チャールズ・ミンガス作、ウェイン・ショーター作、キース・ジャレット作、デューク・エリントン作、ハービー・ハンコック作、オーネット・コールマン作、1曲おいてセロニアス・モンク作。オーソドックスにはじまると思ったら、テンポというか、ビートチェンジが加わり面白い1曲目、その後もなかなか聴かせる展開になっています。3曲目はミステリアスだし、4曲目はスリリング。ベースのアルコのテーマが神秘的な5曲目。8曲目の即興のブルースも彼らの個性が出ていて興味深い。

ジャズCDの個人ページ(工藤)

この記事をはてなブックマークに追加

appleJam 7月のお宝盤

2016年07月01日 | 音楽
観ないと、聴かないと損する、ほんとにグレートヴァリューをした濃密コンサートDVD+CD
Erja Lyytinen Live in London CD+DVD(2枚組)
2015 輸入盤国内仕様 BSMF

今回はロンドンでのコンサートを再びのCD+DVDという構成でのリリースです。
2枚のディスクは同内容で、気軽にCDで音だけ聴きたいときにとても有り難いパッケージ構成だと感じます。
~~ エリヤの歌声にはスイーツ系のまろやかさがあって、そこにかぶさるエッジのはっきりしたスライド・ギターがまた絶妙のコントラスト ~~ という形容は2006年当時から繰り返し使っている言い回しなのですがもうそこから10年以上の歳月が。
長尺のギターソロでもテンションが微塵も下がることのない集中力と瞬発力は映像で観ることでよりリアルな肉迫感を伴います。
ライヴだと大抵誰にでもある一瞬のミスタッチもなくその完璧な演奏に思わず指の動きと音が僅かでもずれているシーンはないのかと食い入るように見てもやはりあとから録り直している部分がないのを実感。
やはり凄くシュアーなギタリストだと改めて。
the Sky Is Crying でのオブリやソロにエリヤのセンスを感じる次第で、エルモアのテイストを残しつつも100%エリヤのタッチで奏でられます。
まさにプロ中のプロ、自分しか出せない味わいをしっかりと堪能させてくれます。
ブルースウーマンのシーンではもはや完全にアメリカはヨーロッパ勢に置いてけぼりにされているこの事実。
文化の土台作りとその育成を忘れて銭儲けだけに走る国にやはりあんまり良い未来はないのかも知れません。
新しい大統領に代わっても背後でアメリカを支配している勢力の価値観や行動が変わらない限りアメリカの文化的暗黒の世紀はまだまだ次世代も延々と続きそう。。
とにかくこのエリヤ・リチネンを始めとする実力派ブルースウーマンたちの活躍がそんな暗黒の時代に明るいたいまつの役割をしていることは間違いのない事実。
聴くだけで、観るだけでわき上がってくるエネルギーを貴方もきっと感じるはずです。
ちなみに共演(バックの)ギタリストも実にセンスの良い手練れで、彼が延々とソロを弾くシーンではエリヤが実に楽しそうにその姿を見守っていてバンドのチームワークの良さもピカイチです。
もしやそのバックのギタリストこそがエリヤのご主人デイヴィッド・フォロレノなのかも知れません。
エリヤは北欧フィンランドの出身ですが、北欧のブルースレーベルとは私は過去にスウェーデンの3社と2人の個人アーティストと取引したことがありますが、個々の国の人口自体は少ないのにそこに占めるブルースファン、ジャズファンの多さは人口比で世界一ではないかと感じたものでした。
ヨーロッパには親子(父娘)やご夫婦でブルースバンドをやっているアーティストも居て一時期一過性のブームで終わってしまった(orしまいかけている)日本とは異なり、自国の文化として米国のルーツ音楽が生活に完全に根を下ろしていることを実感します。
流行っているから、ではなく自分がそれを好きだからと言う動機からずっと同じスタイルで生きている(いける)人の割合が多い国ほど次世代への文化的橋渡しもスムーズにいくということでしょうか。

bb白岩(appleJam)

この記事をはてなブックマークに追加

6月のおススメ盤(工藤)

2016年06月15日 | 音楽
5月31日に彼女のライヴに行ったので、その感動のさめないうちにと、CDを購入しました。安い輸入盤は、今回は組み合わせる他のCDがなく、クーポンやらポイントやらが2千ポイント以上あったので、国内盤を奮発しました。国内盤には3曲ボーナス・トラックがあるということもあるんだけど。ちなみに輸入盤はConcordレーベルの発売のようですね。説明によると、夢の中に出てきた自分の別のキャラクターが、人類の「進化」と「退化」をミュージカル仕立てで、というような構成だそうですけど(そういえばライヴも曲順が一緒だったような...)、あまりそういうことを気にせず聴いても面白いと思います。でも自分の中ではポップスとかロックとかいう位置づけかな。マニアックかなと思ったけど、CDの売れ行きやライヴの動員数を見ても、けっこう人気がありそうです。


エミリーズ・D+エヴォリューション/エスペランサ・スポルディング(Vo、B、etc)(Universal)
Emily's D+Evolution/Esperanza Spalding(Vo, B, etc)(Universal) - Released 2016. Matthew Stevens(G), Justin Tyson(Ds), Korriem Riggins(Ds, Per), Corey King(Back Vo, Tb, Synth, etc.), Emily Gilbert(Back Vo), Nadia Wasington(Back Vo), Fred Martin(Back Vo), Katriz Trinidad(Back Vo), Celeste Butler(Back Vo), Kimbery L> Cook-Ratliff(Back Vo) - 1. Good Lava 2. Unconditional Love 3. Judas 4. Earth To Heaven 5. One 6. Rest In Pleasure 7. Ebony And Ivy 8. Noble Nobles 9. Farewell Dolly 10. Elevate Or Operate 11. Funk The Fear 12. I Want It Now [Bonus Track] 13. Change Us 14. Unconditional Love (Alternate Takes) 15. Tambien Detroit

他の人との共作が8、12曲目の他は全曲エスペランサ・スポルディング作詞・作曲。もはやジャズやフュージョンの枠にはとらえきれず、個性的なロックやポップスの域にあるアルバム。変態的なベース・フレーズに変態的なメロディ・ラインをかぶせて、ということも書きますけど、聴いていて、意外にポップなメロディやコード進行の部分もあります。ただ、いずれにしても曲の組み立てが彼女ならではで、他の人では真似のできない域にあります。彼女のベース&ヴォーカル、そしてギター、ドラムスにコーラスを加えただけのものが基本編成だけど、けっこう分厚く聴こえるのは、コーラスの効果か。個人的には聴く人を選ぶんじゃないかと思うけど、意外にこういうサウンドが世間を変えていくのでは。当然ながらベースの音がいい。(16年3月4日発売)

ジャズCDの個人ページ(工藤)

この記事をはてなブックマークに追加

appleJam 6月のお宝盤

2016年06月01日 | 音楽
スタイル毎に3枚のディスクで構成、今回は本格的にジャズとソウルにも踏み込んだ大いなる意欲作
Ana Popovic / Trilogy 3枚組CDセット
2016 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF

本作を聴いた瞬間、アナ・ポポヴィッチを日本で初めて当店が導入した2006年当時の私自身のコメントを思い出しました。
~~ ポポヴィッチ最大の武器、その歌心溢れるギターワークが既にこのデビュー作にして完成型であったことを知ります。
ロックっぽい曲、ジャジーな曲、モダンなファンクビートと、どのスタイルを取っても自然なフレーズの組み立てがなんともスムースな余韻を聴く者に残します。
~~ と書いた日から丁度10年が経ちました。
何と今回はそれら様々なスタイル毎に3枚のディスクに吹き込んだまさに大いなる意欲作。
ブルージーなハードバップ・チューンをアナ・スタイルのヴォーカルでぐいぐいと展開、中間部のピアノソロはうっかりすると50年代のサヴォイやブルーノート盤を聴く気分です。
これはファンはもちろん元々のファンでなくてもヤラレタを連発するはず。
思えば太平洋戦争のあとも全く懲りずに湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争と、いずれも親子ブッシュ政権下時代の繰り返しの戦争にまみれたアメリカの地ではもはやこういった新鮮なブルース・アーティストは育たないのかも知れません。
幸いヨーロッパに受け継がれたブルースの血が21世紀の今もシーンの最先端で活躍中、アメリカが本来の自分たちの宝の価値にもう一度気がつく日までアナやエリヤ・リチネン達ヨーロッパ勢のブルース・アーティストにとことん頑張って欲しいなと願っている次第です。
旧ユーゴスラビア、現セルビア共和国からデビューした人で当初はドイツのブルースレーベル「RUF」から作品をリリース、その後2007年からはアメリカ~ハリウッド近郊のデルタグルーヴからリリースするようになり、その頃から一層ワイドなスケールで世界をまたに活躍するようになりました。
来日歴もあり、今では相当数の固定ファンをもつ、ブルース女子シーンの中でも女王格になった感があり。

bb白岩(appleJam)

この記事をはてなブックマークに追加

5月のおススメ盤(工藤)

2016年05月15日 | 音楽
自分が社会人になって、ジャズに目覚めて2-3枚目に買ったアルバム(CD)がビル・エヴァンスの「ポートレイト・イン・ジャズ」でした。当時は脳天に衝撃をくらったようになって、何度も聴き返したものでした。その後、彼の出ているアルバムはリーダー作でもサイド参加作でも集めてましたが、その後、発掘音源が次々に出てくるので、いったん追いかけるのをやめてました。でも、発掘音源としては今日のアルバムはMPSのスタジオレコーディングということもあって、出色の出来ですね。やっぱり自分のジャズピアノ聴きの原点は(最近聴いてないにしても)ビル・エヴァンスだということがはっきりしました。まずは聴いてください、ということで。本当に好きなものは理屈ではないです。


Some Other Time/Bill Evans(P)(Resonance)(輸入盤) - Recorded June 20, 1968. Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds) - [Disc 1] 1. You Go To My Head 2. Very Early 3. What Kind Of Fool Am I? 4. I'll Remember April 5. My Funny Valentine 6. Baubles, Bangles And Beads 7. Turn Out The Stars 8. It Could Happen To You 9. In A Sentimental Mood 10. These Foolish Things 11. Some Other Time [Disc 2] 1. You're Gonna Hear From Me 2. Walkin' Up 3. Baubles, Bangles And Beads 4. It's All Right With Me 5. What Kind Of Fool Am I? 6. How About You? 7. On Green Dolphin Street 8. Wonder Why 9. Lover Man (Oh, Where Can You Be?) 10. You're Gonna Hear From Me [Alternate Take]

(16/05/11)Verveの「Bill Evans At The Montreux Jazz Festival」でこのトリオでライヴ録音した(June 15, 1968.)後に、MPSでのスタジオ録音の発掘音源だそうで、続々と彼の発掘音源が出てくる中では、珍しいスタジオ録音ということと、音も当然いいし、数少ないこのメンバーの録音ということで、超ド級と言っていいくらいの発掘音源です。デュオの曲も多いし(Disc 1の半分以上を占める)、ソロの曲もあるものの、同じ曲を演奏しているのは3曲だけで、残り物を集めたという感じが全然ないのもいい。おなじみの曲の演奏もあるけれど、同じ曲を繰り返し演奏するビル・エヴァンスはそれを補ってあまりある魅力が今でもあります。新しいピアニストがどんどん出てきても勝てないと思うのは、やはりこういう演奏は出てくるからでは。

ジャズCDの個人ページ(工藤)

この記事をはてなブックマークに追加

appleJam 5月のお宝盤

2016年05月01日 | 音楽
カメラアングル、画質、録音、そしてパフォーマンスのすべてが総ナイスなドーキンズの決定版的DVD
Jimmy Dawkins / Westside Chicago Blues
輸入盤 JSP

英国放送BBC秘蔵のブルース・アーカイヴから今度は何とジミー・ドーキンズの熱血ライヴが全87分55秒で初のDVD化です。
2000年英国収録のライヴ全10曲のいずれもがまさにシカゴのブルースクラブとイコールの迫力で、普段CDを聴きながら想像していたドーキンズの姿そのまんまです。
ドーキンズ特有の引っかかり気味に弾くハイテンションなギターがこれでもかと堪能出来るのと、その渋い歌にも魅了されること必至。
加えてオマケ収録の31分に及ぶインタビュー映像は英語がよく解らない私でもキャリー・ベルやウィリー・ディスクソン達、往時のシカゴ・ブルースの重鎮達との話はそのときの光景が理屈抜きに眼前に浮かんでくる次第。
静かなる爆燃ぶりに思わず息を止める#6.Just a Lonely Guitar Manに象徴される当夜のバンドとのコンビネーションもなかなかのもの。
一曲一曲に気持ちを込めて歌い、弾くドーキンズのなんと目に眩しいことか。
これは文句なし家宝になり得るブルースDVD!なのです。

bb白岩(appleJam)

この記事をはてなブックマークに追加