東京下町音楽スタジオのロックおばちゃんの日常&娘はドラマー♪

東京下町スカイツリーの近所で音楽スタジオを経営しています。
いろいろぶつくさ語りたいと思います。

★瞳は語る★

2010年04月30日 | 日記



私の目を公開。←何を血迷ってるんだ!!!

意外にもくっきり二重です。

でもなんか哀しさがにじみでてませんか

いつも、心を悟られないようにしてるけど

なんかけっこう顔に出るらしい。

そう。むなしいだけですよ。ひたすら←わけわからない!!!




でも、ちょっとブログ関係で嬉しい事が。

アクセスがずっと

そして、ブログ村のロックの人気記事のランキングの方で、

1~25位内の中に私の記事が7つも入っていた!!

ありがたいことでございます・・・

いつも見てくださる方々ほんとにLOVEです



世間はゴールデンウィークですが、うちは関係ありませんね。

オヤジがいるので逆にウザイだけです!

まあ、スタジオは正月以外無休なので、せいぜいスタジオにいて欲しいです・・。



dirtyroseさん情報によると、buckcherryが夏頃NEWアルバムをだすらしい!!

タイトルが「ALL NIGHT LONG」だって!!

最初、タイトル聞いた時、レインボーを想い出してしまった70年代の私・・。

でも、楽しみだわあ



連休でお疲れになるだろうおとうさん達に、

金髪セクシーねえちゃん達のたくさん出てくるPVを捧げます・・。





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村←ランキングに参加中。ココ押していただけると目も笑います。












コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

★nobody's daughter★

2010年04月29日 | ミュージシャン





朝から胸くそ悪いったらありゃしない。

理由はあえて書かないけど。

うさぎになりたい。

久々登場のミイ坊


いろんな感情がうずまく人間でいる事がたまに嫌になる・・。



コートニーラブ率いるHOLEが10年ぶりにアルバムを出した。

アルバムタイトルが「親のない娘」「誰の娘でもない」


カートコバーンとの間に出来たひとり娘の事を皮肉った題名なのだろうか。

今17歳の彼女の娘はコートニーとの間に確執があり、さらに親権をカートの方の親にとられてしまったらしい。

確かにぶっ飛んだおかあさんのコートニーさんだけど、

このアルバムの1曲目のタイトルにもなっている「nobody's daughter」の訳詞を読むと、

なんとなく娘への愛情を感じてしまう。

不器用な彼女の愛情表現を感じてしまう。

私も「娘のおかあさん」であるわけだけど、

「おかあさん」意外のものとも葛藤しているんだよ。うまく言えないなー。


今回のアルバムは、激しい曲もありバラードもありでバランスのとれた感じ。

ただ、やはり、すべての曲の訳詞を読んでると「意味深」な感じが漂ってる。

前向きのようで、影がある詞。

女の人向けの詞であることは確か。

特に気になる詞があった。

「NEVER GO HUNGRY」という曲の詞の一部。


どんなことでもやってみせる

もう飢えたりしない 二度と飢えはしない

どんな弁護もしてみせる

もう飢えたりしない 二度と飢えはしない

結局、私は生き延びた

地獄の炎に燃やされても 私は生きてる

罪は魂を奪ってしまう

自分で作った混乱を乗り切った

神様、私の声が聞こえる?あなたは私の救済の日

今こそ私が、そう、はっきりさせる時

今こそ私が、そう、男になる時がきた・・・




なんか、いろいろ想像してしまうなあ(笑)

私もそのうち男にならなきゃいけない時がくるかも知れない←何!!?



うちの娘は、私がいなくなったらもっと強くなるんでしょうか・・。

それとも、その逆なんでしょうか・・。



アルバムタイトルの曲を載せておきます。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村←ランキング参加中。ココ押してくれたら感謝です。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★スワロウテイル★

2010年04月28日 | 映画





過去とも未来ともつかない、“円"が世界で一番強かったころを背景に、

夢を求めて日本に渡って来た移民たちから“円都(イェンタウン)"と呼ばれる架空の街を舞台とした、無国籍感覚の物語。

“円都"という名前を忌み嫌った日本人から逆に“円盗(イェンタウン)"と呼ばれて蔑まれる移民たちを主人公に、

彼らの成功と挫折を斬新な映像とスリリングな演出とで描いていく。

監督・脚本は岩井俊二。

主演は三上博史とChara、伊藤歩。

これに江口洋介、渡部篤郎、桃井かおり、山口智子、大塚寧々、洞口依子、ミッキー・カーチスらを加えた豪華なキャストが集っている。

小学生が偽札取引にかかわるシーンの描写等により映倫からR指定を受けたことも話題となった。R指定。




この映画が公開されたのが1996年。

もう14年前。一時若者の間で話題になった映画。

DVDを持っている。

私も娘も三上博史が大好きなんですよ~

14年前のこの映画の三上博史のめちゃくちゃかっこいい事

この映画の中の写真↓


ちょっと危ない役や個性的な役がピッタリだ!!

○イという噂で有名だけど、なんとなくわかる気がする・・。

この映画、他の出演者も最高によい!今じゃ考えられないようなキャスティングである。

退廃的で、危ない感じのする映画なので、好き嫌いが分かれると思うけど、私は好きな映画です。

スワロウテイル=アゲハ蝶の刺青を胸の谷間に入れてるCHARA演じる「グリコ」もステキでした。

そして、ラストに流れる「あいのうた」は名曲だと思います。

CHARAはこの前取り上げたRICKIEさんに影響うけてて、ああゆう歌い方になったらしい。


この映画を一言で言えば「なんだかせつない映画」って感じ。


そして、やっぱり、金より愛なのかな・・・・と(笑)

観てない方は是非観てみてください。

「何か」感じるかも

映画のシーンがバックのPV



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村←ランキングに参加中。ココ押すと票がはいります(PCのみ)励みになります!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★THE DAREDEVILS♪静岡・大阪ライブ終了♪★

2010年04月27日 | ミュージシャン



昨日、大阪から無事、娘のバンドTHE DAREDEVILSが帰ってきました!

実は、Y君の件があってまもない後だったので、非常に心配しておりました。

浅草寺に週3も行ったのも、だぶんそのせいだな。

Y君の事がトラウマみたいになっちゃってて。



でも!!無事帰ってきました。よかった。

静岡の清水のライブでは、ヒロシ君の従兄弟のヒロユキさんが駆けつけてくれました!

娘に言わせると、とても情の熱そうなナイスガイだったそうです

さすがヒロシ君の従兄弟です♪

そして、大阪のライブでは、ママロックドラマーのnaoさんが駆けつけてくれました!

娘に言わせると、ママに見えないとてもキュートガールだそうです

naoさんが差し入れしてくださった海老せんべいの袋があまりにかわいかったので写真に♪

本当は3種類なのだけど、もうひとつの種類は食べてしまってなかった(笑)

かわいいですよね。

そして、さすが!大阪はビニール袋も華やか?



本当は、私も行きたかったんですが、ちょっと今回は無理っぽかったので、

次回は是非!大阪行くぞ!!!!


ヒロユキさん、naoさん、ほんとうにありがとうございました


そして、THE DAREDEVILSは今週またレコーディングでスタジオに缶詰めです。

頑張れー!!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村←ランキングに参加中。ココ押してくださると票がはいります。1位まであともうひといき・・。











コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

★RICKIE LEE JONESと10CCが5月に来日するのかあ★

2010年04月26日 | ミュージシャン
めっきり浅草寺教?の私ですが・・。(注!宗教には入ってませんからねー!)

今週は3回もお祈りに行ってしまった・・

ほんと、パワースポットなんですよ。ここのお寺

行く日によってパワーの感じ方が違うんですよ。

浅草寺付近を、違う角度から撮ってみました。



そして、神秘的な浅草寺の隣にある浅草神社


もう、ブーツも暑くなってきますかねー(休憩中)


帰りに閉まってる店の外にライトアップされてた招き猫。これ、買ったらもうかるかしら。


お祈りした後は落ち着くんですよ~。もっと近所だったら毎日拝んでるかもな。





昨日、呼び屋さんのサイトを見てたら・・

あら!!

5月にRICKIE LEE JONESと10CCが来日するではないですか!


RICKIEさんは、前にブログでとりあげた→ココ

私がまだ、うら若い若い時、ひとりで観に行ったRICKIEさんのライブ

ライブが終わった後、「いい女」になったような?気にさせてくれたライブだった(笑)

彼女はまだがんばってるんですねえ~(しみじみ)

最近の彼女↓


行こうかなあ・・でもそうするとレンチャンライブになるけど(前の日はイールショックさん)

そして10CCだけど、たまたまうちにLPが残ってました(売ってなかったという意味じゃ)

それがこれ↓


もしかしたらこれ弟のかも??忘れちゃった・・。

10CCは毒のない70年代ブリティシュロックという感じだっけなー。

確か、全員スタジオミュージシャンとかやってたりした技巧派バンドだと思った(うら覚え)

やはり鮮烈に覚えてるのは、この曲ですね~。

写真の向かって左のアルバムに入ってます。



懐かしい気持ちになるなーやっぱり。


そしてRCKIEさんはやはりこの曲が一番好きですなあ♪



う~ん・・やっぱりRICKIEさんは行こうかな~またひとりで・・(好きな人まわりにいなそうだし笑)

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村←ランキング参加中。ココ押してもらえると票が入って嬉しいです!1位が近づいてきた・・けど・・だめかな・・


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加