マイ・レストレス・ハーツ/My Restless Heart

トウキョウの東をさまよい続ける【左一白】の備忘録

2017年度社台サンデー募集馬を考える

2017年06月13日 17時05分00秒 | 一口馬主
2年連続でこのクラブでの出資は金銭的厳しい。

しかしながら、そこは承知の上でパンフとDVDと測尺表とにらめっこの日々。

一番欲しいと思ったのはミスエーニョの16ですが、高過ぎて無理です。

とにかく毎年の如く検討要素や懐具合の兼ね合いで“帯に短したすきに長し”状態。

今年はワラウカドでディープインパクト産駒を出資したので、取り止めるのが無難だけど、

それがすんなりできるほど自分は意志が強い人間ではありませんw




自分の記録用に、個人的に気になっているお馬さんを列記していきます。

優先順位は価格面、馬体サイズ、厩舎、育成先。

あとは自分なりのこだわり(←これが一番要らない!)


30.シーキングマイラブの2016(父・ゴールドアリュール)
  社台Fでもダートなら戦える、と昨年も言ったような。

67.ヴァルパライソの2016(父・ノヴェリスト)
  馬体的には一番の好み。兄姉たちも地味に堅実だし。

70.マサノミネルバの2016(父・ヴィクトワールピサ)
  地方入厩御用達に血統ですが、中央に来るということは出来が良いのでしょうか?

72.アイアムラヴィングの2016(父・ヴィクトワールピサ)
  このお馬さんに限らず、母父ファルブラヴにはとても注目しています。

78.ワールドリープレジャーの2016(父・ゴールドアリュール)
  牝馬のゴルア産駒。これ牡馬だったら超人気になるでしょうし、価格も倍でしょう。

88.フレンチビキニの2016(父・スウェプトオーヴァーボード)
  スウェプト好きの自分にはぜひとも欲しいお馬さんですが、少々お値段高過ぎませんか。


118.フォルクローレの2016(父・ロードカナロア)
  キンカメとDIDはニックスだとにらんでいるが、一口60万はちょっとねぇ。

120.サンデースマイルⅡの2016(父・ロードカナロア)
  フルーキーにはお世話になっているけど、やはり値段的に厳しい。

133.ラテアートの2016(父・キンシャサノキセキ)
  全然悪くないと思う。あとはお値段だけ。

140.ロージーチャームの2016(父・クロフネ)
  2年連続して追分&新開幸一厩舎は有りか無しか?

145.アンソロジーの2016(父・ヴァーミリアン)
  出資最有力候補。お値段的にも注目されていないのが不思議。

166.クッカーニャの2016(父・ロードカナロア)
  サンデーの一口55万円というのは自分にとっては縁起物。

180.デュアルストーリーの2016(父・ゴールドアリュール)
  小崎厩舎&ゴルア産駒の黄金コンビ。でもホットセットさんのことを思うと・・・。

184.アガルタの2016(父・ブラックタイド)
  堅実な血統。それゆえに人気になるでしょうね。

190.パッシフローラの2016(父・ダンカーク)
  どんな意図でこの配合になったんだろう? という不思議な雰囲気のあるお馬さん。

191.ピュアチャプレットの2016(父・バゴ)
  バゴ産駒そのものが多種多様なので、既存の種牡馬の仔を買うより楽しみはありそう。

192.クロノロジストの2016(父・バゴ)
  ネットで検索すると、191のバゴよりこちらのほうが評判が良いらしい。


これぐらいかな。

昨年よりは自分好みのお馬さんがいるようなラインナップ。

買う・買わないは別にして、自分が注目した上記のお馬さんが

一頭でも重賞戦線で活躍してくれれば幸いです。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦和競馬場まで行ってきた | トップ | 職場の健康診断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL