青空世界

ようこそ「雲のサロン」へ。
創作物語、日々の面白い出来事や、私の考えなどなど。

久米さ~ん♪ その2

2017年08月13日 | Weblog
久米さんは元気だな、やっぱり、本心をまっすぐに言えると、元気になれるのかな。

雲は、とんでもなく暑い、湿度の高すぎる時は、

競技をするのも、観るのもやめるのが正しいと思っているし、

もちろん、夏のオリンピックなんて、頭ついてんのかっ????? 

と思っているから、久米さんに賛成!v(^^)

「いつ辞めてもいいという人間は強い。

この放送を聴いているリスナーには、仕事のチャンスがあると・・・・・

某大手広告代理店を敵に回す事になるので」というような事を聴いたけど・・・・・

ああ、それで、お盆のリスナーの現地ルポをやってたんだ・・・・・

辞めさせられるものなら、やってみろ!

「久米宏 ラジオなんですけど」のリスナーのみんなを

      なめんなよ、某大手広告代理店!(^^)

以下部分引用転載

http://lite-ra.com/2017/08/post-3379.html
久米宏、明石家さんま、鴻上尚史、アジカン後藤、ウーマン村本…同調圧力に負けず東京五輪に異議を唱えた著名人


久米は以前より東京オリンピックに対しては一貫して反対の意見を表明し続けてきた人物だが、先月31日付日刊ゲンダイのインタビューでこういった全体主義的な同調圧力を「オリンピック病」と断じたうえでこのように語っている。

「「今さら反対してもしようがない」ね。その世論が先の大戦を引き起こしたことを皆、忘れているんですよ。「もう反対するには遅すぎる」という考え方は非常に危険です。日本人のその発想が、どれだけ道を誤らせてきたか」
「しょせん、オリンピックはゼネコンのお祭りですから。つまり利権の巣窟。一番危惧するのは、五輪後のことを真剣に考えている人が見当たらないこと。それこそ「オリオリ詐欺」で閉会式までのことしか誰も考えていない。国民が青ざめるのは祭りの後。いいんじゃないですか、詐欺に遭っている間は夢を見られますから」
「何で誰も反対と言わないのか不思議なんですよ。そんなに皆、賛成なのかと。僕は開会式が終わっても反対と言うつもりですから。今からでも遅くないって。最後の1人になっても反対します。でもね、大新聞もオリンピックの味方、大広告代理店もあちら側、僕はいつ粛清されても不思議ではありません」


久米宏と同じく鴻上尚史も大会期間中の天気を問題視


 久米が東京オリンピックに反対する理由はいくつもあるが、その主要なもののひとつが、東京をこれ以上大きい街にしてしまうことへの危機感だ。

「僕がオリンピックに反対する大きな理由は、これ以上、東京の一極集中は避けるべきと考えるからです。既にヒト、カネ、コンピューターが集まり過ぎ。オリンピックは日本中の財や富をさらに東京に集中させます。首都直下型地震が起きたら、日本の受けるダメージが甚大になる」

 今回のオリンピックに関しては「アスリートファースト」なる言葉が黄門様の印籠のごとく躍っているが、久米はこの季節にオリンピックを開催することが本当に「アスリートファースト」なのかという根本的な疑問も投げかける。

競技を行うには暑すぎます。台風も来るし。日本にとって最悪の季節に開催するのは、アメリカ3大ネットワークのごり押しをIOCが聞き入れているだけ。今からでもIOCに10月に変えてと懇願すべきです
なぜ真夏開催でOKなのか。本当に聞きたいんです、組織委の森喜朗会長に。アンタは走らないからいいんだろ、バカなんじゃないのって。この季節の開催は非常識の極み。開催期間の前倒しは難しいけれど、3カ月ほどの後ろ倒しは、それほど無理な注文じゃないと思う。工事のスケジュールも楽になる。絶対に開会式は前回と同じ10月10日にすべき。それこそレガシーですよね
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平壌発 横田基地着便 | トップ | バ ナ ナ ♡ »

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL