gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

ソードアート・オンライン第13話『奈落の淵』の感想レビュー

2012年09月30日 15時18分43秒 | 現在放映中のアニメ
攻略に戻るのか…と思っていたら、その前に壁ドン展開ワンモアセッ!というわけで、ネグリジェの背中エロすぎワロタ!回でした(もちつけ、俺ェw) 釣りエピソードは端折るのかしらと思っていたのですが、こんな片田舎っぽい土地でも知名度の高いアスナさん、流石っすw オンラインゲームで釣りというと、FF11の太公望の釣竿クエを思い出す管理人ですが、戦闘以外でプレイヤーが楽しめる要素をどれだけ実装しているかも、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (41)

境界線上のホライゾンⅡ第13話(最終回)『境渡りの欲深き者達』の感想レビュー

2012年09月30日 13時07分37秒 | 現在放映中のアニメ
スタッフさんありがとう!!と声を大にして言いたくなる大団円最終回でした。 戦闘シーンまわりはもちろんのこと、原作で今後出てくる各勢力のキーパーソンが顔見せとか、なんともファン泣かせでござる…素敵♪ 今回の戦いを見た彼らが、どの様に武蔵と関わってくることになるのか…気になった方は原作一気読みでw プリキュ…もとい、双嬢の新装備お披露目からのスタートでしたが、ガッちゃんの挫折→復活までの過程を丁寧に . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (17)

「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」に参加させて頂きます。

2012年09月29日 17時38分40秒 | その他アニメ
ブログやツイッターでいつもお世話になっている『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様(管理人ピッコロ様他の皆様)の 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」の企画に参加させて頂こうと思います。 参加の仕方など、詳しい内容につきましては、元記事のほうでご確認くださいませ。 『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様の 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないか . . . 本文を読む
コメント

エウレカセブンAO第22話(一旦最終回)『ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー』の感想レビュー

2012年09月28日 11時55分09秒 | 現在放映中のアニメ
ようやくレントン(゜∀゜)キタコレ!!うひょー、声ひろしさんかYO!とテンション上がりまくりましたが、完結編は晩秋公開ってどういうことなのスタッフさん!?な最終回でした。 ぶっちゃけ、本編よりもCパートの方が見応えあった気がw 一応今月号のTV雑誌を流しみたところでは10月内ではなさそうな感じかしら。 結果的に作画関係のクオリティアップになるなら、変則放送も悪くないと思えますが、アオ達よりもエウレ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールドの感想レビュー(ゲーム)

2012年09月27日 20時36分49秒 | ゲーム
バンダイナムコゲームスのPSP用シミュレーションゲーム、『SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド』が発売中です。 最早ゲーム好きガンダムファンなら誰もが知っていると言っても過言ではないGジェネシリーズなので、早速やり込んでいるという方も多いのではないでしょうか? 各作品の名場面をなぞっていくワールドツアーと、本作オリジナルのストーリーが展開するワールドコアの2つのモードが遊べるのが . . . 本文を読む
コメント

けいおん! collegeの感想レビュー(コミック)

2012年09月27日 13時40分39秒 | コミック・雑誌
芳文社のコミック、『けいおん! college』(かきふらい先生原作)が発売中です。 単行本の無印『けいおん!』が4巻で完結してから、実に2年ほどが経過しているわけですが、久しぶりに彼女達に会えることを楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか? 表紙は、いつもの4人が和気あいあいと描かれた1枚。 裏表紙にも、college編からの新キャラである恩那組の3人が対になるように描かれていて、なんと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

機巧少女は傷つかない9巻の感想レビュー(ライトノベル)

2012年09月25日 17時55分44秒 | ライトノベル・小説
MF文庫Jのラノベ、『機巧少女は傷つかない9 Facing "Star Gazer"』(海冬レイジ先生原作、るろお先生イラスト)が発売中です。 表紙は物憂げな表情のシャル。 優しく抱きしめる姿に母性のようなものが感じられてなんだか心温まりますね。 今巻は、彼女にとって試練続きの内容なので、この表紙自体からも色々と想像させられるシチュエーションではありますが、読後に見返すと一層感慨深いかも。 お話 . . . 本文を読む
コメント

テルマエ・ロマエ5巻の感想レビュー(コミック)

2012年09月25日 14時06分20秒 | コミック・雑誌
エンターブレインのコミック『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ先生原作)の5巻が発売中です。 実写映画化やアニメ化でますます有名になった本作ですが、いよいよ物語もクライマックスへと近付き、過去も現代も目が離せない状況になっているのでファンの方は要チェック♪ 表紙を見て、思わず風呂あがりのフルーツ牛乳が飲みたくなってしまったのは自分だけではないはずw お話的には、伊藤温泉全体を狙うリゾート計画という . . . 本文を読む
コメント

機動戦士ガンダムAGE第49話(最終回)『長き旅の終わり』の感想レビュー

2012年09月24日 14時10分34秒 | 現在放映中のアニメ
かくして、フリット・アスノは人類の救世主となり、地球と火星に平和が訪れましたエンドでした。 結末自体は予定調和でしたが、キオではなくフリットの功績というまとめ方になったのは大いに不満の残るところかと。 というか、個人ではなくガンダムが救世主になるんじゃなかったのかのう…。 何の不満もなく最終回面白かった!AGE全体が面白かった!という人にとっては水を差すような記事になりそうなので、あしからずご了承 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (6)

ソードアート・オンライン第12話『ユイの心』の感想レビュー

2012年09月23日 14時07分12秒 | 現在放映中のアニメ
家族水入らずの優しい時間が続くかと思いきや、別れの時は意外と早く…(´;ω;`)ブワッ回でした。 いや、今回ユイの正体が判っても尚、一緒に居たいと思えた時点で、更に家族としての結びつきも深まったと考えるほうが前向きで良いかも知れませんね。 彼女のデータの残滓となるアイテムも手元に残ったわけですし、これは復活ワンチャンあるで!ということをシリカ編のエピソードと絡めて連想しやすくなっている気がします . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (43)

境界線上のホライゾンⅡ第12話『居場所の刃傷持ち』の感想レビュー

2012年09月23日 13時00分05秒 | 現在放映中のアニメ
東西無双の名をかけて、いざ、尋常に勝負ッ!回でした。 いや、夫を寝取られて奥様逆上!とかでは無いで御座るよ、多分w というか、前回の点蔵もげろ祭から一転、全編これバトル!!の神回だったと言わざるを得ない♪ いつもより多めに出しております♪な感じで二刀四砲状態のさんを、速度重視の一点突破で接近する二代がカッコ良うござったなぁ(詠嘆)。 砲として撃つだけでなく、鈍器としても活用する変形ガン=カタス . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (15)

エウレカセブンAO第21話『ワールド・トゥ・ワールド』の感想レビュー

2012年09月21日 16時12分07秒 | 現在放映中のアニメ
エレナの正体が明らかに!な、謎解き進行回でした。 ざっくり言うと、「おうふw拙者ww異世界の戦士wじゃなかったでござるwwwフォカヌポゥ」みたいな感じだったわけですが、本人は至って真面目に信じていたわけで、合掌。(´;ω;`)ブワッ 視聴者視点でも、エレナ=世界を渡って来た&ひょっとしたらエウレカの子どもかも?という雰囲気に見えていた方が多かったと思うのですが、ぶっちゃけ完全にミスリードだったと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

『とある飛空士への誓約』1巻の感想レビュー(ライトノベル)

2012年09月20日 01時57分40秒 | ライトノベル・小説
ガガガ文庫のラノベ、『とある飛空士への誓約 1』(犬村小六先生原作、森沢晴行先生イラスト)が発売中です。 ガガガ文庫の顔役と言っても過言ではない飛空士シリーズの新シリーズということで、待ち望んでいたファンのかたも多いのでは無いでしょうか? メインとなる登場人物は一新されているので今作から読み始めても全く問題ありませんが、やはり既刊を順に読み進めていくほうが世界観が共通しているのでより楽しめると思う . . . 本文を読む
コメント

ジョジョリオン3巻の感想レビュー(コミック)

2012年09月19日 15時38分19秒 | コミック・雑誌
集英社のジャンプコミックスから、『ジョジョリオン』(荒木飛呂彦先生原作)3巻が発売中ッ!です。 表紙はなんともリラックスムードな定助&康穂。 今シリーズではふたりの初々しいラブコメぶりも見所なわけですが、3巻にして既に相性ピッタリな本命同士という雰囲気がにじみ出ていて(・∀・)ニヤニヤですね。 お話的には、大弥のスタンド能力によって記憶を完全に奪われつつあった定助の大逆転劇が描かれる前半パートと . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (2)

神様ドォルズ11巻の感想レビュー(コミック)

2012年09月19日 13時51分09秒 | コミック・雑誌
小学館のコミック『神様ドォルズ』(やまむらはじめ先生原作)の11巻が発売中です。 表紙は匡平&阿幾の宿命のライバルコンビ。 いよいよ最終決戦間近!ということでぴったりの人選ですね。 お話的には、天照素から桐生を奪還してめでたしめでたし…となるかと思いきや、隻が出払って手薄になった空守村を阿幾が強襲!一方その頃、天照素と対をなす特別な案山子である“常絶”(とこだち)の脅威が忍び寄っていて…といった . . . 本文を読む
コメント

ブンブンカウンター

応援バナー

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート