gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」に参加させて頂きます。

2012年09月29日 17時38分40秒 | その他アニメ
ブログやツイッターでいつもお世話になっている『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様(管理人ピッコロ様他の皆様)の 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」の企画に参加させて頂こうと思います。
参加の仕方など、詳しい内容につきましては、元記事のほうでご確認くださいませ。

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様の 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」記事へはこちらから



※下記の説明文他につきましては、元記事よりコピペさせて頂いておりますのでご了承下さいませ。

<評価項目について>

今回、作品を評価するにあたって評価項目を6つ設けることにしました。具体的には以下の通りです↓

ストーリー
キャラクター性

演出
音楽
総合的な評価

続いてそれぞれの項目について説明させていただきます

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。


<評価項目は各5点満点>

それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。

一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い


*注意1)評価項目は6つございます。その中の「総合的な評価」は総合点ではございません。お間違いなきよう


感想を書いていたものより感想を書いていなかったもののほうが評価が高めな気もしますが、そこは放送日との兼ね合いがあるのでお察し下さいw
というか、フェイトゼロの2期が鉄板過ぎて他が霞みそうな気がしていたので視聴優先で良いかな~?とモチベーションは低めだった気も。
アニメシャワー枠固まりすぎw

・ZETMAN(計15点)

ストーリー   2  
キャラクター性 3 
画       2
演出      2
音楽      2
総合的な評価  2

桂正和先生原作なので、ひょっとしたらタイバニファンが流れてきて盛り上がるんじゃないかな~?とヤマを張りつつ視聴を始めたのですが、そんな事は無かったぜ…orz
キャラの個性は強く出ていましたし、テーマも明瞭だったので演出によってはもっと輝きそうではありましたが、ストーリーのぶつ切り感&謎展開、ヒロインの使い方の悪さ、ウリであったはずのエログロが中途半端等、粗が目立ちすぎて残念。



・Fate/Zero 2ndシーズン(計30点)

ストーリー   5  
キャラクター性 5  
画       5
演出      5
音楽      5
総合的な評価  5

タイプムーン信者としてオリジナルの原作で読んでいましたが、これが満点で無ければ何を満点にすれば良いのかというレベルだったかと。
アニメクオリティどころか、劇場版クオリティじゃねーの…といった感じで、他の作品と頭ひとつどころかコース半周分ぐらい差をつけていたかと。


・咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(計22点)

ストーリー   2  
キャラクター性 5  
画       5
演出      3
音楽      3
総合的な評価  4

個人的には好きな作風なので毎週楽しく見ていましたが、本家の咲を超える部分があったかというと弱いかなぁ…ということで点数は低め。
せめて本放送だけで切りのいいところまで行って欲しかった、あるいは原作でもズッパリカットされていた特訓シーン&試合シーンをオリジナルで保管して欲しかったなと思います。


・這いよれ!ニャル子さん(計27点)

ストーリー   3  
キャラクター性 5  
画       5
演出      5
音楽      4
総合的な評価  5

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!  Let's\(・ω・)/にゃー!

というわけでアニメ2期おめでとうございますw
フラッシュ時代、ひっそりと感想を書き続けていた頃が懐かしく思い出される今日この頃ですが、アニメブロガーの皆さんにもウケが良かったようで何よりですw
原作のネタを全部、とは行きませんでしたが、主だったところはカバーしていましたし、キャラも多めに出し終わっているので2期はもっと遊べるんじゃないかと思うので期待♪


・ヨルムンガンド(計26点)

ストーリー   4  
キャラクター性 5  
画       4
演出      5
音楽      4
総合的な評価  4

個人的にはダークホースでしたが、設定の意外性とシリアスな展開で惹きつけられました。
PVの時はなんというアゴアニメwとか思っててゴメンナサイm(_ _)m
2期を見てどんな締め方になっているのか判れば、更に名作になる可能性もあるのではないかと。
あと、某オーサカ国にはシヤムンガンドと呼ばれる女性武器商人が居てな…w( ´・ω・)·︻┻┳═一 。


・AKB0048(計28点)

ストーリー   4  
キャラクター性 5  
画       5
演出      5
音楽      5
総合的な評価  4


正直、オリジナルAKB48については全く知らない状態での視聴だったので、ファンの人にどう映ったのかはわからないのですが、普通に面白かったというか、キャラの絵さえ受け入れられれば問題なく楽しめる作品として、手堅く仕上げられていた印象です。
監督さんの得意分野である戦闘シーンはもちろん、普通の女の子がアイドルとして成長していく過程を青春劇的に見せる演出といい、人気曲を多数カバーしたステージシーンといい、食わず嫌いで放置するには惜しい作品だと思うので、未見のアニメファンの方は2期がはじまる前に一気見するのも良いのではないかと。
ぶっちゃけ、誰がどのオリジナルメンバーに憧れていたり…といった部分はよく覚えていなかったりですが、どういうオチを持ってくるのか続きが気になります。


・モーレツ宇宙海賊(計28点)

ストーリー   4  
キャラクター性 5  
画       4
演出      5
音楽      5
総合的な評価  5

骨太なSFと高校生の海賊船長というギャップはインパクトがありましたね。
思ったほどモーレツなお色気サービス等はありませんでしたが、安心して見れる作品というイメージが強かったです。
ももクロの主題歌も、はじめはいかがなものかと思いましたが妙に癖になるというかアルバム借りてきたりしてなんとなく聴きまくっていた時期があったりw
終盤のオリジナル?展開はそこまでと方向性が違いすぎていたというか、だったら原作に忠実なエピソードを見せて欲しかったという感じでマイナスでしたが、全体的に丁寧に作ってあったのが好印象でした。


・アクエリオンEVOL(計28点)

ストーリー   4  
キャラクター性 5  
画       5
演出      4
音楽      5
総合的な評価  5

アマタの正体が賛否両論というか、前作ファンには超否定wされていた印象でしたが、前作を見ていなかった俺に隙はなかったのぜ!
ロボット好き&ラブコメ好きな自分としてはとても楽しめましたし、毎回の強引な合体設定に比べれば、最終回のゴリ押しっぽい展開も特に気にはならなかったかなという感じ。
ネタをたくさん用意してファンに突っ込んでもらおうというスタッフさん達の方向性もハッキリしていましたし、作品を好きで見ている人が楽しめる作品に仕上がっていたのは好印象でした。
個人的には、いずれ「魔法科高校の劣等生」がアニメ化された時には石田可奈先生の絵がどんなふうに動くのかイメージトレーニングしたいなという意味でも見ていたわけですが、これなら太鼓判かなと勝手に盛り上がっていたりw




続いて、各部門別賞はこんな感じになりました。


ベストキャラクター賞 
『加藤 茉莉香』 (モーレツ宇宙海賊)

ベストOP賞 
『太陽曰く燃えよカオス』/後ろから這いより隊G ニャル子(阿澄佳奈) クー子(松来未祐) 暮井珠緒(大坪由佳) (這いよれ!ニャル子さん)

ベストED賞 
『Black Holy』/小松 未可子 (モーレツ宇宙海賊)

ベスト声優賞・男性 
『梶裕貴さん』 (アクエリオンEVOL/アマタ・ソラ役)

ベスト声優賞・女性 
『小松未可子さん』 (モーレツ宇宙海賊/加藤 茉莉香役)


以上のような結果となりました。
各評価、セレクトともに、gurimoe個人の独断と直感に依る内容となっておりますのでご了承下さいませ。

全体的には、もっとガンガンフェイトゼロを推していく感じで個別賞に入れても良かったのですが、今回は別格扱いということでw
というか、加藤 茉莉香さんの演技やボーカルが上手かったなぁという印象が特に強かったので、エンディングにかかる回数は少なかったですが入れてみたりしてます。
テーマ的には本家ももクロエンディングより合っていたと思いますしw
時期的には、某作の某ヒロインが棒だったのに比べると特に上手さが感じられたというか(汗)


最後になりましたが、ピッコロ様に於かれましては今回も企画の立ち上げお疲れ様です!
前回の企画記事を書いた時に、次こそは早めに書かないと!と気合いを入れたつもりが、ズルズルと遅くなってしまい申し訳ございません。
次こそは!(死亡フラグ)
冗談はともかく、やはり最終回を見終わった直後のほうがより細かく印象に残ったシーンを挙げられると思いますし、時間の無さを理由にせずに、なるはやで感想をあげていくことの大切さを再確認させられる今日この頃ですm(_ _)m

それでは今後ともよろしくお願いいたします。




興味のある方は是非、元記事の方で他のアニメ感想ブロガー様方のご意見もチェックなさってみてくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




http://picoro106.blog39.fc2.com/tb.php/6226-ab761d59
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エウレカセブンAO第22話(一... | トップ | 境界線上のホライゾンⅡ第13話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL