gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

真・恋姫†無双~乙女繚乱☆三国志演義~蜀書・外史~荒野の決戦!の感想レビュー(ライトノベル)

2009年05月31日 21時08分01秒 | ライトノベル・小説
ファミ通文庫のラノベ、『真・恋姫†無双~乙女繚乱☆三国志演義~蜀書・外史~荒野の決戦!』(小林正親先生著、片桐雛太 かんたか両先生イラスト)が発売中です。 三国志をベースにしつつ、英雄達が女性として描かれる事が話題となったBaseSon原作の同名ゲームからのノベライズです。 『恋姫†無双』に続き、2009年秋には『真・恋姫†無双』のテレビアニメ化も決定していることで話題ですね。 表紙のメインは劉 . . . 本文を読む
コメント (2)

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!2巻の感想レビュー

2009年05月31日 01時21分43秒 | ライトノベル・小説
ファミ通文庫のラノベ、『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!disc2』(田尾典丈先生原作、有河サトル先生イラスト)が発売中です。 表紙は春海と夏海の姉妹コンビ。 1巻の表紙が理恵と咲のWヒロインだったので、順当な流れのように感じられます。 本編では理恵や咲に比べると、脇役的ポジションになりがちな彼女達ですが、キャラデザを見るだけでも十分に主役を張れる気が。 性格も、これぞ姉萌え!妹萌え!という感じで . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

けいおん!第9話『新入部員!』の感想レビュー

2009年05月29日 13時46分58秒 | ギアス他カテゴリ分け終了済み作品
オープニングにあずにゃん追加!さすがは京アニさん、分かっていらっしゃる!o(^▽^)o 身長が低い分、ギターが大きく感じられるあずにゃんですが、そのギャップによって生まれるちっこカワイい感が萌え☆ですね。 冒頭からテンション上がってキター!な、あずにゃんメイン回でした。 初の後輩部員という事で喜ぶメンバー達の様子に癒されました。 特に唯の舞い上がりっぷりはニヤニヤでしたね。 やっぱり年下の相手だ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (80)

アスラクライン第9話『存在するはずのない禁忌の存在』の感想レビュー

2009年05月29日 02時24分44秒 | アスラクライン2&1期
魔神相剋者(アスラクライン)加賀篝隆也が本格的にお目見えするお話です。 作品のタイトルでもあるアスラクラインとは、『使い魔(ドウター)と機巧魔神(アスラ・マキーナ)の両方の力を同時に手に入れた人間の事』だと判明。 悪魔との契約者(コントラクタ)と、悪魔を滅ぼすために選ばれた演操者(ハンドラー)という、本来なら拮抗するはずの能力を得たアスラクラインは、サブタイトル通り『存在するはずのない禁忌の存在 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (20)

IS〈インフィニット・ストラトス〉の感想レビュー(ライトノベル)

2009年05月28日 20時31分58秒 | ライトノベル・小説
MF文庫Jのラノベ、『IS〈インフィニット・ストラトス〉』(弓弦イズル先生原作、okiura先生イラスト)が発売中です。 表紙はメインヒロインである篠ノ之箒(しののの・ほうき)。 ツンデレ系の凛々しい幼なじみという設定に加え、ポニーテールで刀と来れば、それだけで読んでみようかな?と思われる方も多そうな気がします。 (=^▽^=) 『IS(インフィニット・ストラトス)』と呼ばれる飛行パワードスー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

本日の騎士ミロク1巻の感想レビュー(ライトノベル)

2009年05月28日 03時55分13秒 | ライトノベル・小説
ファンタジア文庫のラノベ、『本日の騎士ミロク』(田口仙年堂先生原作、高階聖人先生イラスト)の1巻が発売中です。 表紙は主人公のミロクとヒロインのジュジュことジェルメーヌ・ジルサニア姫、そして見た目はウサギの赤目隊隊長、ビスマルクの3人。 この作品の特徴的な部分を体現するキャラが揃い踏みという感じですね。 高階先生の柔らかなデザインのキャライラストからは、一見日常のドタバタやラブコメがメインにな . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

涼宮ハルヒの憂鬱第8話『笹の葉ラプソディ』(2期新作)の感想レビュー

2009年05月28日 02時37分22秒 | その他アニメ
噂は本当でした。 というか、新エンディング『止マレ!』も登場で、サプライズの連続でしたね。 SOS団で七夕イベントをする事に決めたハルヒは、笹や短冊の準備に大忙し。 それぞれ『らしい』願い事を書いていくメンバーですが、彦星や織姫は遥か遠くの存在で、願いを叶えてくれるとしても16年以上の時間がww 『16年か…長いな…。』 メランコリックに呟くハルヒの、いつもと違う雰囲気がまた良い感じです。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (84)

月刊コンプエース7月号の感想レビュー(コミック雑誌)

2009年05月27日 20時11分23秒 | コミック・雑誌
角川書店のコミック誌、『月刊コンプエース』の7月号が発売中です。 表紙は『魔法少女リリカルなのはvivid』(都築真紀先生原作、藤真拓哉先生漫画)から、なのはとヴィヴィオ。 3期に渡ってテレビアニメ化され、第1期の完全新作リニューアル劇場版、『魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st』も2009年中に公開予定と、相変わらず人気のなのはシリーズは、ご存知の方も多いと思います。 今回の主役 . . . 本文を読む
コメント

月刊コミックアライブ7月号の感想レビュー(漫画雑誌)

2009年05月27日 15時33分23秒 | コミック・雑誌
メディアファクトリーのコミック誌、『月刊コミックアライブ』の7月号が発売中です。 表紙は『聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)』(山田孝太郎先生による漫画化)からルークとセシリー。 テレビアニメ化も決まり、原作ラノベ版6巻、コミック版の1巻が共に6月発売と、盛り上がって来ていますね。 本誌では両開きの迫力ある構図を惜しみなく使い、ルークの戦闘シーンを格好良く演出! イラストをたくさん使えるコミック版 . . . 本文を読む
コメント

咲-Saki-第8話『前夜』の感想レビュー

2009年05月25日 16時43分10秒 | 咲-Saki-
麻雀での対局シーンは使わずに、演出一本で決戦前夜のボルテージを高めていくお話でした。 ある意味、物凄い冒険な気もしますが、作品自体の懐の深さと、それをやり遂げるスタッフさんの気合いのおかげで良回だったと思います。 原作になかったシーンと、忠実に再現したシーンの両方が、それぞれ打ち消し合わずに伸ばしあって、各出場校毎の試合にかける意気込みを上手く表現出来ていたのが好印象でしたね。 \(^_^)/ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (56)

戦場のヴァルキュリア第8話『紐解かれる歴史』の感想レビュー

2009年05月25日 14時59分40秒 | ギアス他カテゴリ分け終了済み作品
…スージー帰って来て(ノ_・。) お話的には、敵ボスと主人公が初邂逅し、ヴァルキュリア人の超パワーが明らかになるという重要回でした。 紐解かれたのはヴァルキュリア人の歴史というよりはウェルキンの大学時代の女性関係にまつわるエピソードだった件ww ぶっちゃけ、ゲーム本編からかなりかけ離れた展開になってきているのが良い方向に転ぶのか、悪い方に転ぶのか予断を許さない感じかなと思います。 遺跡の中でマ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (26)

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS第8話『激震:furioso』の感想レビュー

2009年05月24日 20時21分00秒 | 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
コーティカルテの過去の秘密を知ったフォロンは、どの様な行動をするのか? 精神的にも地形的wwにも揺さぶりが!というお話です。 前回ほとんど背景だったイアリティッケやゴリアーデが派手に暴れてくれる回でもありました。 イアリティッケに結界を張るように指示していたサモンが、この星空ももうすぐ見納めだ…というような事を呟いているのが意味深です。 喩えではないのだとしたら、天変地異クラスの異変が起こる、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (13)

鋼殻のレギオスシークレット・サイド2巻の感想レビュー(コミック)

2009年05月24日 01時13分27秒 | コミック・雑誌
角川書店のコミック、『鋼殻のレギオスシークレット・サイド』(渡里先生による漫画化)の2巻が発売中です。 表紙のレイフォンが刀を持っていることが、この巻のポイントかも。 ラノベ版では、かなり後にならないと刀を握ろうとしない彼ですが、シークレット・サイドでは構成に手が加えられ、2巻から早々にハイア・サリンバン・ライアが登場! レイフォンのライバルとして激闘を繰り広げる事に!という展開です。 ハイス . . . 本文を読む
コメント

GENEZ(ジーンズ)1巻の感想レビュー(ライトノベル)

2009年05月23日 18時32分41秒 | ライトノベル・小説
富士見ファンタジア文庫のラノベ、『GENEZ-1 ジーンズ』(深見真先生原作、mebae先生イラスト)が発売中です。 表紙は通称GENEZと呼ばれる、『獣系遺伝子制御強化外骨格』に身を包んだ主人公の謙吾と、『ナイチンゲール』という名の特殊な能力の持ち主であるヒロイン、ユキナ。 戦闘における重要なパートナーでもあり、幼なじみとして意識しあう間柄でもありと、公私両面での2人の関係も、この作品の大きな . . . 本文を読む
コメント

天上天下20巻の感想レビュー(コミック)

2009年05月23日 12時51分48秒 | コミック・雑誌
集英社のコミック、『天上天下』(大暮維人先生原作)の20巻が発売中です。 最新巻が出る度に、細部まで描きこまれた美麗なイラストは、この作品の最大の魅力だと改めて思い知らされます。 表紙はいよいよ光臣との兄弟対決を迎える雅孝。 普段は損な役回りを演じることも多いものの、主要キャラ達からは一目置かれた存在である雅孝ですが、今巻では主役級の活躍をするので見逃せません。 兄を想う故に、拳を交えなければ . . . 本文を読む
コメント

ブンブンカウンター

応援バナー

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート