銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

思い出のマーニー

2015年03月20日 | アニメ
2014年
日本
103分
ファンタジー/青春/ファミリー
劇場公開(2014/07/19)



監督:
米林宏昌
『借りぐらしのアリエッティ』
製作:
鈴木敏夫
制作:
スタジオジブリ
原作:
ジョーン・G・ロビンソン『思い出のマーニー』
脚本:
米林宏昌
主題歌:
プリシラ・アーン「Fine On The Outside」
声の出演:
高月彩良杏奈
有村架純マーニー
松嶋菜々子頼子
寺島進大岩清正
根岸季衣大岩セツ
森山良子老婦人
吉行和子ばあや
黒木瞳久子
杉咲花彩香



<ストーリー>
幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。

あなたのことが大すき。

あの入江で、
わたしはあなたを待っている。
永久に――。


−感想−

イイハナシダナァ(ノω;`)

奇跡は起きるものなんだねぇ。
要は金髪の少女マーニーが何者なのか、てのが大きなポイント。
心から分かち合える友達が欲しい幽霊なのか。
それとも極度の寂しさから杏奈が生み出した妄想の中に出てくる1人の少女に過ぎないのか。
記憶から消えていた小さい頃に肌身離さず持っていた洋人形が実体化した?
このどれかなんだろうなぁとは思ってた私だったが、そういう事!?と思わず目が潤んでしまうような杏奈にとっては人生の中でとても重要な人物だったのよね。

マーニーが受けてきた辛い生き方を人伝で知り、同じ境遇に今自分が立たせられていると分かった杏奈は思い切り衝撃を受け心から涙し、改心していく。
子に愛されない親の気持ち、親から見離される子の気持ち。
2つの悲しい気持ちを理解し重ね合わせた時こそ、本当の優しさを思い出し、これまでの辛さを糧にこれからの自分を変えていくんだろうなぁ。

マーニーに出会えたから杏奈は前向きな心持ちになれた事は間違いない。
逆に出会えなかったら、まだ皆とはギスギスとした関係のままだっただろう。
「私のような人生を歩まないで」
心に傷を負った杏奈を見兼ねたマーニーが2人だけの秘密の交流の中で最後に残したメッセージだったのかもしれない。
避暑地での2人の繋がりは偶然ではなく必然だった、とも言えるよね。
何故あの別荘を見たことがあると杏奈は最初に感じたのか、マーニーが体験したサイロでの出来事を杏奈が知っている理由はどこからなのか。
巡り巡って辿り着く真実こそがマーニーの正体。
これを見ちゃうと、不思議な事もあるものだと感動に浸れちゃう。
だから余計に

イイハナシダナァ(ノω;`)

と最後は思う訳で。

今まで「おばちゃん」と呼んでいた育て親の頼子をお友達になった絵描きの久子さんに紹介する際には「母です」。
いきなりでビックリし、嬉し涙を流す頼子の姿にもグッとくるものはありました。
杏奈があんなにも明るくなったのは全てマーニーのお陰ですよ。
心を開かせてくれたマーニーには感謝しなきゃ!

本音で書くと、自分の殻に閉じ篭って親切に接してくれる人達にも悪態をつく杏奈がどうにも好きになれず、途中までは大して面白くもない百合アニメだなぁとは思ってたんです。
けども久子さんからマーニーについての話を聞かされるシーンから、その話全部に意外なものもあったのでしょうけども、私も相当驚いちゃって胸がギュッと締め付けられちゃいましてねぇ。
その後も根暗で悪態続きだった杏奈がコロンと180度感情と表情を変えて、お世話になった人々に感謝を伝える姿にまたギュッときて、後半は涙腺の弱い私にはもう。。。

今回の評価は前半と後半とでは私の作品に対する見方が全然違ったというのを感じ取ってくれれば良いです。

マーニーの声は有村架純チャンだったのね。
優しい声してたなぁ。
他にも寺島進さんや松嶋菜々子さんの声もキャラターに合っていてとても良かったです。
ジブリは素人声優の配役が的確だなぁ。

評価:★★★
15/03/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-03-18
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

オフィシャル・サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デッドハング | トップ | アップルシード アルファ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (maki)
2015-03-20 21:33:56
感動ものですか!
今度借りてみよう
これ、実はあんまりチェックいれてなかったんですよ
ジブリといえども、本物?ではない気がして
新生ジブリものなんでしょうか

…で、なんですが
新しく制作したテンプレートに変更とともに
長年つきあってきた「いやいやえん」という
ブログ名を変更します
お手数をおかけしますが、
リンク名の変更を宜しくお願い致します

テンプレートは…更に真っ白です
これ以上は白くならないだろうを追求しました!
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-03-21 14:25:41
こんにちは!

私は結構後半感動しました。
一応ジブリ制作ですけど、宮崎監督も高畑監督も一切タッチしていないので、余りジブリアニメと意識して観ない方がいいかもですよ。

ブログのタイトル名を変更されたんですね!
何か心境の変化があったのでしょうか。
了解です。
変更しておきますね^^
こんにちは! (タケヤ)
2015-03-21 16:23:10
前半は謎解きみたく考え、後半でダアダア(笑)
ヒロ之さんも同じ心境の変化を辿ったのですね!

僕は(いいオッサンなのに)映画館で涙涙涙(笑)
しかも一人鑑賞(笑)
でもとても心に残る素晴らしいストーリーでした。

最近思うんですけど映画もたくさん観てる
と忘れちゃうヤツはホント、内容思い出せない
ですからね〜。その点、本作品は今でも
しっかりと心に焼き付いております。

ジブリ声優の配役をほめられてましたが・・・
僕もそう思います。
(ん?)てのはあまりないですもんね。
Unknown (ふじき78)
2015-03-22 01:39:39
「思い出のマーニーって何で付いたタイトルやろ」
「主人公の心情をダジャレで表現したんやな」
「ダジャレ?」
「真人間は重いでえー」
チャンチャン

高月彩良ちゃんを有名に出来なかったからダメな映画です。
こんにちは (maki)
2015-03-22 09:57:12
ブログ名変更の件ですが、
いろんな方からの要望と応援があり、
考慮の末、「いやいやえん」のままで行く事にしました
二手間とご迷惑をおかけしますが、
どうぞそのままご使用下さい
宜しくお願い致します
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2015-03-23 00:58:06
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

まったくタケヤさんと同じ気持ちで観ていました。
どういう繋がりなんだろうなぁとそこばかり気になって仕方がなかったです。

劇場でおっさんが一人号泣していると恥ずかしいものがありますが、感動するのに涙を我慢する必要はないですものね。
まぁ私も人目を気にせず泣いちゃいますよ(笑)。

良い作品はいつまでも心に残りますよね。
ある意味酷い作品はそれはそれで記憶にも残りますが。
ジブリは一貫して素人声優ですが、意外と絵や雰囲気にマッチしているんですよねぇ。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-03-23 00:59:52
こんばんは!
なんか無理やりな駄洒落ですね(笑)

アハ^^;
まぁ確かに有名にはならなかったですね。
ふじきさんにとっては残念でありました。
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-03-23 01:01:14
こんばんは!
今までどおりのブログ名で落ち着きましたか。
リンクの方も元に戻しておきました。
「いやいやえん」が一番良いですよ。
現実を感じさせた (隆)
2015-10-30 22:20:18
ヒロ之さん、トラバありがとうございます。

杏奈とマーニーは確かに会ったんでしょうね。
マーニーは杏奈とでしか交わせない会話をしたし、
和彦さんとか、現実とリンクした記憶もあり、
つまりは、未来のマーニーの生きたままの姿があって、
杏奈の生活に関わった事によって、マーニーの幻想は
実体を得たのだと思いました。杏奈が自信を取り戻して行く
過程と共にあって、「千と千尋」のような怖さもあるパラレルワールド然
としておらず、すっきり見易い映画でした。
>隆さんへ (ヒロ之)
2015-10-31 21:12:10
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

途中までは映画としてどうかなぁとは思っていましたが、後半でグンと盛り返した感じはありました。
少し謎がある内容ですが、小難しい話になっておらず、優しさと温もりを非常に感じる作品でした。
仰るようにとても見易い映画でしたので、一般的にはウケが悪いですが、感動を与えるという意味ではとても良いアニメ映画だとは思いますねぇ。
こんばんは。 (大阪ひろき)
2015-11-10 19:05:24
ヒロ之さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

最近、地上波で、テレビ放送されていたのを録画して見ました。
前半は、何だか不思議な映画だなあ〜と思いつつ、後半、特に、クライマックス辺りからジワジワ来て、見たあとウルウル来る映画でしたね。
最後の謎解き&大ドンデン返しは、予想外でした。
実はそう言うことだったのか。って、度肝を抜かれてしまいました。
振り返ってみると、至る所に、伏線が隠れていて、あの時のセリフも、あの時のセリフも、最後に繋がって、マーニーの正体を分かった後で思い出すと、余計に泣けて来るんですよね。
投げっぱなしの終わり方ではなくて、起承転結がキッチリと描かれている所に、好感を持ちました。

>要は金髪の少女マーニーが何者なのか、てのが大きなポイント。
心から分かち合える友達が欲しい幽霊なのか。
それとも極度の寂しさから杏奈が生み出した妄想の中に出てくる1人の少女に過ぎないのか。
記憶から消えていた小さい頃に肌身離さず持っていた洋人形が実体化した?
このどれかなんだろうなぁとは思ってた私だったが、そういう事!?と思わず目が潤んでしまうような杏奈にとっては人生の中でとても重要な人物だったのよね。

僕も、ヒロ之さん同様に、マーニーの正体は一体何だったんだろう〜って、気になりました。
幽霊オチ、自分オチ、夢オチ・・・。と、色々と、予想してみました。
検索して色々調べて見ましたが、色々な解釈があるみたいですね。
とにかく、杏奈にとっては、人生観を変えるような、とても重要な人物だったことは、確かですよね。

>杏奈があんなにも明るくなったのは全てマーニーのお陰ですよ。
心を開かせてくれたマーニーには感謝しなきゃ!

こちらも、ヒロ之さんのご意見と全く同感ですね。
最初は、心を閉ざした少女でしたが、最後の杏奈の表情&性格が明るく変化した描写&セリフは、大好きですね。
ヒロ之さんの仰るとおり、マーニーのお陰だと思いますし、マーニーに感謝しなければ、いけませんね。
家族の愛情って、大切ですよね。

>マーニーの声は有村架純チャンだったのね。
優しい声してたなぁ。

ヒロ之さんと激しく同意します。
本当に、優しい声で、癒されましたね♪
これ、有村架純さんと高月彩良さんのダブル主演で、実写化しても、面白そうな気がします。
ただ、アニメの年齢設定よりも、多少、年上になりますが(笑)。
「時をかける少女」は、アニメ版と実写版(平成版)、どちらも、仲さんって言う例も、ありましたね。
素人の声優さんの自然体の声の演技、良い味になっていて、結構好きですね。
「となりのトトロ」の糸井重里さんも、ナチュラルな声の演技で、結構好きですね。

それでは、失礼致します。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-11-10 20:53:31
こんばんは!
コメントありがとうございます。

TVで放映されてましたね。
私はうっかり観るのを忘れていました^^;

意外な事実がラストで分かる、そんな驚きのストーリーに魅力を感じる作品ですよね〜。
私も大阪ひろきさんも、こういうどんでん返し系が好きですので、予想外な事が起きると嬉しいものがあります。
しかも、結構泣けるエピソードってのも、この作品の良さではありました。

マーニーの正体説は色々あるようですが、それは個々の解釈に任せるとしても、仰るように人生の上ではとても重要となる人物には違いはないでしょうね。

あれだけ心を内に潜めていたのに、最後は見違えるかのように明るくなったのですから、マーニーとの出会いには感謝、感謝ですよ。

おっ、実写化は面白そうですね!
確かに「時かけ」みたいな例もあるので、これも実写化させてもよさそうです。
架純ちゃんが出るなら絶対観たいです。
基本、ジブリ映画は素人声優を好んで使いますが、それに対しての賛否両論はあるものの、私は結構肯定派ではあります。
作られた声よりもジブリは自然体な声が合うと私は思いますねぇ。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
思い出のマーニー〜アンナとスケッチの女王 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原作英題:When Marnie Was There。ジョーン・G・ロビンソン原作、スタジオジブリ作品、米林宏昌監督。(声)高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉 ...
思い出のマーニー (Akira's VOICE)
彼岸からのプレゼント。  
『思い出のマーニー』 (こねたみっくす)
宮崎駿を意識していないがゆえに、中途半端で個性に欠ける。 宮崎駿・鈴木敏夫というスタジオジブリを支えた2本柱が引退して初めての作品となるこの映画。米林昌宏監督と西村義 ...
試写会「思い出のマーニー」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、少女はまた一歩成長する… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407080001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【A5サイズクリアファイル】思い出のマーニー サントラ音...価格:3,024円(税込、送料込) ...
「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った (はらやんの映画徒然草)
「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューし、宮崎駿さんが引退した今、スタジオジ
思い出のマーニー (映画的・絵画的・音楽的)
 『思い出のマ―ニー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『借りぐらしのアリエッティ』を制作した米林宏昌監督によるスタジオジブリ作品(注1)ということで、映画館に行ってきました。  米林監督の前作は、メアリー・ノートン作『床下の小人たち』を日本の東京郊外...
思い出のマーニー/高月彩良、有村架純 (カノンな日々)
『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌監督がイギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を原案に北海道を舞台に移して苦悩を抱えて生きる主人公の12歳の少女・杏奈 ...
『思い出のマーニー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「思い出のマーニー」 □監督 米林宏昌□脚本 丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌□原作 ジョーン・G・ロビンソン□キャスト(声) 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島 進、根岸季衣、黒木 瞳■鑑賞日 7月27日(日)■劇場 TOH...
『思い出のマーニー』 (2014) (相木悟の映画評)
ジブリが送る、ひと夏の自己形成ファンタジー! 自分さがしの感動的なおとぎ話ではあるのだが、いまいちとらえどころが難しい一作であった。 本作は、『借りぐらしのアリエッティ』(10)で高評価をうけた米林宏昌監督による、皆大好きスタジオジブリ作。原作は、ジ....
思い出のマーニー(’14) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、有楽町朝日ホールで「思い出のマーニー」試写会、午前の部招待券が来ていて、母と行ってきました。 観客層は、女の子を連れた母子の親子連れや若〜中年層などの、女性が割と多かった印象。(→チラシ表) ジブリ新作、「借りぐらしのアリエッティ」の米林...
『思い出のマーニー』 2014年7月6日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『思い出のマーニー』 を試写会で観賞しました。 今日は、よみうりホールで4回試写を回すので延べ4,000人以上が鑑賞することになる。 朝一から盛況で満席であった。 今年の東宝は興収がよくない(と思われる)ので、本腰を入れてヒットを狙いに行くには この作品をはじ...
思い出のマーニー (単館系)
思い出のマーニー MOVIX川口 7/19公開 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。 そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが 姿を見せる。 その出会い...
『思い出のマーニー』 宮崎駿抜きでジブリは変わる? (映画のブログ)
 正直、『思い出のマーニー』には驚いた。  こんなやり方で来るとは思わなかった。  私は宮崎駿ファンである。高畑勲ファンでもある。宮崎駿、高畑勲両氏のかかわった作品なら観たいと思う。制作会社が東映動画だろうがAプロダクションだろうが日本アニメーション...
「思い出のマーニー」自分のルーツを知った先にみた想いを託した祖母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「思い出のマーニー」は心を閉ざした少女が夏休みに自然の多い田舎で過ごす事で自分のルーツを知り自分の存在意義を取り戻していくストーリーである。誰もが生まれたルーツがあり ...
思い出のマーニー (映画好きパパの鑑賞日記)
ジブリ映画の新作で、宮崎駿監督の引退宣言のあと、有力後継者として目される米林宏昌監督の手腕が注目されているのですが、正直、いま一つ。登場人物に魅力を感じられず、感情移入できませんでした。  作品情報 2014年日本映画 監督:米林宏昌 声の出演:高月彩...
思い出のマーニー (あーうぃ だにぇっと)
思い出のマーニー@よみうりホール
『思い出のマーニー』 (beatitude)
北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを抱えながら生きていた。そんなある日、海辺の村にひと夏を過ごしにやって来た杏奈は、美しい湿地の対岸に古ぼけた洋館を見つける。その屋敷に既視感を覚えた杏奈が村人に尋ねると、そこは...
思い出のマーニー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
永遠の愛が、宿るところ。 「借りぐらしのアリエッティ」の、米林宏昌監督による長編第二作。 原作は英国の作家、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学で、舞台を北海道の架空の街に変更し、心と体に傷を抱えた12歳の少女杏奈と、謎めいた少女マーニーとのひと夏の交流...
思い出のマーニー (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 療養に来ていた主人公がマーニーに出会っ
『思い出のマーニー』米林宏昌監督、高月彩良、有村架純 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『思い出のマーニー』監督 : 米林宏昌 原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子/安藤雅司/米林宏昌物語・心を閉ざした少女杏奈(高月彩良)は、ぜんそくの療養を目的に親
『思い出のマーニー』大切な秘密 (映画@見取り八段)
思い出のマーニー      監督: 米林宏昌    キャスト: 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳、杉咲花、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真 公開: 2014年7月19日 2014年7月8日。劇場観賞(試写会) この...
「思い出のマーニー」(1回目) (或る日の出来事)
こういうのに弱いんよ! もーダメ。(泣)
映画「思い出のマーニー」 (しづのをだまき)
2014 日本 103分
映画:思い出のマーニー 少女が一生忘れられない ひと夏のメモリー、そして成長。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
観賞直後の一言感想=「借りぐらしのアリエッティ」に似たトーンだな... で、さっそく調べてみると... 監督の米林氏が「アリエッティでやり残したことがある。もう1本、映画を作りたい」と話したことがきっかけだという。 その時点で米林監督は原作を決めていなかった...
心の支え。『思い出のマーニー』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオジブリの最新作。ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ映画です。
思い出のマーニー (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。 宮崎・高畑両巨匠がまぁ〜ったく関らない(ん?『海がきこえる』は?ま、劇場長編アニメってことで)、完全世代交代を果たしたジブリの最新作で御座います。 監督は新世代のジブリを支えていくはずの、某プロ...
思い出のマーニー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:米林宏昌 声の出演:高月彩良(杏奈)、有村架純(マーニー)、松嶋菜々子(頼子)、寺島進(大岩清正)、根岸季衣(大岩セツ)、森山良子(老婦人)、吉行和子(ばあや)、黒木瞳(久子) 【解説】 『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジ....
思い出のマーニー (映画と本の『たんぽぽ館』)
ラストでやっと納得 * * * * * * * * * * ジブリアニメですが、実は本作見ないつもりでした。 予告編などを見る限りどうにも少女趣味っぽいようで、 食指が動かなかった・・・。 でも、この日、他にタイミングよく見たい作品がなかったので・・・ ...
思い出のマーニー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジ....
映画 思い出のマーニー (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    マーニーの正体は、想像通りのものでした。   しかしながら、原作では欧州の舞台なのに   映画は、北海道にして、主人公である佐々木杏奈の   眼の色を青くした...
『思い出のマーニー』をUCT10で観て、地味でいいけど歯痒いふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。 五つ星評価で【★★実直に作っているのは分かるが、それが魅力的かどうかは又、別 ...
『思い出のマーニー』をUCT10で観て、地味でいいけど歯痒いふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。 五つ星評価で【★★実直に作っているのは分かるが、それが魅力的かどうかは又、別 ...
思い出のマーニー  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  高月 彩良 (杏奈)  有村 架純 (マーニー)  松嶋 菜々子(頼子) 【ストーリー】 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、....
思い出のマーニー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月19日(土) 19:15〜 109シネマズ川崎6 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 ジャイ子に謝罪したので安心 『思い出のマーニー』公式サイト 予告編がつまらなそうで、観るかどうか躊躇したのだが、思いのほか良かったよ。 著名...
思い出のマーニー (試写会) (風に吹かれて)
幸せに気づいて 公式サイト http://marnie.jp7月19日公開 原作: 思い出のマーニー (ジョーン・G.ロビンソン/岩波少年文庫)監督: 米林宏昌  「借りぐらしのアリエッティ」 心を閉
思い出のマーニー (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
思い出のマーニー '14:日本 ◆監督:米林宏昌「借りぐらしのアリエッティ」 ◆主演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳 ◆STORY◆北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを...
記憶の中のあなた〜『思い出のマーニー』 (真紅のthinkingdays)
 札幌に住む孤独な12歳の少女・杏奈は、喘息の療養のため、遠縁が暮らす 道東の田舎町でひと夏を過ごすことになる。入り江に面した旧い屋敷に惹かれ た杏奈は、マーニーと名乗る金髪の少女と出逢う。  宮崎駿引退後、初のスタジオジブリ作品。『借り暮らしのアリ...
思い出のマーニー (そーれりぽーと)
ジブリ最新作は予告編を観る限り、LBGT系の香りがする以外全く得体の知れない『思い出のマーニー』を観てきました。 ★★★★ 心に深い闇を抱えて引っ込み思案な少女が、喘息の療養に出かけた田舎町で一人の少女と出会う不思議な話。 ジブリ流とかジブリ風とか言う概念...
『思い出のマーニー』('14初鑑賞55・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月19日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 16:30の回を鑑賞。
映画「思い出のマーニー」 (FREE TIME)
注目の映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。
思い出のマーニー (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。 アニメ ジブリなんだけど、あまりジブリを意識してみないほうがいいかも。 私は「外側の人間」と...
「思い出のマーニー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/スタジオジブリ配給:東宝 英題:When Marnie Was There監督:米林宏昌原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌作画監督:安藤雅司美術監督:種
思い出のマーニー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。あんまり興味が無かったんですが、誘って頂いたので行きました。まるで自分のことを言われてるように思っちゃいましたよ。でも誰でも自分はダメだとか、愛されてないとか、自分だけ不幸だとか思ったことないですか?杏奈ちゃんは悲しい生い立ちからそれ...
思い出のマーニー (E'S STREAM)
あの日あの時出会った奇跡は、最高の贈り物…。中学生の杏奈は、学校に中々馴染めずに、札幌で燻った暮らしをしていた。母親は血が繋がっておらず、その事を当の母親は気に病んでいた。自分のせいで、杏奈が笑顔を見せないのではないかと。ある時、杏奈は喘息を患い、咳が...
思い出のマーニー (E'S STREAM)
あの日あの時出会った奇跡は、最高の贈り物…。中学生の杏奈は、学校に中々馴染めずに、札幌で燻った暮らしをしていた。母親は血が繋がっておらず、その事を当の母親は気に病んでいた。自分のせいで、杏奈が笑顔を見せないのではないかと。ある時、杏奈は喘息を患い、咳が...