銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

借りぐらしのアリエッティ

2011年06月18日 23時14分50秒 | アニメ
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開
監督:米林宏昌
プロデューサー:鈴木敏夫
企画:宮崎駿
原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』
脚本:宮崎駿
主題歌:セシル・コルベル『Arrietty's Song』

声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林

<ストーリー>
人間の世界から少しずつモノを借りてきて生活する、床下に住む“借りぐらし”の小人の少女・アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴る。
<感想>
そりゃあ天下のスタジオジブリだもの、宮崎駿以外に絵の上手いアニメーターの1人や2人はいるでしょ。
描かすのはいいけれど、安易に監督を任せてもいいもんかなぁ。

父とアリエッティとの初めての‘借り’は冒険的でワクワクさせられたけれど、それが終わってからはだんだんとつまんなくなってきた。

絵の美しさ、そこから感じる生命さはいつものジブリらしくて良かったのですが、話がどうにも退屈過ぎ。
使用人のハルさんの描き方も悪役過ぎてなんか嫌になったし。

心温まる物語って程でもなく、アリエッティと翔との盛り上がりが乏しい交流物語って感じ。

「君達種族は滅びる運命にあるんだ」って、姿見た途端にそりゃないだろうよ。
病人だからと甘い顔して接してくれたアリエッティに対して悪魔みたいな事言いますな、少年!

私も頑張るから貴方も頑張って

みたく、交流が然程発展しないまま終わっちゃうラストも今一つでした。

心臓の手術が成功したのかしなかったのか位のエピローグをエンドロール中にでも描いてくれたら、少しは温かいなり切ないなりの余韻なるものが得られたかもしれません。

ジブリ作品にしては楽しさも心地よさも無く地味な感じで残念なものでしたが、アリエッティの可愛さは歴代キャラクターの中でも私的には5本の指に入りました。
洗濯ばさみで束ねていない時のバサバサ髪アリエッティにキュンキュンしちゃった~。

あ、因みに不動の1位はナウシカです!!

ツタヤで貰った先着特典だよ。
団扇?

オフィシャル・サイト

評価:★★★
11/06/18DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-06-17
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きみがくれた未来 | トップ | 大日本人 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2011-06-19 08:22:00
ここんとこのジブリというより宮崎が話の緩急がおかしいものばかりだったので、これは好きでしたけどね。

理屈的には翔が老成しちゃっているのが変なんだと思うけど。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-06-19 13:35:31
もっと出来が良い作品なのかと思っていたんですが、然程楽しさを味わう事無く終わっちゃったもので、少々拍子抜けした感があります。

次作の『~坂』(コクリコでしたっけ?思い出せませんが)が良い感じに仕上がっていれば良いのですが、いかんせん監督が駿の息子ですからねぇ。
『ゲド戦記』今一つだったしなぁ。
実は・・・ (にいな)
2011-06-19 20:24:29
ジブリ映画

ダイキライだから

見たことないねんっ
可愛さに免じて・・ (メビウス)
2011-06-19 22:33:24
ヒロ之さんこんばんわ♪TB有難うございました♪

今回のお話も微妙に説教臭かったとこがありましたけど、少しでも面白く観れたのは自分もアリエッティの可愛さに免じて・・みたいな部分もあったかな~・・と^^;ポニーテールが好きなので、自分はバサバサ髪より洗濯バサミで束ねてた時のアリエッティにときめくものを感じました。

住む場所を無くしたアリエッティに病を患う翔と、なんか2人の将来が不安で現実も厳しいよと思わせるラストでもありましたが、それでも根っから絶望してるわけじゃなく、生きる希望を見出しどこか決意したような2人の最後のシーンは印象に残りましたねぇ。


※そいえば全然関係ありませんが、ヒロ之さんがプレイしてた『デッド・トゥ・ライツ』は、箱信者のウチの兄貴も『デッドスペース』と同じくらいオススメしてたゲームなんですけど、実績ムズイですか?
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-06-20 00:40:36
そうやったね。

にいなぁんジブリ作品観た事無いんよねぇ。

人それぞれだから良いと思うよ
オイラは好きやけどね。
自分に子供がいたら、トトロとかラピュタとか見せたいもん
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2011-06-20 00:54:23
こんばんは!
コメント有難うございます。

メビウスさんもアリエッティの可愛さに惹かれましたか?

メビウスさんはポニーテール派なんですね。
自分は、バサバサ髪の時が妙に可愛く思えました。

自分的にはストーリーに余り面白さ、楽しさ、切なさみたいなのを感じなかったのですが、アリエッティの可愛さでなんとか最後まで観れた感じがします。

え~と『デッド・トゥ・ライツ』は普通に遊ぶ分には面白かったです。
只洋ゲーだけあって、銃の照準を敵に合わせるのが凄く難しいんですよ。
初心者にもやさしく、イージーモード位にはオート機能はあって欲しいと思う位、その辺はかなり苛々させられました。

ノーマルやハードでプレイすると、かなりムズくなるんじゃないですかね。
イージーでも相当キツい箇所が多くありました。
でも、やりがいはあるゲームだと思いますよ。
アクションが苦手な私でもクリアー出来ましたし、何か無性にプレイ意欲を湧かせる先の楽しみみたいなのもありましたし。

後、中ボスみたいなのが結構出てきて、これがまた強いんですが、なんか「倒してやるぞ!」みたいな意地みたいなのも出てきましたね~。
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2011-06-21 22:31:37
私も、元々そう期待はなかったんですけど、一般なみに観てきました(どんなん?)
お話は、賛否両論あるそうですが、相変わらず美しい背景と今回はドールハウスや借りぐらしっぷりが、目を奪われました。
トトロとか都市伝説ばりな怖い噂も裏にあるとか言われたりしてるけど、ポニョが一番怖いなぁ…(爆)
ジブリの新作は、どうだろうね。ゲドは、うん、…だったねぇ。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-06-22 00:08:00
私は逆に期待しちゃってたんですよね。
って、ジブリの新作はいつも期待しちゃうんですが。。。
話が私としては今ひとつでした。
画は好きですよ。
アリエッティも可愛かったですし♪

トトロの都市伝説は色んな所で拝見しましたが、いや~それが本当なら、かなり怖いですよね。
でも、妙に的を得ているから余計に・・・ガクガク

期待しちゃいけないんでしょうけど、やっぱりジブリの新作は待ち遠しいです。
こんにちは (maki)
2011-06-29 11:22:38
「借り」の楽しさと、少年との触れ合いが、あっさりとだけど心あたたまるよう描かれていたと思います
序盤の借りは、楽しさ満点
ドールハウスなんかもよかったですね
残念ながらストーリー的なオチがないので「これだけ?」とも思えるラストですが、逆にそれがどこか希望が見えないような見えるような、リアルな先への揺れる心境として描かれていたように思います
アリエッティは可愛かったですね^^
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-06-30 01:16:01
こんばんは。

そうですね!
序盤の「借り」は冒険的で楽しめました。

只、私的にはそこからの盛り上がりみたいなものが薄く、どうにも消化不良気味になっちゃいました^^;

アリエッティが凄く可愛かったので、彼女の表情に癒されながら観終わったって感じですね。
こんばんは。 (大阪ひろき)
2015-03-20 18:12:48
ヒロ之さん、こんばんは。
本作は、劇場公開時、映画館で観ました。
映像はまるで、絵本を観ているようで、綺麗だし、音楽も、良かったし、小人の世界の描写は新鮮で面白かったのですが、いかんせん、肝心のストーリーが、ジブリの映画にしては、盛り上がりに乏しく、淡々とした作品で、少し退屈に感じてしまいましたね。
観る前は、ジブリ作品なので、きっと、凄いことが起こるのかと期待していたのですが、これと言った捻りや大きなサプライズはありませんでした。
欲を言えば、もう少し、劇的な展開や大きな感動がほしかったですね。
最後は、てっきり、小人の少女が大きくなると予想していました。
いっそ、「一寸法師」をモチーフにした作品にして、打ち出の小槌のようなアイテムで、ヒロインが大きくなるみたいな展開のお話の方が、面白かったかもしれませんね(笑)。
ですが、総合的には、普通には楽しめましたよ♪
それから、個人的なジブリ作品ナンバー1は、「となりのトトロ」ですね。
シンプルイズベストですね♪
それでは、ヒロ之さん、素敵な週末を、そして、素敵な春分の日をお過ごし下さいね♪
失礼致します。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-03-20 20:27:32
こんばんは!
コメントありがとうございます。
絵のタッチは宮崎アニメそのものなんですが、大きなファンタジー色を求めてしまうと残念に思うかもしれませんね。
仰る通りの展開にも盛り上がりが乏しいし、衝撃的なものや感動的なものも無いので、心に響くとまではいきませんでした。
宮崎監督や高畑監督のような物語に深みを追及してしまうと駄目だと割り切って観てますが、やっぱりある程度のサプライズは欲しいものです。
まぁでも絵がとても綺麗なので、その辺は楽しめました。
大阪ひろきさんのジブリ作品ベスト1は「トトロ」ですか。
私は断然「ナウシカ」です。
僅差で「ラピュタ」でしょうか。
この2作はもう本当に冒険の連続で音楽と共に胸に響いてきて大好きな作品です。
大阪ひろきさんも良い週末をお過ごし下さい^^

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
借りぐらしのアリエッティ (LOVE Cinemas 調布)
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友...
借りぐらしのアリエッティ (そーれりぽーと)
“とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジブリ以上に癒し系。 ベテラン役者揃いの声もいつも以上にな...
借りぐらしのアリエッティ (うろうろ日記)
試写会で見ました。宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、ポニョよりも前
映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
借りぐらしのアリエッティ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月18日(日) 21:25~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『借りぐらしのアリエッティ』公式サイト 高齢化の激しいスタジオ・ジブリ。美術館館長以来、長編に新しい監督登場。 スペクタクルなシ...
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ....
借りぐらしのアリエッティ (あーうぃ だにぇっと)
7月8日(木)@ヤクルトホールで鑑賞。 ラジオ日本イエスタデイ・ポップスの試写会。 ラジオ日本はその昔ラジオ関東といって、湯川恵子がアメリカントップフォーティーをオンエアーしていた。 実に入りの悪いラジオ局(笑)で、雑音交じりのD.J.を一所懸命に聞いてい...
借りぐらしのアリエッティ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原作はメアリー・ノートンの「床下の小人たち」、英題:The Borrower Arrietty。宮崎駿企画、米林宏昌監督。(声)志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木 ...
借りぐらしのアリエッティ (いい加減社長の日記)
なんか、いつものジブリほど、期待が高まらなかったんだけど。 他に観たいものもないので、「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞。
[何かしら無理矢理に話す(2:『アリエッティ』追記)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆明日は、飲酒に厳しい定職ではなく、バイト(海の家みたいなところ)なので、今、大衆的イタリアンレストラン(簡単に言うと「サイゼリア」^^;)で赤ワインをしこたま飲んだので、酔っ払っている。  『借りぐらしのアリエッティ』(クリック!)について、もうちょ...
『借りぐらしのアリエッティ』をパルコ調布キネマで観る男ふじき (ふじき78の死屍累々映画日記)
ちょっとビックリした事に面白かった。 ジブリでこんなに素直に面白かったと言えるなんて、本当に久しぶりだ。 だって、いつものジブリはアニメートにばっかり力を注いで 話が ...
『借りぐらしのアリエッティ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美し...
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと、『となりのトトロ』や『天空の城ラピュタ』が挙がる。  しかし...
『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌□脚本 宮崎 駿□原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月)...
借りぐらしのアリエッティ/志田未来、神木隆之介 (カノンな日々)
スタジオジブリの待望の最新作です。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした物語の舞台を1950年代の英国から日本へとアレンジして描いたファンタジー・ムービ ...
「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 (はらやんの映画徒然草)
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ
借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
借りぐらしのアリエッティ (とりあえず、コメントです)
メアリー・ノートン著『床下の小人たち』を原作にアニメ化したファンタジーです。 原作を読んだこともあったので、この物語をどのように映像化したのか楽しみにしていました。 爽やかな風とささやかな希望を感じるような素敵な作品でした(^^)
借りぐらしのアリエッティ (悠雅的生活)
床下の小さき人たち。わすれもの。秘密の花園。
『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)  監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林、藤原竜也 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下...
借りぐらしのアリエッティ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
久しぶりに大変にわかりやすいジブリ作品だ。小人は人間の家に借りぐらししているのに、人間は地球に借りぐらししていることに気づかない。閉塞感に覆われた時代に是非こういう映画を見て、自らの生き方を見直したい。お勧めだ。
『借りぐらしのアリエッティ』 ('10初鑑賞99・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:45の回を鑑賞。
「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん (オールマイティにコメンテート)
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借り ...
借りぐらしのアリエッティ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
二十一世紀に入ってからのジブリ作品で、一番好きかも。 タイトルロールの「借りぐらしのアリエッティ」は、古い屋敷の床下にひっそりと暮らし、必要なものを人間からちょっとだけ“借りる”事で生活している小...
床下の小人たち~『借りぐらしのアリエッティ』 (真紅のthinkingdays)
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶然、その一家の 娘、14歳のアリエッティを庭で見かけるのだったが...
借りぐらしのアリエッティ(2010) (銅版画制作の日々)
 人間に見られてはいけいない。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。実は仕事で利用者さんと一緒です。夏休みの日曜日ということもあって映画館は、ポケモン、アンパンまん、トイ・ストーリー3は完売状態。もちろん本作も完売状態寸前でした。まあそれにしてもこんなにこみこみ...
『借りぐらしのアリエッティ』 (こねたみっくす)
スタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。 『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルな ...
『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実 (SOARのパストラーレ♪)
深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。
借りぐらしのアリエッティ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】米林宏昌 【声の出演】志田未来/神木隆之介/大竹しのぶ/竹下景子/藤原竜也/三浦友和/樹木希林 【公開日】2010/7.17 【製作】日本 【ストーリー】 とある郊外に荒れた庭のある広大...
借りぐらしのアリエッティ (5125年映画の旅)
小人のアリエッティは、家族と一緒に郊外の古い屋敷の床下で、人間のものを借りて生活する「借りぐらし」を営んでいた。ある日屋敷に、心臓に病をかかえる少年・翔が療養のために ...
借りぐらしのアリエッティ (迷宮映画館)
丁寧な描き方には非常に好感
【借りぐらしのアリエッティ】 (日々のつぶやき)
監督:米林宏昌 「古い家の床下に両親と暮らしているアリエッティ、14歳になりお父さんと一緒に借りをする日がやってきた。 その家には丁度病気療養にために翔という男の子が来たばかり。 夜中出かけたアリエッティは姿を見られてしまった。 人間に姿を見られたから
借りぐらしのアリエッティ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ポニョ」から早くも2年~スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。企画・脚本は宮崎駿。本作の監督 ...
借りぐらしのアリエッティ (だらだら無気力ブログ)
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別...
借りぐらしのアリエッティ (★ Shaberiba )
どこかにいるかもしれない小人たち。私が出会ったら・・どうするかな--♪
『借りぐらしのアリエッティ』 (ラムの大通り)
----これってジブリ の新作だよね。 監督の米林宏昌って初めて聞く名だけど…。 「そうだね。彼はジブリ最年少、37歳の監督。 『崖の上のポニョ』でフジモトの部屋から金の水魚に乗って 地上にやってくる一連のシーンを描き、 宮崎駿をうならせたらしい。 その宮崎駿は、...
借りぐらしのアリエッティ (単館系)
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共演かな? 志田未来さんと神木隆之介さんはは昨日NHKでやってい...
借り暮らしのアリエッティ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「借り暮らしのアリエッティ」監督:米林宏昌脚本:宮崎駿声の出演:志田未来、神木隆之介、三浦友和、大竹しのぶ、竹下景子、樹木希林配給:東宝概要:古い家の台所の下に住み、 ...
借りぐらしのアリエッティ (Diarydiary! )
《借りぐらしのアリエッティ》 2010年 日本映画 郊外の洋館に住む小人のアリエ
借りぐらしのアリエッティ (ともやの映画大好きっ!)
【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1952年に発表されたメアリー・ノートン原作のファンタジー小説「床下の小人たち」を、日本を舞台に設定を変えてアニメ化。 とある古い家の床下に暮らす小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴ったファン...
借りぐらしのアリエッティ (メルブロ)
借りぐらしのアリエッティ 321本目 2010-25 上映時間 1時間34分 監督 米林宏昌 出演 志田未来(アリエッティ) 、  神木隆之介(翔)     大竹しのぶ(ホミリー) 、  ...
借りぐらしのアリエッティ (2010) 94分 (極私的映画論+α)
 掟破りを期待したんですが(笑)
★「借りぐらしのアリエッティ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ジブリ作品だけど、宮崎駿は企画・脚本。 鈴木敏夫はプロデューサー。
借りぐらしのアリエッティ (いやいやえん)
ジブリ作品。郊外の広大な古い屋敷で小人のアリエッティの一家が必要なものを「借りて」暮らしていた。そこに、療養で12歳の少年・翔がやってくる。 地味ながらもあたたかな小品だったと思う。 アリエッティの初めての「借り」にはその小ささから普段見る事のできない...
「借りぐらしのアリエッティ」:小滝橋車庫前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
忘れ物があったら、こういう遺失物取扱所に来れば見つかるかもな。 角砂糖ひとつでも? 角砂糖ひとつじゃあ、忘れ物にはならないだろう。 ところが、忘れ物だと思った男の子がいるのよ。 「借りぐらしのアリエッティ」に出てくる病弱な男の子だな。 そう、こんどのジブリ...
借りぐらしのアリエッティ (とつぜんブログ)
監督 米林宏昌 出演(声) 志田未来 神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、樹木希林  あれえ、角砂糖が少なくなっている。もっとあったと思うんだけどおかしいなあ。リモコンの電池が切れた。単4の電池あったはずだけど無いな、ま、いいや、図書館に行くついでにコン...
借りぐらしのアリエッティ (Sato\'s Collection)
見ました。 アリエッティは古い屋敷に住む小人。 冒険心が強く父母の心配をよそに外の世界に興味を持つ。 『人間に見られてはいけない』見られたら引っ越さなければならないのだが、そんな家に男の子・翔がやって来た。 病弱な翔は母が話していた小人を見つけてしまった...
借りぐらしのアリエッティ (RISING STEEL)
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...
No.291 借りぐらしのアリエッティ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニ ...
No.291 借りぐらしのアリエッティ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニ ...