GRの戯れ言日記2

途中まで元々閉鎖された別会社のブログを引用して来た物。2017年2月から本格始動。それ以前は、はてなブログに書いてます。

拙ブログ閲覧にあたっての諸注意

2017-04-29 22:57:52 | ミックス

・2017年1月31日までは、閉鎖された他社サイトで行っていた「リングの戯れ言日記」の内容や文章です。したがって"リングとGRは、同一人物(=管理人)"です。ですので、途中からコメントの返事もリングからGRになってる分岐点が、生じていると思いますんで、ご了承ください。

・ハンドルネームは、戦後間もなくに在った「近畿(近畿日本)グレートリング」(現:福岡ソフトバンクホークス)というプロ野球球団のニックネームから拝借。本来は「グレートリング」と名乗るべきなのですが、この名称はアメリカのスラングでは、怪しい言葉を指すので、暗に"GR"と名乗りました。この事から僕は、旧南海ホークスのファンと思われるかも知れませんが、旧近鉄からのオリックス・バファローズのファンです。しかし、左記にも書いてある通り日本プロ野球のファンです。この詳細は、過去の「はてなブログ」内の2009年3/11の記事に書いてあります。あと残念ながら終了してしまいましたが、かつて存在したテレビ番組『爆笑オンエアバトル』・『オンバト+』の大ファンでした・・・URLもこれに関するもので設定。拙ブログをご覧の皆様も何か意見等がございましたら、賞賛・批難・批判・ものいい・クレーム・異論・賛同・同意、何でもござれのコメント等をお寄せ頂きたいと存じます。

・プロフィール写真は向かって左端が、阪急ブレーブスのホーム用ユニフォーム(1972年~1974年まで使用・2011年復刻版)、真ん中が、大阪近鉄バファローズのホーム用ユニフォーム(1997年~2004年まで使用)、右端が、"むやみやたらに盗塁してた訳ではなく、ここ一番という時に走ってこその盗塁"という信念を持ち日本プロ野球での歴代2位(日米通算では歴代4位)の通算盗塁数(596盗塁)を誇り通算安打数も名球会資格者の2000安打以上を超える2157安打を放った、野村克也氏をして「天才」と言わしめた広瀬叔功(よしのり)[<現役時代>南海<監督>南海]氏のTシャツ。

 

・特技?:野球知識ネット検定6級・5級・4級、野球知識公式検定5級・4級・3級(会場試験の為カンニングは不可!)→何れも履歴書に書ける代物ではない(汗)

・書く必要があるとは思えないが、前ブログのプロフィールに書いてたんで(汗)似ている有名人:小笠原満男(鹿島アントラーズ)・勝村政信(自己分析)・梅宮辰夫

以下:私的意見

・"それらの世界(野球界やお笑い界)全体の繁栄・発展を願わない人は、大嫌い"である。並びに"そういった思想・思考・信念・理念がない意見・人は、大嫌い"である。*根本的に"野球は、1チームだけでは、試合が成立しない"んだよ!だから"ファンのチームさえ良ければ・強ければ良いという「思想」"は、捨てるべきだし、そういう人は大嫌いだ!!

・"ファン・応援してるチームが、試合に負けた時は、その日のスポーツニュースを観ない人は、大嫌い"である。それはあまりにも「ご都合主義」で"勝った時だけしか観てないって事は、問題点を見付けてない・反省もしてない(ファンが、反省してもしょうがないとはいえ)"し野球を観てる(捉えてる)事にはならない。"ファンのチーム以外は、語る資格も無い!!"そもそも他チームの経過・結果は、どうやって捉えるの?文字だけ見るという手もあるが、個人的には「動いてる画」を観たいですしね。

・プロ野球を観るにあたって、"毎週の週べのチェックと翌日の新聞などの全チームのボックス(どの選手が何打数何安打やったか、どの投手が何イニング投げ被安打・自責点やったか等が書かれている欄)のチェックをする"ぐらいは「最低限の作業」である。逆に「これらをしてない人に、語る資格があるんか!?」とも思ってる。しかし"誰でも最初はにわか"であるし、仕事や学業で多忙のかたもおられるから、一概にそうとは言えんし思わん所もある!大きくは否定せんけど、あまり真面目に取り組んでるとは思えませんなぁ(汗)だからビギナーは、徐々に成長してもらいたい・成長を見たいですね。「そうは思わんというかた」は、僕とは"意見が異なるし、立ち位置の違い・ものの捉え方が違う"んでしょう。

 

・野球の勝敗・応援には、あまり興味が無い。身も蓋もないかも知れませんが、1対1の対戦であるから"引き分けでない限り、絶対どっちかのチームは負けるんです"!"どのチームも勝率は、1/3"!!だから"ファンのチームが負けたからといって、機嫌が悪くなる人の気持ちが、解らん"。"勝った・負けたに一喜一憂するなんて、「小学生でも出来る」事"!野球とは、僕の中では"雑学"である。というか人間に於いて「全ては、雑学からスタートする」と言っても過言ではない!野球知識検定にしても、日本プロ野球はもちろんの事・ファンのチームだけでなく全チーム網羅しなければならないし、さらにはメジャー(米)・社会人・大学・高校・中学・小学・歴史・記録・ルール・エピソード・裏話・秘話・・・(出題範囲は、一応韓国・台湾・中国・日本を含む各国の独立リーグも)と野球だけをとってみても際限無くありますわなぁ・・・まぁ真正面から取り組んだら、ノイローゼになるでしょう、僕も既にややなってる(爆)

・歴史に関しては"その当時、自身は生まれてなかったから"というのは、「理由」にならない。大体、野球の歴史はおろか"ファンのチームの歴史も知らない・知ろうとしない"のは、ファン失格と思う!ちょっと調べれば分かりそうなものであるし、選手名鑑にも「ミニ球団史みたいなもの」が、載ってるのに。僕がそういった事が好きなだけとはいえ、"あまりにも無頓着"!

 

・プロ野球のオールスターゲームの「ファン投票」についても私見。僕が"オールスターの意味を取り違えてるのかも知れん"が、僕は"もう何度もこの檜舞台に上がってる選手はわざわざ選ぶ必要が無い"という思考!「出来るだけもし出場となったら、初出場の選手を選ぶ」という投票の仕方です!「それはオールスターの価値を下げる発言でもあり、希少価値が落ちる!」って意見もありますし、言われそうですが、良いんです!米と違って"日本は1年間で2・3試合もある"し、今や交流戦もありますし、"元々米よりは、価値は落ちる"んです・・・しかし!!そうは言っても、やはり「夢舞台」ですし、何より"出来るだけ多くの人に幸せになってもらいたいから"!だからよく球場で他の人のファン投票チラ見しますが、"ファンの球団の選手ばかりマークしてる人が多い"ですね・・・この「手法」など、僕には"もっての外"ですわ!ファンの球団の選手ばかりマークするのは、オールスターのコンセプトともずれているし、他球団にファン投票で選ばれた選手より実力の上の選手が居ても、出場出来ないという異常事態が起こる。オールスターは実力ではなく人気投票だという意見もあるだろうが、それでは人気球団(ファンの数が沢山いる球団)の選手が有利になり、不人気球団の実力選手やプロ野球に夢を膨らませて入団して来た選手も浮かばれないのではないだろうか?本来オールスターというのは、1球団のものではなく全球団・みんなのものである。そういう面からみればそのような事をする人は、了見が狭過ぎるのではなかろうか?と思うのである。「考えが、浅い!!」とも言いたいですね!大の大人がやる事では、ないですよ。僕がオールスターのファン投票をする際、成績等に準じて必ず全12球団から選手を投票している。それはオールスターが、みんなのものであるという理由からである。

 

・ネタ番組にテロップ表示は、天変地異が起ころうとも許さない(大X100激怒)!特に日テレ系の番組!!『ぐるぐるナインティナイン』内の「おもしろ荘」のコーナー・『エンタの神様』・『お笑いカードバトル 笑札』・『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』内の「山―1グランプリ」の企画に然り!!「障がい者の事を考えたら、しょうがない面もある。」→はい、その通りです!それやったら"全部のセリフ・くだりにテロップを入れなさいよ!"って話ですよ。重要でない所やよう解らんくだり・タイミングや中途半端にテロップを入れるからおかしくなるんやないか。"こんな解りやすい話"はないし、解ってない人が多すぎる!!"ネタにテロップが入ってる所を観て「何とも思わん」人の神経が、解らん"!!

・お笑いのネタは、"芸術の一つ"である!換言すると、「ネタにテロップを入れる行為」は、"画家が描いた画に素人があとで勝手に書き足す行為と同じ"であり、「そんな事が許されて良い訳ない」でしょう(激怒)そもそもテロップ表示は、ネタばれはするし、笑い所を他人に勝手に決められる(もちろん演者・制作者側にも「ここが笑い所」という意図・くだりがあって、正解みたいなものは、若干存在するとは思ってるけど)し、笑いの威力も落ちるし、億害あって一利なしでしょう!テロップ表示は、芸人にとっても視聴者にとっても被害者であり、誰も得しないものである。

 

・昨今というかここ30年ぐらいのお笑い界は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)が、番組・芸人が独占・席巻している状態にある事に警鐘を鳴らす!!それは"よしもとだから"という理由ではなく、"一社独占"の弊害は、"その世界の繁栄や活性化を妨げるから"である!加えて"どうしても会社の特色(色・いろ)って出てしまう"んですよね~。「様々な会社が、時にはしのぎを削り・時には協力し合う形が、理想」だと思いませんか!?加えてよしもとは、どちらかというと"他人を悪く言ったり、下に見るというか「他人を落として取る笑い」が多い"という点で"下品"とも言えます。下品=悪でもないし、実際にそういう笑いの手法として"手法の1つには、違いない"んですが(汗)確かによしもとの芸人に面白い・実力者も多いのは、認めますよ(実力を観る・賞レースでジャッジを下す時は、僕は絶対にフラットで評価してる!)。ただ"お笑いをしてる・お笑い界を支えてるのは、よしもとだけやない!!!"って言いたい訳です!よしもとでなくても、実力者は、各プロダクションに絶対(確実)に居ます!!個人的にも?世間的にも事務所・プロダクションは、「群雄割拠」が、理想でしょう!!!

 

・"ゴールデンタイムやプライムタイムに「ショートネタ番組」オンエアは、反対"である!!やろうとしてる事が薄っぺらいし、普段お笑いを観ない人に"昨今の芸人はあんな短いネタ時間でしかネタが出来ない!"と思われてしまうから!!大体"ショートネタに向いてる芸人が、どれだけ居るか!?"って話ですよ!殆どおらんでしょう!この件に関しては、過去の記事や日頃拙ブログの行間から感じる部分が、あると思いますので、省略(汗)本音としては、深夜や早朝でもショートネタ番組自体を「反対」と言いたい所!百歩譲って"やるなら深夜か早朝にやれ!"ですな・・・

・ファンの芸人は、特に設けてない。"ファンの芸人を作ると、評価がブレそうになる・ブレるのが、嫌"なんで!"フラットに評価出来なくなる・肩入れしてしまうそうになる"からです!!だから"「好き」レベル"に留めてます。

 

・拙ブログは、プロ野球の巨人・阪神とお笑い界のよしもとへの論調・口調は、シビアに書いてると思われます!"これらの企業は、僕が持ち上げんでも、マスコミが勝手に持ち上げてくれる・取り上げてくれる"んで!"これらの企業は、我々ファンが、冷たくあしらって(扱って)やっとバランスが、取れる存在だ"と思われるんで!!これらのファンのかたは、気分が悪くなると思われるので、読まない方が得策だと思います!

 

*この様に拙ブログに限らず、僕は日頃から「大変こだわりが強い」と言われ(僕は、こだわりとは思ってない!「こだわりではなく、正論だ!!」と思ってる)文章を読んでると、意見が合わないかた達は「人の勝手でしょ、それぞれでしょ」とイライラ・憤怒が、とてつもなく増大すると思うんで、読まない方が良いと思われます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

UP TO YOU ! in 中崎町(@中崎町)[4/19分]

2017-04-29 22:14:36 | お笑い考

 初観覧ライブ!ただ引っ掛かるのが、よしもと主催・よしもとの芸人しか出演しない(怒・号泣)彼女・女性と行くのは初やったけど、"平常心・いつも通りで観れた"!と思う(爆)彼女があんまり笑ってなかった・ウケてなかったのが、気になったけど・・・

ロフトマン(コンビ・漫才) 「紹介してもらった子」Cに近いD

パンチアウト(コンビ・漫才) 「近所のハンバーグ屋」D

○ビンクス(コンビ・漫才) 「戦国武将の話」Cに近いB

○あまえんB(コンビ・漫才) 「ゲゲゲの鬼太郎の説明」Cに近いB

島田かずさ(漫談・ピン) 「天然は度を超えると」C

福本ユウショウ(写真フリップ芸・ピン) 「写真のおかしな所をツッコむ」Cに近いD

日本夢之助(漫談・ピン) 「自身は気にしい」D

△ナカノコ(一人コント・ピン) 「命の授業」Bに近いC

ばばつばさ(一人コント・ピン) 「嫁のおかしな行動」C

斜に噛む(コント・コンビ) 「採用面接」Bに近いC

すとうもりと(漫談・ピン) 「それぞれの思いは何か」Cに近いD

四ツ橋ブルー(コント・コンビ) 「成長の早すぎる息子」C

読点(とうてん)[一人コント・ピン] 「替え歌」Bに近いC

○田津原理音(フリップ芸・ピン) 「謎な発言・行動」B

ずが☆こうさく(一人コント・ピン) 「段ボールとビニールテープの工作」C

隣人(コント・コンビ) 「無人島生活に憧れて」Cに近いD

おたまじゃくし(コント・コンビ) 「なんばのネットカフェポパイの看板をずっと持ってる奴」C

ジェロニモ(漫才・コンビ) 「恋の話を聞いて欲しい」D

天才ピアニスト(漫才・コンビ) 「歌に乗せて料理を教える」Cに近いD

ヴァイブス(漫才・コンビ) 「ツカミと京都の穴場スポットの紹介」C

プードル(漫才・コンビ) 「歌で想いを伝えたい」C

ももかんラッシー(漫才・コンビ) 「嫌いな食べ物を克服する」C

◎きんめ鯛(漫才・コンビ) 「ラジオ番組をやりたい」C

  

 「ネタ時間3分」ていうのは、「(言い方が悪いけど)底辺のライブ」の割にはゆったり目で厚遇な方やないかな(笑)"この点は、いくらよしもとでも評価して良い"!3分15秒を超すと、強制終了。まぁ出演(挑戦)者が、少数というのもあるにはあるやろうけど(汗)良かったと思う組・人3組・人に○を付けて観客投票でステップアップして行くライブみたい。"色々ランクアップして行って、やっと「よしもと漫才劇場」に出演出来るようになる"という「遠すぎる道のり」・・・上記の表記は、そのままで僕が、○を付けたのを表してます!◎は、実際の観客の総投票数結果。

 トップ出番のロフトマンは、緊張しすぎたな・・・視点は悪くないけど、冷たい空気が(涙)パンチアウトは、掴めば開けたかも・・・ビンクスは、技術はあったし、話題としては、あまり取り上げられへん(あまりありがちでない題材やったから、高評価)かな(笑)あまえんBは、たわたが何で標準語なんや~?・・・"夜間学校"のくだりは、良かった!!島田かずさは、もし実話なら、もっと膨らまさんと・・・福本ユウショウは、いくらネタ時間3分とはいえ、笑いが安易!しかしこういうネタは、客ウケはそこそこ取るからなぁ(汗)日本夢之助は、オチを聞きたかったな・・・ナカノコは、発想(設定)は素晴らしい!客ウケがあれば、もっとええ点数を付けてた。個人的には、一番印象に残り、良かったけど、○を付けらへんかったんは、客ウケが弱かったから・・・ただアンケート用紙には、「今日良かったと思った芸人」の記入欄に彼の名しか書いていない!!ばばつばさは、発想は悪くないけど、設定が強引やなぁ(汗)斜に噛むは、う~ん、もう一展開!!すとうもりとは、当たり前の事を言いすぎたかな(涙)あるあるとも遠いし・・・四ツ橋ブルーは、この設定は、何故か多いなぁ(困)もう一工夫、要!

 読点は、歌とリズムは、凄く上手!ハマる人には、ハマると思う。田津原理音は、"お笑いを観て来て、今まで気付かなかった所"は、ありました。"ま~じ、ミステリー!"が、ブリッジな訳やな。客ウケは、かなり良かった!!個人的には、アレやけど(汗)最高点数を付けました!!ずが☆こうさくは、努力は、半端ないからなぁ(汗)おたまじゃくしは、"演技力ありき"のネタは、売れっ子(二ッチェ・尼神・おかずクラブ)で食傷気味・・・もう少し展開が、欲しい(汗)ジェロニモは、何も印象に残らんネタやなぁ(涙)天才ピアニストは、全組に言えることやけど、3分で展開を作る難しさですな(困)ヴァイブスは、内容が薄っぺらい!ただ技術は、しっかりしてる!もう少しウケてたら、B行ってた・・・プードルは、「パンブーの模倣」というか、それを唄ネタにした感じ(汗)ももかんラッシーは、題材が"ありがち"・・・きんめ鯛は、どっかで観た事があるようなネタは、"設定が設定やから"かなぁ・・・

 何か彼女は学生時代に先生から「お前は面白いから、将来よしもと行け!」と言われたらしいけど、その先生のセンスというかそういうのを疑うわ!というか「この言い方」、嫌い!!そこはよしもとやなくて"お笑い(界)に行け!"やろ!!!だから俗に大阪の女性がよく言う"一度でええから、生でよしもと観てみたい"やなく"そこは一度でええから、生でお笑い観てみたい!"やろ(プンプン・怒)!!!!一応、彼女も「良かったと思った3組」を記入したらしいけど(汗)開演前も終演後も今年はまだ夜は寒いし、長居出来ん(→特に彼女は寒さに弱く、頭痛持ちやから・・・)かったから、またしても中西さんにはあえず(涙)最近全然会えてへんなぁ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい波24

2017-04-24 10:58:20 | お笑い考

"若手発掘・チャンスを与える"という意味では、「悪くない番組」やとは思う!ただ毎週5組出演&合間トークで30分番組となると、如何せん各組"ネタ時間が、短いなぁ"(汗)もっと辛いのが、半年で終了というね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にちようチャップリン

2017-04-24 10:14:54 | お笑い考

「これからチャップリン」のコーナー。ラフレクラン○ハリウッドザコシショウ×インディアンス○ まぁ紙一重で個人的には、ラフレクランの方が良かったかな、客席もウケてたし、ただ審査となると、こちらの客は別なんやな(汗)これからのコーナーをちょっとでも書いて行くって言ったけど、コント・漫才・ピン芸と一通り全種類観たし、もうええかなと思いました(というか薄々先週から思ってました)。この番組についてもう何も書きません!来週は、かなりネタ祭っぽいけど、内村氏は"本当に納得して、番組のリニューアルに賛成した"んやろうか?"LIFE!のレギュラーも、一旦終わってしもた"し、内村氏がコントを出来る機会もなくなったし、どこで彼のアイデンティティや原点を出す機会が、あるんやろうか?・・・ただ「LIFE!に関して」は、"1年という長いスパンでやりすぎたし、休養はせんとイカンと思うし、たまには休まなね"とも思う(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当の鉄人

2017-04-21 22:41:56 | ミックス

とは、彼の事かも知れない!!鳥谷敬(神)が、金本知憲の持つ"連続試合出場「1766」試合"「タイ記録」の出場を果たし、翌日に連続試合出場記録1767試合とし、単独で歴代2位となりました!!おめでとうございました!!!アニキは外野手&連続試合出場の最後の1年は、無理矢理全試合代打で出場してて、記録継続の為の作為的記録な部分もあったから、殆どショートで出てた価値は高いと思いますし、大変やったと思いますよ!比較にはならんと思いますし、トリの方がより大変で激務やったから、ややトリの方が、価値があるかもです!ただアニキは、スラッガータイプやから、その分身体のケア・トレーニングが大変やったかもなぁ(汗)

 それと二葉由紀子(二葉由紀子・羽田たか志、一時期:由紀子・たか志)師匠が、亡くなられました。たか志師匠が由紀子師匠の一座に入り、のちに夫婦となり、1968年12月にコンビを結成。やがて、人生幸朗師匠の紹介で吉本の劇場に上がるようになる。結成当初は歌謡を題材にした音曲漫才をやっていたが、のちにしゃべくりの比率を高めた。僕は彼らを初めてNGKに観に行った時に生で観た事があります!「音曲漫才」で"ザ・寄席芸人"という感じでしたなぁ(笑)ここ2年?3年は、毎年MBSテレビで1/4に放送される『春一番!笑売繁盛』に年に1回って良いほどでテレビで唯一観れる機会やったけど、、テレビ出演してて、"さぁ、これから!"という時やったのに、よしもとやけど非常に残念です(涙)弟子には、ショウショウ(羽田昇司は、実子)と屋台の目ぇなどに出てた石野桜子が、居ます。合掌です(涙)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にちようチャップリン

2017-04-17 09:45:36 | お笑い考

 番組の粗ばっかり見える(涙)いちいちネタ始まる直前に"3の女子が(は)右・左側から出て来ます"とか言わんでええから(激怒)さらにネタ名が表示される時の効果音も要らんで→ネタ中やぞ、ネタ中!ネタの邪魔になるから、冒とく!そもそもネタ名の表示自体、要らんから(大激怒)これからチャップリンのコーナーは、今週から3組なんやな。一々ネタの細かい感想は、言いませんよー、だってネタ時間1分やから、"審査対象外"なんで!ただ個人的ジャッジだけは、言います。ネルソンズ×ジョイマン×インディアンス○ネルソンズは、元ネタ削りも良い所(困)だいぶ大事な所を削って、ネタをしてて番組の被害者・あまりにもかわいそう・・・レッドカーペットの再来で頭によぎって、悪夢です!!ジョイマンは、"自身達のスタイルを過去の日本に当て嵌める工夫は、見られるものの、やってる事が薄っぺらい"(汗)"このコーナー自体、漫才をするグループの方が手数が多くなるし、有利ですし、コントをするグループの方が状況説明や言葉で笑いを取る数が少なくなるので、不利"ですね(怒)来週からこれからの事しか書かんと思います!

 この番組の唯一のええ点"出演芸人の所属事務所のバランス・まんべんなく各事務所が出れてる点"だけですな!NHKが一番理想なんやけど、東京の放送局の良い点は、この「事務所がバランス良く出せる点」ですね!!関西は、よしもと>松竹>>ケーエープロダクション>>米朝事務所>>>>>和光プロ・昭和プロ・スパンキーなどやからなぁ・・・そもそもの事務所の絶対数が、少ない(涙)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい波24

2017-04-16 06:37:54 | お笑い考

2時間SP。ネタで個人的に一番良かったんは、「ずっとバックで車を運転する」ネタをしたアックスボンバー(コンビ)でしたね!さや香は、オンバトにも出てましたね、印象に無かったけど、思い出しました!"強い気持ちで○○ねん!"で爪痕を残しました。個人的に最も爪痕を残したんは、バビロン(トリオ)でしたね!あと超ウケる!爆笑キャラパレード→深夜に移動・番組名・時間変更で『ネタパレ』にも出てたフースーヤ(コンビ)は、「(言葉尻を取りギャグを)ぶっこみ漫才」と捉りました。しんどい部分はあるけど、"何か新しい事をやろうとしている姿勢"は、買えますね!今回名を挙げた組は、僕にしては珍しく全組よしもとでしたね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過激な事を書きゃあええってもんやない!

2017-04-12 22:04:29 | お笑い考

今週の週刊現代の特集記事の『正直言って、つまんない 「笑えない」お笑い芸人ワースト実名30人』を読みました。ほぼあばれる君にだけ触れるのも変な話ですが、"ハイテンションで乗り切ろうというのが、観ていて痛々しい"ハイこの指摘→そこまでテンションが、高くない!"彼にR-1の称号を取らせた事が、間違い"という指摘→事実誤認!!そもそもあばれる君は、R-1獲ってない!渡部(アンジャ)に対して"最近、お笑いをやってない"という指摘→今でも、バンバンネタをやってますが!?ただブルゾンを1位に挙げた点などは、合ってる所もある。強いて挙げれば彼女の面白さは、"どの外見の奴が、上から目線・発言で恋愛指南してるんや!と思う所"とか"バックに流れてる音楽と発言が、合ってる"とか"関係あるんか解らんが、withBありきの笑い"な所やろ!だから"withBが居ないブルゾン1人やと、威力が少し落ちる感じがします"・・・まぁそこまで深度に深くない"表面的な部分をなぞっただけ"の分析・書き方ですな。今回はある程度、構成作家や専門家が出した分析やったらしいけど。7年前にも友人に同じ様な週刊文春のアンケート結果で聞かれたんやが、その時は言及でけへんかったけど、何故このような分析結果になったか って?そら、売れてる人・成功してる人への"やっかみ"でしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無題

2017-04-11 00:04:10 | ミックス

 京唄子(鳳啓助・京唄子、唄子・啓助)師匠が、亡くなられました。啓助師匠は、父が剣戟俳優の梅林良雄で3歳の時に祖父の劇団で子役デビュー、1956年に自ら座付き作家を務めた「瀬川信子一座」の一員だった京唄子と出逢い、漫才コンビ「唄子・啓助」を結成。お馴染みの挨拶である「エーッ、鳳啓助でございます」や「ポテチン」、「あら、言いそこ間違いよ」、「君の事は忘れようにも思いだせない」などのギャグで人気を博した。その後、唄子と結婚するが、1964年に離婚後もコンビとしての活動を続け、「唄啓劇団」を旗揚げした。その後、2度の結婚、「志織慶太」の名で脚本家としても活動。漫才師の活動以外では、俳優として多数の映画に出演。テレビでは『唄子・啓助のおもろい夫婦』の司会や、『お笑いスター誕生!!』に審査員として出演。特に『おもろい夫婦』では京唄子師匠との丁々発止の言葉のやり取りが番組の人気を博し名物となった。1994年に没。一方の相方唄子師匠は、1945年、宮城千賀子の劇団「なでしこ劇団」に入り、京町唄子の名で舞台女優となる。後、不二洋子、瀬川信子などの一座を転々とする。俳優の浪花五郎と結婚するが5年で離婚。その後、1956年に「瀬川信子一座」で座付き作家を務めた鳳啓助と出逢い、漫才コンビ「唄子・啓助」を結成して漫才を始める。後、啓助と結婚するが1965年に離婚。3度目の結婚は三田マサル(啓助の実の弟・志織満助の元相方)。現在の夫は4人目の結婚相手である。1970年には唄啓劇団を旗揚げ、1980年代前半には一時、吉本興業と提携していたが、1987年、当時の所属事務所倒産に伴い解散。同年、京唄子劇団を設立。1969年から1985年まで16年間続いたフジテレビのトーク番組唄子・啓助のおもろい夫婦で啓助とともに司会を務め、啓助との丁々発止の言葉のやり取りが番組の人気となり名物となった。このほか、日本テレビの芸人オーディション番組お笑いスター誕生でも啓助とともにレギュラー審査員の一員として出演し、辛口のコメントで出場芸人の芸を評価した。刑務所への慰問活動も積極的に行っていた。 1997年、国際芸術文化賞を受賞。2008年3月20日、上方演芸資料館が選出する「上方演芸の殿堂入り」入り表彰を「唄子・啓助」で受けた。これに対して唄子は「表彰は身に余る光栄。亡くなった啓助さんも喜んではると思います」と語った。上沼恵美子とは親交が深く、大阪や東京での番組出演が多くなり、神戸のサンテレビで上沼自らがメイン司会を務めていた『ズバリ!悩みおまかせ』の出演が時間的に厳しくなった為、信頼を寄せる京唄子に後継番組として『京唄子の何でも言うて!』として司会をバトンタッチした。『快傑えみちゃんねる』にも上沼と馬が合うからかたびたびゲストとして出演していた。 2009年に病に罹り、1年半の病気治療及びリハビリを経て、2010年10月14日放送のドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で復帰を果たした。←全てWikiコピペ(爆)僕は師匠らの漫才は、回顧番組でしか観た事が無いですし、知らんも同然です!ただ唄子師匠は、当時明石家電視台番組内で最後の素人参加(主にクイズ)チャレンジ・"「ポーカーチャンス」でいつもわざとショージが、他の解答者と意見を合わせず、外しにかかる事"に番組をテレビで観てる師匠が、冗談半分・本気半分で"あんたはいつも期待さしといて、外しに来るなぁ!ええかげんにせえ!!"と同番組に実際にゲストとして行って、怒ってましたが、結構お気に入りでもあったようで"村上ちゃん、村上ちゃん"と笑顔で連呼してましたな。あとは個人的には、ラジオ番組『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』にも時々出とった印象が、あります。あと議論番組『世代密林~ジェネレーションジャングル(ジェネジャン)』(←皆さん、覚えてる番組かな?)でも若者に対して大きな声で熱弁してた印象も!合掌です(涙)

 それと先日の広島対阪神戦で珍記録が(笑)両チーム計"26四球"は、1試合最多四球は、1937年の1リーグ時代に名古屋金鯱軍対ライオン戦に並ぶ"プロタイ(9回)記録"で、セでは"新記録"!80年ぶり2度目。さらに延長10回にも1四球が記録され、「27四球」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この件に触れたくなかったけど・・・

2017-04-10 03:11:01 | ミックス

"佐々木希のファンやからとかタイプやから"とか言うんやなくて、ファンでもタイプでもないし。あと渡部には、オタク度を高める為にも"一生独身で居て欲しかった"!!そうやなくて基本予定調和やお約束が好きやなく、特に"新喜劇の様なやり取りが好きやない・評価してなくても"行列のあのお約束の流れ"好きやった"んですよね~・・・日テレやけど(爆)MC:「渡部さん、彼女は?(あと誰かお付き合いされてるかたは?)」宮迫ら:「これ以上、話しててものぞみがないんで、のぞみー!(他にもさー、さっさと次の話題へ、ささきー!)」渡部:「下手くそ!」後藤:「渡部さん、何かあったんすか?・(渡部さん、何かあったんですか?)」渡部:「あったわ、ネット見ろ!」のくだりは、いつも同じでも期待してたし、笑ってしまってた自分が居ました!!もうあのやり取りが観れない・出来なくなる!!と思うと、残念・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加