goo

ビデオカードを単体で購入する意志があるか否か、それが問題だ

Ryzen3シリーズ発表でございます。

ただし、純粋にQuadCoreのHT無しなので@impress
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1070696.html


単品のビデオカードを載せ、実のところ競合相手となるのはi5シリーズでシステムを構成する場合と考えるべきですね。

つまり、ビデオカードに+10k出す場合の競合相手は、概ねCore-i5で組んだ場合と概ね競合する訳です。
具体的な製品名で言うと、GeforceGT-1030/1050だったりRadeonRX-550といった辺りとなります。
本当にコンパクトに纏め、マザー・CPU・メモリ・ストレージと言った構成でグラフィックなどを求めないオフィス用途なら、現状ではフルに安定して標準的な構成のCore-i5でまとめ上げるのが楽で問題が出にくい構成。
逆に、マルチスレッド指向で性能を推し量るならば、運用他も含めて自分で対処する(サポートなんてハードウェアの不良以外邪魔にしかならないレベル)ならRyzen5-1600(6コア12スレッド……1400で4コア8スレッド)以上を選んだ方が良く、Ryzen3シリーズにしてもゲーム他の要素が入るならcore-i5も含めて高いリターンを望めるかな(同じ予算でi5を選んだ場合、漏れなく内蔵GPUなのでグラフィック性能で相対的に劣り、プラス10k出すとi7と同等or同等以上の実行可能スレッド数を得られる)

そして、更にプラス10k加わる毎に、Ryzen5-1600・Ryzen7-1700のBOXが待ち構えており、オーバークロック運用を行わず多画面マルチタスク運用大前提のユーザに更なる利点を与え得る環境が待っているのであつた。


なお、マザーボード@impress
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1070824.html


惜しいのが値段ですね。
メーカーの公式を見ると……光り物いらないw
ただし、製品については、現行のRyzenではなく年内に出てくるであろうAPUを前提とした製品構成をしています(現状、IGPが無いのにHDMIポートが有る)
無線LANモジュール標準搭載ですし、実際にゲームで使うとしたら不安な構成ですから、RyzenシリーズのAPUを前提としたローエンドモデルのベースといった体裁に見えますね。

しかし、現在出ているRyzenでは、メモリ回りで最大限性能が出るのは片面実装2枚差しまでですから、こうした構成で8x2の16GB搭載でコンパクトに組み上げるのは十分にアリでしょう。
強いて言うなら、無線は不要で音声回りとPCI-Ex1or4スロットが別途欲しくなるのでMicroATXの低価格マザーをチョイスし、コンパクトで風通しの良い筐体に納め、単体GPUとしてロープロファイルのGT1030辺りを乗せれば割りと使える端末に仕上がるんじゃ無いかなぁ……いや、本隊は机の下に押し込むのでフルタワー(昔で言う所のミドルタワー)上等なんですがね(笑


PS.
しかし、いにしえのフルタワー(高さ60cm級だったり更に大きいサーバケースだったり)を使っていた身とすれば、温い世界になった様にも思えます。
こう、今みたいな筐体に納めるなら床置きにして、光学ドライブが必要なら外付けBOXに押し込んでUSB3.1経由で卓上にオーディオチックなレイアウトすると便利なのに(^^;
使う時だけ電源を入れ、使い終わったらアンマウントして切っておけば余計な事無し……もっと5.25インチの製品を選ぶ幅が欲しいと思うのですが、そんなならポータブルタイプのドライブで使う時だけバスパワーで動かせって事なんだろうな(笑
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« さようならAVG…… えっと、コレ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。