あいよっこの旅ログ:::Part2:::

「女性のひとり旅は冒険の始まり!」

2017 岩手県の桜もいいねっ! ⑤

2017-06-09 18:51:18 | 2017 岩手県の桜

   写真撮影日:2017/4/25

   「北山崎断崖クルーズ」断崖絶壁が続きスケールでっかい!

   スリルも満点 

 

  「北山崎海岸」は、約8kmに渡り200m級の断崖や尖った山々が連なり、また「矢越埼の通り穴」など、波による浸食でできた洞窟「海食洞」も多く、変化に富んでいます。

  またこの地域の地層が特異なのは、白亜紀時代(7000万~1億3500万年前)の化石が多く含まれる古い地層が表出していることです。

 

 地質学者としても有名だった宮沢賢治は、そこに関心を持ち観察・研究を行いました。作品「楢ノ木大学士の野宿」では、この白亜紀地層に恐竜化石の存在を予言しているのですが、なんと予言通り1978年岩泉町茂師で日本初の恐竜化石が発見され「モシリュウ」と命名されたのです!

 

  ぜひ体験したかった「北山崎断崖クルーズ」に電話で問い合わせると、「3便(13時出発)は波風が強く中止の予定。だけど最終便15時発は未定なので、またTELしてください」とのことです。再びTELすると「出発します」。「わぁおラッキー!」です。

 

  だけどその後待っていたのは・・・? 陸地では素人目にたいしたことない波風だったのに、そこはビッグ太平洋、少し沖に出ると大変なことに!! 

                         

  最初は横波を受けて左右に揺れていたクルーズ船は、そのうちジェットコースターのように上がり降りして、縦波を乗り越えているよう。 時に波しぶきが舞い上がり、襲い掛かり、乗客のあいよっこと夫婦連れの3人はとってもスリル満点でした。太平洋を甘く見てはいけないよ!

 

  終わって若い船長さんに「これってふつーですか?」と聞くと「違いますよっ~、大変でした」とのことで、「やっぱそうだよね。大変なのに船を出してくれたのね」と納得したのです。

 

  しか~し写真撮影は揺れ動く船内、しかも昼下がりの太陽は逆光となり、素敵な断崖絶壁の写真はううむ、難しい、ダメかも・・・。お天気良くて海が穏やかな時は「ざっぱ船による青の洞窟探検ツアー」などもぜひ参加したいです。

 

    クルーズ船からは海蝕洞がまじかに見える

    にわかにガスが出てきて写真がぼんやりしてきた。

   展望台から先端に行き、さらに海岸線まで降りる道が整備されていますが、

   とても高いだけに下りるのは大変そう。

   「机浜番屋群」も再建されました。海岸の景観はどうなのでしょう?

   下:浄土ヶ浜周辺で見つけた「シロバナエンレイソウ」珍しいね~。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 岩手県の桜もいいねっ... | トップ | 2017 岩手県の桜もいいねっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。