あいよっこの旅ログ:::Part2:::

「女性のひとり旅は冒険の始まり!」

2017 岩手県の桜もいいねっ! ⑥

2017-06-16 22:15:00 | 2017 岩手県の桜

           撮影日:2017/4/26

    「浄土ヶ浜」で2羽のウミネコを「恋人?」と思ったら・・・

    母子のようです。足に注目!黄色いのでウミネコ。

 

  昨日の強い風は天気崩れの前兆だったらしく、朝から曇り⇒雨となりました。今日は「浄土ヶ浜」や「遠野」を経由して、再び内陸部の花の巻地域へ移動するのでまあいいか~。

 

  「浄土ヶ浜」は約300年前の江戸時代に、宮古山常安寺の霊鏡和尚(れいきょうおしょう)が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことが名前の由来なのです。白い流紋火成岩が連なり、先端にある「子安地蔵・賽の河原・血の池」など興味深いですが、環境保護のために上陸禁止なの。

 

  クルーズ船も人気があり、うみねこ軍団が人を恐れることなく寄ってきます。ちなみにうみねこはセグロカモメに似ていますが、カモメより小さめで、「ミャーミャー」という鳴き声とか、黄色い足などが特徴です。 

 

  昨日北山崎の大きな断崖絶壁を見たためか、想像していたよりこじんまりと感じられます。確かに一幅の掛け軸みたいに整った美しさで、「海の日本庭園」と呼ばれるのも納得です。

 

  宮沢賢治は1917年に訪れて「うるはしの 海のビロード 昆布らは 寂光(じゃっこう)のはまに 敷かれひかりぬ」と詠んでいます。周囲に立ち並ぶ奇岩が屏風のようになり、海はたいてい静かで滑らかなのでしょう。

 

  約100年前に書かれた柳田國男氏(やなぎだくにお)の「遠野物語」は、日本民俗学の始まりともされています。この名著により遠野は「永遠の日本のふるさと」となりました。

 

  「遠野物語」に登場するかっぱや座敷わらし、天狗、山姥などの妖怪たち、そして謎多い巨岩、五百羅漢などの遺跡・・・どこをとってもミステリアスな雰囲気に満ちています。異界と交わる境界かもしれないですね~。大好きです。

 

  遠野市は「怪遺産」の認定を受けました。これは世界妖怪協会(初代会長:水木しげる)と妖怪マガジン「怪」(角川書店)が認定しているもので、第1回:鳥取県境港市、第2回:徳島県三好市に続く第3回の認定です。

 

  妖怪の人気者はなんといってもカッパですが、出没ポイントが数か所あり、遠野のカッパの特徴は顔が赤いことらしいです。特に太郎淵の太郎カッパは、エッチな色好みカッパなのでご注意!どんな風にエッチなの?

 

  有名ポイントは常堅寺の裏手にある「カッパ淵」で、清流が流れる淵には釣り竿の先にきゅうりがぶらぶら・・・。ここに住むカッパはある時人に捕まったけれど、常堅寺の和尚さんに助けられ、後日同寺の火事を消したと伝わっています。

 

  近所に住む「かっぱおじさん」は、かっぱが出現しそうな時に案内してくれる「まぶりっと(守り人)」なのです。残念ながらおじさんにも会えず、もちろんかっぱにも会えなかったけど、折からの小雨のなか、確かに妖艶な気配があったよ~。

   白い桜は目立ちにくい。

 

 

     ウミネコが集まってくる

     「浄土ヶ浜」周辺には可愛い花たちがいっぱい。

      上:「オオバキスミレ」    下:「ニリンソウ」

                        下:常堅寺の裏手にある「カッパ淵」

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 岩手県の桜もいいねっ... | トップ | 2017 岩手県の桜もいいねっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017 岩手県の桜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。