旅するCARUROS今日も征く!

日々の出来事・感想を表示。皆さんの意見・励ましをもらえ、人と人との繋がりが深められるキッカケになればとっても嬉しいです。

【特定非営利活動法人ISC糸島スポーツクラブ】発足!

2017年06月22日 22時32分24秒 | NPO法人
ある2017年 6月22日(木) 曇り時々晴れ。 蒸し暑し。

【特定非営利活動法人ISC糸島スポーツクラブ】発足!
 ・6月16日 所轄庁登記完了届。
 ・6月19日 西福岡税務事務所届。
 ・6月20日 糸島市税務課申告届。
 本日自宅に「法人番号指定通知書」が届く。 
 以上、Siマネジャー&Yo理事長を中心に全て完了。 本当に、ご苦労様でした。 何度も打合せ&申請に対応いただき誠に有難う御座いました。 そして遂に、新規団体が発足!
 
 新たなる構想を抱きつつ、新規船出を開始します。 寄せ狂う荒浪に向かい、地域活性化に連動しゆく各種事業の創出を図りつつ、新たなる人財の糾合を目指します。
 
 明日は10:30-12:00 「Coop地域ささえあい事業・コミュニティカフェ・寄り合い処プロジェクト」の第一回調整会議。 愈々具体的な取組の開始である。 午後は「みらいの樹連携事業・楽しいスポーツ教室」のチラシ配布許可依頼へ役場へ同行。 帰宅後は「6/24  玄海第一育成園連携事業・スポーツ教室」の準備で各種用具揃えて車へ積込み。 当面のやることがめじろ押し。 まだまだ一息入れる余裕無し。 
 
   若き日より理想と志を持って、構想の実現に突き進んできた。
《 烈風吹かば我に吹け! 》 との決定した思いであった。
そんな中にも逆風とも言える様な課題が、次々と立ち現れ塞いでくる。
 
是までも様々な課題と軋轢とに翻弄され悔しい思いを何度も経験し、時に心が折れそうになる時もあった。 特に3回目の手術に至っては、己の 《 宿命と使命 》 とを、己の 《 寿命と人生 》 とを、顧みつつも、想いは未来を展望していたものである。
 
 今、なすべき事は何か? 今生の人生でやり遂げられる事とは何か? 
兎も角も、残り僅かな人生でありチッポケナ小さな命である。 しかしながらも種々の障害を悠然と見下ろしながら、一つ一つの課題を乗り越えつつ、どんな障害にも天然的な楽観主義を持って、ユーモア溢れる人生を進みたいものである。 「赤毛のアン」の如く。
 
《 小さな障害は、笑いの種だと思い、大きな障害は、勝利の前兆だと考えられるようになったの 》 (L・M・モンゴメリー)
《 命ある限り希望はある。 希望ある限り未来は拓ける! 》・・・と心に決めて。
 
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「管内生涯スポーツ担当者等... | トップ | 【第4回 障がい者のためのス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NPO法人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。