シネマトリックス

面白かった映画、つまらなかった映画、見なかった映画は空想で・・とにかく毎日1本取り上げて好き放題書きます

that's all,folks それ許諾得てんの?

2019-03-20 10:20:23 | Weblog

昨日3D imaxにて鑑賞「スパイダーマン スパイダーバース」

去年の「犬が島」に続いて鑑賞後にパンフレットを購入。
いや~~~~~~めちゃくちゃ面白かった!

昨今のヒーローものはどうしても主人公の院隠滅滅とした苦悩が前面に出すぎでゲップが出そうだった。本作でも自分が望んでなったわけじゃないのにスパイダーマンになっちゃった13歳の少年の「どうしよう、怖いよ」は描かれるが、同時に笑いの要素がすごくてスカっとしている。

ヒーローが有色人種のハーフであることも面白い。

アメコミをパラパラ読んでいるような感じをわざわざアニメで表現しているのもすごい!

もう最後の方は何が何だかようわからんくらいの絵、色彩の洪水。

できれば~3D imaxでの鑑賞をおすすめする。

2Dでも楽しめると思うが、やはりビルからの飛翔などは3Dで観た方がいいっしょ。

というわけで先日の「グリーン・ブック」も素晴らしかったし、本作も100点満点で130点。今年は豊作、当たり年かしら。

あ、そうそうエンドロールが流れきるまで絶対席を立たないで。

最後にばっかばかしいオマケが見られるよ!楽しいよ!

コメント

やわな映画という批評もありますが

2019-03-11 20:26:49 | Weblog

「グリーン・ブック」劇場鑑賞してきました。

オスカー作品賞受賞直後もあって、ほぼ満席。平日なのに、みんな何してんだよ。→自分たちもだよ。

ということは置いておいて、シンプルに「良かった」。

ストーリーは結構色々なところで語られているので割愛しますが、
ロードムービーであり、コメディであり、でも、きっつい展開も見せます。

オスカー作品賞を取ったことについては、「こんなのよく取ったな、最低だ」っていう見方もあるみたいですけど、ここ最近の傾向として世の中的に追いやられがちな半魚人とか声を失っている方とか、ゲイの方とかにスポットがあたっているので、今回もちょっとばかり似た感覚があるのかも。

実話ベースというのも「効いている」のかも。

プロデューサーには主人公トニー・リップの息子も入っています。

いっちゃん左の方。

また、もうひとりプロデューサーに名をつらねているのがオクタビア・スペンサー。

「シェイプ・オブ~」では夫とのナイトライフの不満を延々と言って笑わせてくれましたね。「ドリーム」では黒人故に出世できないけど、メチャクチャ優秀なチームリーダー。この方、ここ最近ノッテいるな~短編の監督もされているとか。なかなかの才女らしい。

トニー役のヴィゴは素晴らしかったので、オスカー、取って欲しかったな。でも、「ボヘミアン」のフレディもいたしな~惜しかった・・

とにかく毎晩寝る前に大量に食べて15キロ増量したわけで、あの腹のはちきれそうなボタンが良かったです。

ネタばれはしませんが、ラスト。

本当に
本当に
泣けた。
号泣とかではなく
しみじみと・・
なんていいんだ。
なんて温かいんだって。

幸せな涙で劇場を後にできる。

今年のベストムービー、というか生涯のベストムービーの1本になったね。


コメント

「トイ・ストーリー4」新キャラ特別映像 “ダッキー&バニー”

2019-02-01 21:06:58 | Weblog

タッキー&・・・じゃなくてダッキー&バニー

だって!

大人の事情でなのか、4ができた「トイ・ストーリー」
後生だから、「あ~あ」にならないでね。

絶対劇場出撃するから
頼むから「あ~あ」はやめてよ!

「トイ・ストーリー4」新キャラ特別映像 “ダッキー&バニー”

コメント

パットの帰宅

2019-01-18 10:56:34 | Weblog

昨日、久しぶりにブルーノート東京にてパット・メセニーのライブを観る。

 

前回リンダ・オーちゃんたちとのセッションは見たので、今回は後半のside eyeを選択。

いやーーーーー正解ですた!

ライル・メイズたちとのグループの活動がほぼ完了、終了した後のパットは、色々なミュージシャンとのセッションやオーケストリオンっていうすごい(チンドン屋さん)ことをやったりしてきて、最近はユニティバンドでのツアーも盛んでした。

でも、私にとっては、どこかしら
ものたんない
なんでか
つまんねー
な状態でしたね。

特にユニティバンドは曲自体もあまり響くものがなかったな~

今回パットはドラムのネイト・スミスとピアノのジェームズ・フランシスを迎えて、これが新しいプロジェクトになるって話。

よかった、ユニティバンド、終わったのね。(→失礼、ごめんね)

にしても、このふたり、特にドラムのネイトさんは素晴らしかった!すごいし、楽しそうにやる!

パットのドラムはずっとアントニオ・サンチェスがキレッキレのプレイを見せてくれていて、それも素晴らしかったけどね。

ネイトは45歳、現代ジャズシーンの大本命、怪物ドラマーなんだそうで。

世界にはこういう人、いるんだに~~

ピアノのフランシス君は若く、才気走っていて、これまた良かった。

この新しいトリオには要注目。アルバム出たら、買うわ。

 

コメント

今年まとめ

2018-12-27 09:17:20 | Weblog

「シェイプ・オブ・ウォーター」
「パシフィック・リム アップライジング」
「犬が島」
「ジュラシック・ワールド」
「インクレディブル・ファミリー」
「リメンバー・ミー」
「ボヘミアンラプソディ」

劇場鑑賞作は、ほぼハズレのない1年だった。

ダイアリーをふりかえると
「パシフィック・リム アップライジング」を見た日には
「←バカなの?」と書いてある。

バカなんだけど、愛すべきバカっぷり。

北米でオオコケしたので、続編はたぶん無理だろう。
ラストは「こっちから行ってやるよ(攻め入るの意味)」と宣戦布告で終わったのにね。

というわけで
私の2018年ベストは
「シェイプ・オブ・ウォーター」

「犬が島」も良かったけどね。

今年はレンタル作品を家で観る機会がほぼゼロだったな。

来年はアマゾンプライムをもっと使って・・と思うが、どうでしょう。

コメント (4)

アルバム、ツアー、アルバム、ツアー・・それがバンドだ

2018-11-13 09:18:05 | Weblog

当時の私がバンド名を全く知らずにラジオで初めて聞いて衝撃を受けた曲が「キラー・クィーン」と「トランプルド・アンダーフット」

その衝撃の1曲「キラー・クィーン」を生んだイギリスのロックバンド、クィーンの伝記的物語、「ボヘミアン・ラプソディ」をimax 2Dにて鑑賞。

何回か劇場で予告編を見て、これは絶対に見なきゃねと言っていた作品。おそらく今年最後の劇場出撃ですね。でも、ポイントがあとちょっとで1本無料ってところ。期限が近いからなにか見るのかな。

まあ、そんな話はどうでもよくて。。。

映画では、意外なくらい、早い段階でスターになった彼らだが、実際はクィーンとして軌道に乗るまで他の仕事をしたりしていたようだ。でも、そうした下積み時代をすっとばしているのは、売れてからの彼らをじっくり描きたかったからだね。

まずは、とにかく容姿の再現性がすごい。

ブライアン・メイが似ている率、一番高かったかも。フレディも良かったけど、どちらかというとミック・ジャガーに似ていなくもない。

「ジュラシック・パーク」のティム少年がこんなに大人になってジョン・ディーコン役をやるなんて・・子役出身としては、本当にうまくいっている方で何よりです。

クィーンが活躍し始めた時代は、レコードセールスがすべてで、そのためにはラジオでかけてもらうことが何より。そのためにはシングルは3分以内で・・が鉄則。でも、「ボヘミアン・ラプソディ」は6分超え。ありえねーと上役に言われるが、彼らは強気。自分たちの音楽は自分たちで決めると言い切る。

家族のように結束の固いクィーンだったが、売れっ子になった段階くらいから、フレディの素行が極端になり、ほかのメンバーがついていけなくなる。

フレディはバイセクシュアルで、大好きな女性もいたが、どうしても男性にも目が行く。
愛する女性はフレディから「自分はバイセクシュアルなんだ」という苦しい告白を受け、離れていく。
孤独の淵に立つフレディは、ますます荒れた生活に・・
それにそんな彼をバンドのメンバーやまっとうなアドバイスをしてくれるマネージャーから孤立させて、とりこもうとする奴もでてくるわけで・・

アルアルな話なんだけど、フレディの孤独には胸がつまる。

だからこそのラストのライブエイド。

この再現性もすごい。

帰宅してからyoutubeで観たが、本当に細部までそっくりなの。

観客のほとんどはおじちゃん、おばちゃん、中にはおばあちゃんも。
みんなクィーンを愛していただね。

コメント (4)

顔の傾向が変わったの?

2018-10-14 10:26:33 | Weblog

昨日、ふとナスターシャ・キンスキーってどないしているの?と気になり、近影をググってみました。

若いころの彼女ときたら、ほんとに目もくらむほどの美女。

まあ、好みは色々かと思いますが、濃いめの美女だよね。

作品で観たのは「キャット・ピープル」
「パリ・テキサス」も観た記憶があるが、なぜか作品自体、まったく記憶から消滅している。なんだか「だりーなー」というウッスラと残骸が残っているのみ。

「キャット・ピープル」ではセックス後に豹になっちゃうという猫族の女性を演じていた。豹になってしまったら、人間に戻る方法はただひとつ、相手あるいは他の人間を食うこと。

バージンである彼女は猫族という自覚はなかったのだが、長年離れていた兄が会いに来て説明。人間を食わずにすむには猫族同士でセックスすればいいんだと説得する。

でも、彼女は恋する相手がいて、「兄となんて・・」と受け付けない。

結局初恋の相手といたした後に、自分ではどうにもできない、止められないってスピードでどんどん豹になる。(ここはメチャ気持ち悪かった記憶あり)

相手を食うわけにはいかず、脱走、確かほかの人間をいただきますして、一度は人間に復活。
でも、これ以上はいただきますをするわけにはいかないってんで、恋人に事情説明。最後にいたした後に動物園に収容してもらう。だって豹になったから。

相手の男が切なく見る先に檻の中のクロヒョウが。エンド。

てな物語だったかな。

豹になるっていうのがぴったりだったナスターシャ。

食べられてもいいっていう男子はいたかもしれないね。

現在彼女は50代後半。2000年以降はテレビ映画などに出ているようだが、劇場映画で見る機会はあまりないようです。

なんだろ。

比較的キレイですけども、顔の傾向、特にヒトミの色が変わったような。

なんか不思議な変貌ぶりだな。

コメント

2019年6月に決まりました

2018-10-03 18:13:47 | Weblog

「トイ・ストーリー4」の全米公開が2019年6月に決まったようです。

製作サイド、脚本や監督までもがコロコロ変わり、どうなるのかなと思ったけれど
まずは公開日が決定して良かった、良かった。

ラセタ―もエッチイ行為から今年末にはピクサーを去ることが決まっている。あんなに素晴らしい作品たちを生んでいたのに、なんでこんなざまになっているのか、人間のサガって怖いですわね。

今の段階で5の製作は「ありえない」とされており、4がほんとのラストと言われているが、3の時も4はなしとされていたので、なんでもありかもしれません、あたれば。

4はラブコメだそうで、ウッディとポー(羊使い女子)の恋の物語なんだと。

やめときゃよかったっていう作品にならないことを祈ろう。

 

コメント

対応力の癖がすごいんじゃ

2018-10-02 10:54:42 | Weblog

昔、M1で千鳥が出てくると消音にしたりした私。

彼らの漫才はひとつのシチュエーションを繰り返し繰り返し妙な音声でもって構成するパターンが多かった。私にとっては、笑いのツボが理解不能。

関西ではものごっつ人気があると聞かされていましたが
「なんでかの~」

が、しかし、
アメトークで、ゴロツキ風の大吾の昔話をノブが方言丸出しで語ったあたりから、加速度的に面白さが理解できるようになった。

私の記憶が確かなら、彼らのマネージャーは吉本でも敏腕で知られる若い女性で、東京で売れるために千鳥にかなり熱心にアドバイスしたみたい。

千鳥のおかしさはツッコミのノブ。
一般人相手に「歯がカバの本数」とか言っちゃう。でも、毒がない。

お笑い芸人でおもしろいのは、必ずツッコミのスキルが高い人たち。

この動画もそんなノブのツッコミ力のすごさがわかる。

千鳥って天才 名ツッコミ集www

コメント

なんだかんだで時間がたってしまっていますね

2018-09-18 10:22:23 | Weblog

前回の更新からほぼ

1カ月じゃないのーーーー

その間、たくさんの災害が日本を襲い、
色々な思うこともあったりするのですが、
ジャンジャン時が過ぎていっています。

というわけで、
見ていないですが、
北米での興行成績もまずまずだった「メグ ザ・モンスター」

最初にyoutubeでタイトル見た時はまだ英語のトレーラーで「the meg」ってなっていたので、なんかかわいい映画なのかなって思っちゃいました。

それにしてもアメリカ人はこういうバカでかいものが好きだなー

絶滅していたはずのメガロドンが生きていて、人々を襲うってやつですね。

もともとサメにとって人間は捕食対象になっていないそうですよ。でも、ジタバタ泳いでいると弱った魚がいると思ってバクってなるそうです。

人間は洋服も着ているし、(あ、海では水着か)あまり美味しそうじゃないと思うが。

映画の中ではたくさん食べられてしまいます。

本作では、もはやアジアでの映画市場、お得意様は完全に中国になっているので、やはり中国人が大活躍、日本人はあっという間に死ぬそう。(大作映画はみんな同じ)

まあ、お金には勝てないってことね。

こちらは実際のメガロドンのスケールですね。マッコウクジラよりもでかい、25メートルプールにも入れないのね。こんなんじゃ、人間を何人食べても腹の足しにはならないわ。

そんなメグですが、最強ハゲ男子、ジェイソンには勝てない模様。

まあ、大方の予想通りの映画だと思いますね。

それにしてもフジの「めざましテレビ」最後の「きょうのわんこ」コーナー、終わった後の三宅アナの顔が面白いほど露骨。基本犬が好きなんだろうけど、すごくかわいいと思ったか、そうでもなかったか。わかりやすいですね。

 

コメント

アジア統括の肩の震えが

2018-08-22 19:43:50 | Weblog

好き嫌いはパッキリ分かれていると思う。
が、
このロバート、秋山のなりきりはすごい。

今回は以前から何回も演じているyoko fuchigami、
トータルファッションアドバイザー。

やたら野太いのに女に見えなくもないところがすごい。
世界の支社から自分のスタッフを呼び寄せての世界戦略会議。

秋山とフランス人のじいちゃんとのやりとりに
隣に座るアジア統括(日本人女性)が必死で笑いをこらえているのがツボ。

最初はカメラに写らないように(笑っている)顔を隠しているが、
フランス人のおっさんに寄った場面では
アジア統括の肩の震えが映っているのがおかしい。

セカンドブランドのネーミングもすごいが、
yoko fuchigamiみたいな人ってなんとなくいそうな感じがするね。

というわけで御用とお急ぎではない方のみ鑑賞してね。

YOKO FUCHIGAMIの流儀 イギリス本社での世界会議にカメラが密着 ゲームアプリ『ポケコロ』WEB動画

コメント

スーパーヒーローと家庭の両立

2018-08-14 10:37:20 | Weblog

「インクレディブル・ファミリー」を鑑賞。

前作からすでに14年も経っていることにちょっとビックリ。
本作は、前作の直後からストーリーが始まります。

だから、登場人物の年齢設定などは全く変わっていません。
おそらく、この調子であと何作か作れると思うね。
「サザエさん」的な感じで。

しょっぱなのおじさんと少年のやりとり
完全にMIBのパロディでしょ。
取り調べみたいのをしているおじさん、トミー・リー・ジョーンズそのものだし。

今回はスーパーヒーロー活動を何とか復活させたいっていう大企業のオーナーから
奥さんのイラスティガールが活躍の場を与えられ、
本当は自分も活躍したいんだけど、我慢して主夫になるミスター・インクレディブルの悪戦苦闘が描かれる。

そして、猛烈なのが
この方

後ろのこの方。

父や母より
姉や兄より
すんごいパワー。

ストーリーとしては、子供でも見られるようにってことで、
結構早い段階で黒幕の想像がつくような展開だけど、
このジャック・ジャックがすごくて
見てて爆笑。

特に庭での狸?との対決がすごすぎる。

全米でもかなりの好成績、
前作と比べても面白さにそん色なし。

哀れというか、滑稽なのは
エンドロールに出てくるジョン・ラセタ―が
セクハラ疑惑でピクサーを去っていること。

あんなに素晴らしい作品をいっぱい生んだのに、
セクハラかよ~
情けないね~

ま、それはこっちに置いておいて
すごく楽しめる作品だし
おまけの短編「Bao」も最高だったよ!

 

コメント

記憶システムの不思議

2018-08-06 09:01:37 | Weblog

今日書くことはここ数年ネットで検索して
「ああ、自分以外にもこういう事象を経験している人がいるんだ」
とわかったっていう話です。

大した話じゃないので
御用とお急ぎではない方のみ
どうぞ。

それは中学生くらいから気づいていたこと。

好きな男子。
付き合っている男子。

その相手の顔が思い浮かばないっていう現象。

例えば、一緒に公園に行ったり、お茶したり、
そんな時、もちろん相手の顔を見ているし、
認識できている。

なのに
「じゃね」
と別れて、ものの数分も経たない内に
相手の顔が思い浮かばなくなります。

なんだか霧の向こうにいるような。
どうしても、思い浮かばない。

だから写真を持っていたりしました。

写真を見ている分には、「そうそう」と思えるのに
空で思い浮かべることができない。

おっかしいな~~~~と思っているうちに
相手と別れる。

そうすると、クッキリと相手の顔が思い浮かぶ。

なので、私はこの思い浮かべられるようになったタイミングを「恋愛関係が終結した時」とみなした。

だから、昔々付き合った方々の顔は過去フォルダに格納されていて、引っ張りだそうと思えば引っ張りだすことができるわけです。鮮明な映像で・・

へんだな~なんでかな~
でも、この事象の謎を解明することはできず、
一度女友達に話したことがあるけれど
「なに、それ?」
とはてなマークを立てられてしまい、終わり。

だよね~私にしたって、「なに、これ」だもの。

しかし、
数年前にこの現象をググってみたところ、
いた、いた!

同じような事象を経験して
質問箱などに書きこんでいる方が!

それも結構な数の質問が!

そうか、やはり何かの記憶のメカニズムなんだな。

なんで起こるのかはわからなかったけれど
誰にでも起こることなんだってことは分かって
ちょっとホッとした。

どうでもいい相手の顔は覚えているのに
ただいま絶賛恋愛中の相手の顔を空で思い浮かべることができない。

いつか、
このメカニズムの謎がわかると面白いね。

コメント (2)

昨日書くのを忘れちゃった

2018-07-15 13:05:51 | Weblog

「ジュラシック・ワールド炎の王国」にね、

あれ、どこかで見た顔だなっていう方が。

まさか、まさか、オリビア・ハッセーじゃないしな~

エンドロールでわかりました。

ジェラルディン・チャップリンだった。

77歳なんだって。
細い体で、屋敷に古くから使える女執事を演じていました。

印象強くて良かったよ!

コメント

ラストはメッチャクチャである

2018-07-14 11:01:20 | Weblog

初日にimax 3Dにて鑑賞

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」
このドダサいサブタイトル、なんとかなんなかったのか??

前作から3年が経過。
よくアルアルな展開だが、前作で主人公ふたりはカップルになって終わったが、どうやら別れていたっていうところから始まる。

遺伝子工学でよみがえった恐竜たちは、あの島でノビノビ暮らしていた。
だが・・・

この映画、オープニングからひたすら

やばいよ

やばいよ

やばいよ

を見せまくる。

ま、
それだけの映画って言えば、それだけだが、CGはすごい。

自然界を科学の力でレイプした人間共、恐竜を兵器として購入したい、愛玩用にトリケラトプスを購入したいなんていう超金持ちも、ただのエサです。

おそらくだけど、続編の製作が明確に決まっていると思われる。でなければ、あんなメッチャクチャな展開のラストにならないっしょ。

そして、たぶん、ブルーが中心になるんだろうね。

前作ではここまでブルーとオーウェンの絆をウェットに描いていなかったと思うが、今回はかなり主従関係、信頼関係を強く描いていますね。

だって続編作りたいから。。か。

「やばいよ」だけではありますが、シンプルなアクション映画として楽しめます。私は何度もムンクの叫び状態になりました。

コメント